イエスタデイをうたって (Vol.2) (ヤングジャンプ・コミックスBJ)

イエスタデイをうたって (Vol.2) (ヤングジャンプ・コミックスBJ)
あらすじ・内容
季節は初夏。なのに、ハルはワケありの浮かぬ顔。そして、そんなハルの変化に対し、魚住は気付きつつも気付かないフリを…。誰もが無関心を装い、決して心も温めあわない。けれども、そこには凛とした居心地のいい空気が漂って…。

あらすじ・内容をもっと見る
213ページ
585登録

イエスタデイをうたって (Vol.2)はこんな本です

イエスタデイをうたって (Vol.2)の感想・レビュー(569)

魚住の嘘つかなかった一瞬が良かった。このタイミングで桐島さんのようなキャラクタを出すのはなんか・・・ずるいな。うまく言えないけど
- コメント(0) - 2016年10月29日

ハルの家庭環境その他諸々が明らかになる。陸生はニートだけど、それに対する焦りみたいなものが無いのが、現代的かなと思った。
★1 - コメント(0) - 2016年10月9日

美大受験
★6 - コメント(0) - 2016年7月30日

HK
再読。本筋ではない桐島さんの話が印象的。
★1 - コメント(0) - 2016年7月22日

時間の流れのゆるさを感じつつ。
★1 - コメント(0) - 2016年2月12日

【再読】自分のなりたいものを目指してやってきたのに、その過程で見失ってしまう。桐島さんのように未練なくすっぱりやめることができればいいけど、現実にはなかなか受け入れられなくてだらだらやってしまうなぁと
★26 - コメント(0) - 2015年11月18日

やっぱりこの漫画の世界観が好き。まったりと進む。それでいい
★1 - コメント(0) - 2015年11月15日

魔法を帯びた一巻とは打って変わってややゲンジツ的な雰囲気。それでもゴッホの「夜のカフェテラス」の色合いの様な明るい夜の空気感は変わらず。学生だった頃、バイト終わりに仲間と過ごした時間を思い出した。
★1 - コメント(0) - 2015年10月13日

FI(B)
- コメント(0) - 2015年10月4日

sai
kindle 無料本1~3巻。
★2 - コメント(0) - 2015年10月2日

早くもハルの家庭事情が明かされてミステリアス少女という感じではなくなってきた。基本的に4人の視点で物語が進むという認識でいいのかな。美大出身の作者だけあって、浪の予備校での生活が凄くそれっぽい。芸術の世界で生きていくのはやっぱ大変なんだなーと。そんな浪とリクオの二人に思われながら今までの関係を保とうとする榀子にもモテる女なりの悩みはあるんだろうけど、共感できる人は少ないわなー。表紙もハルばっかりで榀子にも何か読者が好きになる何かを与えてやって欲しいと思うのは、作者の術中に嵌ってるのかな。
★8 - コメント(0) - 2015年9月30日

完結したため再読。なぜかフラれた事をちゃんとリクオに報告する浪くん(笑)生意気な感じを出してるのに可愛いなぁ。そのあとハルも含めての会話もワイワイしてる感じで好き。そんな長く話してないんだろうけど。しなこが加わるとちょっと雰囲気かわるんだろうな。
- コメント(0) - 2015年9月24日

電子書籍
★2 - コメント(0) - 2015年9月23日

物語がゆったりと進んで行く… 美大の就職率って、本当に低いよね… それなのに、美大に入るのも大変なんだよね… 浪くん、頑張れ!!
★5 - コメント(0) - 2015年9月21日

キノシタさんが幸せになりますように。
★1 - コメント(0) - 2015年9月21日

☆☆
- コメント(0) - 2015年9月19日

kindle無料版で読了
- コメント(0) - 2015年9月17日

なだらかに進む感じ好き。
★1 - コメント(0) - 2015年9月17日

恋愛より美大受験の悩みの話しに共感しまくり
★4 - コメント(0) - 2015年7月6日

切ない
★1 - コメント(0) - 2015年6月16日

みんなが風邪引いたり浪くんの進路についての話。浪くんの将来に対する悩みみたいなのは誰でも一度は考える事だし分かるなって思える。メインキャラでは一番好きだなー。そしてみんながみんな知り合いだって判明してまた動きがあるのかな。
★2 - コメント(0) - 2015年6月9日

プーの話とか絵の話とかすごい穿ったことを言ってて、これは多分作者本人が実経験として身にしみたことなんだろうなと思いました。でないとなかなかここまで的を射たことは描けない。逆に読み手にとってもその辺を知らない人は流してしまうような内容だろうなと。
★2 - コメント(0) - 2015年6月8日

無料版にて一巻を読んで面白かったので購入。雰囲気があって好きだな。もう一冊買ってみよう。
★2 - コメント(0) - 2015年4月20日

世間て狭いなーってハルのセリフの通り4人が繋がりましたね。浪君の悩みは思春期だなーと思います。
★1 - コメント(0) - 2015年2月24日

みんな風邪。やはりちょっとふるーい雰囲気。好きだけど。不安と逡巡。人生の岐路に立った気がした。なにこれ刺さる。高校生のくせにー。
- コメント(0) - 2014年9月13日

どんなに年齢が上がっても、やっぱり浪君に1番共感してしまう。美大受験、絵をかくこと、将来のこと、浪くんと同じ年齢の時、浪くんと同じ悩みをひたすら抱えてたからなぁ。恋愛の悩みはなかったけど。
★3 - コメント(0) - 2014年8月31日

風邪編でしたね。なんだろ、シナコにどんどんイライラが募る。
★4 - コメント(0) - 2014年6月22日

みんな、風邪をひく。ハルの母親との関係は想像してたより良好だった。ハルがリクオに一番会いたいときに会えなかったのは切ないな。浪の予備校の方も気になる。
★4 - コメント(0) - 2014年6月9日

改めて考えると、話の中心に居るリクオは普通の人だよなぁ。複雑な家庭事情や感情も無い。勿論、榀子とハル両者に揺れ動く渦中に居る状況は結構大変だとは思うけど、何となくニート生活をしているままではどういう展開も上手く行かないと思う。別に彼が嫌いと言う事では無く、女子二人が時折見せる重たい空気感とリクオの能天気さが浮いて見えるだけで、此処からどう発展していくかは非常に興味深い。浪君に関しては、思い悩む若者の姿が表現されてた気がする。彼らの感情は子供ではないけど大人とも言い切れない、そんなアンニュイな印象。
★7 - コメント(0) - 2014年4月26日

再読。リクオと榀子、ハルの関係が病気を通じて一歩近づく。浪の友達の滝下くんのキャラが今とは違う感じなのが驚いた。浪と滝下、桐島さんの3人が交わす会話が見事な芸術論になっているのは多摩美で油絵を専攻した著者らしい展開。
★2 - コメント(0) - 2014年4月5日

ノれそうでいまひとつノれない。全体的に散漫な印象。…と言っても、そんな散漫さっつーかフラフラしたところがこの作品の持ち味なのかもしれませんが。所々で既視感を感じたり、青臭さが許容値を越えそうになったりといった難点もちらほら。
★4 - コメント(0) - 2014年2月25日

再読。前の巻よりも少し明るくなったかな?みんな風邪には注意しようね!(笑)。でも病気すると優しくしてくれるのは嬉しいよね。で、ようやく役者4人が揃いました。
★4 - コメント(0) - 2013年11月27日

まったりとしながら淡々とお話が進む。みんながみんな、ご近所さんだから世間は狭いなと思ってしまう。後半の芸術のお話。絵を書きたいのか、芸術をしたいのか、稼いでいきたいのか。絵を描くと言っても想いは各々違っていて、何のために書いているんだろうと迷ってしまう。これは人生にも言えることで、私は今、何をしているんだろうと迷うことがある。すっぱりと諦めたり、決断ができれば良いんだけど、ズルズルと長引いてしまうことがあったりする。後悔しないで生きるのは難しいんだから、思ったようにすればいいよというのが私の自論です。
★10 - コメント(0) - 2013年11月1日

再読。風邪の連鎖が取り持つ縁。
★2 - コメント(0) - 2013年9月28日

★★★☆☆
- コメント(0) - 2013年7月27日

恋愛に関係なく 誰かを求めるって コトはさ 見返りを 期待して それが叶わなかった時 裏切られた気持ちに なるんだよね でも… それって スゴーイ 自分勝手 だよね でも それが コイの正体だったら ちょっとヤだね… 理屈じゃないんだもん
★3 - コメント(0) - 2013年6月9日

雰囲気が良い。しなこさんはロングの方が可愛かったけど、なんであんなにモテるのかがイマイチ分からないなぁ…ハルちゃんの方が断然好き。自分で逃げ道を作って、本気にならずに、なろうとせずに生きていくと、結局行き着く先は袋小路。退路を絶つのは大事だね…と、袋小路に追い込まれてから気が付く。
★4 - コメント(0) - 2013年5月23日

ついついタバコに手がのびる
- コメント(0) - 2013年5月19日

自分のなりたいものを目指してやってきたのに、その過程で見失ってしまう。桐島さんのように未練なくすっぱりやめることができればいいけど、現実にはなかなか受け入れられなくてだらだらやってしまうなぁ
★27 - コメント(0) - 2013年2月21日

イエスタデイをうたって (Vol.2)の 評価:42 感想・レビュー:69
ログイン新規登録(無料)