時をかける眼鏡 医学生と、王の死の謎 (集英社オレンジ文庫)

時をかける眼鏡 医学生と、王の死の謎 (集英社オレンジ文庫)
288ページ
1181登録

時をかける眼鏡 医学生と、王の死の謎はこんな本です

時をかける眼鏡 医学生と、王の死の謎の感想・レビュー(748)

面白かったです、サクッと読めました。元の世界に戻って終わりかな?と思ってたんだけどね‥
★1 - コメント(0) - 2月16日

タイムトラベルファンタジー。ストレスフリーでさらっと読めた。出てくる人物達が魅力的で楽しい。
★5 - コメント(0) - 2月13日

○ ファンタジー仕立ての法医学ミステリー。とくに難しい専門用語もなく気楽に読める。ただ、主要人物が、主人公に、3人の王子に、魔術師と鷹匠。なんで男しかでてこない?
★5 - コメント(0) - 2月12日

図書館本。かけるのは時ですか?眼鏡ですか?スラスラ読めるしタイムスリップものとして面白いと思うけど、この設定じゃなくても、ってとこがチラホラ。あんまり医学に濃いわけじゃなかったな
★4 - コメント(0) - 2月12日

戦士としてではなく、法医学者の卵として過去の世界から呼び出され、死因を追及するのが面白い。タイトルから眼鏡がいろいろな人の手にわたって時間旅行すると想像していたが違っていた。
★1 - コメント(0) - 2月12日

面白かった。息抜きに読んでいたらのめり込みすぎてあっという間に読んでしまった。続きが気になる。
★4 - コメント(0) - 2月8日

法医学をからませたファンタジー。面白かった!3兄弟がどんなマーキスを造っていくのか。そして、その国づくりに医者の卵の遊馬がどうかかわっていくのか。続編も楽しみ!
★2 - コメント(0) - 2月7日

読みやすかった。法医学を学ぶアスマが異世界に召喚されて王を殺した犯人を探し出す話。異世界に飛ばされるのはよく見るけど法医学はなかなか新鮮。でも思ったよりあっさりしてたからそんなにグロさとかは感じなかった。周りのキャラがいい味出してる。みんな仲良くなって本当によかった。フランシス好きだ
★6 - コメント(0) - 1月31日

医学の知識は思ったほどは出ず。軽い読み物として、気分転換に。
★3 - コメント(0) - 1月23日

眼鏡が存在しない時代にタイムリープ・・・で、現代の医学知識で謎解き。ん~それなりにおもしろかったけれど、続きがあるといわれても~って感じ。
★1 - コメント(0) - 1月17日

ちょっと頼りなげな医大生が主人公なんですが、正式に医者であるよりも応援したくなります。周辺のキャラが強力ですから、今後は解剖セットを携えて負けずにどーん!と知識をひけらかして欲しいですね。
★5 - コメント(0) - 1月16日

もっと時をかける眼鏡要素が欲しかった← 題名が某時をかける女の子のお話と似ていたので、何これおもしろと借りてみましたー。普通に笑えるし面白いんだけど、もっと眼鏡に時をかけて欲しかったですね。ハイ←
★23 - コメント(0) - 1月12日

盛大にこじれてる兄弟関係が爆発するラストがよかった。この中ではヴィクトリアがいちばん大人だなあ。牢の中で過去を振り返ったり、人の心などわからなあとひとり物思いに沈むロデリックのシーンがふいに不器用な人間味を感じさせて好き。続刊も出ているようなので気になる。
★9 - コメント(0) - 1月7日

新年一発目。相変わらずの椹野先生で、するすると読了。ふと思ったけど、著者は作品に兄弟要素を絡めるのが好きだよなあ。描写がいちいち人間臭くて、生活感があるのが好き。そして遊馬はいつ元の世界に戻れるのか(笑)。そんでもってクリスめっちゃ可愛くないか。同人誌でいいのでスピンオフとか読みたいです。
- コメント(0) - 1月1日

図書館で通りかかった棚で紹介されてて、タイトルが忘れられず後日借りた。まさかの解剖物(そういうジャンルはないと思うけど)。これ括りとしては児童書だよね?まぁ別にグロくはないし良いんだけど。あと挿絵が全くないので、美麗なフランシス王子の見た目が分からないのが残念。悪い人いなそうだったし登場人物もそんなに多くないので、最初に助けた女の子がまさかの犯人かな?などと適当に推理してしまった笑
- コメント(0) - 2016年12月29日

楽しかった。タイムスリップ医学ミステリー。突然過去に飛ばされた医学生の主人公。殺人現場に居合わせたり、ある人の無実を証明するよう頼まれたりと事件を解明していく物語。解明だけでなく、すれ違った気持ちや思い込みを持つ(王族)兄弟たちのこじれた関係も主人公は溶かしていく。だんだんと解明され、お互いの気持ちが通じる頃には温かい気持ちになれた。今後も気になるので続編も読みたい。
★31 - コメント(0) - 2016年12月21日

読み始めたらあっという間に終わってしまった。面白かったです。でもちょっと物足りなかったかな。あ、ここで終わりなのかという感じ。シリーズ通して読んだ方がいいのかな。
★4 - コメント(0) - 2016年12月18日

うーん…主人公が成人してるのに、幼い話し方ななのに違和感…死因もえーって感じ。のめりこめないまま読了。
- コメント(0) - 2016年12月10日

楽しかった!ファンタジー
★1 - コメント(0) - 2016年12月1日

新刊の為の再読。法医学に興味のある医学生が遥か過去の異国に飛ばされ、法医学の知識で事件解決する。この作者の本はついのめり込んでしまう。分かりやすいし、面白い。解剖の話はどうかと思ったけど、グロい部分も無く助かった。王様の死因に、え〜!っと思ったわけだが、この頑固で融通のききそうにない兄弟を考えると、意外に納得する部分もあるかも。過去の世界では魔物とか魔術師が居るって事は今とはちょっとズレている過去なのかな?ひ弱な感じの遊馬だけれど、意外に頼もしく、ヴィクトリアも可愛いし、兄弟の諍いも今後楽しくなりそう。
★3 - コメント(0) - 2016年11月28日

読みやすい、いい眼鏡小説でした。
★2 - コメント(0) - 2016年11月22日

軽妙な文章で読みやすく、お話はファンタジックだけど、謎解きも面白い。シリーズになっているようなので、他のお話も読んでみよう
★2 - コメント(0) - 2016年11月12日

友人が貸してくれた本の袋に入っていて、よく見たら「最後の晩ごはん」の作者!博物館の本の光に吸い込まれて、着いたところは、はるか昔の時代。暗殺の罪を掛けられた皇太子を助けるために呼ばれたらしい。読み終わった後、「この時代にいる主人公をもう少し見たいなぁ」と思っていたら、続きが出てるんですね⁈それも三巻も!読まなきゃ(^。^)。
★24 - コメント(0) - 2016年11月6日

んーー、最後の方は納得出来なかったなあ。特に王様の死因とその後の流れ。え、主人公はもとの時代に帰らないの?
★6 - コメント(0) - 2016年11月2日

この方は、余程、メガネに思い入れがあるのかしら。最後の晩ご飯シリーズでは、メガネのロイドがいい味出してるし、今作では、医大生のメガネ君が魔術師に召喚されて何百年も前の母親の故郷で大活躍の巻!法医学生とは珍しいと思ったら、椹野さん、元観察医でしたか。成る程です。メガネの遊馬君、謎を解いてもまだ、現代に帰して貰えない模様。もう少し、お付き合いしてみよう。
★32 - コメント(0) - 2016年10月29日

とても面白かった。BLの「左にメス…」も過去にかなりの衝撃をくらったことがあるが、非BLの今作は久々に楽しい異世界トリップもの。特にヴィクトリアの姫王子設定が斬新。遊馬とクリスも気になるし(多分違う)もっと早く読めば良かった。
★44 - コメント(3) - 2016年10月21日

ちょっと王様の死因に関しては納得できず。だって、王様なんだからダメでしょ。そんなことしちゃ!と、思ってしまったのですよ。まぁ、それが引っかかるだけで話の展開は面白かった。ガスも電気もない時代。どっちかと言えば魔術とかの方が身近な時代に腹掻っ捌くとか凄いよね。そう言えば、最後に現代に戻るくだりなかったけど、アスマはしばらくこちらに滞在なんかな?
★64 - コメント(0) - 2016年10月20日

図書館本 まだまだ始まったばかりで物足りない感じ。
★5 - コメント(0) - 2016年10月10日

★★★(2016)
- コメント(0) - 2016年9月27日

眼鏡男子、タイムトラベラー、魔術師、男三兄弟、中世ヨーロッパのような時代背景などなど、わりと好きかも。でも、ちょっと浅いかな?
★9 - コメント(0) - 2016年9月20日

タイムトリップするお話は様々な種類がある。その中でも今作はミステリー。 主人公が無理やり過去の世界へ呼ばれ、王の死の謎に迫るもの。眼鏡という物が無かったり、医術が発展していなかったりと、主人公がこと細かに過去の人達に説明しなくてはならない展開は中々面白かった。 三人兄弟がそれぞれ何を思っているのか、外から来た主人公だからこそ読み解けた人間関係だったのだと思った。
★5 - コメント(0) - 2016年9月18日

見たことある作家さんだなという認識で手に取りました。どんな話かと思えば、法医学者を目指す学生がトリップして巻き込まれるお話。ありきたりの展開ですが、出てくる面々が個性的すぎて、楽しく読み終えました。最後の兄弟喧嘩の場面が個人的にはお気に入り。王族といっても、根は子どもと言いますか…可愛い一面もありましたね(笑
★15 - コメント(0) - 2016年9月17日

面白かったぁ♪あちらの法医学教室のお話しと違って、設定にリアリティなくぶっ飛んでます(^^)彼が戻るまで読み進めます。もしもあたしが江戸時代に飛んだら、彼の様には対応できないだろうなぁ。
★31 - コメント(0) - 2016年9月15日

奇想天外なストーリーで面白かったです。それにしてもさすがは王族、兄弟げんかも命懸けな上にスケールのデカさも計り知れないですねぇ。
★7 - コメント(0) - 2016年9月11日

異国の地でタイムスリップをした医学生の遊馬は、呼び寄せた人物たちとともに、法医学の知識を駆使してその国の王が殺された謎を調べる。
★1 - コメント(0) - 2016年9月1日

なかなか面白い。このシリーズを読む楽しみができた。
★5 - コメント(0) - 2016年8月28日

【図】
★2 - コメント(0) - 2016年8月28日

思ったより法医学してなかった。なろうっぽい。
★3 - コメント(0) - 2016年8月18日

法医学生が,異国の地でタイムスリップして謎を解く!?突飛な設定でしたが,楽しく読むことができました。
★11 - コメント(0) - 2016年8月18日

法医学を志す医学生が異世界に召喚され、国王の死の真相を解明するお話。ファンタジー、法医学、推理のどれもがあっさりしていて、少し物足りない感じはするものの、主要登場人物たちの掛け合いが楽しく、二人の王子の思惑や行く末も気になって、あっという間に読了。渾身の一行コミュへの投稿は204頁の魔術師の言葉から。民草であろうと国王であろうと服と皮の下はただの肉と糞の袋で変わりはないと断じた後の、「じゃが、それでもなお夢を抱き、己が価値観の物差しを持って、それぞれが高みを目指す。それこそが、人間の愛おしさであろ」
★72 - コメント(0) - 2016年8月12日

時をかける眼鏡 医学生と、王の死の謎の 評価:82 感想・レビュー:324
ログイン新規登録(無料)