ダンボールボートで海岸

ダンボールボートで海岸
あらすじ・内容
年下の男と出奔した母親の借金を抱え、バイトに励むボク、20歳。元同級生相手の売春、女二人男一人の奇妙な同居生活…、不穏な気配が日常に忍び寄る。自分をリセットできるだろうか…。川上弘美氏絶賛。第27回すばる文学賞受賞作。

あらすじ・内容をもっと見る
148ページ
74登録

ダンボールボートで海岸はこんな本です

ダンボールボートで海岸はこんな本です

ダンボールボートで海岸の感想・レビュー(56)

ta
冒頭の入りだしは、サンタクロース撲滅団に匹敵する
- コメント(0) - 2016年2月28日

自らを“ボク”と呼ぶ若い女性宅を舞台にした群像劇。キャラクター設定や台詞回しなどが魅力的なので中盤までは引き込まれるのですが、文体にかすかに漂うあざとさと物語の終わらせ方に物足りなさを感じました。
- コメント(0) - 2013年5月17日

悪くはないけど、結局・・・?
- コメント(0) - 2012年7月25日

タイトルに惹かれて手にとった1冊。しかし最初から最後までこの本の世界に溶け込めずに終了;読解力が足りないのだろうかー。
★1 - コメント(0) - 2011年10月4日

いつの頃からか、自分が望む風景へたどり着くことを夢想し始め、現実をやり過ごそうとするボクっ娘の話
- コメント(0) - 2011年6月20日

文章がすごく綺麗で読みやすいといえば読みやすいんだけど、内容はいまいち理解できなかった。というより、主人公のことが理解できなかった。クロさんの純粋な捻くれ具合とハナちゃんのむかつくまでの真っ直ぐさには好感がもてました。しかしまさかオチがハナちゃんの告白とはびっくり。
★1 - コメント(0) - 2011年4月15日

素敵な表紙につられて。文章の美しさには圧倒されたが、最後まで物語に入り込めず。主人公の気持ちがいまいち掴めず、文章が綺麗というだけで終わってしまった。機会があればもう一度読んでみたい本。
★2 - コメント(0) - 2010年10月29日

綺麗な表紙だなーと思って手にとってみた。中も綺麗な文章だった。ただ主人公の考えてることは最後までわからずじまい。読解力不足なのかしら
★1 - コメント(0) - 2010年9月25日

主人公が最後まで好きになれないんですが、文章の美しさに惹かれて、ずっと手元に置いている。たまに取り出してみて適当に開いたページに、いつもはっとするほど綺麗な文章が綴ってある。
★3 - コメント(0) - 2010年7月14日

ダンボールボートの一片を持ってるような本の質感。読んでる私は漂流者のひとり。
- コメント(0) - 2008年7月15日

ダメだよ!だめだよっ!止めちゃだめ、イカせてあげて海岸に。
- コメント(0) - 2008年4月3日

不思議と、好き。
- コメント(0) - 2005年6月7日

ボクとハナとクロの、奇妙な共同生活。青春小説だがとても観念的な部分があって、特に作品半ばでハナがクロと喧嘩して語りまくる場面は、ああ、千頭さんはこういうことを書きたかったのだろうと、透けすぎの感があった。何が起ころうとボクは淡々と日を過ごし、傍観者の立場を崩さないまま。ボクだけの「海岸」を心に秘めて、いつか行くと決心して。この「海岸」とは、ボクにとっての彼岸なのだろう。ボクと世界との関係が希薄。そこをもう少し書いてほしかった。
- コメント(0) - 2004年6月10日

心から好きな作品。主人公が人生に軽く絶望しているのに悲しい感じがしないのが良い。そして主人公が心の奥底では何も受け入れようとしていないのがとても切ない。
- コメント(0) - --/--

めちゃくちゃよかった。この作家さんの本をまた読みたいと思うが、出されていないのが残念。。
- コメント(0) - --/--

第27回すばる文学賞、受賞。
- コメント(0) - --/--

無気力。
- コメント(0) - --/--

今読んでいるみんな最新5件(2)

11/10:ありす
06/28:paipoi

読みたいと思ったみんな最新5件(16)

04/13:いのうえ
08/05:ゆずっこ
03/23:ち~
08/08:halna
04/04:にいこ
ダンボールボートで海岸の 評価:68 感想・レビュー:19
ログイン新規登録(無料)