イロメン ─十人十色─ 2 (マーガレットコミックス)

イロメン ─十人十色─ 2 (マーガレットコミックス)
あらすじ・内容
日々、色談義が繰り広げられる十色商事。新たな色も加わって…さらに彩を増す──!

あらすじ・内容をもっと見る
191ページ
171登録

イロメン ─十人十色─ 2巻はこんな本です

イロメン ─十人十色─ 2巻の感想・レビュー(132)

枯枝くん(黄色)の変化が‼︎(笑) あんなに影が薄く頼りない彼が! 丸くなってくーwww 次巻の彼はどうなってるんだろ(*≧m≦) そして 部長!(◎_◎;) 私は見ましたよ!あなたの髪が跳ねたトコをwww
★27 - コメント(0) - 1月5日

本棚整理。緑川くん反抗期?!、寿司、吃驚した話、キャンプとイロレンジャー、マラソン大会、妹思いの赤、三重旅行(色分け写真楽しそうー)、黄色対決、紫と栗登場、お化け屋敷、クリスマスに怖い話…etc。仮面の彼女の正体が明らかになったのと、色初心者の枯枝さんがどんどんキャラ立ちしてきたのが良かった。表紙はマリオくんじゃなくてマキオくんなのね(^^;
★13 - コメント(0) - 2016年12月26日

伊勢に来て楽しんでくれているのが嬉しかった!田村先生が鳥羽水族館にスナドリネコがいるときにいらっしゃったということはここ数年のことだな。水族館にネコ科?!と私もびっくりしたな。 枯枝くんが黄色として頼もしくなっていく姿がいい!やっぱり仲間っていいな。
★3 - コメント(0) - 2016年12月10日

とりあえず今年中に登録
- コメント(0) - 2016年11月21日

積読本-102 わぁー2巻だ!とすぐに購入して、なかなか読み終わらなかった。中味が濃いのと、読み終えてはもったいないのと両方。巻末の著者のとても私的な解説もいい。黄が活躍、変身しているのが印象的。マラソンやら旅行やら…忙しい部署だ。日本語(一部英語も)再発見というのもうれしいおまけ。
★6 - コメント(0) - 2016年10月14日

楽しみ方を覚えた気がする。
★1 - コメント(0) - 2016年10月1日

同じ人が「7SEEDS」を描いているとは思えない。
- コメント(0) - 2016年9月3日

再読
★1 - コメント(0) - 2016年9月2日

1巻から続けて読了。ラブ要素はあんまり要らないかな。もっとぐだぐだでダラダラな青木たちが読みたい(笑)
★3 - コメント(0) - 2016年8月16日

ako
よくもまぁこれだけ色とりどりの話が思いつくものだと感心します。黄がイケメンになったのは驚きでした。他の色が増えたり、意外とみんな仲良かったり。1巻よりは楽しめました。
★10 - コメント(0) - 2016年8月15日

相変わらずの強烈な個性の殴り合い!これ、描くのくっそ大変ですよねー。なにより知識と言葉と色を大切にしなければ描けない
★3 - コメント(0) - 2016年8月13日

★★★★☆ 超短編かと思っていたら、今回は少しストーリー性が高まっておりました。続き物が多かったからでしょうか。灰汁の強い職場仲間たちが、いつも(仕事をしないで)色の話題で遊んでいる。でもしょっちゅう社員旅行には行くし、飲みにも行くし、すごく楽しそう。仲良しです。こんな職場いいなぁと思いつつ、神経質な私はきっと黒仏さんみたいにいつも「仕事しろ!」ってキレてしまうでしょう。黄色の枯枝くん、肉がついて美形に変身したと思いきや、更に肉がついてぷよぷよに…。次の巻でどうなってしまうのか怖いです。
★17 - コメント(0) - 2016年8月8日

★4
★5 - コメント(0) - 2016年7月31日

キッレキレすぎて読むのにパワーがいる。一文字残らずおもしろい!表紙の枯枝くんがツボだ
★4 - コメント(0) - 2016年7月27日

軽く読めるコメディ(ギャグ?)なのに読み応えある…ってか字が多くて読むのに時間がかかる(笑)今回もたむさんの蘊蓄の凄さハンパねぇ。赤木の家族と緑兄弟が可愛い。恋愛要素もちびっとあるけど「俺とお前が混ざったら生まれる子供は紫」に喜んでしまう腐った私を許して。あとキレッキレの部長のツッコミが好き。
★4 - コメント(0) - 2016年7月26日

最初の緑川の双子入れ替りは面白かったな。明らかにキャラ違うでしょうに(笑)。色と関係のない星座の話になったり、長めのキャンプ&誘拐事件話になったりと、多少の変化はあれどやっぱり面白かった!青木にチョコを渡す被り物の女性はあの人だったのか!緑川もパン屋の子といい感じだし、赤木も紫さんといい感じ。枯枝くんに黄色メンバーの危機がありましたが一安心。このまま変わらずつらつらと続いて欲しいです。
★31 - コメント(0) - 2016年7月22日

私も生麦事件を「麦をどうした、どうしたんだ」と思ったくちです。2巻もおもしろかった〜!
★1 - コメント(0) - 2016年7月6日

枯枝くん、イケメンになったけど その時期通り越して何か最後の方 完全におデブちゃんになっていないか? ヤバいぞ…。カレーに卵とかポテチとか 黄色は太る食べ物のオンパレードだもんな~。 皆の恋の行方が気になる所。
★5 - コメント(0) - 2016年7月4日

相変わらずなんの会社か解らない、十色商事、受付嬢がいるので以外と大会社?黄色が眼鏡を外したらイケメンもお約束。青木が受付嬢さんに気付くのは、遠い道のりそうだ。一話一話は、短いのに何故だか読むのに時間がかかる
★5 - コメント(0) - 2016年7月4日

レンタル。新色のキャラも気になるけど、枯枝君が変わっていく姿も気になる。
★11 - コメント(1) - 2016年6月30日

レンタル。新色のキャラが面白かったし、枯枝くんが格好良くなっていくのが良い。
★12 - コメント(0) - 2016年6月30日

今回も説明が必要なネタはひとつもなし(*^^*) 私の「最初の『青い鳥』」もいわさきちひろさんのイラストでした(*^^*)
- コメント(0) - 2016年6月26日

名前に“色”を持つがために“色”に縛られ“色”に翻弄される面々。拗ね拗ねうっかり者の“緑”川くんがまさかの変貌…!!で始まる2巻。今回は表紙の動物たちにすっかり魅了される。ピンクの豚…。可愛すぎ。相変わらず屁理屈を捏ねまくった色に対する蘊蓄の数々。時にはぷぷぷっと吹き出しながら堪能いたしました。
★10 - コメント(0) - 2016年6月20日

借り読み 1巻のときも思ったけど、1話にたくさん詰まりすぎてて一気読みすると時間がかかる&疲れるわあ。笑 でも少しは慣れたからか1巻よりは・・うん。そしてちょっと恋模様が入ってきたのでそこが楽しい^^ 受付嬢さんがんばって! 「生麦事件」は用語解説を見るまで「生姜事件」だと読み間違えていたそんなクロマティ世代のわたしです(・∀・) 目がね・・もうね・・
★2 - コメント(0) - 2016年6月19日

大好きです。一巻よりも皆が仲良くなって、豆知識も盛り沢山で読むのにめちゃくちゃ時間がかかる。でもそれがいい《*≧∀≦》b
★17 - コメント(0) - 2016年6月5日

ふ~んって感じ。
★1 - コメント(0) - 2016年6月1日

レンタル..今回も色にまつわる蘊蓄がたっぷり詰まった一冊!!情報量が多いので読むのにだいぶ時間がかかった..枯枝さんの変化が凄いなー
★7 - コメント(0) - 2016年5月29日

借り本。やはり懐かしテイスト楽し。色気づいてきたゾー
★2 - コメント(0) - 2016年5月28日

一巻が面白かったので気にしていた作品。連載ページ数が少ないから単行本は遅いと分かってたけど、忘れた頃に発売したのでかなり嬉しい。 絵柄は正直言うとあんまり好みじゃないんだが、著者個人を好きなんだろうな。この人の『BASARA』は大好きなので、漢字やら色やら方位やらについて考えるのが個人的に好きなのかも。ちなみに一番ぐっときたのは緑川マリオさんの命名秘話。 昔から木原敏江好きなのでじーんとした。なんかありがとう!
★2 - コメント(0) - 2016年5月23日

田村由美さんの引き出しの多さに今巻も楽しませていただきました。ゲーム好きな私にはトンベリが出てきた時点でニヤリ。
★10 - コメント(0) - 2016年5月23日

★★★★★ 相変わらず、趣味がでてしまう内容。漁師の元ネタにビックリ!
★2 - コメント(0) - 2016年5月19日

新キャラ続々と登場。さらにカオス。そして恋愛色が濃いめ。終わりの用語解説もとても面白いです。枯枝くんが太ってきたことが心配。大丈夫だろうか?
★5 - コメント(0) - 2016年5月13日

色にまつわる人々によるサラリーマンコメディー第2弾。冒頭で様子のおかしな緑川。そうか、その設定うっかり忘れてたよ。なんだかんだ言いつつ仲良さそうな青木と赤木が好き。それにしても枯枝は最初とはどんどん別人になってきてるなあ^^;他の色の人が出てきたりして恋愛っぽい展開もこれから色々ありそうな感じで楽しみ。だけどまた2年待つのか〜(>_<)
★70 - コメント(0) - 2016年5月10日

kr
絵が美しいので、イロメンズの残念ぷりが際立ちます…。枯枝さんそのへんで止めといた方がいいですよ…
★5 - コメント(0) - 2016年5月10日

面白かった~緑川くんが双子だった事に驚きました。あと枯枝くん!あまりにも変わり過ぎて(笑)
★3 - コメント(0) - 2016年5月10日

1巻が凄く面白かったので続巻を楽しみに待っていました!2巻も色続きで物語が広がってて、面白かったなー。緑川が双子っていう設定がハマってしまった!周りがそれを知らないのも面白い(笑)あと個人的に、枯枝さんの存在感がいいなー。良い味出してるわ~^^でも田村さん、凄いなぁ。色話題でこんなにたくさんお話作れるなんて(羨望)新たに紫も登場し、続きがますます楽しみです。
★5 - コメント(0) - 2016年5月9日

面白かった〜。色知識ハンパない。そして昭和チックでノスタルジー感じる。
★18 - コメント(0) - 2016年5月9日

「そうそう!」とか「そうなの?」がいっぱい詰まった楽しいおはなし。自分の名前に色が絡んでないことが悔しくなります。
★5 - コメント(0) - 2016年5月9日

漫画「イロメン ②」。7seeds と異なり、思いきり脱力系漫画(^^;。彼等はちゃんと仕事をしているのだろうか(笑)。でも、こんな職場で働いてみたい。癖になりそう。
★7 - コメント(0) - 2016年5月9日

より面白くなっているのだけれど 1,2話読むと疲れちゃって読むのに時間がかかった。素晴らしい薀蓄。どこまで続くのでしょう。
★15 - コメント(0) - 2016年5月9日

イロメン ─十人十色─ 2巻の 評価:100 感想・レビュー:66
ログイン新規登録(無料)