バクマン。 12 (ジャンプコミックス)

バクマン。 12 (ジャンプコミックス)
あらすじ・内容
PCPの連載を続けていく為には、半年内にエイジの作品と同等の人気作になっていなければならない!! そんな厳しい条件の下、最高と秋人は5話のシリーズもので勝負に出る!! 連載継続を賭けた2人の未来は!?

◆週刊少年ジャンプのキャラクターグッズが満載!集英社ショッピングサイトMekke!◆
オリジナルグッズを中心に複製原画やフィギュアなどジャンプのお宝が続々登場!!

あらすじ・内容をもっと見る
194ページ
2621登録

バクマン。 12巻の感想・レビュー(2480)

再読。三人のアシスタントの一人、白鳥がまさかの新連載。それに伴い、シュージンは連載を2本抱えることに。常に切磋琢磨を絶やさないサイコーも読み切り連載に踏み切る決意を見せ・・・ん~~、どんな作品が出来上がるんだろう。
★12 - コメント(0) - 2月13日

互いを認め合うライバルの登場でさらに盛り上がるPCP。 しかしアニメ化を目指すためにもう1作考えてたところに白鳥くんの原作の話がシュージンに。
★7 - コメント(0) - 2月12日

サイコーがアニメ化諦めて小豆と結婚したらいいんじゃね(ぼそ)
★1 - コメント(0) - 2016年12月7日

【レンタル】アニメ化の道は厳しいなぁ。
★2 - コメント(0) - 2016年11月2日

☆☆☆☆
★3 - コメント(0) - 2016年9月19日

この巻の表紙の絵がすき。たまたま12巻から19巻までを入手してしまったので、この巻から読み始めることに。ま、いいか。
★3 - コメント(0) - 2016年7月14日

どこまでも意欲的な二人。
★4 - コメント(0) - 2016年7月10日

yk
PCP読みたい!!!この巻もいろいろあったなー。編集長はおっとこまえやし、まさかの高木原作でもう一本決まっちゃうし、白鳥家はわかりやすい白鳥家だしw 白鳥家の姉がまさかの決め台詞で惚れそうになったけどw 最後のたたみかけるように高木が言い放った「僕はあくまでも亜城木夢叶なんです」っても〜、おまえらどこまで盛ってくるんだよ!
★2 - コメント(0) - 2016年7月4日

新展開を迎えた12巻。じっくり楽しみたいです。
- コメント(0) - 2016年6月22日

連載を続けていくことになった「PCP」。ドラマCDでは亜豆を採用!でもアニメ化はできないことがわかる。夢は遠い。白鳥くんが描いた漫画が連載に。白鳥くんの世間知らずがおもしろい。お姉さんかっこいい。
★17 - コメント(0) - 2016年6月3日

順調に連載をしていく最高と秋人。けれど念願のアニメ化へは・・・。そこで挫けないところが最高と秋人だな。次への挑戦を始めた2人を応援したい。岩瀬さんって面倒くさい人だと思うんだけど、ここまで突き抜けちゃうと怖いもの見たさ的に気になる。
★11 - コメント(0) - 2016年5月15日

亜城木夢叶が致命的なミス。アニメ化という夢を目指して漫画を描いているはずだったのに、連載している作品PCPは、その性質上非常にアニメ化されにくいことが発覚してしまいます。そりゃ、完全犯罪と叫ぶ子供を見て、親が内心穏やかでいられるはずがありませんね。「やって良いことと悪いことがわかるように、しっかり育てます」なんてことを、皆が皆できるわけありませんし。表面的なことしか見ず、作品に込められた本質を見ようともしない人なんて、履いて捨てるほどいるでしょう。業腹ですが。
★6 - コメント(0) - 2016年5月7日

そうね、アニメ化は難しいね… そして、シュージンが原作で白鳥くんが漫画の作品が誕生!シュージンはこれで2本を抱えることに。次のステップアップのために、話がどんどん進んじゃう。
★1 - コメント(0) - 2016年4月29日

確かにPCPはドラマCDとかノベライズ向きではあるけど、アニメ化向きではないかもしれない。するとしても深夜枠かな。子供たちに影響を与えてしまうって言うのも一理あるかな。白鳥家が絵に書いたような世間知らずで面白い。お父さんとお姉さんは理解ありそうだけど。
★3 - コメント(0) - 2016年3月14日

PCP、ドラマCDになるけど、アニメ化は見込めず。てか、ドラマCDってなんだ?そんなものがあるのか。同時進行で何作も。2束のわらじ、3束のわらじ。「あきらめたらそこで試合終了ですよ」名言中の名言。
★12 - コメント(0) - 2016年2月14日

【借り物】白鳥家面白いな~。世間知らずのお坊ちゃんが目覚めるのが楽しい。そして二人として成長するためにそれぞれの道を別で持とうとするサイコーとシュージンがまたカッコいい!
★8 - コメント(0) - 2016年1月18日

TSUTAYAレンタル。『サイコー、落ち着け!』『これが落ち着けるか』→『そうだな、言い方が悪かった。俺に言わせてくれ』シュージンも熱い男です(*^o^*)シュンくんも、いいですね。リアルフランダースの犬。死んじゃうんじゃないかと心配しました。寒さに凍える人、よく出てくる作品ですね。
★13 - コメント(0) - 2016年1月4日

すべてが順調にいっているように見えて立ちふさがったアニメ化への壁.次はどのような頑張りを見せてくれるか楽しみです.
★1 - コメント(0) - 2016年1月2日

色んなことが上手く行き過ぎている感は否めないが、相変わらず興味を引く展開。長期連載のマンネリ・パターン化がやや心配になる12巻。
★1 - コメント(0) - 2015年12月25日

ツタヤレンタル
- コメント(0) - 2015年12月5日

Ω/白鳥くんのお姉さますてき。森屋さんも好きです。
★1 - コメント(0) - 2015年11月23日

シャーペンは中国語で"自動鉛筆"で、ロケット鉛筆は"免削鉛筆"なんだー。  それにしても週刊紙でちょこちょこ毎回読むならいいかも知れないけど、文字量がハンパなくて疲れます。(小説のほうが目線移動がない分ラク…。)スピードも早いし、内容妙にリアルだしさ~(除:恋愛)。石の上にも3年、バクマンの上には20巻。もう修行っす。
★5 - コメント(0) - 2015年11月14日

下描きをするか、アタリだけで描いてしまうか、「漫勉」でも取り上げられていましたよね。興味深かったです。
★1 - コメント(0) - 2015年11月13日

平丸が表紙…w 編集吉田氏とのやり取りホント好き。 亜城木の方は読者アンケートでエイジを抜きなんとかジャンプで描き続けられる事に。 その後ドラマCDが決まり亜豆がヒロインをする事になり夢に近づくテンションがいい。 人気作家による読み切り祭に向ける意気込みもワクワクする。
★13 - コメント(0) - 2015年11月8日

映画公開をきっかけに レンタルで借りてきて読んでます。めっちゃ面白いけど 字がたくさんで なかなか読み進められないー
★4 - コメント(0) - 2015年10月31日

12巻の表紙絵、大好き! ラッコの着せ替えをして遊びたい。『PCP』のランキングを新妻エイジの作品より上にするため、5話連続のストーリーで勝負をかけた。ノベライズとドラマCDの話もきて……。
★3 - コメント(0) - 2015年10月29日

複数話のシリーズものって当たり前だと思っていたけどそうか,初めのうちからとれる手法ではないのか。
★6 - コメント(0) - 2015年10月14日

再読。カバー裏の平丸氏が脱走寸前だ(^^;)若かりし岩瀬女史が初々しい。自分たちの経験を活かしてナイスラストシーン!競い合えるライバルがいるって素晴らしい。ドラマCDのお話に作者の指名が亜豆ちゃんにドーン!おめでとおおお(*^o^*)ノベライズも決まり順調♪と思いきやアニメ化は難しい?!白鳥くんがとんとん拍子…と思いきや家出?!まさかのラッコ終了?!そしてスーパーリーダーズフェスタにエントリー?!まじか凄いな;
★21 - コメント(0) - 2015年10月13日

PCPのマンガが凄く気になる! そしてマンガ家として次のステップへ向かう二人、後輩もできてめがはなせない。
★2 - コメント(0) - 2015年10月13日

次から次に忙しいなぁ
★2 - コメント(0) - 2015年10月8日

ダブル連載!どうなる!パワーアップするのかぁ〜!
★4 - コメント(0) - 2015年10月7日

12巻は白鳥くん成長物語。白鳥くんのお姉さんが最高にかっこよかった。
★6 - コメント(0) - 2015年9月22日

携帯電話を使ってるあたり、時代を感じるようになってしまったのだが、どうだろうか?
★1 - コメント(0) - 2015年8月19日

再読中…ギリギリのラインを制して連載を続けることになった亜城木夢叶の2人。ドラマCDも決まり、舞のキャスティングを亜豆の指名して盛り上がるが…そんな2人に服部さんは「PCPはアニメにならない」との衝撃の一言。この一言によって若干焦る最高。人気作家読切祭にエントリーした最高。えっ⁈白鳥シュン?まったく興味ないですwwそれはおいておいて次巻も楽しみです。
★7 - コメント(0) - 2015年8月19日

rei
白鳥くんが可愛いすぎる!そして、ドラマCDでも、亜豆を起用できたのにほっこりした私は野望を抱けない人なのかもしれない。なにはともあれ、白鳥くん姉があの名言をいった瞬間かなり、心持ってかれました(笑)
★3 - コメント(0) - 2015年8月17日

展開がスピードアップ。密度が濃い!いろいろあった。白鳥君とピースもいいなあ。魅力的な新キャラをさらっと入れてくる。
★6 - コメント(0) - 2015年8月9日

ぴーすとしゅんそしてひとみさんのくだりが好きです~。諦めたらそこで試合終了だよ
★3 - コメント(0) - 2015年7月26日

連載打ち切りの危機は脱出して安定した頃ドラマCDとノベライズの話が。ドラマCDで夢への一歩、亜豆さんのヒロイン役を果たしたサイコー。しかしテレビアニメ化は出来ないと…、難しいですね。アシの白鳥の原作を高木が引き受けたり色々進化する二人。展開早いから一冊での出来事が多いよ〜。
★25 - コメント(0) - 2015年6月21日

再読。岩瀬は途中キャラブレまくったけどいいライバルだった。白鳥関連の話には特に思い入れないんだけど白鳥姉がスラダンの台詞引用するからまーた読みたくなってしまった。ラッコは打ち切りだけど平丸吉田コンビの面白さ自体はさらに拍車がかかってきた。毎回平丸を言いくるめる吉田氏が悪い顔してるよなぁ(笑)PCPとエイジの描く2作の争いが終わったと思ったらすぐに読み切りで対決とか下手なバトルマンガよりよっぽどバトル多い。
★14 - コメント(0) - 2015年6月5日

バクマン。 12巻の 評価:36 感想・レビュー:543
ログイン新規登録(無料)