すべての疲労は脳が原因2 <超実践編> (集英社新書)

すべての疲労は脳が原因2 <超実践編>の感想・レビュー(33)

前作に引き続き、最新の疲労についての研究結果がより実践的に述べられています。具体的でとても為になる本です。
★1 - コメント(0) - 2月14日

運動で仕事の疲労は取れない、イミダペプチド(鶏胸肉等)がたくさん出てきた。食事、環境、睡眠の項目に分けて詳しく説明している。
- コメント(0) - 2月5日

☆デスクワークは「閾値」を超えてしまわないように20分ごとに休憩をいれる。☆カルシウムはマグネシウム(アサリ、納豆、ワカメ、ヒジキ)と一緒に摂取すると効果がある。
- コメント(0) - 1月29日

自分はなんで疲れるかわからないので手に取りました。この本読んでオルニチン購入しちゃいました(^^;
- コメント(0) - 1月26日

パラパラと読んだだけ。運動は頻度を増やして横向きで寝よう。
★1 - コメント(0) - 1月23日

疲労といえばカラダのことだと思っていたが,脳が原因ということが分かった。それを毎日の生活の中で防ぐためにはどうしたらいいのか,これが本書の内容だ。食事・睡眠・環境と取り組みやすく書いてあり,今すぐにやりたくなった。特に睡眠については,まず早寝を実行したい。
- コメント(0) - 1月22日

疲労解消のために脳を休めようとすると、太るんじゃないかと。イミダペプチドと鶏むね肉は思えておこう。
- コメント(0) - 1月21日

続編。PART1の復習のところあり。疲労とは何ぞやがよく理解できました。食事・睡眠の重要性がよく理解でき、今後の生活に役立てます。(PART1から継続しているものも含め)
- コメント(0) - 1月21日

ん〜あんまり
- コメント(0) - 1月18日

20160115 運動と休憩と食事
★6 - コメント(0) - 1月15日

疲労の原因は活性酸素、というのと、鶏胸肉に含まれる イミダペプチドが疲労を回復させる、というのが役に立った。疲れが溜まると湿疹が出るというのは初めて聞いたが、最近湿疹が出やすいのは疲れているから??
★12 - コメント(0) - 1月14日

年末から読み始めていたところ正月に風邪を引いた。結構脳が疲れていたのだろうか。思い当たる節が多々あり。孤食を避ける。ゆっくり食事する。イミダペプチドは既に導入済み。しっかり水分補給。最低6時間は睡眠時間確保。座り続けない。立ち上がって歩く。運動は適度に、やり過ぎないこと。紫外線には要注意・・・。多くの示唆を受けた中でもっとも印象に残ったのは「ゆらぎ」という言葉。一定の平均値から微妙にずれることが逆に安心と安定をもたらすことは体が一番知っている。ずれていていいんだ。安心した。
★1 - コメント(0) - 1月7日

食事は鳥の胸肉と豚ロース。睡眠は6時間。イビキは良くない。ウェストポーチを前後につけて横向きで寝る。寝床の硬さ重要。今は硬すぎるかも。夏冬温度は快適に。温度差が生じないように。
★1 - コメント(0) - 2016年12月29日

疲労を科学的に捉えて対策を具体的に述べていることがいい。
- コメント(0) - 2016年12月24日

★★
- コメント(0) - 2016年12月20日

今読んでいるみんな最新5件(4)

02/09:たかし
12/25:akamurasaki

積読中のみんな最新5件(3)

12/27:エフ
12/24:よしだ

読みたいと思ったみんな最新5件(15)

01/28:mochico
01/13:いっしー
01/09:atsusta
すべての疲労は脳が原因2 <超実践編>の 評価:91 感想・レビュー:15
ログイン新規登録(無料)