PEACE MAKER 5 (ヤングジャンプコミックス)

PEACE MAKER 5 (ヤングジャンプコミックス)
あらすじ・内容
ニコラの秘密を知る人物、ミック・ラザフォードに会うためスカイタルカスを訪れたホープたち。師匠であるジョエル・バーンズと久々の再会を果たしたビートだったが、“決闘”チャンプの証明書を7枚集めてこれなかったことに激昂したバーンズと“決闘”をすることに…。はたして、二人の運命は…!?

あらすじ・内容をもっと見る
224ページ
479登録

PEACE MAKER 5巻の感想・レビュー(466)

表紙のおっさんがビートの師匠で、急所となる心臓等を銃弾から身を守るために体を横にしながら銃を扱うバーンズスタイルにこだわる伝説の銃士なのだが、主人公のホープの兄であるコールが大悪党でありつつも最強のガンマンという設定下で、決闘を挑み負けてしまう。コール曰く、「古臭いバーンズスタイル」などにこだわるから負けるのだという。しかし、ビートが返す言葉が胸熱であった(一部の人だけ?)。その「古臭いバーンズスタイル」で貴様を倒すというのが。そういうこだわり、意趣返しって仇討ちには必要だな…正に弔い合戦の名に相応しい。
★8 - コメント(0) - 2016年9月1日

ニコラの背中に「アースバウンド計画」の秘密を刻み、一方でカンサス教徒とタル教徒の対立を煽った元凶はミック・ラザフォードだった。その背後にはホープの兄であるコール・エマーソンがいた。燃え上がるスカイタルカス。その中を、ホープ達が駆け抜けていく。「深紅の処刑人(クリムゾン・エクゼキューター)」の一人、ゴードンの助けもあって、事態は沈静化へと向かう。しかし、「アースバウンド計画」を巡って、ラザフォード、クリムゾン一派が雌雄を決する時が近づいている。時代はここに、大きく動こうとしている。
★7 - コメント(1) - 2016年8月27日

ん〜面白い
★1 - コメント(0) - 2016年8月20日

G
スカイタルカスにおいて宗教戦争が悪化する中、ビートは師匠のジョエル・バーンズと出会う。バーンズはピース・エマーソンの過去と、深紅の処刑人との関係を明かす。一方、ニコラの秘密が、アースバウンド計画への糸口であることが明かされ、因縁を巡る旅は激化する。そしてホープの兄、コール・エマーソンの登場。舞台はGODへ…。深まる謎も興味をそそるが、深紅の処刑人にも様々な考えを持つ連中がいることが本作の重要な点だ。コニーレヴィンもそうだし、ゴードン・ヘッケルもそうだし。キャラたちの絶妙な繋がりが本作をより面白くしている。
★15 - コメント(0) - 2016年8月8日

ちょいちょい兄貴出てくるな。ビートとか良いキャラだと思うけどニコラのキャラがいつまでたっても中途半端なのは何なんだろう。
★4 - コメント(0) - 2016年2月2日

バーンズ師匠…。
★1 - コメント(0) - 2015年11月16日

やっぱり、にこらがもったいない。。徹底してかわいくない、のは、理由があるのかなあ
★22 - コメント(0) - 2015年2月4日

バーンズ師匠、出番少なかったけどバーンズスタイルを貫いた最期は良かったですね。 それにしても、深紅の処刑人っていっても色んな人物がいて良い人もいれば、猟奇的な人も居て内部は複雑なんだろうなって思った。
★2 - コメント(0) - 2015年1月12日

じじいよし。もうちょいじじいの見せ場もほしかったな。
★2 - コメント(0) - 2013年9月22日

本当にコロコロ人が死んでいく。怖ろしい世界や。じじいかっこよす。
★1 - コメント(0) - 2013年7月10日

明かされるニコラの秘密…!ハガレンのホークアイさんを思い出した。ミクシーさんが無鉄砲で素敵。ホープは髭面で天使のオーラ出てるとちょっとシュールで笑っちゃう。絵がうまいなー。
★8 - コメント(0) - 2013年3月24日

スポットバースト ショット ロングヤード スライドシュート どのショットを 取っても 同じではないか… あの 〝無慈悲な天使〟と 呼ばれた極悪人 ピース・エマーソンの 生き写しだ!! だが… … やはり こいつは 私の知っている ピース・エマーソン とは違う その 決定的な 違いは…
★3 - コメント(0) - 2013年2月26日

ニコラの背中に描かれているのは一体…。コニーさんの時もだけど、やはり敵との共闘っていうのは熱いね。
★5 - コメント(0) - 2013年1月14日

ここにきて人物関係がかなり入り組んできたので、めったにしない二度読みしてしまったw ホープ、今回も何となく影が薄いなぁと思っていたら、前巻と同じく1コマで魅せてくれた!こりゃ王道的なカッコよさ。二コラも惚れるわー(笑)
★3 - コメント(0) - 2013年1月13日

無精ひげを生やさないビート素敵。やっとニコラの秘密が少し解明されたね。師匠いいね〜。お兄ちゃんも顔を出した事やしまたここから物語が展開していくんやろなー。楽しみ。
★4 - コメント(0) - 2012年10月10日

次の町から次の町へ。更に次の大陸へ・・・ロープレやねぇ・・・
★1 - コメント(0) - 2012年8月14日

再読
★1 - コメント(0) - 2012年6月28日

ジジイ・・・
★1 - コメント(0) - 2012年6月24日

新たな敵が登場し、さらに複雑な展開に。
★4 - コメント(0) - 2012年5月31日

PSV
言い訳はいらん!!ならば証明しろ!!このワシと戦ってな!!  ★★★★☆
★13 - コメント(0) - 2012年4月26日

ニコラの銃の腕前は実はすごい
★6 - コメント(0) - 2012年3月4日

師匠ではなくラザフォードが死ねばいい。
★3 - コメント(0) - 2012年1月20日

評価★★★★★
★1 - コメント(0) - 2011年12月15日

師匠!バーンズの意地と、ボスキャラなのかコール!
★3 - コメント(0) - 2011年11月17日

バーンズ師匠が・・素敵な豪快じいちゃんだったのに、一瞬で・・酷いよう。何が善で何が悪なのかわからなくなってきました。この世界観を真っ向否定になっちゃうかもだけれども、やっぱりわたしには銃は守るための道具ではなく壊したり殺すための道具に見えるんですよねー。
★5 - コメント(0) - 2011年8月25日

おおおおお師匠おおおおおお!!(>□<)
★5 - コメント(0) - 2011年7月12日

「生命を無駄にしろなどと教えている神など いないはずだ」  この一言に撃ち抜かれてしまった。 兄ちゃん登場! 困った、カッコイイよ(笑)
★9 - コメント(0) - 2011年6月28日

師匠!!ニコラの秘密がついに。
★4 - コメント(0) - 2011年6月26日

表紙の師匠がそもそも手に取るきっかけなんだけど…いやぁ、単なる渋いおっさんではありませんでしたな。そしてホープのにいちゃんに影がだんだん近づいてくる。
★2 - コメント(0) - 2011年4月17日

ここに来て面白くなってきた。 師弟関係、ニコラの秘密が明らかになるので ここまで読んだら最後まで読みたい。
★7 - コメント(0) - 2011年4月8日

「生命を無駄にしろなどと教えてる神などいないはずだ」胸をずーんと打たれた台詞。
★5 - コメント(0) - 2011年1月3日

師匠がおっさん好きにはたまらんキャラだった。ニコラの秘密がばれてきたり、色々物語が進んできてわくわくする。兄弟対決はまだか!
★3 - コメント(0) - 2010年12月8日

さりげなく異世界描写が濃いのがいいなあと思う不思議西部劇シリーズ。師弟とか、男性同士の絆がいいなー。
★5 - コメント(0) - 2010年12月1日

ニコラの秘密があきらかに。そして、とある有名な式がでてきたけど、これがお話にどう絡んでくるんだろう。主人公まわりの話がすごい気になる。
★5 - コメント(0) - 2010年11月30日

てっきり、西部劇だから、ジャンルは時代物、なんて思っていたら、まさかのサイエンス・アクション……。そんなに大風呂敷になるとは思わなかった。
★6 - コメント(0) - 2010年11月26日

再読
- コメント(0) - 2010年11月19日

ニコラも将来銃を握ることになるんだろうな…その時誰と戦うんだろうか。
★3 - コメント(0) - 2010年11月16日

おじいちゃんが死んじゃった(ノ_・。)なにげにゴードンが一番まともで頼りになりそう。こちらも仲間になればいいなぁ
★5 - コメント(0) - 2010年11月4日

バーンズ格好よすぎ。ARMSから皆川さんのファンですが、どの作品も面白いわ。兄さんが登場したり、親父の過去がじわじわわかってきたり、続きが気になる終わり展開。
★5 - コメント(0) - 2010年10月7日

PEACE MAKER 5巻の 評価:20 感想・レビュー:83
ログイン新規登録(無料)