おいしいコーヒーのいれ方 Second Season VIII 地図のない旅 (JUMP j BOOKS)

おいしいコーヒーのいれ方 Second Season VIII 地図のない旅 (JUMP j BOOKS)
あらすじ・内容
正月早々、花村家を訪れた『風見鶏』のマスターは、かれんの両親に自分とかれんが実の兄妹であることを打ち明ける。クライマックスへ向けて、かれんの人生が大きく動きだす転換点となる一冊。

あらすじ・内容をもっと見る
196ページ
574登録

おいしいコーヒーのいれ方 Second Season VIII 地図のない旅はこんな本です

おいしいコーヒーのいれ方 Second Season VIII 地図のない旅を読んだ人はこんな本も読んでいます

陸王
5581登録

おいしいコーヒーのいれ方 Second Season VIII 地図のない旅はこんな本です

おいしいコーヒーのいれ方 Second Season VIII 地図のない旅の感想・レビュー(452)

赦すという事へのマスターなりの解釈にシビれました。負のオーラを抱き続けるのは容易いことではない、そんなことに気付けるのはしっかりと向き合ったものだけなのでしょう。
★4 - コメント(0) - 2月2日

久しぶりに読み直してみた重い話ではあるけど続ききになるのですがまだなのでしょうか
★2 - コメント(0) - 1月23日

惰性で読んで入るが、もう続き書かないのかなぁ。。。
- コメント(0) - 2016年7月4日

ここで終わり?
- コメント(0) - 2016年6月24日

つながりの中で生きているのだなと思った。こんなにも八方ふさがりでも幸太の支えになる。一人では怖くて帰れなかった秀人さんの支えにもなる。でもやっぱりショーリはかれんの支えにならなきゃだめでしょ。ということで、この後停滞してるので早く次が読みたいです。2016-117
★23 - コメント(0) - 2016年5月6日

私まで重い問題を共有したようでなかなか読み進むことが出来なかったけれど、たくさん泣いて大好きな巻になりました。辛さや悲しみ寂しさや心の痛みの表現が凄い。シーズン1から通して読んできたので登場人物にとても感情移入してしまう。その誰もがこの長い物語には大切な人たち。
★22 - コメント(5) - 2016年5月1日

語り手が日本にいるマスター、由里子さん、原田先輩へと順にうつり、オーストリアへ行ったショーリの受け入れ体制ととのった(;゜∇゜)!?と思ったところでショーリが帰国(^o^)きっかけは秀人さんの兄が危篤と大変な理由だったけれど、結果的に良かった(^^)かれんとショーリが再会できたのも良かった~(ToT)一山越えてホッとした(*´-`)
★8 - コメント(0) - 2015年11月17日

マスターとかれんの関係を告げ、かれんが本当の願いを言う。たったこれだけのことに、とてつもない変化を感じる。色々な人が語る本巻は、それだけで「変わっていく音」が聞こえるような気がする。一つの事故で帰国した勝利。そして、再会。あぁ、よかった。とにかくそう思った。ただそこにいてくれることが、恋とか愛とかそういうものさえを越えて尊いか。どんな真実よりも、心の声が真っ直ぐ向かってくるか。二人のこれから、二人を囲む世界のこれからがどうなるか。ここまで追いかけたんだから、見守りたい。
★12 - コメント(0) - 2015年9月29日

二人が会えてよかった。他の登場人物の心理も知れてよかった。早くシリーズ続刊が出ることを望みます。
★1 - コメント(0) - 2015年9月21日

秀人さん、グッジョブ!!
★4 - コメント(0) - 2015年8月31日

久しぶりに続きを読む。前巻は停滞してたけど動き出したぞ!続きはどうなるのかなあ。
★16 - コメント(0) - 2015年8月26日

ようやくショーリが帰国!でも、秀人さんとか、マスター夫婦の今後が気になるわ。まだまだ波乱の予感。あと10年ぐらい続くかな?(笑)
★1 - コメント(0) - 2015年8月18日

次が気になります。章タイトルの洋楽を、一度まとめて聞いてみたい。
★3 - コメント(0) - 2015年6月20日

そろそろみんな幸せになって欲しいんですが。
★2 - コメント(0) - 2015年5月18日

ようやくかれんとの再開をはたしたショーリ。相変わらずこっぱずかしくなる程甘々だけど、二人が久し振りに出会えたシーンは感動だった。正直自分の中でちょっと間延びしてるように感じてたから、ラストで話が転がってきて、後半は面白かった。なのに、まだ続きが出てないなんて!村山さん、一年以上経ってますよ!後、若干星野と原田先輩でフラグ立ってない?原田先輩には幸せになってほしいけど、俺の星野とはくっつかないでほしい(笑)
★6 - コメント(0) - 2015年3月15日

マスターの想い、由里子さんの想いは憎しみや辛さから赦しが生まれたというのが胸にグッときました。悲しみのどん底に突き落とされた2人ですが、そのことで罪に追いつめられたショーリに対して自分たちを責めているのが痛いんですよね。花村家にかれんとの関係を打ち明けたマスターはショーリを追いつめたことに負い目があるのでしょう。偽善かもしれないけれどマスターの本音でもあるのでしょう。一方でショーリは突如日本に戻り、かれんと再会します。今までの想いがこみあげるかれん。ショーリ、お願いだからもうかれんから離れないで!
★52 - コメント(0) - 2015年3月10日

eco
マスターのフルネームがついに明かされる‼(そこ?)
★1 - コメント(0) - 2015年2月21日

【ネタバレ】「あの事故」以来オーストラリアに逃げてた勝利と時間の進まない日本、だったけど「本当は誰かが勝利を痛めつけるべきだった、自分のしたことがあんな重大な結果を招いたにも関わらず一切責められなかった彼がどうなってしまうか」「誰も罰しなかったからあそこまで追い詰められた、みんなそろって偽善者だ」という中沢のカツで一気に話が進んだ感じ。髭落として花村の家にかれんの兄だと話をしにいったマスター、おばあちゃんと暮らしたいと話をしたかれん。前巻で放置だった若菜と星野と原田の話を挟んで(笑)→
★4 - コメント(1) - 2015年2月18日

やっぱりきゅんきゅんするぅー!純粋すぎるショーリも健在。やっと話が一歩進んだかな?でも、早くもっと先が知りたぁい!クライマックスのイラストに心臓持ってかれました…。
★2 - コメント(0) - 2015年1月22日

中沢先生と星野がいいスパイスになっている。そしてやっと!!中断してた部分から一気に読み進めたらちょうど最新話の連載が始まった所!これは運命だと勝手に思った←
★6 - コメント(0) - 2015年1月18日

もう何作目になるんだろう。いつの間にか登場人物が年下に(笑) いよいよ物語の終わりを感じさせ、守られていた秘密を明かしていく。なんだかんだ、勝利とかれんにはハッピーエンドを望んでしまうあたり、このシリーズが好きなんだろうなと思ってしまう(^_^;)
★1 - コメント(0) - 2014年11月3日

やっと最新刊まで読みました。全部読んでいるのに読書メーターに書いてなかった。。気がつけばもう18冊目ですね。タイトル通り生きるのには地図のない旅が待っています。このシリーズにはどんな結末が待っているのか最後まで読みたいと思います。この巻までに何度も泣いてしまったので、幸せになってほしいと切に願います。
★9 - コメント(0) - 2014年11月1日

まだ終わらない。。つい泣いてしまう。
★2 - コメント(0) - 2014年10月6日

最新刊に追いついた。セカンドシーズンは辛い状況が多かったけど、最後ようやく幸せの兆しが。マスターの「人を憎むのに努力がいる」って言葉、分かる気がする。憎しみ(哀しみ)と向き合えば、「自分も相手も納得するような赦し」が訪れるのかなぁ。
★5 - コメント(0) - 2014年9月11日

思っていることを抱え込みすぎるのは、あとから考えるとよくない部分もあるが、人に心配かけたくないと思うあまり、つい抱え込んでしまうことは必ずある。それを打ち明けることがどれだけ辛いことか。様々な人間模様が詰まっている
★4 - コメント(0) - 2014年8月23日

数年前に初めのシリーズは読んでいて、セカンドシーズンをたまたま目にしたので一気読み。以前は「ベタな恋愛小説やな。」と思っていたけれど、今回はそれ以外にもいろいろ感じることがあった。自分も大人になり、経験を積んだということでしょうか。皆、幸せになってほしいな。
★3 - コメント(0) - 2014年8月1日

原田先輩が良い男にみえてきた。後書き読んで頷いてました。 そして今回初めて文庫本でないのを読みました。挿し絵、こんなに入ってたんですね。カレンさんかわいいー!全巻こっちのシリーズ読み返そうかな。 「正論だからって…」はとっても共感。やっぱり村山さんのシリーズはおいコーが一番いい。感情の動き方、描写、とっても好きです。
★4 - コメント(0) - 2014年7月29日

もう18巻になるんですね。 私は読みはじめて8年位たつかな! さすがに、もう止めようと思ったこともあるのですが、やはり、習慣と言うのか、また買ってしまいました! こんな感じではまっている人多いんだろうな?
★6 - コメント(0) - 2014年6月30日

毎年この時期にでているはずの新刊まだ?と思い,再読。セカンドシーズンも8冊目。ファーストシーズンが10冊だったことを考えると,あと二冊で終わりなのかしら?と気づいた。痛ましく苦しいけれど,ずっとこのままということはないだろうし,着実に終わりへと向かっている気がする。消えない罪と痛みを抱いて,どんな答えにたどり着くのか?続きを待ちます。
★1 - コメント(0) - 2014年6月29日

★★★★☆
★1 - コメント(0) - 2014年6月28日

【おいしいコーヒーのいれ方_2-8】マスターの思い、由里子さんの思い、憎しみと向き合い、哀しみと向き合い、苦しみ、赦せるようになる……赦し、今の全てを受け容れる。改めて勝利を目の前にした時に2人にどういう感情が溢れるのかは分からないけれど、周りは見守ることしかできないんだろう。恨みだけでなく負の感情は、自分自身を傷つける。負は負を呼び、晴れることのないまま自分自身を墜としていく。黒い感情は苦しくて悲しくて押し潰されそうになるけれど、それを越えて、赦しを選べることは、やっぱり強くて優しい人たちなんだと思う。
★7 - コメント(0) - 2014年6月21日

長かったが、やっと勝利が日本へ帰ってきた。帰国することになった事柄がまた事故だったというのが・・・なんだか因縁というか・・・ドラマだな。でも帰国したんだからこれからの進展に期待します。
★3 - コメント(0) - 2014年6月18日

長いシリーズ。なかなか前に進まず、話はどこに向かうの⁇ と思っていたが、最後にやっと動き出した感じ。でもなんだかんだで毎回泣いてしまう。
★23 - コメント(0) - 2014年6月15日

やっと出会えて(図書館で)読めました。それにしても、なかなか進まない。ショーリが早く現実に向き合う勇気を持ってほしいと、切に思います。
★2 - コメント(0) - 2014年6月14日

長く読んでいますが、展開がなかなかすすまずまるで麻の連続テレビ小説って感じです。でも終わってほしくないのでこのままでもいいかな? 毎回ですがベタに泣きます。
★2 - コメント(0) - 2014年6月8日

おかえり!
★2 - コメント(0) - 2014年6月5日

おいしいコーヒーのいれ方のⅨ連載が始まった。 早速読みました。・・・・此れからどうなるのかな? 再読、自分では動きが取れないなら他人に後押しされて動けばいい。ただ、そう言ってくれる人がいればの話。ショーリは運が良いと思う、普通に考えれば自然消滅してしまうだろうから。最後のシーンは心が痛くなります。
★13 - コメント(0) - 2014年5月24日

なんだか事故ばっかりで韓流か!?という流れに…。内容がどうこうより、ともかくちゃんと終わってくれー、という一念で読み続ける…、と思う。
★9 - コメント(0) - 2014年5月19日

おいしいコーヒーのいれ方 Second Season VIII 地図のない旅の 評価:62 感想・レビュー:176
ログイン新規登録(無料)