この音とまれ! 2 (ジャンプコミックス)

この音とまれ! 2 (ジャンプコミックス)
あらすじ・内容
一か月後の全校生徒の前での演奏に向け、始動した新生筝曲部。弾く曲の候補があると言う、さとわが皆を連れて行ったのは、邦楽のイベントだった。鳳月会の小学生の演奏に圧倒される愛達…。しかし愛は友人達の練習用にある物を用意して…!?

あらすじ・内容をもっと見る
200ページ
961登録

この音とまれ! 2巻の感想・レビュー(904)

初めて1ヶ月であんだけのトレモロしたのかと思うとすごいなと。友人がこれで龍星群弾く高校が続出したっていってたけど、確かに弾いてみたくなるかもですね。しかし漫画から曲作られたのはすごい!漫画の通り箏と17絃の難易度の差すごいのも、また面白い。私は曲を先に知ったけど、漫画から入った人が龍星群聞いたときの感動はすごかっただろうな
★3 - コメント(0) - 3月21日

音は嘘をつかないのか。。。
★2 - コメント(0) - 3月19日

電子書籍で無料だったので。仲間としてようやく纏まりかけたところで2巻終了。演奏会どうなっちゃうの?
★7 - コメント(0) - 3月17日

これ読んでると箏に興味が湧いてきて、思わず近くで教室無いかググったw 鳳月さんの部員への思いが少しづつ変化してる。特に久遠くんの過去の話を聞いてからは、ずいぶん信頼を置ける人になった。 稽古場を提供してくれてるお婆さんの言葉が凄く胸に染みる。本番うまくいきますように!
★14 - コメント(0) - 3月13日

再読
★2 - コメント(0) - 3月11日

CD聴きながら再読。龍星群カッコいい。教頭先生はまs部活モノの王道だよね。
★1 - コメント(0) - 3月10日

すごく絵が綺麗。バラバラだったみんなの気持ちが、段々まとまっていくのがいいですね。次回は遂に本番。早く続きが読みたい!でもその前に「龍星群」聴いてみよう♪
★13 - コメント(0) - 3月7日

引き続いて2巻も読了。 ようやく箏曲部が本格始動し、頑張れ!と声をかけたくなってしまうような第2巻でした。 ぶつかり合うことの多い主人公とヒロインですが、お互いの弱さがきちんと描かれて嫌な気分になることがなく、始終気持ち良く読み進められました。 デコボコな箏曲部の面々ですが、仲間がいるから大丈夫。そう思わせてくれる青春マンガです。
★4 - コメント(0) - 2月16日

仲間がみんなで最初の試練にむかって一致団結していく2巻。とても分かりやすい展開なので土曜21時あたりでドラマ化しそう。
★4 - コメント(0) - 2月11日

電子無料にて。ちょっとずつ面白くなってきた。愛達は全校生徒の前でみんなを納得させる演奏が出来るのか⁉︎愛の才能はまだあまり見えていません。鳳月さんは箏の腕前は凄いけれど指導するのは大分苦手。でも武蔵部長が控え目ながらも癖の強い部員達を上手くまとめていますね。
★23 - コメント(0) - 2月7日

電子書籍お試しにて
★1 - コメント(0) - 2月5日

電子無料。更に面白くなってきた~!部員全員良い子ですね。どんどん熱くなってくのが見ててわくわくします。って、凄い良きところで次巻へ…。
★8 - コメント(0) - 2月3日

再読。嫌味な教頭先生を倒すべく設けられた発表会に向けて1ヵ月間、超ド素人のヤンキーたちが猛練習するお話。仲間思いを感じられるいい巻でとても好きです。
★2 - コメント(0) - 1月27日

鳳月さんの箏の音は風音と水音の間みたい。聞こえない方が聴こえるって表現。愛の音はなんだろう、まだ分かんないけど両者ともに相手の音に掴まれていて、いいなあ。…今気付いたけどこういう熱い生真面目な部活ものジャンルの漫画で、珍しく思えた作者の名前…姓名じゃなくてあだ名って感じなので登録した所にある作者名リンクが一瞬なんだか分からなかった。
★2 - コメント(0) - 1月26日

いいぞいいぞ、大人たち。続きが読みたくなる。うまいとこで切るなあ。
★7 - コメント(0) - 1月5日

C S
選曲、部員同士の絆の構築、発表会直前までの巻。1巻同様、切り方が上手!これは次巻も気になって仕方がなくなる!色んな意味でバラバラなメンバーが団結するまでの過程が、自然に描かれていて良い。それは誰かの何気ない一言だったり。「出来ねーなら出来ねーって言え」「たけぞー先輩」愛は人のことをよく見てる優しい子だなぁ。「教え方がわかりません」「1人じゃ足りない部分とか欠けてる部分を助け合えるものなのかな」「ごめん」さとわは素直で良い子だなぁ。「不器用で誤解されやすそうなあんたたちにぴったりじゃないか」伝わればいいなぁ
- コメント(0) - 2016年11月6日

この最高潮の感覚、ぐわっぐわって感じです! ばぁちゃんも背中を押してくれた!心で投げかければ、きっと気持ちは帰って来る。是非とも本番がんばれ♪ にしてもチカはいい子だなぁ…。
★7 - コメント(0) - 2016年8月29日

バラバラだったみんなが一致団結してきました~~たのし~~っ読んでてワクワクしました!そうそう弦はじくと指が血まみれになるんだよね~~次巻いよいよ舞台!すごく楽しみ!
★18 - コメント(0) - 2016年8月19日

電子 無料
★4 - コメント(0) - 2016年8月2日

発表に向けて練習開始。当たり前なんだけど、箏ってやっぱり大変なんだなーっと(^^;)でも、愛たちは弾けないなりに色々努力してるし、鳳月さんも段々変わってきてていい相乗効果。特に愛と鳳月さんの関係は良くなってるからいろんな意味で今後に期待(笑)武蔵は多少頼りないところもあるけど、良い繋ぎ役になってるかな。やっぱり、愛のお爺ちゃんの存在の大きさ感じる。次巻は遂に発表!楽しみ!
★17 - コメント(0) - 2016年8月2日

再読。みんなで1つのものを創り上げていくこの感じ、懐かしいなぁ。さぁ発表の時。ドカンといってみましょー!
★8 - コメント(0) - 2016年7月30日

一人一人の個性が見えてきて愛着がわいてきた。何よりもすごく青春!という感じがして熱い。心がバラバラだったのに話し合って分かりあって素直になっていって、「仲間」って感じがしてきてすごく鳥肌がたった。いいなぁ。仲間ってすごくいい。さとわちゃん可愛い。おばあちゃんがいい味だしてる
★3 - コメント(0) - 2016年6月30日

キャラクターに深みがでてきた。とくにさとわが不器用やけどみんなに助けられてどんどん成長していく姿がかわいすぎる。チカの過去について聞いた後に後悔して謝ってる姿はすごくよかった。そのあとのチカの表情も胸があつくなります。
★5 - コメント(0) - 2016年6月27日

ここからさとわちゃんがヒロインしてきます。「きっと教えてくれた人が良かったのね」というセリフ後の表情が素晴らしい。三人トリオは一回グレルのかなとも思ったけど真面目にしっかり取り組んだのは意外だった。この点好評価。音が合わさる瞬間、読んでるこっちまでぞわっときて嬉しくなりました。そして軽音部に絡まれたたけぞーに愛が初の先輩呼びで助けたシーンはすっごく好きでした!!さとわちゃんの着物姿ふつくしい。さとわちゃんが過去を聞いて素直に謝りに行くシーンもとてもとてもよろしい!十七絃を愛に運ばせたシーンもたまらん!
★7 - コメント(1) - 2016年6月16日

メンバー全員がひたむきに箏に向かって、寄り道する人間がいないのですごく面白いです。部活青春モノって言ったらこれだ!って展開で良いですね。さとわがチカの演奏に心臓を高鳴らせたり、今までの発言を悔いる場面はジンと来ました。次巻はいよいよ演奏会ということで、すごく楽しみです。
★4 - コメント(0) - 2016年6月8日

練習の開始から本番まで。チカやさとわの物語も絡んで、なんだか部活青春ものの本流を突っ走ってる感じになってきた。/みんなで弾く曲を聴いたけど、なんだか大変そう。さとわ?の解説では個々の演奏はそんなに高度ではないらしいし、ソロに依存するところも大きいのだろうけど、緩急強弱のメリハリがあって、ダレるとつまらなくなりそうな。さて、ドキドキしながら次巻へ。
★3 - コメント(0) - 2016年6月6日

2
★6 - コメント(0) - 2016年5月29日

部活もの定番教頭の意地悪に対抗すべくがんばる話。この引きにやられて3巻以降イッキ買いすることになる。
★1 - コメント(0) - 2016年5月22日

ジャンプ 。マイナーな部が頑張ってる話面白い。バラバラだった部員が仲間っぽくなってきていい感じ。
★6 - コメント(0) - 2016年5月22日

初心者部員達は、箏専用の糸譜と弦の位置に奮闘しながらも、毎日の朝練に秘密の特訓というハードなメニューをこなし、発表曲『龍星群』をマスターしていく。今作では箏の家元、鳳月さんの生い立ちに少し触れられている。苦戦する部員達に手厳しい指導する自身の姿に、かつてスパルタ指導で自分を追い詰めた母の姿を重ねるシーンに、彼女の抱える孤独が伝わる。他者との関わりを通じ、出来ない事や分からない事を素直に認め、協力を求める言葉が出てきたことは大きな成長といえる。「教え方が分かりません」これはなかなか言えることじゃない。
★4 - コメント(0) - 2016年4月16日

嫌な感じの教頭の企みで、1ヶ月後 に箏曲部存続のかかった演奏を全校生徒の前でする事に!!鳳月が家と何かありそうな気配。チカが作った手作り箏が懐かしい!!私も似たような のを作って家で練習した(笑)楽器屋のばぁちゃんもいい人だし、みんな必死に練習して偉いなぁ。そして、一緒に過ごす中で部員の心が近づいたような気がします。チカが弾いた音が優 しくてあったかい…じいちゃんだ(T-T)武蔵を"先輩"と呼ぶシーンや、さとわがチカのじいちゃんの事を聞いて謝るシーンとか、またまた涙を誘う(;_;)本番頑張れ!!
★10 - コメント(0) - 2016年4月12日

所々に心温まる言葉や行動が入っていて泣きそうになるわ…教頭がゲスいのでぶっ倒してほしい…
★12 - コメント(0) - 2016年4月1日

【図書館】
- コメント(0) - 2016年3月21日

電子書籍無料にて読了。いい!部活っぽくなってきたよ。仲間意識も芽生えてきて、いい感じになってきた。チカ、サネ、みっつ、コータが箏を弾くという見た目とのギャップ!偏見の目で見る教頭を、ギャフンと言わせてほしい!"ここ!!"って合ったとき、なんかくるものがあった。「一人で弾く箏の音と仲間たちと弾く箏の音は違う」「一人で解決できないことはみんなで一緒に考えよう」青春だ~。ついに全校朝会。いいところで終わってしまった…。
★9 - コメント(0) - 2016年3月17日

無料。熱いなー龍星群今度聴いてみよう。だんだん部がまとまってきているのがいいな。一生懸命練習して、成功して喜ぶ姿がかわいらしい。演奏成功してほしい! 哲生が部活に入らないのは何か理由があるのかな。顧問怪しい…
★7 - コメント(0) - 2016年3月16日

kindle無料版にて。何かに向かって一生懸命になる姿は輝いている。全校生徒の前で演奏スタート……! さあ、結果はどうなる。次巻期待。
★4 - コメント(0) - 2016年3月15日

2巻無料にて。かっこいいかっこいいかっこいい!!YouTubeで「龍星群」聴いたらぞわっとした。イベントでチカたちが初めて聴いた時に受けた感覚って、きっとこうだったんだろうなと思えるくらい。超初心者の彼らがこれを弾いてるのかと思うとホントにどれほどの努力を必要とするだろう。作中でもひたすら練習に励む彼らが描かれていているけど、曲を聴いたら三次元かのようにその努力の程を感じた。もんじゃのシーンや楽器屋での練習シーンの雰囲気がいいなぁ。みんなのまっすぐな思いがまぶしい。続き気になる。これは買うしかないか!
★12 - コメント(0) - 2016年3月15日

無料本にて。やっぱりこの作品面白いです。愛愛がいるから入っただけの3人組も琴に魅了されてるし、メガネ部長も部長としてまとめられるように頑張ってるし。何かに打ち込んで頑張る姿は素晴らしい。続き気になるので、必ず近い内に読みたい。
★9 - コメント(0) - 2016年3月14日

zen
仲間が増えて5人での曲に取り組むのがまさに青春マンガの王道で素晴らしい!さあこれから演奏…というとってもいいところで止まっている!続き読もうかな~。龍星群って曲を聞いてみたいな。
★5 - コメント(0) - 2016年3月13日

Kindle版無料。何かに一生懸命な人たちって、見ているだけでなんか感動する。すごくいいところで終わったので、続きが気になる。
★8 - コメント(0) - 2016年3月13日

この音とまれ! 2巻の 評価:52 感想・レビュー:243
ログイン新規登録(無料)