僕のヒーローアカデミア 6 (ジャンプコミックス)

僕のヒーローアカデミア 6 (ジャンプコミックス)
あらすじ・内容
体育祭後、飯田の兄貴が敵に襲われたと知った。飯田のやつ、気丈にはしているが…。数日して、次に俺達は、プロヒーローのもとに職場体験へ行く事になった。俺の進みたい道…俺自身が変わる為に。もう親父からは逃げねぇ…! “Plus Ultra”!!

あらすじ・内容をもっと見る
176ページ
1210登録

僕のヒーローアカデミア 6巻の感想・レビュー(1139)

かっこよか〜〜
- コメント(0) - 3月18日

ヒーロー殺しに、歯が立たず、這いつくばるしか出来ず。窮地を救ってくれた友は、ただ立てと!_φ(・_・
★1 - コメント(0) - 3月17日

インゲニウムはラテン語で意味はいろいろあるようだけどとりあえず『エンジン』の意味だそう。人の名に赤黒血染ってセンスはいつみてもゾッとする。
★3 - コメント(0) - 3月4日

職場体験。グラントリノはあの黒いのが個人的にはバットマンのロビン。緑谷はグラントリノのおかげというか案外に本人のセンスか、わりにあっさりどうにかしてしまったな。さっそく戦闘に使えてるし。脳無は厄介過ぎる。なんだあれはと思ってたけど随分なことされた人たちのようだけど…?轟くんはもっと時間かかるかと思ってたら早い復帰だった。能力的にはこれまで半分を使ってなかったことを考えれば伸びしろはまだまだ全然あるのか。ヒーローが私刑になってはいけないのは当然だよね。あくまでも正義の味方であって正義そのものじゃないしね。
★1 - コメント(0) - 2月25日

飯田、なんか地味なんだよなぁ。 ★★★☆☆
★16 - コメント(0) - 2月25日

飯田くんの心まで救えるヒーローになれ…7巻に続く
★7 - コメント(0) - 2月25日

ヒーロー殺し。
★4 - コメント(0) - 2月1日

轟くん格好いい!飯田くんも好きだから読んでて辛かった…(´;ω;`)ブワッ
★3 - コメント(0) - 1月30日

後半、急激に面白くなった!! ヒーロー殺しステイン強い!!
★1 - コメント(0) - 2016年12月13日

デクの一発でコロッと変わる轟君素直でかわいい。そんな言葉一つで救われるのに、今までその言葉を言ってくれる人がいなかったんだろうなあ。スカしたやつかと思ってたけど見る目変わった。轟君も熱い男だ。かっちゃんも猪突猛進馬鹿かと思ったら意外と戦略的で、センスだけじゃなくて賢さもあわせもってるんだなあ。飯田君のお兄ちゃんもいい人でこの兄にして弟ありだなあ。復讐に囚われすぎないといいけど……
★1 - コメント(0) - 2016年11月21日

( ^ω^)インゲニウムおまえを倒すヒーローの名だ!立ち向かう背中と突き刺さる言葉。理想である兄と現在の自分。理想であり憧れ。誰より純粋であるが故に自分の中にあった尊きヒーロー像と地に這い醜い感情に支配された現在の自分との落差に打ちのめされる天哉。仲間のピンチに颯爽登場!地に臥す天哉の前で強敵ステインに立ち向かうデクと轟。君には関係ないと叫ぶ天哉にデクが笑う「余計なお世話はヒーローの本質」だと、轟は吠える「止めてほしければ立て!」と「なりたいものをちゃんと見ろ!」と。友の言葉に天哉は・・・さて次巻、次巻。
★9 - コメント(0) - 2016年11月19日

デクがオールマイトの元で急成長。轟は両親の因縁からデクのお陰で脱出できた模様。王道だなあ。
★1 - コメント(0) - 2016年10月31日

自らのヒーローネームを定めて、いざ出陣!職業体験‼ グラントリノはなんだかカレーパンマンみたい(笑) 躓き転び涙を呑む。それでも立ち上がって踏ん張るのがヒーローだ。頑張れ少年たちよ
★6 - コメント(0) - 2016年10月29日

再読。
- コメント(0) - 2016年9月30日

職場体験。
★2 - コメント(0) - 2016年9月20日

キャラがとにかく濃く、話も王道だなと読むたびに実感する。
★2 - コメント(0) - 2016年9月16日

熱いなあ〜。飯田くんの危うさにハラハラしてたけど、根は正義漢、どうにかヒーローメンタルに戻れそうね!
★12 - コメント(0) - 2016年9月15日

少年漫画王道展開である親友の不幸とそれに伴う強化イベント。グラントリノにワンフォーオールの使い方を学ぶデク。ダークサイドに落ちていく飯田と、それを救おうとするダークサイドから復活した轟。面白い。個人的にヒーロー殺しさんの謎の哲学性というか、自分のルールを重んじている感じが悪役ながら好印象。轟君が自分の出自と向き合っているのもいいですね。死柄木がここまで語られているように駄々をこねる子供そのままで、人間的な魅力が全く描かれていないので他が人間的に成長していく、成熟しているのと対比で面白い。
★6 - コメント(0) - 2016年9月13日

デクが一気にパワーアップした感ですね。ちゃんと主役らしい登場だったし。飯田は拗らせてるなぁ…
★9 - コメント(0) - 2016年9月13日

ステインのアンチヒーローっぷりはやはりカッコいいなー。
★2 - コメント(0) - 2016年9月11日

オススメされて借り本。ステインは犯罪者ではあるけれど、ヒーローとはなにかを社会に問いかけている。自分なりの哲学を持っている敵は、悪役ながら好印象。
★2 - コメント(0) - 2016年9月3日

夜に読み倒す。飯田くんが心配な巻。また、ラストの助っ人は不意打ちだ、すごく嬉しかったけど。
★8 - コメント(0) - 2016年8月30日

ステインさん、妙にかっちょええ。ダークヒーロー的な魅力がある。
★3 - コメント(0) - 2016年8月28日

職場体験、いいねぇ、学生っぽい。それぞれが将来を見据えての職場体験。デクは急成長!すごいじゃん、第二段階、って感じ。もっと使いこなせるようになるのはいつかな~~(笑)/飯田くん、すげぇ思い詰めてんなーーーーてなったけど案の定。しかしデクが助けにくるし(めっちゃヒーローっぽい!!!)し、なんと轟くんきてくれるし、王道だね!!仲間が助けにくる!!!轟くんにいたっては、すごい吹っ切れてる超かっこいい。デクのことめっちゃ信用してる。いいね、こういうの!!!
★2 - コメント(0) - 2016年8月28日

レンタル。体育祭2日後、ヒーロー名を各自で決めて職場体験へ。デクくんはオールマイトの先生、グラントリノに「オールマイトへの憧れや責任感が足枷になっている」と指摘を受ける。能力を全身に張り巡らせて急成長のデクくん。一方、兄の仇(ヒーロー殺し)を追う飯田くんは目標と激突!轟&デクのコンビがいいねぇ!轟くん、こりゃ人気出るわ(私はグラントリノが可愛くて仕方がない)
★11 - コメント(0) - 2016年8月28日

轟くんがいい仕事している( ˘͈ ᵕ ˘͈ )体育祭の次は職場体験。出久はオールマイトの師グラントリノの職場へ。ここでやっと本格的なヒーローに仕上げる特訓が始まって、あっという間に力の出し方を発見した出久。思ったよりあっさりしていると思ったけど、敵にやばいのがいたからそんな悠長に待てないよね。雄英生徒の活躍がすごい٩( ᐛ )و
★8 - コメント(0) - 2016年8月24日

悪い側もかっこよく見えてしまった。
- コメント(0) - 2016年8月12日

ヒーロー殺し、いいねえ。すごく良いキャラクター。ただのド悪人じゃないところ。強い信念が彼を突き動かしているところが素晴らしいね。すべてのヒーロー的概念への疑問問題を殺戮で物理的に解決っていう。ある意味頼もしいね。
★5 - コメント(0) - 2016年8月11日

読了
- コメント(0) - 2016年8月8日

ヒーロー名どうする?『デク』の意味を変えたお茶子の一言はそれほどに衝撃だったんだなぁ。そして、職場体験。オールマイトの師匠グラントリノから指名されたデク。まさにひと癖もふた癖もある人物!じじぃかっこいい!ワンフォーオールの調整に試行錯誤するデク。ホントに閃き力とは素晴らしい。一方、兄の敵を追う飯田くん。インゲニウム、ほんと好青年で素敵なヒーローだ。「僕のヒーローだ」っていう飯田くんの悲痛な叫びが苦しい。真面目だからこそ、この悔しさのやりどころが敵討ちという行動になってしまうのね。どうか飯田くんを守って!
★1 - コメント(0) - 2016年8月4日

この漫画はそれぞれの成長が上手く書かれていて面白いです
- コメント(0) - 2016年8月3日

「米国が衰退し、世界の警察業を続けられなくなった今こそ、日本よ、米国の後継として世界の警察となれ!」というメタファーで読むと、すごく熱いです。案外なぜだか、最近のヒーローは「世界最強」も「世界平和」も目指しません。個人的な悩みでウダウダです。しかし、この物語の主人公は「世界最強」を目指してます。「平和の象徴」になる事が超目標です。悩みは「実力不足」のみに注力されております。これこそ、分かりやすく正しいヒーローではないでしょうか。読者としても、頼りない主人公がどれくらい強くなってくのかと、素直にドキドキ・ワ
★3 - コメント(1) - 2016年8月1日

コマが大きくなったのかな?読みやすくなった!轟くんかっこよ……
★2 - コメント(0) - 2016年7月20日

ようやっとデクのボディ使い捨て脱出計画が本格的に始動を始めた巻。薄々思ってはいたけど、デクは心中で結構辛辣なこと言うなあ…。そして、飯田くん。キャラクターとしてはダントツで飯田くんが好きなので、心がケッコー痛む。お兄さんもムッチャいい人そうなので余計に。
★3 - コメント(0) - 2016年7月13日

オールマイトもその師匠も、家父長を担えるロールモデルとしては不十分だ。体育祭で感じたワンフォーオールの意志への違和感を胸に、葛藤しながら力を伸ばしていくデクの姿は現代の僕たちの心に刺さる。
★1 - コメント(0) - 2016年7月11日

正義の敵は正義です、とはよく言われることだけれど、職業として成り立ってしまえば確かにそこに信念だけではなく打算も入るよなぁ…職業ヒーローはそのへんが難しい。個性って同属はあっても、同じものはないのかしら?
★3 - コメント(0) - 2016年7月11日

インビジブルガールって大丈夫なの? 余計な心配をしてたらシリアスな展開に…
★1 - コメント(0) - 2016年7月3日

再読
★1 - コメント(0) - 2016年7月3日

勧善懲悪、物語ではよくあるけど、現実ではそうもいかないわけで。何を持って正義とするのか、そして、その行為はどこまでが許されるのか。アメコミでもときたま取り扱われる題材だけど、これほんと難しい問題だと思う。見方によっては、私怨に捕らわれた飯田が悪であり、ヒーローとしての本質を見失った、”偽”ヒーローを狩るステインが正義とも考えられる。極論だけど。この辺を掘り下げていってくれると面白そうだけどなぁ。
★7 - コメント(0) - 2016年7月2日

全身に力を行き渡らせて戦うデクが少年漫画のヒーローっぽい。まぁそうなんだけど!オールマイトの本名俊典!!あんなアメコミに出てきそうな感じなのにね、笑。
★2 - コメント(0) - 2016年7月2日

僕のヒーローアカデミア 6巻の 評価:28 感想・レビュー:258
ログイン新規登録(無料)