イエスタデイをうたって (Vol.3) (ヤングジャンプ・コミックスBJ)

イエスタデイをうたって (Vol.3) (ヤングジャンプ・コミックスBJ)
あらすじ・内容
秋、フリーターの魚住に吹く世間の風も冷たい季節。学祭に燃える少年達に刺激をうけてか、魚住の心にも変化の兆しが現れた…。平凡な毎日に少しの不満を抱えて過ごす若者達。けれどその日々は、何か変化を求める一日の連続なのである…。

あらすじ・内容をもっと見る
220ページ
561登録

イエスタデイをうたって (Vol.3)はこんな本です

イエスタデイをうたって (Vol.3)の感想・レビュー(546)

某古書チェーン店で発見して購入。2巻がなかったので積読本にするつもりが読んでしまいました。ハルちゃん健気でかわいいです。個人的には榀子さんより断然ハルちゃん。積極的だけどどこか臆病で強がって…。でも、こういう子ってハッピーエンドにならない場合が多いんだよな。ハルちゃん頑張れ!って事で、早く2巻と4巻、5巻、6巻を見つけて全巻読破を目指そう。
★1 - コメント(0) - 2016年11月18日

進んでそうで進んでなさそうで、でも変化してるいい巻。ギリギリ卑屈にならないように頑張っている。弱いところから目を逸らして、逃げて生きているところを、凄く立派だな、と思ってしまう。
★1 - コメント(0) - 2016年10月29日

昭和な作品で、あたし向き。
- コメント(0) - 2016年10月6日

妹登場。
★6 - コメント(0) - 2016年7月30日

HK
再読。このあたりから登場人物が増えてきてぐっと良くなる印象。中心人物であるハル、リクオ、榀子が抽象的なモノローグを繰り返しながら足踏みするプロットは長編でずっと読むにはちとつらいので。
★1 - コメント(0) - 2016年7月22日

魅力的な登場人物たちはマンガの中で鮮やかに生きている。鮮やかすぎる。
★1 - コメント(0) - 2016年2月12日

新キャラが登場。宣戦布告。あとキノシタさんの妹、良かったなぁ。やっぱり文化祭は成功させたいよね。あと、リクオの優しさ、僕には真似できない
★1 - コメント(0) - 2015年11月15日

FI(B)
- コメント(0) - 2015年10月5日

sai
kindle 無料本1~3巻。新たな登場人物が増えてきた、ハルの行動がだんだん可愛くなってきたね。
★2 - コメント(0) - 2015年10月2日

キノシタ妹いい子だなぁ。キッチリしてて兄貴みたいなフワフワな人生は送らなそう。まあ兄貴は兄貴でいいキャラだけど。リクオも元々芸術の世界に片足突っ込んでたんだね。今回の一件で写真への情熱を取り戻しそうな展開。フリーターのまま終わるとは思えないし。榀子にカレーおごられるようでは……(笑)時折挿まれる湧と榀子のエピソードで榀子の中の湧のデカさを見せられて少し榀子にも情が移るようになった。後半出て来た湊はハルとリクオの関係をどう引っ掻き回してくれるか。写真の方でもライバルになったりするのかな。
★9 - コメント(0) - 2015年10月1日

大学の部活のOBになった時の気持ちを思い出した
★1 - コメント(0) - 2015年9月27日

完結したため再読。
- コメント(0) - 2015年9月24日

電子書籍
★2 - コメント(0) - 2015年9月23日

僕はハルさん一筋です。
★1 - コメント(0) - 2015年9月22日

高校生達(10代)の世界や大学生の世界や大人(成人済)の世界を繋ぐのは中心であるしなこ先生。ハルが先生がいないとバランスが取れないというのが、なんとなく伝わってくるよね… しかし、高校生達のキラキラした世界は羨ましくもある。 まったりとした時の流れの中でも、少しずつ各キャラの世界に変化が訪れているのが良いな。各キャラのそれぞれの世界が上手く描かれているね。
★7 - コメント(0) - 2015年9月22日

☆☆
- コメント(0) - 2015年9月19日

ハルもやっぱりモテるな
- コメント(0) - 2015年9月17日

じわりじわりと進んでいくよさが続く。
★1 - コメント(0) - 2015年9月17日

なんかご都合主義的な展開の巻でした。このままカメラとかのはなしになっていくのかな?いまいちどういう話にしたいのかがわからない。
★2 - コメント(0) - 2015年6月10日

新キャラで湊が登場。それぞれ好きな人がいて結構恋愛面でも交錯してきたなと思う。映画撮影とか湊との対話とかで若い人から刺激を受けている感じのリクオが何だか羨ましい。榀子も一歩ずつ歩み出した感じでこれからどう変わっていくのかなと気になる。榀子と湧くんのエピソードは個人的にはどれもツボだな。
★2 - コメント(0) - 2015年6月10日

湊が登場。リクオもギャラリーの仕事を手伝い始めて少しずつ前進していますね。
★1 - コメント(0) - 2015年3月19日

木下さん妹かわいいじゃないか。若いっていいじゃないか。新たな男も出てきて四角から五角?てかもともと四角じゃないか。
- コメント(0) - 2014年9月20日

そういや湊くんとかいたなー。個人的にはハルと浪くんのコンビがワンコとワンコがじゃれてるみたいで好き。
★2 - コメント(0) - 2014年8月31日

読了。 感想は最終巻にて。
- コメント(0) - 2014年7月27日

のんびりとゆっくりですね。湊がはいってきて動きは出てくるのかな。 やっぱシナコが好きになれない…10年前の自分を見てるみたいだからかな…
- コメント(0) - 2014年6月23日

ギリギリなバランスの三角関係にまた一人新キャラが加わった!木ノ下さんは結構好き。ナイス脇役で妹も美人だな!
★2 - コメント(0) - 2014年6月10日

物語の進行スピードが著者の筆の如くゆっくりでヤキモキするなぁ(笑)周りの行動や他人の姿を見て変わったりはたまた変われないでいる彼らを見ているのはむず痒い…不思議な恋愛模様。やっぱり死んでる想い人の存在はキツイという印象。そんな榀子はとても儚げで綺麗だけど、どこか好きになれないのは魚住に真摯じゃないからか…?と外野の読者は思う訳で(笑)この足踏みする感じをハルに変えて欲しいな。そういう意味では、今回の映画製作話や湊君の話は如何にも青春って感じがして良かった。皆もっと感情に素直になる必要があると思う。
★5 - コメント(0) - 2014年5月7日

やや脇道的なエピソードの映研高校生話がこれまでで一番面白く読めたかも。榀子関連の話ってどうも興味が湧きにくくてねぇ…。ただ、バイトバレの件で学校に直談判しちゃう流れは、なんつーか…なんかなぁって思った。あと、今頃になってカラスの表情が結構豊かだってことに気付くw
★4 - コメント(0) - 2014年2月28日

映画を撮る学生たち、シナコの金沢の帰郷、ハルの同級生であるミナトの登場があったりするけど、非常にゆっくりと話が進んでいる。過去のことを思い出して書いているようなノスタルジーな雰囲気があり、映画の撮影費で揉めるのは青春な感じがします。シナコは過去から少しだけ解放され、ちょっとだけ前を向き始めている。お前ら付き合っちゃえよ!と思うけど、そんなことしたら物語が終わるからぐじぐじしながら進んでいくのでしょう。鈍感な部分もあるけど、真っ直ぐなハルちゃんは可愛くて好きです。
★20 - コメント(0) - 2013年11月29日

再読。高校生のアルバイト事件。今回は停学は免れた。そのために動いたハルちゃん格好いい。そしてハルちゃんのことが好きな男性(男子)が出てきた!どうするリクオ(笑)
★4 - コメント(0) - 2013年11月28日

再読。シナコ、少々吹っ切れたかな? ハルの元同級生が登場。ますます混迷は深まる。
★4 - コメント(0) - 2013年10月3日

★★★★☆
- コメント(0) - 2013年8月20日

鈍感なはるちゃんも可愛いw 皆学生が抜けて、どんどん大人になっていく…いつまでも同じ所には留まれ無いんだよなぁ〜
★2 - コメント(0) - 2013年6月12日

…… 鈍感…
- コメント(0) - 2013年6月10日

物語の都合上仕方がない。しなこは好きだった故人に「ずっと拘っていなければならない」し、ハルは「どれだけリクオのことを思っているか描かれ続けなければいけない」から、まぁハルのほうを僕が好きになっても当然なんだ。
★4 - コメント(0) - 2013年4月2日

ハルちゃん、自分のこととなるとなんて鈍感!かわいいな~♡
★1 - コメント(0) - 2013年3月26日

赤福食べたい。湊くん登場!
- コメント(0) - 2013年2月25日

あれだけ露骨にアプローチされて、あの写真があって気づかない晴。湊はあんまり好きなキャラではないけど、さすがに可哀想
★24 - コメント(0) - 2013年2月23日

ライバル登場。ギラギラしてて若いなぁ(笑)
★1 - コメント(0) - 2013年2月1日

イエスタデイをうたって (Vol.3)の 評価:44 感想・レビュー:68
ログイン新規登録(無料)