恋は光 1 (ヤングジャンプコミックス)

恋は光 1 (ヤングジャンプコミックス)
あらすじ・内容
「恋の光」が視えてしまう大学生・西条は、恋を探求する女の子・東雲に恋をした──。視えるからこそ切なくて苦しい。今までにないラブストーリーが始まる。

あらすじ・内容をもっと見る
180ページ
543登録

恋は光 1巻はこんな本です

恋は光 1巻の感想・レビュー(431)

偏屈男子大学生と古風な乙女、二人が交換日記とか、どこの森見登美彦だよ!絵や台詞も可愛らしく、なんとも優しい世界。東雲さん萌え。北代さんの一途さも良い。宿木さんは氏ね。次巻以降ドロドロになったら泣く。評価4+
- コメント(0) - 2016年12月25日

本屋だったら多分、レジまで運べないくらいにキラキラしたタイトルの漫画、知人の評判が良かったのでkindle購入。 心が読めるって設定は割とありますが、「恋をしてるとキラキラ見える」って能力はありそうでなくて斬新。 一巻の引きからどこへ行くのか? ニヤニヤしながら見守りたい。 余談ですが、タイトルで思い出したのはスピッツの名曲、「恋は夕暮れ」だったりします。
- コメント(0) - 2016年12月8日

可愛い学園青春ものまんがでした。東雲さんのおっとり古風で風変わりなお嬢さんといった雰囲気も好きだけれど北代さんの面倒見の良さとか割り切り具合とか秘めた想いとかも好きですねえ。宿木さんも状況をさらにややこしくしてしまったけれど彼女も嫌いではない。あの光、北代さんのものが見えないのはなぜなのかが気になる。
★5 - コメント(0) - 2016年12月3日

焼肉には、1.食べ放題で油と炭水化物をかっこんでとにかく単位時間あたりの快感を満腹になるまでにどれだけ高められるかを頑張るときと、2.一枚一枚を噛み締めて味はもちろん美味しいものを食べている時間とか幸せを噛み締められていること自体を喜びながら楽しむときがある。そういう感じで行くとこのシリーズは2.の楽しみ方をしたい本。続きも気になる引き方だけど、全部一気に読むのがもったいない気持ちになる。
★1 - コメント(0) - 2016年10月8日

恋とはなんだというのを真剣に考えている東雲さんのキャラが古風で面白い。主人公の西条は女性が誰かに恋をしているとその人から光が出ているのが分かるという不思議な体質で、東雲さんの事を好きになったから近づこうと交換日記から始めるという大学生なのに小中学生みたいな所から始めているのが笑えた。私は北代さん応援してしまうな。彼女の光が西条には見えないのは何故なんだろう。
★4 - コメント(0) - 2016年10月7日

そーんなことあるかいっ!
- コメント(0) - 2016年10月6日

交換日記ていつの時代だ!みんなどこかズレてておもしろかわいい。北代を応援したくなるけど東雲嬢も素敵な性格してる。
★1 - コメント(0) - 2016年9月28日

恋の光が見えるらしい主人公。曰く、恋している女の子は光るらしい。確かに、僕も某アニメショップに行った際、レジに並んでいる女の子を見ると光の様なものがうっすら見える様な気がする。そのような第六感的なものを持っている主人公の見える光を中心に話が進んでいく。 だが、今作ではその第六感的なものより魅力的なものがある。主人公の相談役にして1ページ目から登場する北代さんだ。主人公のちょっとウザいくらいのネタも拾って、肯定してくれる。二人の会話を見るだけでも十分楽しめるし、恋模様を見て応援したくもなる。
★2 - コメント(0) - 2016年9月16日

愛おしいなこの子達、が最初の感想。この前にイマドキな少女マンガ読んだから高低差がすごい。けど切ないのはダントツにこっち。北代さんとセンセーの会話好きだなぁ。さて、誰とくっつくのだろう。
- コメント(0) - 2016年8月13日

東雲さんも北代さんもかわいい。だれとくっつくのかわからない!もどかしい!からあげ is GOD!!
★1 - コメント(0) - 2016年8月12日

一見ハーレムものの構図、しかし実情はなかなか一筋縄ではいかなさそうな女子だらけ。一巻の時点でもどかしい恋模様が多々展開されそうで……。主人公の「賢いけどバカ」っぷりが愛しい。もうちょっとバランス違ったらイライラしかさせられなさそうだけど。
★2 - コメント(0) - 2016年8月3日

恋や人の気持ちについて、とても細かく丁寧に描かれている漫画。
★8 - コメント(0) - 2016年7月30日

他人には見えない故の悩みか…。それにしても、なんだか初々しい。
- コメント(0) - 2016年6月16日

もどかしい!!!!!!!! この作者の女の子は服が可愛い
★1 - コメント(0) - 2016年6月5日

ファンタジー能力を持った主人公でありながら、他が現実的すぎて全くファンタジーに感じさせない雰囲気は大好きです。最初は恋が見える主人公と恋について考える東雲さんの恋愛の行方を描くのかと思っていたらあっさり北代さんが白状し、次いで悪趣味な宿木さんまで追加され読めない展開に。うーん、東雲さんが好きです。今のところ。二人のデート回かわいくて幸せそうでよかった。あと小難しいことを考える人達はとりわけ好みなので続きが楽しみ。
★2 - コメント(0) - 2016年6月4日

目に見える形で「恋心」がわかってしまったら、第二弾。ヒキがずるいよ。
★3 - コメント(0) - 2016年5月17日

光が視えてしまうからこそ、自分に対して向けられてる興味や関心、好意を素直に受け取れないセンセはもったいないよなぁ。
★3 - コメント(0) - 2016年5月9日

ako
西条には恋をしてる女の子はキラキラ光って見える。西条の事が好きなのに東雲さんとうまく行くようにアドバイスしてる北代。彼女が光ってないのに宿木が光ってるのは何故なんだろう?交換日記って懐かしいな〜あんな可愛いノートならやってみたくなる。さて西条の恋はどうなるのかな。
★8 - コメント(0) - 2016年5月6日

電子書籍 期間限定無料版で読了。
- コメント(0) - 2016年5月2日

Kindle無料版。もう少し若い時に読んでたらはまったかもしれない。
- コメント(0) - 2016年4月30日

★★★
- コメント(0) - 2016年4月27日

自分に向けての恋心は光らないのかと思ったらそうでもない様子。どういうゴールになることやら。
- コメント(0) - 2016年4月26日

電子書籍無料版/前から気になっていた作品で、無料版があったので読んでみた。恋する女の子が光って見える(?)という男の話。光の正体がさくっと分からないのでモヤモヤするけど、登場する女の子たちが魅力的。女の子3人の会話なんか、みんな価値観が違いすぎて面白かった。結局あの光は何なんだろう…主人公と一緒に手探りで進んでいくみたい。
★2 - コメント(0) - 2016年4月24日

Yahoo!ブックストアの無料期間中に。
- コメント(0) - 2016年4月20日

無料配信。前から気になっていた漫画の一つ。寝る間も惜しんで読む程度には面白かったが、寝れなかったのは不味いw 女子3人が最高に面白い。宿木さんを初見は嫌いだったが、悪癖以外は常識人なので安心する。交換日記の分析は的を得ているしw北代ちゃんはスゲー狡いけど一番共感できる。幼馴染に目がいかないセンセイ、バカじゃねーのw むしろ異常(拗らせ過ぎ)なのはセンセイと東雲さん…。分析好きなのは結構だが、閉じちゃったら意味無いですよね分かります。自分の事なので凄く痛いです…w しかし、この引き、2巻どうなるんや…。
★1 - コメント(0) - 2016年3月29日

「恋の光」が視えてしまう大学生・西条(センセイ)が、恋を探求する女の子・東雲を知り、友人の北代のアドバイスを得ながら交換日記を始める物語。どこか天然で独特な感性の東雲との交換日記。デートもしていい雰囲気なのに「恋の光」が見えないことに悩むセンセイと、彼を応援しながらも複雑な想いを抱える北代との三角関係は萌えますね。。。しかもさらに関係が複雑化みたいな(苦笑)「恋の光」も思っていたのとちょっと違うようですし、今後の展開が気になります。とても良かったので続きも読みたいです。
★29 - コメント(0) - 2016年3月26日

★★☆☆☆ 東雲さん可愛いから彼女とくっついてほしい。今のところ幼馴染の娘がリードしてるけど
- コメント(0) - 2016年3月21日

zen
恋をしている女子が光って見える「センセ」と、センセが好きになった女子、センセが好きな女子。この空気感は、嫌いではない。
★1 - コメント(0) - 2016年3月20日

途中から、この本は何を目指しているのだろうかと疑問に思った。単純な恋愛ものではないが、では何かと問われると答えに困る感じ。謎。
★1 - コメント(0) - 2016年3月19日

電子書籍で無料だったので、読んでみました。恋をしている女性が光って見える男の子と、その子に恋する女の子、その子が恋した女の子のお話。センセイの偏屈な感じと北見さんのキャパの広さが素敵な雰囲気を醸し出していました。
★5 - コメント(0) - 2016年3月19日

恋をしている人が光って見える男が、恋を探求する女性に恋をするお話。ファンタジー要素に幼馴染みとの見えない三角関係に奪いに来る女性に登場人物みんな変人という、てんこ盛りなようでいて温度低めのクールな恋愛もの。笑ったのがアマゾンの、作者および好きな読者は恋愛をしたことがない、普通じゃねえ、気持ち悪いという感想があったこと。こういう人がイジメたり人を値踏みする、第三者の評価がすべてな宿木タイプなんだろうなと。私はオタク=分析好きだと思うので、それを声に出すありえなさが面白かったです。こういうメガネキャラ多いね。
★6 - コメント(0) - 2016年3月19日

電子書籍無料本。東雲さんは誰に対して光ったんだろう?西条氏?
★5 - コメント(0) - 2016年3月19日

同人誌で秋★枝さんにハマり、商業誌をあさり始めるというのは逆パターンなのかしら。絡みあう四者四様の恋愛観。1巻ラストで思わず、あああああと叫んでしまったよ。
★2 - コメント(0) - 2016年2月29日

恋を知りたい、と『バラ物語』を読む女子大生わかる…わかる…男子としては分からない方が幸せなんだろうが…▲Wソウル、彼女がXXX、と来て『恋は光』に。わたくし冴えない後厄男子なので、最近の大学生の恋愛を語る資格はないのだけど、近所の大学図書館を利用したりしてムードはなんとなく吸ってはいる
- コメント(0) - 2016年1月31日

レンタル。面白い!恋する女性の周りには光が見えるのに、自分に向かって光る女性は未だいない、と悩む堅物大学生がちょっと変わった女の子に恋をして交換日記から始める。その女の子からの光は見えるのか見えないままなのか。話が進むにつれその光が本当に恋する光なのかという謎が浮上して、一体何なのか先が気になる。続きも読みたい。
★4 - コメント(0) - 2016年1月30日

3.0
- コメント(0) - 2016年1月12日

「恋している人の周りには光の玉が浮かんで見える」 頭でっかちでなんでも上から目線で批評したがる大学生・西条は、恋の可視化能力を保持してると自覚することで「誰も自分に向かって光らない」この世界に絶望しきっていた.そんな彼も恋がしたい.そして出会ったのは、どこまでも理詰めで物を考える恐ろしくピュアな女性・東雲さん.東雲からも西条に向けた光は浮かばないが、「恋」への好奇心から西条のデート相手になってくれる.ところで、1P目からずっと西条の話し相手になってくれている女性がいる.~
★8 - コメント(2) - 2015年12月13日

とてもよいファンタジー恋愛漫画。主人公西条は恋をしている女性が光って見える(おそらく)能力の持ち主でどうしようもない朴念仁。その西条がひょんなきっかけで変わった女の子東雲に自分に対して恋をしてもらいたいと願ってしまう。西条とつるむ北代や、西条を奪いたいと思う宿木などどういうわけか4角関係(?)発展してしまい、最後に東雲が光り出す。西条に対して恋をしているにもかかわらず光り出さない北代や、奪いたいという思いで光り出す宿木など、光り出す条件はこの巻ではよくわからない。ほっこりして苦しい感じもするよい恋愛漫画。
★4 - コメント(0) - 2015年11月21日

お!も!し!ろ!い~♪絵もかわいらしい。西条は東雲さんに好意。西条の幼馴染みの北代は西条に好意。だけど変なフラれかたしてる。西条は恋をしてる(と思われる)女の子が光って見える。とにかく、西条と北代のやり取りがオモシロイ!今度は名前に南がつくひと絡むのかな。次早く読みたい~♪
★13 - コメント(1) - 2015年11月20日

再読。あとがきまんが前の北代の交換日記の内容は自分的にツボ。自分が交換日記に参加するならば、このくらいライトな感じで臨みたい。
- コメント(0) - 2015年11月16日

恋は光 1巻の 評価:50 感想・レビュー:129
ログイン新規登録(無料)