男心と男について〈上〉

男心と男について〈上〉の感想・レビュー(6)

昔ながらの英国風どたばた恋愛模様、女性作家風味。おさわがせファム・ファタールとゴーマンろくでなし男の愛憎劇が作家を狂言回しとして繰り広げられます。いや~そのウィットがたまりません。これは原著で読むべきかも。ドカンと一目ぼれ、サイテーだけど強力な恋敵。素直になれず離婚、痛烈な後悔…そして暴挙に出る男!もう嵐に巻き込まれたまま続きます。
★11 - コメント(0) - 2016年11月29日

2016年9月15日:半殻肝
2016年6月28日:butterflyonapin
2016年1月30日:半殻肝
2010年9月2日:きりぱい
1991.9初版  集英社 リサイクル 箱詰め
- コメント(0) - --/--

読みたいと思ったみんな最新5件(1)

10/17:

人気の本

男心と男について〈上〉の 評価:67 感想・レビュー:2
ログイン新規登録(無料)