極黒のブリュンヒルデ 7 (ヤングジャンプコミックス)

極黒のブリュンヒルデ 7 (ヤングジャンプコミックス)
あらすじ・内容
「やっぱり人間じゃなきゃダメか…」
ヴィンガルフの九所長は小鳥を回収するために、遂に独断でSクラスの魔女“ヴァルキュリア”を解き放つ。しかし、8つの魔法を持つ最凶の魔女は、監視の魔女7人を殺害し、“鎮死剤”を求めて暴走! 寧子たちは逃げる間もなくヴァルキュリアに襲撃されてしまう。そんな中、新たな魔法使いが現れて…!?

あらすじ・内容をもっと見る
191ページ
711登録

極黒のブリュンヒルデ 7巻はこんな本です

極黒のブリュンヒルデ 7巻の感想・レビュー(683)

大量購入のため感想無しで。 読了。
★1 - コメント(0) - 3月17日

ヴァルキュリア、シャワーを浴びることが出来ないようにしちゃうとかドジっ娘!?九になんだかんだ好きというのも笑うとこなんだかなんだか。カズミのビッグマウスしながらいざとなると怖気付くのわりと好き。
- コメント(0) - 3月4日

薬を飲まなければ死んでしまう少女たち…uh…退廃…みたいな感じにならないのなんでだろうね。ちょっとややこしいけどエルフェンリートのopみたいな雰囲気にならない。岡本倫の漫画ってなんかいつもそんな印象。唯一無二なんだよなあ。
★1 - コメント(0) - 2016年11月29日

最悪は一旦引いたが、再びの来訪はすぐそこだ。そして、黒子に気付いた事は、何を引き起こすのか?_φ(・_・
★1 - コメント(0) - 2016年10月16日

電子書籍読了。一難去ってまた一難。ヴァルキュリアは結構単純なので、うまくいけば何とかなりそう…なわけはないかな。この辺りはアニメでも描かれてた話だ。ここに来て新キャラ続出。いろんな事実が明らかになっていく。そして繋がっていく。薬に関してはそりゃそれを見たら方法がわかるはずだよ。それを書いた人をみたら。天才なんて悪の心が必ず住みついているものさ。あと恋愛云々に意識がいってしまったせいで、おかげで?ついに…このタイミングは辛い。
★2 - コメント(0) - 2016年8月7日

結構ギリギリの命懸けな展開が続いてるけど、ちょいちょい挟まれるギャグがいい感じに気が抜けて好き。読者からすればほとんど公然の事実だったクロネコ問題、ようやく解決しそう?
- コメント(0) - 2016年7月1日

村上君、どうするんだい?
- コメント(0) - 2016年6月11日

キレのあるボケがいい
- コメント(0) - 2016年6月3日

みーてーしーまーっーたー!とりあえずカズミがここ数巻でポイント稼ぎまくってます。超可愛い。最後にヘタれるのも超可愛い。でも今回は頑張った!よくやった!が、寧子も好きな俺にとってはうがああ!小鳥は相変わらず平和でぽけぽけしてて時折寧子と一緒に天然ボケぶっこんでくる可愛い。このシリアスな設定の中、登場人物たちが生き生きしてる。よくわからん行動を唐突にやりだすの可愛い。面白い。素晴らしい作品です。さて、一人仲間も増えたが問題はやはり薬の残量。そして最後に気づいてしまった三角形のほくろ。どうなる、どうする
★6 - コメント(0) - 2016年4月22日

「なんや寧子ノーブラやん ノーブラ終業式かいな」どういうことなのか? ★★★☆☆
★9 - コメント(0) - 2016年2月8日

レンタル本にてまとめ読み。感想は16巻でまとめて。
- コメント(0) - 2016年2月5日

再読。初菜登場!こんなに遅かったっけ、登場するの…。あと、村上って無意識に罪すぎるだろ…prprpr
★2 - コメント(0) - 2016年1月9日

数年前6巻まで買ってて、飽きて買わなくなったんだけど、気まぐれでまた買ってみた。ベタベタのラブコメでとくに面白くないんだけどストーリーも少しずつ進んでるんで飽きずに読めた。
★2 - コメント(0) - 2015年7月21日

ヴァルキュリア良く見逃してくれたな。九さん名前が美味しそう。おっぱい評論家になりたい。死なないって凄い能力だな。みんなが恋心に気付いていくの良いな。そしてクロネコのほくろ…どうする村上
★3 - コメント(0) - 2015年6月12日

ヴァルキュリアがあっけなく去ってしまってちょっと拍子抜け。村上のところに合流した初菜の大胆アプローチがカスミにとっては身近な恐怖なのかもしれない。2回のキスで村上に意識させて少しリードしたかと思ったら、寧子のホクロが見つかって逆転されそうな予感。カスミに頑張ってほしいがやっぱりおっぱいだよなー!
★27 - コメント(0) - 2015年5月4日

初めてのキスは鉄の味
★1 - コメント(0) - 2015年3月14日

再生の魔法が使える初菜が登場。ちょっとクールで距離のあるかんじが、他のヒロインにない魅力でよい。まだ天文台メンバーと距離があるからこその、怖いもの知らずの直球アプローチに、良太をはじめ寧子もカズミも翻弄される…ってなんかフツーにラブコメだなぁ。キスにこだわるカズミがかわいい。いや、ヒロインみんなかわいいんだけど、感想書くとカズミかわいいに落ち着くという。
★3 - コメント(0) - 2015年1月13日

ヴァルキュリア、天文台を襲撃、と思ったら尻切れトンボな終わり方。8巻でまた登場するんだろうけど、良太ハーレムの一員になってカズミと良太を取り合ってほしいような。ヴァルキュリアと九の関係は?寧子のホクロに気がついた良太、どうする??? でも2巻で 寧子=クロネコというネタバレあったよね? それから新キャラ、初菜。
★3 - コメント(0) - 2014年9月26日

この作品、カズミがメインヒロインって認識でいいんですよね!? 寧子は要所は押さえてくるが、普段はちょっと印象薄いし。要所といえば、佳奈の一言が結構重くて存在感がある。しかしホクロの件について村上が気付いてしまったし、これからどう変わっていくのか!? アニメだとほとんどダイジェストだった部分なので、原作読み進めるのが楽しみだ。
★8 - コメント(0) - 2014年9月20日

漫画喫茶にて1巻から10巻まで通しでの再読。第60話の「全人類の中で一番から第69話の「命の選択」まで収録。九が独断で放ったヴァルキュリア(真子)。7人いた監視役の制御系魔女全員を鎮死剤を奪って惨殺。力を暴走させる。【見所】ついにヴァルキュリアが登場。寧子そっくりの容姿に銀髪。その彼女が天文部に凸する。初菜の設定がアニメと異なる。アニメ→監視役、原作→寧子達と共に脱走した仲間。カズミに加えて、初菜の村上への積極的アプローチ。鎮死剤が残り僅かになり、魔女達がそれぞれ他人を生かそうと譲り合うシーンなど。
★17 - コメント(6) - 2014年9月8日

妹に借りた。再読。
★1 - コメント(0) - 2014年8月15日

このタイミングでクロネコの正体に気づいちゃうんだね。
★5 - コメント(0) - 2014年8月3日

好き、という感情はままならぬものですなぁ、と。ラスボス=ヴァルキュリア風だが、寧子と酷似しているのは意味深。なのに、1107は小鳥なんだよねぇ…。そして、あれだけの力がありながら、ヴァルキュリアはなぜにあいつに従うのか…。まさかのM気質?
★9 - コメント(0) - 2014年7月29日

面白かった。けど、あんまり、動きはなかったかな。とりあえず初菜追加。前回の引きは……うん、まぁ、触れないことにしよう。みんな恋してる。そんな感じ。好きと、生きたい死にたくないとが混ざり合ってますね。あと今まで触れなかったけど、この作者の独特のセリフ回しが大好きです。あとほくろの話もありましたね。この伏線はほんとに凄いと思いますよ。「冗談でしょ?あんた それマジで 言ってんの? 中学生の私にだって わかるわよ 死なないけど 治すことも出来ないわ どう考えてもそれ 恋でしょ?」
★8 - コメント(0) - 2014年7月24日

カズミ猛アタック。しかし残された時間は少ない。
★3 - コメント(0) - 2014年7月13日

3.0 なんかいろいろ展開が激しい。あまり長くならずに終わるのかな。
★2 - コメント(0) - 2014年7月5日

ヴァルキュリア強すぎて村上たち勝てるのかなと今後が心配。新キャラ初菜は殺しても死なない能力で強力だな。でも普通の何も知らない人間が再生するの見たらそりゃ逃げるわなと思った。初菜も村上に惚れたし寧子も自分の気持ちを自覚して争奪戦が激しくなりそうな中から回りつつも頑張っているカズミが何か可愛かった。寧子がクロネコだと村上が気付いて次の巻へ。
★4 - コメント(0) - 2014年7月2日

ヴァルキュリア襲撃で危機一髪なのか!!!?と思いきや、ほんお宣戦布告のつもりで少しホッとしつつも、村上との恋の行方も次回で決まりそう???
★3 - コメント(0) - 2014年6月25日

面白かった!続きが気になる!
- コメント(0) - 2014年6月22日

今回は風呂の回!
★5 - コメント(0) - 2014年6月22日

他の巻に比べるとコメディや恋愛が多目です。やっぱりカズミがいると話が動きますね。新キャラの初菜もいい感じにかき回してて面白いです。
★1 - コメント(0) - 2014年6月18日

ギャグとシリアスと恋愛のテンポが絶妙です。
- コメント(0) - 2014年6月17日

ヴァルキュリアこと藤崎真子の天文台襲撃に始まり、新しい仲間として初菜が加わるなど、村上くん周りは相変わらず目まぐるしい変化の中にありますね。 しかし、真子と九、小五郎と九など意外な人物達との接点も明るみになりました。 そして、とうとう村上くんは寧子の横乳をチラ見したことにより、寧子がクロネコと同じ位置に3つのホクロを保持していることに気付き、寧子がクロネコじゃないかと感付きます。 薬の残量も残り少なく1人なら1ヶ月、全員だと8日程度の残量となり、絶望的な状況になりつつありますね。
★8 - コメント(0) - 2014年6月15日

1冊でどんだけ風呂に入るんだw
★4 - コメント(0) - 2014年6月12日

まさに命短し恋せよ乙女といった巻でいつも以上にラブコメってましたね。前巻の最後辺りでヴァルキュリアが出てきたときはどうしたもんかと思いましたがどうにか一時的に切り抜け今回はいつもよりゆっくりと進んでる感じがしました。新たな仲間も出来てここにきて増えるということは何かしら今後役割的なものがありそうで楽しみ。しかし初菜ちゃんマジチョロイン!そして、最後ついに寧子=クロネコとほくろを見て村上が理解したっぽいのでどうなるのか期待です。
★7 - コメント(0) - 2014年6月7日

ここで新魔法使い登場。良太寧子カズミのトライアングルもどうなる。九と小五郎の繋がりが意外だった。何の罪悪感もなしに人を殺せるヴァルキュリアが恐ろしい。
★3 - コメント(0) - 2014年5月30日

ついにホクロ発見ですね!続きが気になる!
★7 - コメント(0) - 2014年5月28日

極黒のブリュンヒルデ 7巻の 評価:26 感想・レビュー:119
ログイン新規登録(無料)