PEACE MAKER 1 (ヤングジャンプコミックス)

PEACE MAKER 1 (ヤングジャンプコミックス)
あらすじ・内容
一瞬の速さが生死を分ける“決闘”の世界に突如現れた謎の男、ホープ・エマーソン。父から受け継いだ“ピースメーカー”と驚異のドローテクニックを武器に、兄を探すための壮大な旅が、今始まった…!

あらすじ・内容をもっと見る
214ページ
774登録

PEACE MAKER 1巻の感想・レビュー(705)

ちょっと面白い。見るというより読むが強い漫画。ちょっとトロンとした主役の神業ガンプレイの技術説明が、私にとっては目新しくて新鮮でした。絵は好みもあるでしょうけど味もあって、この世界観にあっている気がします。カバーのイラストは最高ですね。続きもちょっと気になりますが、読むのちょっと時間がかかるんです。私だけかもしれないけど。
★1 - コメント(0) - 2016年11月15日

無料版。ガンマンのスタイルについて詳しくかかれていて面白い。作者の画力はすごいけど女の子があまり可愛くない気もしちゃう。ホープの運命がどこに転がっていくか楽しみ。
★11 - コメント(0) - 2016年11月15日

電子書籍無料試し読みにて。凄腕ガンマンの話?カバーはかっこ良いけど話が全く好みじゃなかったので流し読み。5巻までDLしたけど続きは読まなくていいや〜(*´Д`*)
- コメント(0) - 2016年11月3日

無理版にて。絵は上手いね。
★2 - コメント(1) - 2016年8月28日

ホープが、、もう少し小ぎれいだと、女子も読むだろうに。
★3 - コメント(0) - 2016年8月27日

G
デュエルにより銃士と呼ばれる人々が、命を賭けて撃ち合う西部劇風時代。デュエルを毛嫌いしながらも、天才的射撃能力を持つホープ・エマーソンは、人探しの為、街から街を渡り歩く。そこに現れる謎の少女ニコラ。彼女はクリムゾン一味という傭兵部隊に追われていると言う。そこに自らをマネージャーと称するカイルも加わり、闘いの渦中に飲み込まれていく。西部劇漫画は数あれど、やはり皆川亮二の筆致は他の追随を許さない。射撃シーンなど、画が飛び出すような迫力!動きに流れがあって、読みやすいんだよなー。
★26 - コメント(0) - 2016年8月2日

★★☆☆☆ 悪魔しか撃たない銃士の話。主人公強すぎてどうせ勝っちゃうんだろ?ってなって退屈
★1 - コメント(0) - 2016年5月19日

ルールは早撃ち 男の名はホープ・エマーソンその銃の名はピースメーカー彼が引き金を引くとき、時間は静止する。
★15 - コメント(0) - 2016年5月6日

Kindle無料版。ニコラの正体が分かったものの、組織とホープの因縁など謎が多い。今後、物語は大きな広がりを見せそう。
★1 - コメント(0) - 2016年5月2日

あらすじ・内容 一瞬の速さが生死を分ける“決闘”の世界に突如現れた謎の男、ホープ・エマーソン。父から受け継いだ“ピースメーカー”と驚異のドローテクニックを武器に、兄を探すための壮大な旅が、今始まった…!
★1 - コメント(0) - 2016年5月1日

銃士と呼ばれる拳銃使いが1対1のデュエルと呼ばれる決闘にて大金を得ていた時代。そんな殺伐とした世界のなか、シュアルツという街に一人の男・ホープが街にやってくる。一方、住んでる村を壊滅させられ、一人生き残った少女・ニコラも街に連れてこられていた。そんな二人が出会い、壮大な旅が始まるのはそう遠くない日だった…。【感想】ウエスタンなガンアクション物なんて使い古されたネタじゃねえのかと思ってたら、意外と読み応え十分な物語で楽しめた。
★11 - コメント(0) - 2016年4月29日

銃の撃ち方などの説明が面白いです。
★2 - コメント(0) - 2016年4月27日

ウエスタン~な感じやら、主役の緩さや無精髭がいいですね。物語的には、はじまったばかりで、まだまだこれからといった感じです
★3 - コメント(0) - 2016年4月25日

表紙に惹かれて。ウエスタンものは好きではないのだけど、拳銃は好き。著者の作品はスプリガンがとても印象に残っている。この巻では伏線を置いただけでまだ回収はされていない。続きが気になるといえば気になるのだけど…という感じなので、いずれ何かのついでに読んでみようかな…
★1 - コメント(0) - 2016年4月20日

まず表紙がかっこいい。ウェスタンガンマンものという設定もイイ。ピースメーカーという銃の名前も心躍る。続きが読みたくなりますね
★2 - コメント(0) - 2016年3月8日

それなりに面白かったけど、吹き出しが画面の3分の1くらい占めててちょっと書きたがりすぎてるっていうか、しんどい。
★2 - コメント(0) - 2016年1月30日

ウェスタン物と聞き購入。面白~い。次巻に期待大。
★1 - コメント(0) - 2015年12月11日

電子書籍で再読。皆川さんが好きなので。相変わらず締めるところと緩めるところがあっていい。 ただ忘れてた部分もあって、ホープ、けっこう緊張感なかったんだね。。
★2 - コメント(0) - 2015年11月23日

皆川亮二らしい厨二っぽさ
★1 - コメント(0) - 2015年11月13日

SONYのreaderで。ガンアクション!これは面白い。
★3 - コメント(0) - 2015年11月10日

古きよきウエスタンの時代。伝説の銃士の息子ホープが決闘(デュエル)で早撃ちをし助けた少女と共に兄を探す旅をするお話。サンデーのレジェンドが講談社の次に集英社へ。まず雰囲気がいいです。なにせみんな大好きウエスタンですので、男はみんな馬鹿やって酒飲んで騒いでる毎日。そんな荒くれものたちがいるなかで怪しい組織に少女を抱えて追われるなんて懐かしい洋画の香りがプンプン。できるだけ武力行使はしない。早撃ちにも色々種類がある。落ち着いた大人の作品なので少年漫画のような熱さはまだありませんがこれからが楽しみ。
★11 - コメント(0) - 2015年11月10日

Kindleで読む。早打ちガンマンの話。決闘シーンの静寂な表現が印象的。これも面白かった。
★4 - コメント(0) - 2015年11月9日

銃士たちが決闘(デュエル)に生きる世界。フェードン村を壊滅させたクリムゾン一家は、孫娘のニコラを追っていた。ニコラは、父譲りの名銃・ピースメーカーを持つホープ・エマーソンと行動を共にする。そしてホープは、一家の一人と相対するが。
★14 - コメント(0) - 2015年11月9日

電書無料版。気になってたマンガ。何だかんだ云っても、武器である以上は…と思ってしまう。
- コメント(0) - 2015年11月8日

auブックパス。3巻まで無料。専守防衛をガンマンの世界に持ち込んだような話。生命の危機に晒され、絶体絶命までトリガーを引かない。親父さんの名前がピース、息子で主人公がホープ、遺品の銃がピースメイカーなる別名を持つリボルバー、というのが凝っている。実際の世界秩序は流血により作られたことが多い。だからこそ、無血革命が引き立つのだが(いわゆる普通の国概念は、実はランクダウンかもしれない)。希望的観測だけで流浪の旅をする楽観主義者ホープ。必要最小限の武力行使という限界越えを厳戒しながら旅路の果てまで行けるのかな?
★10 - コメント(0) - 2015年11月3日

再読。アメリカ西部開拓時代がモデルのガンアクション漫画。皆川亮二の綺麗な絵、そして男臭いストーリーに惹かれる作品。ただ、個人的には一巻だけでお腹いっぱい。一応2巻も購入してるが、これからも集めるかどうかは微妙である、、
- コメント(0) - 2015年10月18日

Kindle期間限定無料版。再読。面白い。
★4 - コメント(0) - 2015年10月3日

本当にこんなこと可能なのか…。
★1 - コメント(0) - 2015年6月21日

タダ読み電子書籍版にて。まさかサンデーの人が今はジャンプで描いてるとは。SPRIGGANからアームズ(?)辺りのカラーが質感遭って良かったんだが今のはポップな感じの凄腕ガンアクションマンガ。
★6 - コメント(0) - 2015年5月7日

Kindle無料版にて。珍しいリアル西部劇。なかなか面白かった。
★2 - コメント(0) - 2015年5月6日

電子書籍にての読了主人公の男らしさに魅力を感じたのと世界観によく絵がマッチしていてとても入り込むことが出来ました。
★2 - コメント(0) - 2015年3月8日

再読
- コメント(0) - 2015年3月7日

画風にあってます。
★3 - コメント(0) - 2015年3月6日

Kindle期間限定無料版。コマ割りと構図が凄く好きです。映画でも見ているよう。ストーリーや各個人の描写の日常パートは若干名くどいところはあるけれども、決闘のシーンは中々いい。ただ、決闘ってそんなに動きがないので、今後どう飽きさせずに盛り上げていくのか気になる。
★8 - コメント(0) - 2015年3月4日

銃を使うけど、ブラックラグーンやヨルムンガンドとは若干異なり、早撃ち、ドローテクニックなどをメインに描いています。 上に上げた2つの作品に比べれば派手さは欠けるかもしれませんけど、一瞬の判断で生と死が分かれる決闘は緊迫感があり良いかと思います。
★3 - コメント(0) - 2014年11月23日

【ニコニコ書籍無料】表紙の絵から想像できる通りの渋いガンマン漫画。面白いけど際立ってわくわくはしなかった(笑)
★3 - コメント(0) - 2014年10月24日

早撃ちの銃士(ガンマン)の物語。だけど少年誌向けみたいに決闘に熱くなったり、ギャグの要素もなく、なかなか渋くて大人向けで面白いです。ストーリーもかなり面白い。マフィア?かな?そのボスの孫娘のニコラ・クリムゾン、早撃ちの天才一家のホープ・エマーソン。それぞれに何か事情があるようで、1巻だとまだ全然明らかになっていないのですが、かなり期待できそう。早撃ちの技を技名とともに解説しているのも興味深いですね。色んな技があるもんだ。
★7 - コメント(0) - 2014年10月20日

電子書籍での1巻再読。早撃ちガンマンのホープ・エマーソンが金髪の美少女ニコラ・クリムゾンを救った事がきっかけでクリムゾン・キングダムとその配下で腕利きガンマン集団の「深紅の処刑人」と戦いに巻き込まれてゆく。【感想】"ARMS"や"D-LIVE!"の皆川亮二のガンアクション。凄く好きな漫画家なんだけど、現在連載中の"ADAMS"と共に殆ど読んでいない作品で1巻読んだだけでやめてしまったもの。続けて読めば面白さもあるのだろうけど、何故か途中で飽きてしまう。理由は不明。機会を見て2巻以降も読んでみようと思う。
★20 - コメント(3) - 2014年10月20日

絵柄が好みだったので。ガンアクションがすごいですね。なかなかキャラが個性的で面白いです。ニコラも強い感じのヒロインで硬派なマンガな感じは楽しそうです。
★8 - コメント(0) - 2014年9月18日

PEACE MAKER 1巻の 評価:54 感想・レビュー:153
ログイン新規登録(無料)