サーカスが通る

サーカスが通るの感想・レビュー(38)

パリの通りという通りには光があふれ、その眩さにあたかも今そこにある景色のように思って目を細めてしまうけれど、すべては記憶のなかの静かな一幕。ここにいるのにその風景のなかの一点に視線が縛られ、意識がどこかへ漂うことがよくあって、モディアノの小説はそんなパラレルな世界に散らばった記憶の欠片を縦横に繋いでいく。道路を横切るとき、本をシーツに包むとき、何かが起こる予感だけがいつも浮かび上がる。十八歳のぼくと、幾重にも重ねた年月のなかのぼく。幻のような数日間の、変わらぬイマージュは天井に映し出された光と影のすじ。
★131 - コメント(1) - 2015年12月5日

18歳の青年が体験したほんの数日の事であるのに、何年もの出来事であるかのような密度で描かれる回想。それは唐突に始まり、唐突に出会い、謎に満ちたと不可思議な人物の間を通り、唐突に終わる。忘れられない強烈な光と影を残して存在する過去。彼はローマへ行ったのだろうか。
★1 - コメント(0) - 2015年8月27日

パリを舞台にしたまるで映画のような男と女の物語。「寝室の天井に映るバトームーシュの光」という何度も出てくる表現が不安定な二人を表しているようで印象的だった。読み終えて単に文章に書かれているそれ以上の物を受け取ったような気持ちになる。
★6 - コメント(0) - 2015年7月10日

ある日、誰かの手帳に名前があった件で警察に呼ばれた18歳の「ぼく」は、そこで出会った謎めいた女性ジゼルに魅かれ、初冬のパリを彷徨し……。サスペンスの要素を背景に一途な若者の初恋を描いた小説。訳者あとがきによればモディアノの人生が投影された作品。
★1 - コメント(0) - 2015年6月13日

18歳の「ぼく」が年上の女性と出会い、別れるまでの数日間の話し。得体の知れない蠢きの中、虚実入り乱れた言説に取り囲まれながら、それでも素直に生きていく主人公。不可解ながらもふわふわと心地良い読書体験。いい小説だと思う。
★2 - コメント(0) - 2015年4月8日

今回のノーベル文学賞作家ということで、図書館に唯一あった本。意外と読みやすく夢中で読んだ。パリの街並みやカフェの情景に行ってみたくなった。
★1 - コメント(0) - 2014年12月10日

唐突なくらいするっと物語がはじまって、情報が見えないままなんとなく進んでいく。何気ない出来事ばかりだけどなんとなく欠けた感じがつきまとっていて不気味な浮遊感がある。全体的にはっきりしない印象が拭えないまま読了。これを奥行きというのかな、回想している時点との間にある空白も不思議。
★1 - コメント(0) - 2014年12月6日

「失われた時」への回想と悔恨の物語。18歳だった「ぼく」は、1人の女と出会う。最初は彼女の名前すらわからない。その周縁にいる人物も謎めいた人たちばかりだ。それから30年が過ぎた今、まさにこの物語が書かれている。回想は時に重層的であり、15歳のぼく、あの時から10年後の再訪のシーンなどが紛れ込む。ジゼルと過ごした、ほんの数日の間に訪れたパリのあちこちの場所が鮮やかに回想され、ぼくの深い後悔とともに語られるが、その間の空白期に、ぼくはどこにいたのだろう。その空白こそが最も小説的な空間であるのかもしれない。
★168 - コメント(2) - 2014年11月21日

占領時代。消えた父ユダヤ人の父、いなくなった売れない女優の母、不安定な生活を送る若い息子。国外逃亡の計画。そこにすっと入り込む訳ありの女。いつもと同じく経緯も登場人物たちの背景も繋がりもはっきりしたところはわからないまま、不安と切ない愛と、絶望と貼り合わせになった希望が描かれる。それもずっと先の時点から過去を振り返る視線を巧みに使って。上手い!
★2 - コメント(0) - 2014年10月23日

邦訳がこちらになります。
★14 - コメント(0) - 2014年10月10日

モノクロームの画面の中に浮かび上がる、パリの光と影。さまようふたつの心。どこから来てどこへ行くのだろう。それは通りすぎたあとのサーカスのように。
★3 - コメント(0) - 2014年2月9日

高速道路のトンネルのオレンジの照明を見ると外国にいるような気持ちになる。この本を読んでいる間、ずっと外国にいるような気がしていた。こんな読書体験は初めてだ。文体?文章のリズム?寄る辺のない、不安な気持ち。裸電球の点る、がらんとしたアパルトマン。それは取りも直さず主人公のおかれた状況なのだが。
★2 - コメント(0) - 2013年10月29日

繰り返されるモティーフがどうしてこうも魅力を失わないのか?
★3 - コメント(0) - 2011年6月8日

今読んでいるみんな最新5件(6)

07/03:マロン
06/05:グーグー

積読中のみんな最新5件(3)

06/02:グーグー

読みたいと思ったみんな最新5件(26)

11/19: norican
08/12:MIYU
07/20:kbtysk
02/04:Gradiva
12/06:Christena
サーカスが通るの 評価:68 感想・レビュー:13
ログイン新規登録(無料)