くうのむところにたべるとこ (マーガレットコミックス)

くうのむところにたべるとこ (マーガレットコミックス)
あらすじ・内容
焼肉をはさんで女がふたり。生ハムを前に男は妄想。糠に手を入れ、女が思う。恋を知らない者にはソーセージの奇跡を。鬼才・ヤマシタトモコが贈る、恋と食欲を謳うオムニバス!

あらすじ・内容をもっと見る
184ページ
1284登録

くうのむところにたべるとこはこんな本です

くうのむところにたべるとこはこんな本です

くうのむところにたべるとこの感想・レビュー(1073)

伊東くん、ヤバい。 阿部さん、超いい人。 皆に幸あれ
- コメント(0) - 3月21日

食べ物にまつわる短編集。普段は普通の中年夫婦なのに、ホテルのバーではお洒落な会話をする夫婦の話が大好き
- コメント(0) - 2月19日

老夫婦が好きかな
- コメント(0) - 1月23日

新刊コーナーにあった『WHITE NOTE PAD 2』に惹かれたものの、1巻が在庫切れ。この作家のマンガを読んだことがないので、とりあえず書棚にあったもののなかで最もタイトルに惹かれたこの一冊を購入。 …この作家は、変態だな。 ほかの作品も近日中に読んでみます。好きなんです、変態。
- コメント(0) - 1月12日

最近ありがちなグルメ漫画とは全然違う、面白いオムニバス。登場人物のモノローグ(心の声)がなかったら、多分フツウ(そうでもないか)の食べながら変空気マンガになってしまったと思う。レズカップル、天然ちゃん、老夫婦、みんな好き。「こんな妄想しかできない自分が恥ずかしい」な本好きのおねいさん、全然恥ずかしくないですよ、あなたの妄想すごく素敵でサイコーですよ!伊東くんとその後、どうなるのか濁す形で終わっているのもイイ。乳と会話されているお姉さんも、この先きっといいことありますよ!ソーセージとか、ソーセージとか。
★1 - コメント(0) - 2016年12月24日

再読。つっこみや妄想が面白すぎて、ついつい読み返してしまった。
★1 - コメント(0) - 2016年12月19日

特製ベーコン帯がおもしろい。海外では本には帯自体ないようだが、遊んでる装丁や帯はそれだけで本って素晴らしいと思う。巨乳なお姉さんどうしたかな。一人ちょっと宙ぶらりんで終わった気がする。
- コメント(0) - 2016年12月18日

プロシュットとかブロックベーコンとかでいちいち妄想してる伊東くんが終始おもしろすぎた。レズビアンカップルのマシュマロだの豆大福だのの話と老夫婦の話が好き。
★3 - コメント(0) - 2016年11月11日

食とエロスは通じている。ビアンカップルと老夫婦の話が好き。
- コメント(0) - 2016年10月29日

食とちょいエロ妄想のオムニバス。雰囲気たっぷりのエロ姉さんよかったっす。なんかわかるようでわからない妄想たっぷりの世界だけど、惹かれる世界だなー。おまけまんがもよかった。結局は、好き・可愛いで万事OKって感じですね。おもしろかった。
★3 - コメント(0) - 2016年9月18日

ヤマシタトモコという感じ!どのお話もよかったけど、熟年夫婦のお話が一番よかった。
- コメント(0) - 2016年9月13日

オムニバスで、やはり好きなのは女性二人のカップル。エロ可愛いです。「あんたとつきあってからあたしふとった」という言葉に確認してみると、本当に徐々に太っている!けど、「豆大福ちゃん「おもちちゃん」などと言われてもそれが愛情のこもった呼び名で、「白くて丸いところが好き!」と嬉々として言われたら悔しくともキュンと来る気持ちも分からないではないなー。後はシェフの天然な奥さんも可愛い。
★3 - コメント(0) - 2016年9月7日

装丁ってか表紙良すぎるでしょうこの本。内容はまぁヤマシタトモコ先生。
- コメント(0) - 2016年7月10日

読むと安らぐ
- コメント(0) - 2016年7月2日

再読。おー、飯系漫画ね!とか思って買ったら全然違いました。飯食いながら、レズビアンや老夫婦や処女で胃弱の読書家や妄想癖のあるクズ男(料理人)なんかがエロくなったりエロくならなかったりあれやこれやする漫画。読んでて意味が分からなかったそこの貴方、大丈夫書いてて私も意味わかんないですから。ただ唯一押せる点は大御所ヤマシタトモコが書いたよ!というネームバリューですね。ヤマシタトモコが書いたんだから面白いよ!私は好きだよ!!うん、最悪なレビューだな。あ、ヤマシタ節でもある心を抉る感覚は今作皆無なんで気を付けて!
★9 - コメント(0) - 2016年7月2日

食事ってエロいってか(もう相当昔になりますが)好きな人の前で物を食べるの恥ずかしかったよね・・・シェフと奥さんが可愛いなぁ。
★5 - コメント(0) - 2016年6月4日

レンタル..食に関係した短編オムニバス!!それぞれフェチズム全開でセリフ選びが最高で面白い...イタリアンシェフの奥さん天然で凄く可愛いなぁ~♪ロマネスコ はブロッコリーの親戚だから茹でてマヨネーズってシンプルが一番!!
★7 - コメント(0) - 2016年5月24日

★★★★☆ レズビアンのカップルと老夫婦の話が好き。いろんな人が出てきて面白かった。この人他にどこで出てるかなと確認しながら読んだ。焼肉もおしゃれなイタリアンもしばらく行ってないので無性に食べたくなった。
★4 - コメント(0) - 2016年5月17日

夜の本屋さんで初回限定版の特製ベーコン帯に惹かれて(つられて?)購入。プロシュット関連のお話がちょっとあほで好き!焼肉がひっつく瞬間、こんど観察してみようかな。
★1 - コメント(0) - 2016年5月5日

何か、私の思いは同じで、すごく気に入った。特にプロシュットの話。美味しいものを食べると気持ちいいセックスすると同じように天国じゃないですか。あの米の話も。女性でも、ちょっと興奮した(^^;)
★1 - コメント(0) - 2016年4月19日

料理の話と思いに購入。どの話も好きですがdish13お気に入りです。
★1 - コメント(0) - 2016年4月10日

ビアンカップルのセクシーな方のお姉さんがめちゃくちゃ可愛いんですけど萌えどころがオカシイ気がしてなりません。ソーセージと老夫婦もかなり好きです。
- コメント(0) - 2016年3月15日

☆☆ だんだん理屈っぽくついていけなくなってきた。
- コメント(0) - 2016年2月21日

タイトルと特製ベーコン帯に書かれた『恋と食欲滾らせて』に惹かれました。ヤマシタさんが描く食事の絵は、美味しそうだし色っぽくて好きです。レズビアンカップルの話が印象深く、愛しい人を食べ物に例えて呼ぶ所が可愛くて好きです。その他にも、部分的な繋がりが見えたり、発想や言い回しも面白くて飽きないです。まどろっこい男女の話は、おまけまんが4でも一見落着にはならず…4時間も店内を覗いて、ミシュランの覆面調査員を名乗るのは無理があるだろうと吹きました。
★1 - コメント(0) - 2016年2月21日

ビアンのカップルの話が好きだなあ。可愛い。そしていま無性にプロシュートとソーセージ食べたい。
★7 - コメント(0) - 2016年2月15日

再読。「うどんの女」もエロいけど、こっちもエロい。
- コメント(0) - 2016年2月4日

同性、異性のカップルを両方とも上手く描ける作家さんは少ないと思いますが、ヤマシタさんはどちらも普通に描けて面白いから凄いなと思います。作品中のビアンカップルが微笑ましくて可愛い。老夫婦のお話も好き。短いページ数でよくまとめられるなぁといつも感心します。
★5 - コメント(0) - 2016年1月31日

イタリアンのシェフ夫婦が好き。
- コメント(0) - 2015年12月27日

おもしろかった。思ってたよりライト。おしゃれな老夫婦の生活感を覆う映画のような会話よ…。電車の中で会話気になるやつあるあるや…。
★5 - コメント(0) - 2015年12月8日

相変わらず良い。レズカプが上手くいってよかったし、他のどれも面白い。
★1 - コメント(0) - 2015年11月29日

老夫婦のお話が特に好きです。モノローグが逐一秀逸で笑ってしまいます。
★5 - コメント(0) - 2015年11月27日

何度も読み返してしまうわけですが、これはおもろい・・・。もう、なんていうか、食い物短編集?で最高傑作。老夫婦といっていいのか、あの夫婦がめっちゃかっこいい。最後のイタリアンでちらっとでてくるとこにもノックアウト。なんだこれまじなんだこれ、とりあえずギネス飲みたいな。
★2 - コメント(0) - 2015年11月25日

えっろいなあ、ご飯食べてるだけなのに。
★1 - コメント(0) - 2015年11月11日

プロシュット、乳食うなら何味で、くそまずいラーメン、のお話が好きです。1日だけ過去に戻ってやり直せるとしたら、「幼稚園のクリスマス会でうんこもらした日」がリアルで吹きました(笑)。やはりヤマシタさんのお話は面白い。
★2 - コメント(0) - 2015年11月2日

食をめぐる恋愛短編集、といったところか。おまけマンガも面白かった。外でカッコつけすぎの熟年夫婦の話が好き。
★2 - コメント(0) - 2015年10月13日

「肉食女子」ではなく「肉食女」。短編オムニバスの絡み合いはヤマシタ作品のもっとも得意とするところ。メッセージ性は全くないがコマから体臭を感じる作風。
★4 - コメント(0) - 2015年9月27日

性欲も食欲も似てる、あるある。
- コメント(0) - 2015年9月22日

相変わらずのヤマシタさんだった。淡々ちょいエロ
- コメント(0) - 2015年9月12日

ei
ゆるやかなテンポ、繊細な少女マンガ的な絵柄。そこから、淡々と、少しだけ普通からそれた話が展開される。食べ物や飲み物と少しずつ関わりながら。多分に色気があり、しかし淡白に描かれているのは作者の絵柄と手腕のなせる技か。本作はオムニバス形式だけれど、登場人物は一部繰り返して出てくる人も多い。別の登場人物目線から見た既知の登場人物の姿は面白いし、いずれも一癖も二癖もある人たちばかりなのが味がある。老夫婦の話が特に好みだった。面白く読めた1冊だった。
★7 - コメント(0) - 2015年8月14日

くうのむところにたべるとこの 評価:78 感想・レビュー:405
ログイン新規登録(無料)