ちいさなおはなし

ちいさなおはなし
あらすじ・内容
きらきら輝く言葉のファンタジー
ふとん、ねこまた、くものいと、ひみつ、くしゃみetc.…。「おはなし」作りの名手が、身近で愛おしいものたちをモチーフに紡ぐショートショート15編。新井ワールド満喫の珠玉作品集。

集英社WEB文芸「RENZABURO」で担当編集のテマエミソ新刊案内掲載中!!


あらすじ・内容をもっと見る
229ページ
276登録

ちいさなおはなしはこんな本です

ちいさなおはなしの感想・レビュー(203)

一話一話が短くてちょっと空いた時間に読み切ることか出来た。中にはドキリ!や、クスクスや、ウルウルな内容が詰め込まれていた。私は「くものいと」が良かった。博士とは?に対する分析は正にその通りと思った。
★1 - コメント(0) - 2016年12月17日

新井素子さんのショートショート。読みやすかったです。わたしはくしゃみが好きです。かあてん...心にひっかかる人多いのでは?しゃっ。閉めたくなりますよね。たまご...どうなったのでしょう。オチは自分で。という事ですかね。
★4 - コメント(0) - 2016年9月26日

かわいらしいお話しでした。くものいと。カーテンが好き。
★4 - コメント(0) - 2016年9月20日

またまた新井さん♪ショートショート、楽しませて頂きました。ひらがなでタイトル、可愛いですね。面白いな、と思ったのは「ごっとはんど」「ねこまた」「くものいと」「たまご」「のっく」でしょうか。このうち「たまご」については、オチがあんなふうで。えー!って思いました!もっときれいに納めてくれるかと期待したのに。そこがいいのか?だいたい面白いけど、時々そうでもない感じもあり。ショートショートって難しいんでしょうね。
★25 - コメント(0) - 2016年9月10日

これは手元に欲しい一冊。合間合間の絵も可愛い♪あたたかく優しい気持ちになったりくすっと笑ったり、時にはハッと考えさせられたりと、素敵なちいさなおはなしがぎゅっと詰まった物語でした。「くしゃみ」天使のテレパシーの通路、、くっしゅん。「かげ」いつも植物さんは『しょうがないなー』とわらっていただけ。にぐっときた。「おと」雨はニガテだけど、とん。の音に耳を傾けたくなりました。「たまご」え?最後、七色のたまごを繭子ちゃんがどうするの〜!?
★16 - コメント(0) - 2016年9月6日

図書館本。表紙、大きめの字、広めの行間、児童書?と思ったが1ページ立ち読みして持って帰った。特に、いぬ、かあてん、たまごが良かった。たまごは小学生の道徳の時間に使えそう。かあてんはやはり自分で開かないと。十代初めの頃、漫画から小説に移行のきっかけは星さんやったなあ。
★3 - コメント(0) - 2016年6月16日

図書館で見つけて、新井素子さんがなつかしくて手にとった作品。 新井素子さんといえば、高校生くらいの時に「星へ行く船」シリーズにハマりました。 今回の作品は星新一ショートショートを彷彿させる、15篇の短篇集。 ほんわかするもの、チクリとシュールなもの、色々織り交ぜた作品です。 昔の新井素子作品とは雰囲気が違いますが、どことなく昔とかわらない素地も感じられる心地良い作品でした。
★7 - コメント(0) - 2016年3月21日

2007-1212
- コメント(0) - 2016年3月6日

ひらがなでかわいくて小さいゆるーいおはなし集。時折ちょっと苦い味がする。
★2 - コメント(0) - 2016年2月13日

新井素子さんらしい、優しくて淋しいお話がいっぱい入っていました。
★4 - コメント(0) - 2016年1月19日

まだ知らない本があったとは・・・。ひらがな中心のショートショートでした。全体的にやさしい気持ちになります。「くものいと」「ひみつ」「おふとん」がすき。
★4 - コメント(0) - 2015年11月24日

児童書みたいで読みやすい作品でした「ちいさなおはなし」いろんなショートショートだったので、とても楽しめた「おふとん」と「たまご」がお気に入り。H27.375
★61 - コメント(0) - 2015年9月18日

久しぶりに新井素子さんの本を読みました。中学生の頃から読んでますが、文体も変わらず、あとがきも変わらず、楽しかったです。「ごっとはんど」が好きだったな。
★5 - コメント(0) - 2015年9月2日

表紙の猫が気になって読んでみたら、ショートショートだった。 全体的に、不思議かつ独特な世界観の童話めいたお話。温かな結末より、妖しく後味の悪い読後感の方が印象に残った。短いストーリーなので、その傾向は一層顕著。 自然から人間への皮肉や教訓めいた視点と、人の一生を通してみる喜びや葛藤が上手く描かれていた。中でも、『ごっとはんど』、『かげ』、『いぬ』、『おと』が好み。特に『おと』の〝世界の、最初の音は、滴った水の音。”というフレーズが素敵。水の温かく慈愛に満ちたイメージが伝わってきて、優しい気持ちになれた。
★6 - コメント(0) - 2015年6月28日

最近読んできた本と傾向趣向が違う本だったので、ことばや文体に違和感を感じてしまい最初はなかなか入り込めず、、でしたが、かわいいお話、涙を誘うお話、ゾクゾクしてしまうお話、不思議なお話、戒めになるようなお話、と色々な世界が詰まっているということに気付き、いい意味でクールダウンできました。個人的には『あとがき』の文章がとても好きです(笑) その文章には新井さんの素が何の飾り気もなくそのまま表現されていて、それがこちら側にストレートに伝わるからなんだろうなって思います。ひらがなが多いという理由も納得できました!
★4 - コメント(0) - 2015年5月9日

wa2
えーっと皆さんべた褒めなんですが、私はあんまり好きじゃないです。なんかオチがつまらなく感じられて。
- コメント(0) - 2015年4月12日

emi
まるで、絵本を読んでいるようなお話たちだった。
★6 - コメント(0) - 2015年2月25日

電車移動の時にちょうどいいです。
- コメント(0) - 2014年10月4日

新井素子さんのお話はステキです。
- コメント(0) - 2014年8月30日

ザ・新井素子品質。普段ショートショートは読まないのですが、新井さんのは面白かったです。短い割に、頭を使いました(^^;)
★20 - コメント(0) - 2014年8月27日

すっごい久しぶりの新井素子さん、ショートショートでも新井素子は、新井素子だった。面白かったです。
★2 - コメント(0) - 2014年8月14日

不思議系・癒し系のショートショート…かな。驚きの展開ではないけれど、ホンワカ読める感じ。ただ、うーん…個人的には、この作家さんは長編のがやっぱり好きですね。
★5 - コメント(0) - 2014年7月29日

「ひらがなで、かわいい」短編集 新井素子さんの文体をシャワーのように浴び、なんだか健康になれそうだ 身の回りの物事に向ける視線の暖かさと鋭さが同居し、味わい深いショート・ショートが綴られている
★3 - コメント(0) - 2014年6月19日

新井素子のショートショートというだけで買いの1冊。 SF、ファンタジー、ホラー。坂崎千春の表紙、挿絵あも素晴らしい。そこはかとなく恐ろしい。あとがきはやっぱり好き。 満足感 星5
★1 - コメント(0) - 2014年5月13日

新井素子再読計画中にネット探索していて発見した本。星新一のオマージュで新井素子らしからぬショートショート集。ふんわり素子テイストがあるものの、やはりいつもの作品とはちょっと違う感じ。その点で若干物足りなさを感じてしまいました。そんな中でも「おふとん」の世界観?は新井素子だなぁって感じが。良い夢を見させてくれる我が家のお布団にも感謝の気持ちが出てきました。王道ではないですが、こういう作品も良いですね。
★4 - コメント(0) - 2014年4月5日

新井素子によるショートショート。 「かあてん」がよかった。 適度に涙腺と、こんな自分にもまだ少しはある良心などを攻撃されて、少し困った。 星新一が読みたくなる本。
★11 - コメント(0) - 2014年3月27日

「こゆび、くしゃみ、ごっとはんど、おふとん、ねこまた、かげ、ゆめ、いぬ、かあてん、ふしぎ、ひみつ、くものいと、おと、たまご、のっく」全15話。中にはドキっとさせられた話もありましたが、全体的には可愛らしいお話ばかりが詰まった短編集でした。一番好きな話は、良いお布団とはどういうものかを描いた「おふとん」。お布団達の毎夜の努力に感服しました。夫が余命宣告を受けてからある変化が起きた「ねこまた」は、幸せとは何かを考えさせられました。坂崎千春さんのイラストも話の雰囲気にピッタリで良かったです♪★★★★
★59 - コメント(0) - 2014年3月7日

今年のスタートは、ショートショートから。(*^_^*)ホッコリ安心して読める一冊です。
★1 - コメント(0) - 2014年1月5日

星新一さんのショートショートが好きだった。新井素子さんの本は初めて読んだが、新井さんもショートショートは初めてだったらしい。猫また、泣けた。他にも不思議な世界が広がり、ほんわかした気持ちになった。
★7 - コメント(0) - 2013年12月20日

久しぶりに新井素子が読みたくなって図書館でかりた。素子さんには珍しいショートショート集。童話のような雰囲気も。面白かったのは「かあてん」「ねこまた」。優しさの中に苦味あり。
★8 - コメント(0) - 2013年11月15日

のっくが、好きかな。
- コメント(0) - 2013年10月1日

ごっとはんどが好き。星新一さんの偉大さを知るあとがきでした。
★2 - コメント(0) - 2013年9月3日

透明のクレヨンの話が好き。
- コメント(0) - 2013年8月10日

不思議な視点で、作者さんの思考が面白いな~と感じました。よく思いつくなーと。可愛いなと思っていたら、案外深かったりとか。大人の絵本…の様な読み心地です。
★1 - コメント(0) - 2013年7月1日

あとがきを先に読んで借りてきました。思ったより時間かかった(^^; 「かあてん」がけっこう好き
★2 - コメント(0) - 2013年5月14日

ショートショートをほとんど読んだことがないので、こういうものなのかしら、、? もっとなにか絶妙なものが読めるのかと勝手に期待してました(^^ゞ 可愛いお話ばかりで、ぽわんと溶けてなくなるマシュマロのような読後感はよかったです。
★12 - コメント(0) - 2013年4月29日

新井さんの星さんへの愛を感じる短編集。『ごっとはんど』でクレヨンを受け取るくだりなどは、星遺伝子をかんじます。昔から変わらない文体で、ちょっと刺さりつつ優しい気持ちになれるお話ばかりでした。
★3 - コメント(0) - 2013年3月22日

玉石混淆。読んでて全然面白くないものから、じんわり残るものまで。でも私は新井素子作品はやっぱり長編のが好きだな、と思った。
- コメント(0) - 2013年3月13日

全体的に可愛らしい感じのお話が多かったように思います。「くしゃみ」天使に思いを託していた時代と今とどっちがいいのかな。「おふとん」うちの布団も職務遂行にとても熱心です。「かげ」最後の一行で反省。
★16 - コメント(0) - 2013年2月23日

ちいさなおはなしの 評価:100 感想・レビュー:85
ログイン新規登録(無料)