いらん子クエスト (ダッシュエックス文庫)

いらん子クエストの感想・レビュー(92)

自分を『いらない子』だと思う7人の女子中学生によるデスゲーム。デスゲームに中世ファンタジーなバトル要素を取り入れたというアイデアが秀逸。展開は王道ながら、自己嫌悪に陥る主人公の細やかな心理描写や突き落とされるようなラストが味を添えている。余談ながら、本作を百合目線で楽しむ読者にとっては、あとがきの百合論まで併せて本編といえると思う。おおいに納得できるものであり百合の奥深さを感じた。
- コメント(0) - 3月8日

ストーリーラインはシンプルで話もテンポよく進むので読みやすくはあるのだけど、先の展開も読めやすい為に読後感も薄かったなと。エグさだけが際立ってしまったような感じ。
- コメント(0) - 2016年11月7日

後味はちょっとわるめ。各キャラの掘り下げが浅かったせいか、あまり登場人物の退場に揺さぶられなかった。もう少し長くてもよかったかも。
- コメント(0) - 2016年4月18日

女の子7人のデスゲームですね。殺伐感はありますが、それでも各人のキャラがしっかり書けていますし、主人公もヒロインに刺激を受けて成長していくし、実はミステリ要素もあったりしてなかなか面白く読み応えがあります。後味は確かに悪いが、まぁこんぐらいの苦みがあるのも一興かと。そして、あとがきで述べられてる百合論の通り、百合厨の期待を全力で裏切ってくれます。ある意味新しい百合と言えるかもしれません。
★2 - コメント(0) - 2016年1月28日

モンスターなんかよりも人間の方がよっぽど不気味で恐ろしい。そういうことが言いたかったのだと思う。モンスターと人間の中間的な立ち位置である黒騎士が、一番単純明快な存在であったかもしれない。
★1 - コメント(0) - 2016年1月15日

読了。そこそこ。気弱な主人公の内面描写が良かった。犯人は当然といえば当然。2巻も買う予定。
★2 - コメント(0) - 2016年1月13日

嫌な話w 諸々既視感祭りだが、コンセプトがシンプルではっきりしているので気を散らさずに読めた。いらん子クエストの正体に深入りしないままのあのラストは続刊を見越してなんだろうけど、同じゲームを繰り返すだけだとさすがに退屈になりそう。恐怖を克服した花京院じゃなくてヒロインが秘密を暴きにかかる→女王は桂木麻衣だった、とかか。え、これ百合として書いたの?狙いはわかるが、なんというか、こじらせてるなー。最大の狂気だw
- コメント(0) - 2015年11月4日

【いらん子だれだ?】 いらん子を決めるデスゲーム。 これは凄かった! 題名だけ見ると別のものを想像していたのですが、鬱々とした部分や殺伐とした部分、心の奥底の痛い部分も刻み付けるように描いているところが凄いです。 追い詰められそこで何を思うのか、どう心が変化していくのかを鮮烈な感覚として追っていけるでしょう    評価は ★★★★★★★★★★ 10個星です!!
★7 - コメント(1) - 2015年11月4日

初めから死んでもいいやな面子がデスゲームやっても順当な感じにしかならんわな。
- コメント(0) - 2015年10月27日

わぁいデスゲーム、あかりデスゲーム大好き。(二回目) デスゲーム系ジャンルのオチって、勇気を振り絞ってゲームをクリアするが全てマスターの掌の上だったバッドエンドと、マスターの裏をかいてゲームそのものをぶち壊すエンドのどちらかに別れると思っていますが、この作品は前者よりの結末ですね。気弱な少女達の閉塞感に満ちた青春観が上手く表現できており、ハマれば面白いとは思うのですが、主人公の境遇が完全に周りの大人の責任であり、本当に何の落ち度もなく悲惨な状況に巻き込まれた理不尽感が強く、やや消化不良気味な展開でした。
★1 - コメント(0) - 2015年10月25日

なんともまぁ救いのない話しですね~姫ちゃんはわりと最初から疑ってたからやっぱりな~って感じでしたね~ いや~でもあのラストはなかなか後味悪い気がするな…
★4 - コメント(0) - 2015年10月17日

ストーリー:7 人物:6 最近よく見かけるデスゲームだけれど、これは進行は平凡ながら土台の良さが光る。「いらん子」と「いる子」が取って代わられて、しかも気付かれないなんて当人にしたら大変な恐怖だろう。気になったのは始まる前から主人公を明言してしまった点。「誰が生き残るか」はデスゲームの楽しみの一つなのに明言されるとこの人は残るってわかってしまう。なので伏せておいて欲しかったです。後は想像と違う方向で後味が悪いのをどう見るか。最後にあとがきの百合論、これには諸手を挙げて賛同致しますw
★4 - コメント(1) - 2015年9月23日

現代でいらない子とされている7人の女の子たちが繰り広げるデスゲームのお話。なんか人狼ゲームのような進み方をしていた印象。昼にRPGの世界でモンスターと戦う。夜はメンバーの中で一番活躍してなかったやつを投票で吊るす。を三日間繰り返すところが人狼っぽかった。ゲームでの戦闘、投票時の討論、そして間にはさまれる少女たちのささやかな日常と、最後まで飽きさせない構成だった。ただ、暗い。そして後味が悪い。ダークなファンタジーが好きな人にはオススメかもしれないけど、もうちょっとどうにかならなかったのだろうかと思う。
★2 - コメント(0) - 2015年9月22日

殺伐とした話だけれど、淡々と進むからそこまで重たく感じない。もう少し緊張感が欲しかった。あと、1巻で完結すると思って読んでたのだけれど、続きものなのですね・・・。無限ループしそう。
★15 - コメント(0) - 2015年9月21日

現実でいらない子と自分で思ってしまった少女たちが異世界でモンスターと戦いつつ、いらない子からいる子を選抜する話。内容がなかなか暗く、生い立ちも戦い中も終わってからもひたすら暗い。ただ流れはしっかりしているので話と展開は面白かった。続くのか続かないのかは分からないけれど次は気になる。
★5 - コメント(0) - 2015年9月16日

結構重いしグロいライトノベル。デスゲーム物としても、ファンタジーとしても読めるなかなかの暗黒ライトノベルでした。内容的には「いらん子クエスト」というタイトル通りで、ボッチやいじめられッ子、不良娘に他色々でクエスト+投票をこなしていき、最後は‥‥という作品。個人的には好きだったので、続いて欲しいなぁ、とおもいながら次巻を期待していようと思います。正直殺伐としすぎてて、百合感は全く感じられなかったなぁ。
★4 - コメント(0) - 2015年9月9日

お手軽なデスゲームものとして楽しめた。どのキャラクターにも不憫なところはあっても、それ以上に感情移入を拒むような気持ち悪さがあるのが却って心地良い。リボンのシーンは萌えだよね。
★1 - コメント(0) - 2015年9月6日

爽やかにはなれない女子中学生のファンタジーデスゲーム。主人公にあえて感情移入しないように読んでいたためか、JCの気持ちがもう私には分からなくなっていたためか、楽しくはなかったが胸くそ悪くもなかった。主人公の境遇が特殊だが、これより後味の悪い物語は世の中にある。なんというか世の中は数多くの「当たり前」があるのだなと思った。テレビを見れてお小遣いをもらえて、衣服や日用品を買ってもらえる。人と話すときに前提とするそれらのことを「当たり前」としているが、「当たり前」とは限らない人がいるのだな、と思った。
★8 - コメント(0) - 2015年8月26日

デスゲームだったけど女の子パーティで設定も好みで楽しめた。最後はなるほどそういう感じかーって感じで驚いたなー
★1 - コメント(0) - 2015年8月26日

イラストペラペラと見ないことをオススメします....(総ページ数確認しようとして後ろのページ開いたらみてしまった人)。内容はまぁ暗くて、ハッピーな雰囲気ではないです。いらん子たちのやり取りもどこか脆い、卑屈な気持ちを含んだ味のあるもので、結構好きです。ですが、中学生。しかも女子。それなのに状況判断力等を持ち合わせすぎなような気がする。だから始終違和感を感じました。あぁもったいない。そこを抜けば、なるほどいい作品だと思うが、勿体無い。かなり過激な話を期待していたのですが、案外そうでもないですね。
★3 - コメント(0) - 2015年8月23日

デスゲーム!/てっきり少女達が殺し合うのかと思ったら、モンスターと戦う話でした。一人、人狼の狼的なキャラが混じっているけど。/主人公に優しくしてくれたキャラは基本的に裏切るという予想通りの展開でした。こういう話だと、章ごとに各キャラのジョブを置いて欲しかったです。/きららちゃんは本当に殺されるためだけに設定した性格みたいなキャラでしたね。麻衣ちゃんは普通に可哀想。/終わり方! 終わり方! こういうオチですか。ちょっとこれは心にきました。
★7 - コメント(0) - 2015年8月20日

可愛らしい?タイトルと可愛らしいイラストの割に内容は、なかなか残虐。異世界で戦う物だと思ってたら、まさかのデスゲーム!驚愕の事実←(タイトルにデスゲームって書いてある)それにしても麻衣が救われてなさすぎないか?まあ、その救われてなさが物語の味を出しているんだけどね。皮肉なもんだ。展開が駆け足なのと、全体的にゲーム部分があっさりしてたのを除けば面白かった。最後は予想外な展開で良かったけど個人的には、あのラストで終わりでも良かったかな…。次は今回とは違う主人公のデスゲームとか見たかった。次回はどうなるのかな
★17 - コメント(0) - 2015年8月17日

お気に入りさんの感想を見て購入。最初の感想は「魔法少女育成計画とrestartを合わせたような感じ」でした。戦闘やドロドロ具合、推理要素などいろいろとあっちの方が上ですが、登場人物が少ないこともあり内面や境遇の描写が多く感情移入しやすい、現実での境遇が想像以上に酷いうえにゲームとは関係ないところで死にかけるという救いのなさに加え、絵も好みで完全下位互換ではないか。続編を書くならラストはああなるしかないのでしょうが、この続き方だと3巻出すのが難しいような?デスゲームは個人的に好きなので続きもたぶん読みます。
★13 - コメント(0) - 2015年8月17日

こんな結末ってありっすか?みたいな。土台の『いらん子』って設定があまり意味を成してないだろwwデスゲームってのはまぁ好きなジャンルだから次に期待してるけど、んww
★3 - コメント(0) - 2015年8月15日

★★★★★自分のことをいらん子と思っている少女たちを集めて行われるデスゲーム「いらん子クエスト」。死と隣り合わせのモンスター退治と、その後の投票による「いらん子」の選出は胸糞が悪くなるような設定で面白かった。また、7人のいらん子たちも、実際にいそうなぐらい妙にリアルだったのもよかった。犯人探しに関しては読めてしまったが、それでも、彼女の本性には驚かされた。そして、最後の展開はズルい。嫌でも続きが気になる。最後の展開とイラストで星+1。
★17 - コメント(0) - 2015年8月15日

がんばった結果があれとか
★1 - コメント(0) - 2015年8月13日

あわなかった・・・。この手の作品は疑心暗鬼になりながらドロドロした展開や(見苦しく)死ぬ展開が売りだと思うのですが・・・全体的にあっさりしすぎかな。
★6 - コメント(2) - 2015年8月9日

僕はね、姫ちゃん×友恵ちゃんで最高に萌えられる百合ストなんだ。
★3 - コメント(0) - 2015年8月6日

「ニーナと魔法の戦車」を買う前にちょうど出たので読んでみた。 正直に言ってしまえば、期待していた分ちょっとだけ惜しく感じてしまった。なんというか展開が読め過ぎてしまうというか、悪い言い方をすればありきたりなストーリー。まあ僕的には好きなのでちょっと残念な程度。 シーンを想像しやすい表現や、読みやすい文章はよかった。あとはキャラもいい感じ。ただもうちょい掘り下げても良かったかな。 最後のシーンは予想できたものではあったけど、僕的には一番好きな表現だった。何はともあれ次回も楽しみ。 やっぱりお前が犯人だったか
★8 - コメント(0) - 2015年8月6日

自分を「いらん子」と思ってる7人のおにゃのこデスゲーム。面白いのは面白いんやけど、ラスト以外は予想通りの展開やったんで…
★7 - コメント(1) - 2015年7月31日

七人のいらん子を集めてのデスゲーム。面白かったものの他のデスゲームものと差別化を図るための「いらん子」設定の掘り下げが若干足りなかったかな?各キャラ、なるほどこれは……と納得させられる設定でリアリティーがあっただけに、物足りなさが残ってしまったのは残念。ラストはまさかの展開と引きでしたが、二巻どうなるんだこれ。
★9 - コメント(0) - 2015年7月31日

いらない子だと自覚してる子達を集めてデスゲームを行い、いる子を元の世界に戻す話。いやぁエグいですね。読んでて面白いと思ったら負けな気がしますね、少し面白いと思ったので作者に負かされました。最後に元の世界に戻って平穏を得て終わりかと思ったら…… まさか続くのか⁉︎ 友恵ちゃんが何をしたというんだ……
★14 - コメント(0) - 2015年7月30日

いらん子の選別と餞別。実際のバトルよりも人の心は見えない闇。だから最後のシーンは何か納得いかなくとも世の条理なのでしょうか。
★3 - コメント(0) - 2015年7月29日

周りがいらない子、と思っているわけではなく、自分自身が自分のことを「いらない」と思っている7人の子が集められ命を賭して行われるゲーム「いらん子クエスト」他者の命さえも天秤にかけ、本当に世界に自分はいらないのか もとい、自分にとって世界はいらないのか、を見つめ直す為の命懸けのゲームが「いらん子クエスト」 だと読みながら思った 正直、姫子の展開は割と読めた(シリアルキラーは予想外だったけど、同じような展開を何度か読んできたし でも面白かった 絵も可愛い ラストは衝撃的だったし、謎もまだある 次巻も楽しみだ
★7 - コメント(0) - 2015年7月29日

自分をいらん子だと思っている少女が集められ強制的にデスゲームに巻き込まれるお話。人を殺す、殺される恐怖や流される事の楽さ、それでも奮い起つ強さとテンプレを押さえつつ上手く書かれていて面白くはありましたが結末がなぁ…シリアルキラーだったんだよは微妙に感じますし同じ主人公で2周目が読みたくはあるもののちょっと参加理由が胸糞すぎる…。イラストは悪くはないですが友恵が最後リボンをつけてなかったのはさすがに気になったかな。まあ結局いる子になった友恵が再びいらん子クエストに挑むのは気になりますし次巻も読むと思います。
★11 - コメント(0) - 2015年7月29日

エグイ話は基本的には好物なんだけど、これはさすがにきつい。女王様と黒騎士の世界に切り込んだり反攻したりする切り口やヒントはもちろん、そういう方向へのキャラの意志すらまったく見えないってのが。状況や起きる事件が登場人物にとって理不尽で不条理なのは、そういうお話しであるということで一向に構わないんだけど、作者が読者に提示するものがここまで理不尽一辺倒ってのは、なかなかに辛い。ま、シリーズ化前提らしいし『ニーナ』の作者なんで、一巻切りしたりせず次巻を待とう。
★11 - コメント(0) - 2015年7月29日

いらん子クエストの世界へようこそ。自分をいらない子だと思っている7人の少女たちが、異世界に集められ、血と汗と涙と裏切りに塗れながら生き残りをかけて化物と戦う。クエストのルールも相まって読んでてハラハラするなぁ。生き残りをかけた戦いと、その後に待ってるいらん子投票が相まって、先の展開でどうなっていくのかが凄く面白く。死んでも現実にはその死んだ少女の”いる子”が代替となるってのも中々えぐいよなぁ。今回の7人では姫子が好きだなぁ。かわいい。可愛い。ラストの展開の衝撃もあり、さてここからどうなるか。
★8 - コメント(0) - 2015年7月28日

7人のいらん子が「いらん子クエスト」という異世界に飛ばされ、元の世界に戻るために合計三回の「いらん子バトル」をさせられる。可愛らしいイラストとは裏腹に、血なまぐさい。バトルが終わった後に待っている「いらん子投票」という残酷なシステム。あっさりと人が死んでしまうこの世界観、思わず魔法少女育成計画を思い出してしまった。主人公の悲しい境遇もさることながらいらん子を選定する少女達の容赦の無さ…。そして何よりせっかく生還したのに…という衝撃のstageEXTRA。え、これまさか続くんですか!?それは楽しみだぜ!!!
★9 - コメント(0) - 2015年7月27日

自分の事をいらない子だと考えている7人の少女達が異世界に呼ばれ命がけのデスゲームに挑む事になる話。可愛らしいイラストと殺伐とした世界観のギャップがたまりませんね。いらん子投票というシステムの外道具合がハンパなく、死にたくないという気持ちと死ぬ人を選ばなくてはいけない罪悪感の間で揺れ動く少女達のやり取りがこの救いの無い世界観にどうしようも無いくらいあっていて非常に面白かった。平穏が訪れたと思ったら、また地獄が始まるという救いの無さですがこの物語がどんな結末を迎えるのか今から楽しみです。次巻も期待。
★43 - コメント(0) - 2015年7月26日

いらん子クエストの 評価:100 感想・レビュー:46
ログイン新規登録(無料)