GANTZ 20 (ヤングジャンプコミックス)

GANTZ 20 (ヤングジャンプコミックス)
あらすじ・内容
解放と引き替えにして記憶を無くした玄野を訪れた雑誌ライター。ガンツチームのリーダーとされる人物「くろのけい」を探してきた男が語る意外な事実とは…!? 戸惑う玄野に告げられた襲撃の警告と、帰宅中の和泉を襲う吸血鬼の群。ガンツチームの「最強の2人」が直面する最悪の戦い。その全てが終わるとき、物語は新たなるステージへとフェイズシフトする…!!

あらすじ・内容をもっと見る
210ページ
720登録

GANTZ 20巻の感想・レビュー(709)

吸血鬼によるガンツ狩り。 復活した西君が美形すぎて彼の姿ばかり探してしまう。麗しいクソガキという表現がピッタリくる。
★2 - コメント(0) - 3月12日

【レンタル本】
- コメント(0) - 2月11日

計は戻ってしまうのかな。
★6 - コメント(0) - 2016年12月9日

面白かったです。次はいよいよ大阪編なので楽しみです。
★3 - コメント(0) - 2016年12月2日

この巻では、ひたすら吸血鬼の猛攻が続く。ライターのとちりで、住所がばれてしまった和泉は吸血鬼の集団に襲われてしまう。スーツと経験のおかげで次々と殺していくも、和泉、まさかの死亡。玄野も記憶は無いものの、自分の置かれた状況に気がつき、吸血鬼と善戦を繰り広げるも、スーツもない状態ではやはり・・・そして、転送が始まる。
★5 - コメント(0) - 2016年11月29日

戦いからは逃れられない。いったいどういう因縁なのか明かされてないのが気になる。背景を知りたいな
★9 - コメント(0) - 2016年11月29日

黒野から加藤に主人公チェンジって時点でもうこれ以上読む必要はないかな。加藤まじめすぎて苦手なんだよな
★4 - コメント(0) - 2016年10月30日

20巻まで。ここまで読んでも未だにストーリーが分からん。雰囲気を楽しんでいる漫画。
★3 - コメント(0) - 2016年10月11日

無料はここまで。続き気になる〜!玄野、タエちゃんと幸せになるんじゃなかったの〜?記憶を無くしたら意味ないじゃん。
★4 - コメント(0) - 2016年9月25日

ここまで一気に読む。細かい流れは忘れてしまっていたが、二転三転していくストーリーなのでまぁ致し方ない。なんでこんなタイミングで読んでるかというと、当然大阪編の映画公開が迫っているからだ。全然期待してなかったけど、トレーラーでガン上がり。ここまでで次巻からはいよいよその大阪編が始まる。主人公が死んだり生き返ったり忙しない物語だが、序盤のアナーキーでダウナーな雰囲気から、中盤以降はエモーショナルな展開が多めになっていく。連載時は違和感を持っていたが、それも最後のオチをつけるための準備だったのだと、今はわかる。
★4 - コメント(0) - 2016年8月23日

和泉が死んでしまった。なんだかんだで生き残るのだと思ってたのに。カタストロフィってなんだ?そして玄野は死んでしまったのか?玄野弟もてっきりいろいろと活躍すると思ってたらあっさり死ぬし。とにかくとんでもない方向に行くな。ところで吸血鬼の女の人は巻き込まれた女子高生と顔が同じっぽいけど同じ人?
★2 - コメント(0) - 2016年6月19日

吸血鬼が綾野剛なのかな?映画で言う。 わたし、映画から入ってるもんで。 続きがきになる。
★3 - コメント(0) - 2016年5月7日

漫画再読記録編1605 吸血鬼が和泉、玄野計を狙う。そして…
★2 - コメント(0) - 2016年3月22日

記憶がなくなるって悲しいね…
★15 - コメント(0) - 2016年2月29日

再読。ホストサムライ懐かしい。玄野死す。
★2 - コメント(0) - 2016年1月24日

玄野計、和泉紫音。ガンツメンバーの主人公格ふたりに振りかかる災厄。吸血鬼襲来編。戦闘員数十人&幹部クラス四人を前に、その類まれなる戦闘センスを持って善戦してみせた和泉も、ガンツで培った危機察知能力で、生見ながらに吸血鬼の群衆相手に奮闘してみせた玄野も、「最期」は心のスキに付け込まれ、呆気無く氷川に斬り殺されてしまう…。死亡しても復活が可能であるとはいえ、玄野と和泉(それにほとんど見せ場なくアキラ)の両者が、カタストロフィを前に表舞台から退場するとは思わなんだ。次巻から大阪編。主人公を一時玄野から加藤へ。
★1 - コメント(0) - 2015年12月10日

玄野 再び死亡。 吸血鬼達は黒玉を敵視してるのは分かるが、そんな攻めて殲滅したい理由が分からん。 そして他国との競争なの?
★3 - コメント(0) - 2015年12月5日

記憶を失った計の元に勘の鋭い男が取材にくる。当然何も覚えてない計だが、何かを感じたライター。まさか、そこから和泉が襲撃され、計も襲撃されることになるとは……!!弟のアキラは吸血鬼としてではなく計の味方をするようなやつだったが、殺されてしまう。太陽光で戦う計だが、どうなる……!?本格的に吸血鬼が参戦したが、何をしたいのか目的が見えない。あと、結局記憶は失っても戦うところでフラッシュバックする計の光景が良い。主人公然としている。転送された部屋でどうなるのか見ものだな。
★6 - コメント(0) - 2015年10月6日

★★★☆☆
- コメント(0) - 2015年1月26日

GANTZの謎に迫るライターが玄野に執拗に迫る。ライターは和泉の存在をバンパイア軍団に売り、バンパイアが和泉を強襲する。善戦するも人としての一瞬の思いやりが身を滅ぼした。一方、バンパイア軍団は玄野も襲う。弟アキラの忠告でバンパイア相手に太陽光で対応し善戦する。GANTZの仲間も駆けつけるが、一瞬間に合わず。そんな中、GANTZ転送が始まる。バンパイア二人を連れて。
★2 - コメント(0) - 2014年12月31日

記憶を消されて無事に日常に帰ったのに周りが日常にさせてくれないというのがせっかく自由になったのに玄野可哀想だな。でもアキラの助言から生身で吸血鬼を結構倒しているし玄野はやっぱり強い。和泉もアキラも玄野も結局死んでしまったし何がどうなるのか分からないけど結構話が動いてきていて先がどうなるのか気になる。
★2 - コメント(0) - 2014年12月15日

弟、本当に死んだの…?
★21 - コメント(0) - 2014年12月12日

敵が内部にきたぞ・・・? うおおお西くん!西くん相変わらず殴りたいほどふてぶてしい!(褒めている
★3 - コメント(0) - 2014年10月3日

中々玄野の周りは静かにならないなぁ。
★74 - コメント(0) - 2014年9月16日

和泉の最期…( ̄  ̄;) うーん。なんか納得できない。弟くん、え…もぉ?てっきりラストは兄弟対決だと思っていた。そして玄野も?
★2 - コメント(0) - 2014年8月4日

借読 弟でてきてすぐいなくなった。
★1 - コメント(0) - 2014年8月2日

くろのくん記憶なくした生身でも相変わらず強いわ~。まあ死んでしまったようですが…。
★1 - コメント(0) - 2014年5月26日

玄野兄弟まさかの。
★1 - コメント(0) - 2014年5月9日

吸血鬼集団によって和泉が殺され、玄野も瀕死の重傷を負う。玄野の危機に駆け付けたガンツメンバーだったが、あと一歩の所で転送が始まってしまう。今までにない危機的状況。玄野の弟アキラは何故嫌っていた兄を助けたのか。同じ兄弟のはずなのに、何故アキラだけ吸血鬼なのか。まだまだ謎が多い。
★5 - コメント(0) - 2014年4月25日

Oh...My...God...主人公が・・・
★1 - コメント(2) - 2014年2月27日

和泉、玄野の死。アキラも?これでホントに死んでたらアキラは兄思いのいいやつだったことに。黒服軍団、強いのか弱いのか。いやーまとめて読んだらオモロイなーガンツ。
★3 - コメント(0) - 2014年1月28日

吸血鬼。
★3 - コメント(0) - 2013年11月21日

玄野くんが記憶をなくしてから、また大変だった。平和な生活が遅れるはずもなく、命の危険にさらされてた。こんなことなら、ガンツのままの方が良かったと思う。たえちゃんとも記憶はないながらも、記憶を取り戻すため、普通に話すようになって。アキラと玄野くんが話すことなんてほとんどなかったけど、今回は兄の命を心配して、何度も電話をかけて来てた。もっと敵対するかと思ってたから、アキラの最後の姿には悲しくなった。もっと仲良くして欲しかった。玄野くんが死んでしまった。和泉もいないしさ。黒服が転送されちゃうし。やばい!
★1 - コメント(0) - 2013年9月27日

1~20巻まで借り読み。一気に読めた。続きがとても気になります。
★1 - コメント(0) - 2013年9月26日

中盤の見どころ、西くんの「よろしく~~」はこの巻。
★2 - コメント(0) - 2013年8月17日

トントン拍子でリセット
★1 - コメント(0) - 2013年8月15日

130723★★★
★1 - コメント(0) - 2013年7月23日

じりじりすんなー。早く何がどうなのか知りたい。
★1 - コメント(0) - 2013年6月22日

またもやとんでもないところで次巻に続き。もうびっくり展開のハードルを自分で越えていくしんどさすら感じるが、和泉の勇姿は妙に映画的に印象に残る。結構唐突なだけのシーンではあるんだけど。吸血鬼たちのファイトクラブ擬きの刹那的暴力性がなんか妙にツボる。滑稽なことはやっていないのだけど
★1 - コメント(0) - 2013年3月28日

こんな顔してたんだな…
★1 - コメント(0) - 2013年3月25日

GANTZ 20巻の 評価:54 感想・レビュー:94
ログイン新規登録(無料)