新バイブル・ストーリーズ

新バイブル・ストーリーズ
あらすじ・内容
神を見失った悲しい時代を穿つ、聖書の物語
「ノアの箱舟に人類は乗るべきだったのか?」「バベルの塔に難民が生まれて」など、聖書世界に現代人へのメッセージを込めた、感動の13編。R.パルバース×柴田元幸、渾身のコラボレーション!

あらすじ・内容をもっと見る
284ページ
131登録

新バイブル・ストーリーズはこんな本です

新バイブル・ストーリーズはこんな本です

新バイブル・ストーリーズの感想・レビュー(45)

星新一を読んでる感じでした。柴田さんが『代表質問』で神様が出てこない聖書のお話といった事を仰っていたのですが、凄く自然でそんな事は忘れてしまいそうでした。古の人びとの暮らしを綴った詩のような昔話のようなお話で、全然知らないのに懐かしく感じる不思議な味わいの作品でした。
★6 - コメント(0) - 2016年1月24日

以前読んだ三浦しをんさんの本で紹介されていた。浅くても、多少聖書の知識があれば、もっと海外作品や映画が楽しめるのでは?と手に取ってみた本。古代から語り継がれている物語にも拘らず、現に世界中で起こっている暴力や差別等の民族間の争いと不気味なほど合致する。逆を言えば、人間がこの世に誕生してからずっと醜いエゴを振りかざし続けていて、進歩なしということ。いつまでもバベルの塔の住人の様に、建設破壊を繰り返すのだろうか。これは信仰など関係なく、皆の物語なのだ。残酷な中にも光を見出だせるよう、自分に問いかける物語。
★41 - コメント(7) - 2015年3月6日

神ということばが一度も出てこない聖書物語。作者のあとがきには、聖書の人物たちが「なぜ、そうふるまったのか」を書きたかった、とある。むしろ、聖書をモチーフにして想像の翼を働かせた寓話であり美しい散文詩である、と言ったらよいだろうか。他人を暴力で支配し、自分と異なる人に非寛容な生き方と、すべてを受け入れる穏やかな生き方を対比させている。まさしく現代への警鐘である。
★2 - コメント(0) - 2014年4月23日

ノアの方舟、ヨナ、ダビデ、アダムとイブ、といった『聖書』の物語を、それができるずっと前から人々に語られてきた物語として書かれたのがこの本。ま、訳者読みです。
- コメント(0) - 2014年4月19日

翻訳が柴田元幸さんだったので読んでみた。聖書が元ネタでそれとの違いが面白いのもあるけど知らなくても面白い。現代に通ずる、聖書が出来る前からの物語集。
★1 - コメント(1) - 2014年3月19日

私はその無数の人みんなだ、恵まれた者も恵まれぬ者も 残らず私のなかに在る。ヨブ:Job:の章の言葉が頭から離れない。日頃、旧約聖書や聖書について、なじみのない生活を送っている。しかしながら、昔から語り継がれる物語には、なにも知らない者に対してさえ、深く訴えかけてくる底知れぬパワーがあるようだ。もう一度、ゆっくりと再読してみたい。
- コメント(0) - 2013年5月30日

不思議な、まるで詩のような物語集でした。ノアの方舟、サムソンとデリラやバベルの塔のような有名なお話は良いけれど、元ネタが分からない話は結局何が言いたいのかも分からないまま終わってしまって、残念でした。スザンナの話が好きです。現代にも通用するえん罪の話であり、やり込められる長老達にざまぁ見ろ、と言いたくなるのです。
★2 - コメント(0) - 2013年3月2日

「ヨブ」と「アダムとイブ」が印象に残った。
- コメント(0) - 2013年2月6日

神不在の聖書つう感じなんかしら。読みやすく昔話読んでるような感じで良かったんだけど、元ネタ(聖書)全然詳しくないんで、それをちゃんと知ってたらもっと理解が深まりそう。
- コメント(0) - 2012年10月12日

現代版の聖書ものがたり。旧約・新約聖書で基の話を読んだことはないが、十分楽しめた。言葉は口語で現代風、お芝居のようなテンポで話が進み、聖書のストーリーなのに固さがない。聖書って読み方によっておもしろそうだな、と素直に思う。
★1 - コメント(0) - 2011年11月13日

「ノアの箱舟、バベルの塔、壁の文字、ダビデとゴリアテ、サムソンとデリラ、スザンナ、ヨブ、ヨナ、よきサマリア人、ヨシュア、ヨセフ、エステル、アダムとイブ-蛇が語れば」の新・旧約聖書を題材にした全13話。聖書を全く読んだことがないとはいえ何かの折に見聞きした話とかもあったりしたので、解らないなりにも楽しめました。洪水に備えて巨大な箱舟を作る「ノア」と、バベルの塔が何故無くなったのかを描いた「バベル」の話が面白かったです。★★★
★7 - コメント(0) - 2010年10月3日

51−2010
- コメント(0) - 2010年9月1日

ノアの章だけ読了。あまり興味深い内容ではなかったので続きは読まない。
- コメント(0) - 2010年6月1日

この本を読むと、聖書は神の教えではなく民話・神話として楽しめる。
★1 - コメント(0) - 2008年4月28日

今読んでいるみんな最新5件(3)

01/09:k-ie

積読中のみんな最新5件(5)

09/27:milkdonut
11/13:プルーフ
04/11:りー
02/16:たくせい

読みたいと思ったみんな最新5件(78)

02/25:みさ
10/15:Leo♌︎
08/24:Recording
07/18:かなぼん
新バイブル・ストーリーズの 評価:62 感想・レビュー:14
ログイン新規登録(無料)