予告犯 3 (ヤングジャンプコミックス)

予告犯 3 (ヤングジャンプコミックス)
あらすじ・内容
ネットで予告した犯罪を次々と実行していく“シンブンシ”。議員の殺害予告の刻限が迫る中、警視庁サイバー犯罪対策課は遂に彼らの正体に辿り着く! 警察の必死の包囲網を潜り抜けた彼らが狙う、最後のターゲットは!? 驚愕のクライムサスペンス、完結!!

あらすじ・内容をもっと見る
219ページ
749登録

予告犯 3巻はこんな本です

予告犯 3巻の感想・レビュー(705)

奥田の作戦がそういう方向に行くのはちょっと残念だったけど、殺人をおかしてたから仕方なかったのかな。映画でも観てみたくなった。
★2 - コメント(0) - 3月4日

そんなに頭が良いのに、こんな結末の計画を立てるなんて…なんだかなぁ。私には悲し過ぎるよ
★3 - コメント(0) - 2月12日

まさかの1日で読破。少し前に読んだ相場英雄のガラパゴスを彷彿させる社会派で硬派な作品に出会えて満足。シンブンシたちの四面楚歌な抗戦も悲しい予感しかない展開にも、やりきれない思い。ほぼ「罪を憎んで人を憎まず」な気分なんだけど、ただ奥田はあれだけの知性があれば真っ当に生きる、現状から這い上がれる力があるんでは?現代の不条理を人情で優しく昇華させた着地は事件の動機を考えれば、計画通りハッピーエンドになるんだろうけど、若干解せない。
★13 - コメント(0) - 1月21日

読んで良かった…でも悲しい…吉野さんがめちゃめちゃかっこ良くてイイ女!!もっと早く見つけてあげてたら何か変わってたのかな…奥田の自分の命の使い道が悲しすぎる。
★1 - コメント(0) - 1月20日

★TSUTAYAでレンタル★本作に関しては、映画の方が良かったかも、映画オリジナルのシーンもあって。
★31 - コメント(1) - 2016年12月30日

他に無かったの?と思ってしまうけど、あんたにはわからない‼という気持ちも痛いほど分かるし、ツラい。シンブンシは世の中にたくさんいると思うし自分もそうなるかもしれない。希望は他になかったのか。社会や生死に考える所の多い本だった!
★3 - コメント(0) - 2016年12月5日

身震いしてしまうほどインパクトのある作品だった。3巻だったからできた作品かもしれないが、たった3巻でここまで魅せることができたのは敬服を禁じえない。奥田の命を賭した勝ち逃げ。当時の民主党政権の批判も入っていたのは痛快。いや、素晴らしい作品だった。
★16 - コメント(0) - 2016年10月30日

mio
だらだら続かずに一気に読み終える長さなのが良かった。でも終盤にはもっとカタルシスがほしい。奥田の人生における無臭さが残念。プログラマーとして働いてたときとは同一人物に見えないし。ネット用語や特有の表現は分かる内容は、小ネタ的に嬉しい。ノビタには傘を新調してあの娘に返してほしい。少し先の時代には、漫画としても映像としても扱うのが難しい作品。(今ならAIやドローンとか登場しそう)
★5 - コメント(0) - 2016年10月20日

筒井氏のマンガの中では一番面白い。ただ奥田はこんだけ頭のいい人間でありながら派遣に甘んじていたというのは不自然に思った。
★2 - コメント(0) - 2016年10月1日

面白かった。映画を先に見たので事件後のシンブンシ一味のその後があっさりに感じたけど、なんだか妙に心に残る作品だ。奥田にシンクロして慟哭しちゃう吉野警部補、結構いい女だ。リカルテの遺体も掘り起こしてあげてたし。映画だと奥田と会話するシーンがあったけど、実際は死後初対面だったんだね。そういうちょっとした違いも興味深く読めた。
★7 - コメント(0) - 2016年9月29日

悲しい結末ながら、やりたいことをきっちりやり遂げ周りは生かす流れは見事。頭も良くてとても優しいのに、不器用な主人公が辛いね。ヒョロの父親があの議員じゃなくてよかった…。
★1 - コメント(0) - 2016年9月27日

ミステリ好きだけど活字を読む時間はないのでサラッと漫画で読みたい、という方におすすめ。現代のネットツールを駆使した、頭のいい者が虐げられる社会に対する復讐みたいなものがテーマなのかな、と思って読み進めていて実際そのような側面もあったが、最終的に鍵になるのは友に向けた思いと、「それが誰かのためになるという間違いのない確信を得た時、人は利得を超えた行動をとることがある」という言葉。
★1 - コメント(0) - 2016年9月18日

最終巻。こういう結末か。実写映画とかも見てみよ…
★1 - コメント(0) - 2016年9月6日

映画だとゲイツがすべてをコントロールしてるけど、漫画ではアンコントローラブルになると想定して、先手を打っているパターン。映画では、より生田斗真をかっこいい人に持ち上げるよう、なんらかのしがらみでしょう。ラストでは漫画ではゲイツ以外の彼らの将来についてを特に表現してる。漫画も映画も警察を翻弄していることは同じだけれども、映画では生田斗真を主軸においたことで、最後のメッセージがまったく違うことになっているのは、原作との意向とちがう所。ただ両面がみられるという意味で、漫画と映画両方見るのは得策かと。
★1 - コメント(0) - 2016年8月7日

★★★★☆
- コメント(0) - 2016年6月12日

警察官側が一枚岩ではないというか、市川がうざい。偉そうに理論をこねくり回してるけど見当はずれだし。岡本は影薄め。綺麗にまとまった最後だったけれど切ないお話でした。
★3 - コメント(0) - 2016年5月5日

おまえがしめんのか。
- コメント(0) - 2016年4月11日

だらだらと長く続くことが名作とは限らない、といういい事例だと思う。3巻で完結したからこそ、この動機は生きる。好き嫌いでるけど、表紙やタイトルから想像したもっと捻くれててエグくて悲惨な内容かと思いきや、まっとうな人間の物語だった。これはこれで悪くない。
★10 - コメント(0) - 2016年4月9日

傑作である事は間違いないんだけど、RAINBOWなんだよなぁ...。
★5 - コメント(0) - 2016年4月3日

久々に買って読んだ漫画です。個人的には映画の方が泣けましたが、短くまとまっていて良い作品でした。せつないです。
★1 - コメント(0) - 2016年4月2日

完結。最初から最後まで息もつかせぬ展開で、全3巻というボリュームも程よく、とても面白かった。犯人サイドも警察サイドも魅力的なキャラクター揃いで、どちらにも共感してしまう。そして、動機は理解出来ないものの最後までやり遂げた彼に拍手。それでもやっぱりこの結末は悲しすぎるなぁ。
★13 - コメント(0) - 2016年2月25日

うん、少しグッときた。あのムカつく議員が父親かと思ったよ
★3 - コメント(0) - 2016年2月21日

こういったストーリーをやる際の難所は、結局仕掛けるのも解くのも作者なわけだから、そういうことを意識させずに、どれだけ緊張感を保たせることができるかだ。そのためには、ご都合主義を出来る限りで用いないことはもちろん、キャラクターをきちんと造形して、彼らに解かせることや、謎解きをプロットの中心に据えながらも、ストーリーとしては違うところに焦点を当てることなどが挙げられそうだ。そう考えると、やはり天才vs天才の構図を取っている本作は、キャラクターという側面では、やや弱かった。が、それでものめり込んでしまうのは…。
★3 - コメント(0) - 2016年2月11日

この目的の為に、命を、人生を賭ける男、嫌いじゃない。だけれども、認める事は出来ない。目的を託し、仲間を護り、美しく綺麗に幕を引くのは卑怯すぎる。ヒョロの分まで何故生きないのか。その能力を何故もっと生かさないのか。ノビタが出会った温もりが、奥田にもあれば、違ったのかしら、ってのは安易な考えかしらね。男の美学。格好いい、からこそ、女の私は、奥田をぶっ飛ばしてやりたい。物語もスッキリ3巻で終わって、潔い。
★12 - コメント(0) - 2016年1月29日

再読じゃないけどレンタルで実写版見たので。漫画の実写版でここまで良かったと思えるのはなかなかないと思う。ただ最後に奥田の真意を女刑事が理解したシーンは、色も音もない原作漫画の表現の圧勝だったように思う。映画が悪かったって言ってるわけじゃないですが。比べ物にならない。
★3 - コメント(0) - 2015年12月18日

前巻で裏切りからのどんな結末になるか、期待しながらもこわごわとページをめくること一時間、涙腺崩壊しかけました。「シンブンシ」は結局なにもしていないって言う方もいましたが、蝶の羽ばたきにすぎない行為がどれほど大きな影響をのちのちに与えるのかをわかっていないのでないかと。結末には賛否両論あることは承知の上で大声で言いたい。「面白かったぞぉ!」。
★5 - コメント(0) - 2015年12月17日

目的のためならば何でもできる。それを鮮烈なままに見せつけてくれた。凄い漫画。痺れるような余韻。
★4 - コメント(0) - 2015年12月11日

素晴らしい作品だった。結末はハッピーエンドでもバッドエンドでもなく…インパクトのある物ではなかったけど、これが一番しっくりくると思った。新聞男達の行ったことは凡そ人道的ではなかったけど、昔の仲間の為にここまでするという想いだけは評価したい。もっとやり方があったとは思うけど、三年前に生きることを諦めた新聞男だからこそのやり方だったんだろうな…。奥田は最後までぶれない男で、吉野が大きな喪失感を感じたのもわかる気がする。全て読み終えてこの事件を追っていたのが吉野で良かったと思う。とても読み応えのある漫画でした。
★29 - コメント(0) - 2015年12月7日

再読。ラストが切ないですが、こういう道しかなかったんだろうなと…頭脳戦が面白かったですし、読みごたえある作品でした。
★3 - コメント(0) - 2015年11月8日

さらなる盛り上がりを期待してしまった分ラストの失速感が少し残念だったけど、納得は出来る真相だったかなとは思う。結局は奥田一人の計画だったんだな。その頭脳と行動力と優しさがこういった形でしか表せなかったことが不器用で悲しい。犯罪者だけど敵だとは思えなかったし、最後は吉野警部補みたいな複雑な気持ちになった。読み応えのある話だった。
★2 - コメント(0) - 2015年11月2日

(全3巻まとめて)社会派マンガといえば、この作者! ドラマ化もされた作品ですね。リアルな絵柄とあいまって、サスペンス映画を観ているような緊張感を楽しめた。特に序盤から中盤にかけての事件の展開のさせ方が秀逸。ラストはやや盛り上がりを欠いたのが、残念。
★3 - コメント(0) - 2015年10月31日

読了。ノビタが気持ち悪いこと以外は面白く最高だった
★1 - コメント(0) - 2015年10月31日

なるほど そういうことか 映画もみようかな
★3 - コメント(0) - 2015年10月17日

最終巻でした。なんという最後。そうか、そうしてあげたいという一心での行動か。泣けるなあ。生きてるうちに会いたかったかー。。。優しい男でした。
★20 - コメント(0) - 2015年10月5日

ええええ奥田ー! 最初から全部自分一人で背負うつもりで…しかも友達の亡骸を父親に届けたいがために…。他に方法なかったのか、とやり切れない思いでいっぱい。とりあえずあのブラックIT企業の社長がクズだったのがすべての発端だと思うのにあいつは何の制裁も受けないのか…と思うとますますやり切れん。いつか彼らのような人間が報い(テロではなく)を受ける社会になってほしいと願う。
★6 - コメント(0) - 2015年9月19日

きれいに完結。やるせない終わり方ですね。もう少し動機となる過去描写がしっかりほしかったけれどページ都合かな。その動機だけでここまで緻密な犯行をやれる奥田は、社会にいて適切な会社に入社できればもっともっと役に立つことができただろうに。この事件を追いかけていた吉野警部がその意図をしっかり汲めたのだけが救いか。
★5 - コメント(0) - 2015年9月13日

完結!なんだか悔しい終わり方だった。奥田だけ自殺で終わる挙句仲間はみんな生かしてなおかつ助けるなんてほんと、悔しい。そして理由が友達の骨をお父さんのところにやるためだけなんて、ほんとすごいわ
★4 - コメント(0) - 2015年9月12日

いい漫画を読んだと自信をもって言える作品でした。
★6 - コメント(0) - 2015年9月6日

拝借本。映画にないストーリーが結構あって楽しめたが、映画の方が構成がうまかったと思う。ネット社会や低所得の若者のことなど、結構考えさせられた。
★12 - コメント(0) - 2015年8月29日

やはりノビタはストーカーになるのだなー。シンブンシとして自分がなくなった後の筋書きまで作るとは大した奴だ。こういう奴をグズにしてしまったああいうIT企業のように労働力を無駄に潰すカイシャを取り締まって欲しいもんだ。吉野班長はもしかしてめっちゃセレブ? 別の事件もみてみたい。
★9 - コメント(0) - 2015年8月23日

予告犯 3巻の 評価:68 感想・レビュー:206
ログイン新規登録(無料)