HUNTER X HUNTER27 (ジャンプコミックス)

HUNTER X HUNTER27 (ジャンプコミックス)
あらすじ・内容
ユピーに追いつめられ、窮地に立たされたナックルだが、キルアの落雷によって間一髪で救われる! 秘策を打ち出すべく、ナックルは再び戦いに挑みにいく。一方、コムギの回復を待つゴンのもとに現れたのは…!?

◆ジャンプの人気グッズが買える集英社ショッピングサイトMekke!新アイテム続々発売中◆
[無料]会員登録をすると人気キャラクターのオリジナルブックカバーやスクリーンセーバーをゲットできる!

あらすじ・内容をもっと見る
208ページ
2270登録

HUNTER X HUNTER27の感想・レビュー(2197)

ナックルがポットクリンを解除するところは、蟻編で一番好きな場面。任務のためには絶対に解除してはいけないのに、それでも解除してしまうというのが、とても人間っぽい。
★1 - コメント(0) - 1月11日

会長は王とこのまま戦うのだろうか
- コメント(0) - 2016年12月23日

会長の苦労とユピーの進化!それにしてもナックルいいとこなし…。
★2 - コメント(0) - 2016年12月8日

暑苦しいまでの王道少年漫画、サイコー!
★3 - コメント(0) - 2016年12月1日

それぞれのキャラクターに感情が生まれていく場面が印象的。蟻編は無能なプㇷがお気に入り。
★7 - コメント(0) - 2016年10月12日

ユピーも変わったか…ナックルのユピーへの思いは戦ったヤツとして情けをかけられた相手としてのものなのだろうけど、ユピーが許せるとは思えないな…
★8 - コメント(0) - 2016年10月12日

キルアきたーー!ってなるよな。あともうこれはイカルゴの巻って言いたい。でも言えんぐらいほかのやつらも活躍しとる。そういうときに殺せないイカルゴが好きやなぁ。ナックルーーーー気持ちはわかるけど、ナックルーーーー。ほんまに叫んだ。
★1 - コメント(0) - 2016年9月22日

再読〜ここにきてのユピーの急激な成長。優しいナックル。
★1 - コメント(0) - 2016年9月16日

catch and release(to hell)。プフは全体の実況のための能力者でもある。戦争兵器の実験場って前置き二周目で気づく。「名前の代わりに負けを認めさせれば」という戦闘条件設定。
★2 - コメント(0) - 2016年8月23日

ピトーだけでなく、ユピーにも心情の変化が…。それによって助かった人もいるわけだけど、最終的にどのような結果をもたらすことになるのかは、まだわからないなー。気の抜けない展開が続く…。可哀想に、ノヴさんは変わり果ててしまったね。イケメンだったのに…。
★2 - コメント(0) - 2016年7月22日

avi
イカルゴの今まで自分の手を汚したことがないから殺せなかったシーンが印象的、それまで頑張ろうとするんだけどなかなか難しいものだよなぁって思う。ナックル・モラウVSユピー、ユピーがどんどん人間的感情持ってくると敵キャラなのに嫌いになれないwそして、あと少しだったのにナックルーーー!!って思ってしまう。ゴンの静かだけど張り詰めてる感じ、ほんと怖い。そして何もできないようでも、ゴンのこと考えてるキルア愛おしいわ。
★24 - コメント(0) - 2016年7月16日

何を義とするかで立ち位置はこうも変わってしまうんだな。モラウ・ナックル・メレオロンとユピーの闘いが進み、ゴンとピトーの張り詰める時間が進み、そして王とネテロの闘いが進んでいく。王とネテロの闘い、その結末にたどり着きたくないから読みたくないのに、止まらない…
★10 - コメント(0) - 2016年7月6日

再読。キメラアント編佳境、ユピーとナックルの闘いは続く中で、ユピーに人間臭い感情が生まれてくる。それはイカルゴも同様で、人としての優しさや弱さが戦局を左右するのだけれど、ここへ来てハンター対モンスターではなく、人対人の闘いに替わってきたようだ。
★9 - コメント(0) - 2016年6月14日

【友達】
★1 - コメント(0) - 2016年6月6日

"名前"ここへ来て更に護衛団の心の変化が面白い。そこはハンターとの実力の差も有り余裕と受け取れなくもないが、やはり大きな変化である。また、王にもそれは顕著に観られる。特に名前をしりたがるのも重要なポイントである。キルアも新しい技を見せてくれたし、そろそろゴンの活躍が観てみたい!
★4 - コメント(0) - 2016年4月17日

【祝!連載再開記念頭から再読キャンペーン】名前。それは個の極致。
★3 - コメント(0) - 2016年4月7日

uo
キルアの新技、神速。護衛軍達にそれぞれ道徳的な心境の変化があらわれて、どんどん魅力的になっていく。王対ネテロ会長。王の圧倒的な強さと、ネテロの思考の奥深さというか。
★3 - コメント(0) - 2016年4月3日

ネテロとの対決を迎えるも王の圧倒的な強さが再確認されるのみだ。あくまでも老練なネテロはここで秘策を思いつく。25巻26巻でコムギがヒントを与えていた王の弱点をネテロほどにもなると見通しているのだ。この巻の特徴はバトルの各所で人間化の覚醒をはじめるキメラたちを描いたところにある。
★5 - コメント(0) - 2016年3月28日

会長と王の戦い開始!!
★3 - コメント(0) - 2015年11月22日

王の言う事の中に理想があり。それを「産まれたての餓鬼が」と一蹴するネテロがあり。人間という生物がなんと理にかなっておらず、バカバカしい存在かを痛感させられる。深い。
★4 - コメント(0) - 2015年10月27日

ネテロ、王と激突。
★3 - コメント(0) - 2015年10月6日

〈再読〉ネテロとユピーの心境の変化は大きい。人に敬意を表してる所に、もしかしたら共存の余地があるのかと思わされるがその思いもネテロによって払拭される。もう退けない。ネテロはどれ程の思いを抱えて戦っているのか。底知れない。
★4 - コメント(0) - 2015年8月16日

イカルゴの決意も半端じゃないと思うけど、でもやっぱり初めて人を殺すっていうのはしんどいか。責められないよな。結局、ブロヴーダも悪い奴じゃなかったし、ここで殺さなくて正解って言うのは結果論か。いよいよ、ネテロと王のバトル勃発。人類最強とキメラアントの頂点に君臨する王との一騎打ち。
★7 - コメント(0) - 2015年7月12日

MK
ピトーとユピーとプフが三者三様でいいわね。プフの忠誠の変わらなさと、王に関することの勘の鋭さ。ユピーの心に新しい思いが芽生え始めるところが男くさくっていいよね。
★3 - コメント(0) - 2015年6月12日

このあたりはジャンプに乗ってたのちょっとみたことがある気がした、、、?!?! 心の戦いなんだなーって
★3 - コメント(0) - 2015年5月29日

人と人以外
★4 - コメント(0) - 2015年3月21日

お前達の社会には国境という仕切りがあろう 境の右では子供が飢えて死に 左では何もしないクズが全てを持っている 狂気の沙汰だー 王の言葉に考えさせられた
★6 - コメント(0) - 2015年2月9日

⭐️⭐️⭐️
★25 - コメント(0) - 2014年12月23日

この表紙のオッサン強いよなぁ…
★7 - コメント(0) - 2014年9月2日

さっきアニメ見たばかりなのもあって、王がすごーくかっこよく見える。ネテロ会長との渋い闘い、いいねぇ。
★3 - コメント(0) - 2014年8月1日

ナックルがユピーにぶちかました!!「やった!!やった!!やった!!無理!!!もう無理!!!やっべェ オレ完全死にかけた!!花畑見えた!!」に笑ってしまった。ひゃはははは、とか笑いながら全力で戦線離脱&逃げの一手だ。 あといよいよ王とネテロのバトルの開幕!!
★4 - コメント(0) - 2014年7月20日

タコなのにカッコイイ
★3 - コメント(0) - 2014年6月18日

KUU
再読。しかし、キルア凄くなっちまって……。とはいえ、地力の差が大き過ぎて全然ダメージになってない辺りはいい落としどころか。ヒナちゃんは萌え力高い。しかし、ユピーの成長具合は凄いよなぁ。なんだかんだ見てて一番面白いヤツになった。のはいいんだけど、ノヴさんがなぁ……。このヒトだけは話の都合の弱体化感が凄くてなぁ……泣ける。そしていよいよ、会長と王との戦闘開始――
★1 - コメント(0) - 2014年6月3日

葛藤に次ぐ葛藤。友人がナックルを許せないと言っていた理由がわかった。ここまで来て・・・馬鹿!しかしこの密度で約10分だったのか。師匠ズの今後の心の持ちようを心配してしまう
★2 - コメント(0) - 2014年5月24日

なんやかんやで王の次にプフが厄介そうだなと思った。キルアの新技がカッコいい!!
★1 - コメント(0) - 2014年5月12日

あ~、なんだろうね。 良くも悪くも、やっぱり天才。 あれこれ続きが気になってしゃ~ない。
★1 - コメント(0) - 2014年3月24日

ノヴさん……っ!
★1 - コメント(0) - 2014年3月12日

それぞれのキャラの葛藤が良い
★2 - コメント(0) - 2014年2月12日

HUNTER X HUNTER27の 評価:32 感想・レビュー:372
ログイン新規登録(無料)