貧乏神が! 16 (ジャンプコミックス)

貧乏神が! 16 (ジャンプコミックス)
あらすじ・内容
歪んだ野望を叶えようとする碇を止めるべく、立ち向かう市子と紅葉! 嵐丸、撫子、石蕗、貧乏神たちが二人を信じ奮戦する中、ついに碇は集めたエナジーを自分の中に取り込み!? 最後の最後まで一丁ド派手に大団円!!

あらすじ・内容をもっと見る
266ページ
209登録

貧乏神が! 16巻の感想・レビュー(177)

ここまで豪華な最後って。文句なしに面白かった!
- コメント(0) - 2016年12月12日

完結!大団円です。面白かった…。最後までこの作品は市子と紅葉の二人の物語だった。碇戦は市子の最愛の男女(石蕗と紅葉)とのイチャイチャを見せられながら展開(語弊もあるが概ねこんな)。最終決戦も規模が大きくなりましたが、読了後の感覚としてはお別れシーン(というか最終回)に全て持っていかれました…。このコンビは読むたびに愛着が増していったので、今回で終わりなのが寂しくなります。そして日常は続く。石蕗家はなんだかんだで受け入れそうだけど、市子の保護者達による命の危機はむしろ増えるのか(笑)ヘタレな親父はどこへww
★1 - コメント(0) - 2016年4月9日

ここ最近読んだ漫画で一番気に入った。正直初期の市子はどう贔屓目に見ても「嫌な女」以上には見れなかったけど、いつの間にか愛着がわいてしまった。最後の二人らしい別れには本当に感動した。
- コメント(0) - 2015年8月24日

al
完結。とにかく市子と紅葉の二人がよかった! 紅葉との出会いで変われたという市子と、同じように出会えてよかったという紅葉。「人を幸せにするために生まれてくる」という台詞にも、(あの市子から発せられたということも含めて)じーんと来ました。一応けじめということでお別れしたけれど、またどこかで会えるんじゃないかなあ。
- コメント(0) - 2014年11月29日

すっごく良かった。市子の「私は幸せなんだ!」って口に出して幸せを誇る性格も好きだったし、不幸にすると言いつつ幸福を願う紅葉も、どつきあいながら信頼し合う2人の関係も、終わり方も綺麗で、好きだった。やっぱりなにより自分を眉目秀麗頭脳優秀健康優良で幸運で幸福だって言い切る市子の男前なところ、好きだったなぁ。
★1 - コメント(0) - 2014年9月5日

一気によんだが、面白かったです。ちゃんと大団円でしたし、やり残しもなくキレイに終わりましたね。市子と紅葉の友情はまたどこかで会うこともあると思います。面白かった〜。
★13 - コメント(0) - 2014年5月28日

市子と紅葉の物語完結。やりすぎパロディが秀逸過ぎる。
★2 - コメント(0) - 2014年5月9日

完結/どれだけ規模がでかくなろうと、最終的に市子と紅葉の関係に帰着するしかないお話なのでコレでよし。反面、わりを喰うキャラが出ちゃったのも致し方なし/助野さん、おつかれさまでした
★1 - コメント(0) - 2014年5月2日

最終巻です。確かに市子さんは初期に比べて精神的にも物理的にも大きくなったなぁと思います。最終決戦ということで、みんなでドンパチしましたが結論から言うといろんな形の愛が世界を救いました、そして例え泣いても最期まで笑って別れた市子さんと紅葉さんの友情は素敵でした。今後も市子さんに振り回らされる石蕗くんの受難は続きそうですがこれからもみんなが歩いていける最後でよかったです。今までお疲れ様でした。
★3 - コメント(0) - 2014年3月28日

完結!大団円です。王道って感じですね。桜と紅葉のお別れのシーンは二人らしい最後だった。恵太と桜のラブラブな日常にはニヨニヨとしたw落ち込んでるときの方がちゃんと料理できるって問題あるでしょ。紅葉の花言葉が素敵です。それと助野さんお疲れ様でした
★5 - コメント(0) - 2014年2月20日

最終回でもネタを挟まないと死んじゃうのかこの作者はwww 大団円エンドは良かったが、まさか街全体を神にするなんて奇策がでるとは思い付かなかった。 キャラクターも集大成&新デザインが登場してどのコマも見ごたえがあった。
★1 - コメント(0) - 2013年12月3日

GOD・な終わり方
★1 - コメント(0) - 2013年11月10日

市子と紅葉のお別れのシーンが本当に二人らしくていいなぁと思いました。
★2 - コメント(0) - 2013年10月24日

これからも物語は続いていくみたいな終わり方は好きです。SQの中では連載当初から読んでる数少ない作品のうちの一つなので感慨深いものがありました。。。
★1 - コメント(0) - 2013年10月20日

碇まさかのジャンプっ子、しかも好きなものギャグマンガ日和ってwwwギャップひどすぎるwww どうやって神格化した生物や土地が元に戻ったのかはよくわからなかったが、なにはともあれ無事ハッピーエンドだな これで終わりだと思うとちょっと寂しい ところで、紅葉はたまにくらい市子に会いに来てもいいのでは
★1 - コメント(0) - 2013年10月19日

読了。 正に王道、真っ向直球勝負の最終巻でした。 ――碇との戦いも佳境に入り、嵐丸や撫子の様なお馴染みの仲間から、ぽっと出のモブキャラまで総出演の大乱闘です。 覚醒したり神格化しちゃったり、もう何でもござれの全部乗せ。 それを不自然に感じさせないのは、やはり艱難辛苦を乗り越え信頼を培ってきた主役二人の存在があるからでしょう。 最後の邂逅で市子の出した答えを聞き、穏やかに微笑む紅葉。 別離の切なさの中に、互いへの想いと信頼を感じさせる良い締め方でした。
★1 - コメント(0) - 2013年10月18日

大団円!助野先生が最後のあのシーンを描きたいためにここまで頑張ってきたというだけあって、なんかいろいろ思い出されます。サザエさん空間ではなく、新しい関係が始るというのは前向きで良かった。いつか、読み切りで紅葉・市子の同窓会ネタとかが読めるといいな
★2 - コメント(0) - 2013年10月16日

堂々完結!最後まで勢いよく駆け抜けて気持ちよく読めました。桃央のヒートモードにはびっくりしましたw 大団円なラストでよかったです~。 助野先生、お疲れ様でした。
★2 - コメント(0) - 2013年10月13日

最終決戦。どのキャラにも持ち場があってよかった。が、棗と射干の相手は前回のまま、嵐丸・撫子ペア、綾目・たんぽぽペアのままやって欲しかった。街中全部を神格化したのはぶったまげだ。そこから碇を倒すまでの流れも勢いがあってよかった。かんなが出てきたのは意外だったが碇を救うにはあれが一番か。碇は「普通の人間は巨大化しないっ!」とか「なんだその幻影はっ!?」とかツッコミが好きだったから救われて欲しいな。なーんて思ってたが最後のハーレム状態を見て何だよおいもげろこの野郎。次回作も楽しみだ。
★1 - コメント(0) - 2013年10月7日

最終巻。ピンチを迎えつつも最後は強い絆や愛の力で乗り越えていく市子たち。撫子と忍、嵐丸と桃央のコンビが好きだった。ラスボスである碇を倒すのではなく「助ける」という方法をとったのも良かったと思う。 市子と紅葉の別れも感動した。笑いあり涙ありのいい作品だった。
★14 - コメント(0) - 2013年10月5日

すごい好きな漫画だったからもっと続き読みたかったな。もう新連載決まってるから楽しみだ
★3 - コメント(0) - 2013年10月2日

どどんと再読。気持ちいい最終巻だったけど、ぶっちゃけるともっと読みたい。そして番外編コミックスを出して欲しい!最終話だけに出た子たちとか、胡桃とか市子の両親とか、あと浦島太郎?とか!
★10 - コメント(0) - 2013年9月29日

幸福エナジーが無くても市子は、両親や諏訪野はもちろん、色々な人に愛されているんだなあ。
★4 - コメント(0) - 2013年9月23日

「幸せなこと」…その一番に紅葉との出会いを置いた市子。人は人を幸せにするために…そうだね! と思いながら涙が止まりませんでした。良い話だったぁ…(T∀T) バトルひとつひとつに意味のある物語でした。そして最後の最高のバトル…。お疲れ様でしたぁぁぁ!! 追記:やはり肉欲を絶ったボビーがカッコいいと思ったのは間違いじゃなかった!! あと「GOD・彼氏!!」に噴いたw
★4 - コメント(0) - 2013年9月21日

愛の力で戦う市子と石蕗が良かったw
★4 - コメント(0) - 2013年9月17日

最初から最後まで丁寧でした。
★3 - コメント(0) - 2013年9月13日

登録&感想が終わらないうちに完結してしまいました…。厚さも中身も凄いボリューム。いつも台詞も情報量もページいっぱいなんですが、丁寧な作画で読みやすく、完成度が高い。ギャグやバトル、単純な悪人がいなかったり、恋愛、友情や家族愛も盛り込まれ、ラッキースケベも多く、女の子が主人公ながら少年漫画らしい面白い作品でした。キャラデザも秀逸。助野さんの次回作も期待できます。
★6 - コメント(0) - 2013年9月12日

最後までテンションを下げることなく見事に描き切ったな、という印象。オールキャストのファイナルバトルは燃える燃える。しかしボビーは最後までおいしいとこ持っていったな。「普通の人間は巨大化しない!」(笑)
★5 - コメント(0) - 2013年9月11日

完結。ボビーは元々の能力が高いから神になるとかなり強くなるようで。市子の成長が良かった。人は人を幸せにするために生まれる。良い話だった。最後の最後で市子と紅葉が初めの頃のように争う、良い終わり方だなあ。紅葉が他の人の元へ憑りついて、それでいつかまたどこで偶然ばったり、なんてこともあるのかなと。お疲れ様でした。次回作も面白そうです!
★5 - コメント(0) - 2013年9月10日

楽しむこと16冊。最後まで勢いよく駆け抜けて行きましたね。
★3 - コメント(0) - 2013年9月9日

祝・完結! 別々になってしまうのは寂しいけど、市子と紅葉らしい別れ方だった。次回作も楽しみにしてます。
★5 - コメント(0) - 2013年9月8日

碇編もいよいよ終盤、そしてシリーズ完結へ。オールスター大集合による最終決戦はもうこれ以上無いくらいに大盛り上がり。紅葉らしいハチャメチャな戦略もあり、彼女らの積み重ねてきた仲間たちからの声援あり、本当に素晴らしかった。最終回では、もはや親友と言ってもいいであろう市子と紅葉の感動のやりとりが。第1話からの関係を考えると、すっっっっごく感動するんだあ。誰も傷つかなく誰もが笑ってるハッピーエンドを描ききった。助野さん、本当にありがとうございました。おもしろかったです! 最終回後の嵐丸、めちゃめちゃ物語ありそう。
★15 - コメント(1) - 2013年9月8日

最終巻、読み終わって最初に思ったのが『気持ちよかった!』だった。真面目な展開の中にも笑いあり、そして涙ありで。最終話もしんみりさせない賑やかな終わり方でドタバタ!助野先生、お疲れ様でした!
★3 - コメント(0) - 2013年9月8日

大団円。恋愛要素も嫌いじゃないけど、市子と紅葉の友情がすっごい好きで、だから最終回は嬉しかったな。助野先生、お疲れ様でした。
★3 - コメント(0) - 2013年9月8日

7c
最後のお祭りらしくパーっとインフレしてカタルシスMAX。涙あり笑いあり感動あり、しかもそれぞれにハッピーエンドとかもう気分爽快見事なエンターテイメントでした。惜しみない賛辞を。
★3 - コメント(0) - 2013年9月8日

大団円。綺麗な終わり方で余韻が心地よい最終回でした。最後嵐丸さんかわいくなりすぎ。面白かったぁ~。
★4 - コメント(0) - 2013年9月7日

大ボリュームの最終巻。いつものお祭り感はそのままに、笑いあり涙ありで素晴らしかったです。新作も発表されているので楽しみにしています!
★3 - コメント(0) - 2013年9月7日

1巻発売からこの漫画を買ってきたけど…素晴らしい大団円。寂しいし番外編をちょこちょこでもいいから描いて欲しい気持ちあるけど…でもそれ以上に爽快で文句のつけようの無いラストで嬉しい。綺麗に締めてくれた助野先生に感謝です。
★5 - コメント(0) - 2013年9月7日

完結巻。最後まで面白かったなあ。ラストシーンはなんだかんだで貧乏神戻ってきてドタバタエンドかと思ったけど、そこはしっかり別れて終わりっていうのはよかったです。 助野先生の次回作に期待!
★3 - コメント(0) - 2013年9月7日

完結。ラストにふさわしい怒涛の勢いでラストバトルが描かれます。そして最終話一話かけての市子と紅葉の別れ。ジーンときます。5年間本当にありがとう。とても面白かった!
★3 - コメント(0) - 2013年9月6日

貧乏神が! 16巻の 評価:56 感想・レビュー:54
ログイン新規登録(無料)