血界戦線 2 世界と世界のゲーム (ジャンプコミックス)

血界戦線 2 世界と世界のゲーム (ジャンプコミックス)
あらすじ・内容
紐育崩壊後、構築された都市。異界と現世の交わる魔都に於いて世界の均衡を保つ為に暗躍する秘密結社ライブラが存在した!!

あらすじ・内容をもっと見る
192ページ
1693登録

血界戦線世界と世界のゲーム 2巻の感想・レビュー(1629)

 密封。
- コメント(0) - 2月12日

読み返す度に面白さが増すんですけど。
- コメント(0) - 2月6日

まだちょっとおいてけぼり
★2 - コメント(0) - 1月19日

再読。義眼のチートっぷり
★3 - コメント(0) - 1月15日

雰囲気掴んどけばOKかな?!という感じで読了。吸血鬼関連のところを抑えとけばよいのかな?やっぱり分かりにくいなという描写もあるから読了したら録画したままなアニメ見ようそうしよう。
- コメント(0) - 2016年12月24日

話がわかりにくいのはデフォルト 確かにこれがアニメになったらすっごくかっこいいだろうな 多分描きたいものの速度と物理的に描けるものの速度が折り合っていないような齟齬を感じるがそれもまた魅力なのかもしれない
★2 - コメント(0) - 2016年11月18日

主人公にドSな漫画。飲み会のある秘密結社。天然真面目キャラなクラウスが萌る。仕切ると途端に面接みたくなるとかwwそして、呼ばなくてもいらっしゃる『豪運のエイブラムス』。正直、この漫画で1番キャラ立ってる…。スティーブンとK・Kのツーマンセル渋くて好き。
★3 - コメント(0) - 2016年11月11日

1巻を読んだときにちょっと分かりにくい箇所があったので、今回は先にアニメを観てから…。そのお陰か、純粋に楽しめました♪段々と、チームワークも良くなってるし、みんなかっこよくて好きです。
★8 - コメント(0) - 2016年11月1日

絵は雑な面があるし世界観もベタだけど、少年漫画好きの心を掴んで離さないアツい作品。アニメで見たら技とかすごかっただろうなあ、と今更ながら後悔中。
- コメント(0) - 2016年10月6日

血界戦線というタイトルの血界の意味がちょっとだけわかったかも。 ザップは毎回変顔担当だなぁ。一応イケメンキャラのようなのに。 出落ちの脇キャラと思われたトーニオ氏、どうやら出落ちではなさそうだ。レオナルドが車窓からみたのは、何故かトーニオを気に入った女性なのかな? 豪運のエイブラムス、あんな人が側にいたら命がいくつあっても足りないだろうなぁ。
- コメント(0) - 2016年9月23日

吸血鬼の所のバトルは何が何だか分からないけどエイブラムスとのやりとりとか巻き込まれて危ない目にあっているのは面白かった。プロスフェアーのルールも詳しく描写されないしされてもおそらく理解出来ないだろうけど分からないのに勢いとクラウスの凄さとかっこよさが感じられて好きな話だった。
★3 - コメント(0) - 2016年9月13日

キャラクターがわかってのアニメEDが見ていて楽しい!一人一人の性格がつかめてきて面白さが増してきました。
★1 - コメント(0) - 2016年9月13日

kindle期間限定無料版
- コメント(0) - 2016年9月12日

電子版。プロスフェアーは何度見てもわからん。技名を叫んで殴る漫画の本領発揮。密封の辺りもアニメの?を補完。
★2 - コメント(1) - 2016年9月11日

電子無料版で2巻まで読みました。アニメのOP・ED曲ぐらいしか知らなかったので、まさかニューヨークやら秘密結社やら吸血鬼やら、わくわくする要素が詰め込まれたお話だとは思いもしませんでした。戦闘シーンはアニメだとより見ごたえあるのかな。レオとザップの掛け合いとか、ライブラメンバーの遠慮のないやり取りも、ぜひ映像で見てみたいです。
★3 - コメント(0) - 2016年9月5日

電子書籍無料版
★2 - コメント(0) - 2016年9月3日

レンタル再読。まあ大抵の人類は君より脆弱だ 仕方ない しかしどんなに強くても君はレディだ 危ない時はいつでも頼ってくれ給え
★11 - コメント(0) - 2016年8月30日

★★★☆☆ 将棋とチェスの融合。できるのか?ルールはわけわからんから勢いで読むべし。吸血鬼編はどういうことだ。十字架克服したってこと?情報量多い
★1 - コメント(0) - 2016年8月26日

★★★架空のゲーム「プロスフェアー」でのクラウスさんが格好良すぎる。そして新キャラのK・K登場。美人で格好良くて好き(><) アニメに出てきた吸血鬼の眷属トーニオはこんなに愉快なキャラだったのか。豪運のエイブラムスさん、呪われすぎて行く先々で事故勃発なの笑い事じゃないのに面白い…(^^; 師匠に会えて嬉しそうなクラウスさん…良かったね(笑)
- コメント(0) - 2016年8月22日

クラウスがカッコ可愛い、ザップがすっとんでカッコ良い、スティーブンやギルベルトはクールにカッコ良い。そんな中、エイブラムスさんが私は好きかも。レオもこの世界に溶け込んで大切なさまざまを見つけていますね。
★4 - コメント(0) - 2016年7月20日

まだまだ序章感。
★1 - コメント(0) - 2016年7月10日

ここでも吸血鬼が更なる進化を遂げて十字架や大蒜にも平気な存在になっているというとんでも設定があるわ。
★6 - コメント(0) - 2016年7月10日

kindle版で読みました。だいぶ前に読んだんですけどね…、感想を書くの忘れてました…
- コメント(0) - 2016年6月20日

アニメではよくわかってなかったプロスフェアーの話。漫画でじっくり読んでようやく理解←血界の眷属と戦うシーンはアニメの方が戦闘描写が多かっただけに少し残念
★2 - コメント(0) - 2016年6月16日

説明はないのでよくわかりませんが、なんかかっこよいのでありだなと思えるのでした。プロスフェアー戦なクラウスさんも血族との戦いで共闘しているKKさんとスティーブンさんもみんなかっこよかったです。
★6 - コメント(0) - 2016年6月10日

他の方が仰っていたように随所に人間賛歌が敷き詰められていて、ジョジョを彷彿とするような、力強い漫画でした。永遠の命を生きる者に対して人間の足掻きなど一瞬の時間稼ぎにしか過ぎなかったとしても、決して無駄な行動ではないということ。イコールでは結ばれないんですね。ところどころついていけない場面があっても、そのかっこよさでついていきたくなっちゃうのです。
★2 - コメント(0) - 2016年5月24日

プロスフェアー戦のクラウスは迫力があって恰好良いですね。新しい仲間も見えつつ、後半には吸血鬼・血界の眷属が登場。自身の血を武器に変えて戦うから「血界戦線」なのかと思っていましたが、この敵の存在を受けての題名なのでしょうか。
★2 - コメント(0) - 2016年5月2日

R28
基本、中編的に話が作られていて、それぞれで完結もしているので、なかなかに読みやすい。なんだか海外ドラマを思い出す感じ。アニメ版でもそうだったが、やはりプロスフェアーでの緊張感ある展開は面白かった。
★1 - コメント(0) - 2016年5月1日

少しキャラも覚えて読みやすくなった。でも絵はグチャグチャで何がどうなってるのやらわからん化け物だらけ(笑)
★9 - コメント(0) - 2016年4月3日

プロスフェアーの話はアニメでも一番好きだった。まあ雰囲気漫画だけど、説明の省き具合と中二感が絶妙。設定について多くは語られずぼかされたまま進んでいくがちゃんとバックボーンが感じられるのが良い。台詞回しも洋画っぽいオサレで上手いと思う。ただオサレなだけな漫画じゃなくて、決して折れないクラウスさんに代表されるように熱い人間賛歌が真髄にあるのがまたいい。アニメ見た時から舞台設定がDTBぽいと思ってたけど同じワクワク感を感じる。ポップなDTB×ヴァンパイアハンターて感じか。
★3 - コメント(0) - 2016年3月23日

チェスと将棋の発展系、プロスフェアー。描写を見る限りだと、特殊能力系だけれど、特に伏せカードみたいなものがあるわけではないので、やっぱりアブストラクトなのかな。凄まじく長時間、遊べるゲームのようで、速攻したときと、長期戦を挑んだときとで違う姿を現しそうなゲームだなという印象。もう少し、詳しく知りたかったけれど、あんまり描写されると「そんなもんか」と幻滅してしまう気もするので、案外、これくらいがちょうどよいのかも。
★1 - コメント(0) - 2016年3月18日

「クソモンキーとか一個一個入れるな丁寧か」クラウスかっこいい。ザップとレオも良い関係になってきた。登場人物の顔に統一感がないというか…キャラごとに色んな人が描いてるみたい。バカだから話もイマイチ難しい。
★1 - コメント(0) - 2016年3月15日

レンタル。アニメで、謎だったとこが補われる。プロスフェアーの恐ろしさと、真の敵?吸血鬼の存在。でも言ってるこの色が光が疑いようもなく叫んでいる事実に打ちのめされるのと諦めるのは違うことだと
★9 - コメント(0) - 2016年3月13日

クラウスさんほんとかっこいいな・・・
- コメント(0) - 2016年2月28日

一時的に狂戦士を創り出す麻薬『エンジェルスケイル』が絡む事件。クラウスと異世界の顔役が対価を賭け戦う「プロスフェアー」緊張感とクラウスの格好良さにドキドキ♡ そして『ライブラ』のみんながヴァンパイアハンターだったとは… 真の敵はヴァンパイアって事? でも、まだ2巻なのでね、答えを急がずじっくり読んでいきます。感謝、感謝のお借り本。
★34 - コメント(0) - 2016年2月27日

ライブラ御一行の飲み会的なシーンがお気に入り。コミカルとシリアスのバランスがとても好みです。
- コメント(0) - 2016年2月18日

初っ端からレオが40秒で下宿を追い出されてて相変わらず不憫な子…。クラウスがプロスフェアーの名人ドン・アルルエルと対価を掛けて対局をする話が面白かった。クラウスどこまでも紳士か! 愚直な程にカッコイイ。K.Kは最初レディだと気づきませんでしたよ。強い女性は好きだよ。後半は吸血鬼との対決へと。豪運のエイブラムスや、電車に乗ってワクワクしている幼稚園児みたいになってるクラウスを見て頭を抱えるザップが面白い。レオの「神々の義眼」で見た先には数多の吸血鬼…。あ、だから「血」なの?
★21 - コメント(0) - 2016年2月18日

アニメでよくわかってなかった話、初めてのブラッドブリード戦はこんな話なのかー…と。 3年前が気になります。
★1 - コメント(0) - 2016年2月13日

実はバンパイアハンターのお話でしたか。今後は対バンパイアをメインとして話が進んでいくのかな。
★1 - コメント(0) - 2016年1月31日

血界戦線世界と世界のゲーム 2巻の 評価:38 感想・レビュー:357
ログイン新規登録(無料)