GANTZ 22 (ヤングジャンプコミックス)

GANTZ 22 (ヤングジャンプコミックス)
あらすじ・内容
道頓堀を舞台に星人達との戦闘は激化の一途…。続々と現れる妖怪タイプの敵に、歴戦の大阪ガンツチームも次々に倒れていく。そんな中、一般人を救うべきか、自らの生き残りに集中すべきか葛藤する加藤がついに決断を下す。加藤の正義感は冷め切った大阪チームの心を溶かすことができるのか…!? 前代未聞のスペクタクルが大阪を駆け、完膚なきまでに叩き壊す!

あらすじ・内容をもっと見る
204ページ
703登録

GANTZ 22巻はこんな本です

GANTZ 22巻の感想・レビュー(691)

3DCGアニメ版の山咲杏はCG世界で一番可愛いキャラなので一見の価値あり。
★1 - コメント(0) - 3月13日

点数分かるのか。
★5 - コメント(0) - 2016年12月9日

敵も厄介ですが、大阪チームもまた癖の強い人ばかりだなあ。
★2 - コメント(0) - 2016年12月2日

大阪チームが一歩進んだ情報もってる。スカウターでてきたよ!!
★9 - コメント(0) - 2016年11月30日

数だけではなく、強力な妖怪が揃っている今回の戦い。スーツも意味をなさない敵も多く、苦戦を強いられる大阪組。それにしても、自分の命も他人の命も軽く見過ぎな大阪組はもう、狂ってるとしか言いようが無い。
★6 - コメント(0) - 2016年11月30日

山咲が加藤を偽善者呼ばわりできるのは、加藤が自分に危害を加えてこないと分かっているからですよね。自分の身の安全性を担保にして他人をジャッジして気持ち良くなることの汚さが、山咲というキャラの描写によく表れています。戦時中に「非国民」という言葉で他人をバッシングしていた人達というのは、まさに山咲と同じ心理状態ですよね。
★10 - コメント(0) - 2016年11月2日

加藤にいい人現る。年上の子供有りの人。また珍しいヒロインだな。吸血鬼の人たちもなし崩しに一緒に戦わざるをえない感じだけどどこまで一緒に戦ってくれるのやら。読んでて思ったけど大阪の人たちはあれだ、ネット対戦で同じチームだけどフレンドファイヤーも気にせず自分の好きなようにやるけど腕はあるみたいな人たちだ。あ、吸血鬼の人たちもそれだな。
★2 - コメント(0) - 2016年6月19日

100点⁉︎
★1 - コメント(0) - 2016年5月4日

漫画再読記録編1607 キャラが増え続けてる、この状況は如何なもんかと。まぁ、構想上仕方ないと思うけど。敵(ターゲット)も強敵が多い。
★2 - コメント(0) - 2016年3月22日

岡八郎の名前にも笑えるけど、8回もクリアしてるなんて…人間とは思えない!それにしても描写がグロテスクすぎる!
★12 - コメント(0) - 2016年3月6日

再読。7回クリア岡八郎の響きの良さ。100点のやつという強そうな感じ。
★1 - コメント(0) - 2016年1月24日

玄野、和泉という絶対的エースを欠いた東京チームの戦力は加藤、西、風、桜井、坂田、おっちゃん、レイカ、そして、吸血鬼二人の計9名。対する大阪チームは、7回クリアが一人、4回が一人、3回が二人、2回が一人、1回が三人と精鋭揃い。今回招集された東京・大阪連合チームのターゲットたるボスの点数はそれぞれ、天狗:68点、犬神:71点、ぬらりひょん:100点。クリア経験を持つドS三人組を難無く屠る般若2体を相手に見事な立ち回りをみせたホストざむらいを含め、ガンツにおける絶対的強者と、100点を誇る星人との戦闘が楽しみ。
★1 - コメント(0) - 2015年12月10日

大阪チーム 化け物すぎる
★2 - コメント(0) - 2015年12月7日

大阪の混戦の続き。加藤はやっぱり加藤で安心。吸血鬼たちと星人の間にも一悶着あった模様。彼らの利害は一致するものの、やはりガンツチームということで一筋縄ではいかないよう。そして遂に100点のやつが現れた。加藤、倒せるのか……!?加藤の話も良かったけれど、今回は吸血鬼のホストざむらいの話が良かったな。結局はまあ人間に近いわけで。キレ味の鋭いツンデレって感じかな。7回クリアの化物もまだいるようだし。そういえば復活した中坊のあの子もいたっけ?スーツ着てたのがそうかな?前巻今巻に続きフィギュアのクオリティには驚く。
★6 - コメント(0) - 2015年10月6日

★★★☆☆
- コメント(0) - 2015年1月27日

大阪妖怪戦争に加藤とバンパイアが降臨。
★3 - コメント(0) - 2015年1月1日

加藤が年上美女とフラグを立てた!敵が強いのだらけになっても基本は捕獲用の銃を持ち歩いているのがやっぱり加藤だなあと思う。吸血鬼の2人は星人サイドなのにうっかりガンツ部屋についていったせいで星人から襲われたりして自分たちが悪いんだけどとんだとばっちりだよな。1体で100点の敵とか倒せるのかな。
★3 - コメント(0) - 2014年12月19日

巻末の粘土、あれほんとうなのかな?
★21 - コメント(0) - 2014年12月12日

出てくる人出てくる人みんな吉本っぽくて笑った。大阪ではガンツは新喜劇の音楽が流れるんだな笑
★77 - コメント(0) - 2014年9月17日

再読。大阪編2巻目。あー杏の登場もこの巻かー。いま思うと感慨深い。この巻中盤でホスト侍が戦った般若と能面の星人かなり強い部類だよな。いや2対1でも勝つホスト侍やっぱすごいわ。微妙に忘れてて読んでて楽しいです。
★3 - コメント(0) - 2014年9月10日

妖怪星人vs大阪チーム+加藤。吸血鬼たちはどうするのかなぁ
★2 - コメント(0) - 2014年8月18日

借読 妖怪の絵上手ですねー。巻末の立体もホントに作者が作ってるの?
★2 - コメント(0) - 2014年8月2日

巻末のねんどってほんとに奥先生が作ってるのかなー?それだったらすごいと思うけど!
★2 - コメント(0) - 2014年5月27日

手を出すなと言われ様子を見ていた東京チームだったが、妖怪星人?の多さと、大阪チームの気ままぶりについに加藤が参戦。今回のターゲットには一体で100点の大物が含まれる。玄野を生き返らせる事は出来るのか。今回のバトルは長期戦になりそう。
★5 - コメント(0) - 2014年5月25日

百鬼夜行
★1 - コメント(0) - 2014年5月9日

過去最大級のバトルになりそうですね。大阪メンバーのやばさ更に具現化。般若とおかめ?絵が上手いほんと。
★3 - コメント(0) - 2014年1月28日

バガボンド展開。奥先生の造形力も凄いね。
★2 - コメント(0) - 2013年11月21日

しかし大阪メンバーはまともな人間がいないが、まともな精神ではクリアできないということを意味している。
★2 - コメント(0) - 2013年11月17日

引き続き、妖怪戦。リーダーはぬらりひょん?あれ、女の人になった。大阪チームはやばいよ。大阪の山咲でさえ、考え方が違いすぎる。仲間を生き返らせようなんて、微塵も思っていない。黒服星人がなんか、親しみがあるぞ。敵だよね?玄野くんが全く出てこない。なんか、大阪編嫌な感じ。
★1 - コメント(0) - 2013年9月27日

刀振り下ろすときの姿勢今まで全部同じだよね。
★2 - コメント(0) - 2013年8月17日

130723★★★
★1 - コメント(0) - 2013年7月23日

粘土、まじで作ってんの?
★1 - コメント(0) - 2013年6月22日

粘土上手!
★1 - コメント(0) - 2013年4月23日

だんだんただのバトルものになってる気もするけど、このケレン味の効いた演出は嫌いじゃない。大阪チームのマジキチ感あってこそ映える加藤の主人公力もなかなかいけてる。どうも吸血鬼は星人系だったらしいが、本当に全貌全く見せないなガンツゲーム。ジャパニーズ妖怪大戦争だけあって敵の数も強さも今までとは段違いだし
★1 - コメント(0) - 2013年3月28日

いやべつに…この指もとに戻したいだけだ
★1 - コメント(0) - 2013年3月26日

吸血鬼も星人ですか
★1 - コメント(0) - 2013年3月4日

大阪チームの個性がいいね。東京も加藤が良い味出している。
★1 - コメント(0) - 2012年12月2日

相変わらず、加藤はかっけー!読んでるほうも救われる。
★1 - コメント(0) - 2012年11月22日

立ち読み。
★1 - コメント(0) - 2012年9月24日

大阪メンバーの殺り方はイッてるね。
★1 - コメント(0) - 2012年8月24日

GANTZ 22巻の 評価:46 感想・レビュー:80
ログイン新規登録(無料)