SOUL CATCHER(S) 9 (ジャンプコミックス)

SOUL CATCHER(S) 9 (ジャンプコミックス)
208ページ
184登録

SOUL CATCHER(S) 9巻はこんな本です

SOUL CATCHER(S) 9巻の感想・レビュー(158)

邑楽先輩の弟は先輩とは真逆の性格で意外だった…でもやるときはやる男の子だね! 黒条が暗躍…!?伊調の心が壊される場面では、黒条をぶん殴りたい気持ちになった…。伊調!早く戻ってこーい!! 【レンタル】
- コメント(0) - 2016年10月28日

尊…姉ちゃんを越えた。 この巻は特に格闘シーンの激しさにシビれる。 展開も早いし表現方法の独創性がイイ。 ただ、ジャンプ読者層には、 どうなんだろう…。 今一歩あか抜けない感はあるんだよね。
- コメント(0) - 2016年6月21日

学校に侵入?するのって犯罪じゃあ・・・
- コメント(0) - 2016年4月23日

積読本からようやく救出
- コメント(0) - 2016年3月31日

表紙のジョジョ化が止まらない。終わりに向かってグイグイいってる気がする…バトル全開ですがそこがいいです
- コメント(0) - 2016年1月6日

この巻からジャンプ+掲載分。ここからすごく駆け足で物語が展開していくので、終わりが近いか?
- コメント(0) - 2015年12月28日

★★★★読みたかったー!
- コメント(0) - 2015年12月19日

コンクールでの演奏の表現が凝っていて楽しいです。黒条がとにかくおっかないので、次巻でとことんやっつけてほしいですが、一筋縄ではいかないだろうなあ。
★7 - コメント(0) - 2015年12月13日

なから をぐぐった 取ってつけた感じが強くなっていて脈絡が足りないけれど比喩は頑張ってる。
- コメント(0) - 2015年12月11日

レンタル。鳴苑高校吹奏楽大会編。てっきり『自らの心の闇』に捕らわれた伊調くんがラスボスとして神峰くんの前に立ちはだかって指揮対決かと思ってたんですが、そうではないようですね。黒条がヤバい。殺すとか、死ぬまで、とかなんだか物騒な物言いが目立ちますね。そこが怖い。
★3 - コメント(0) - 2015年12月9日

ここからはジャンプ+連載分らしい。展開が早くてちょっと焦った。同時に展開していたパーカツパートとサックスパートの戦いを『曲を巻き戻す』という描き方で表現していたのが面白いなあと思った。
★5 - コメント(0) - 2015年11月27日

コンクールの幕が開いてしまった。展開早くてヒヤヒヤする。今回は、ミスターアベレージの『平均点は、上げるものだ』の一言が、当たり前のことなんだけどとても秀逸。総力戦・総当たり戦たる吹奏楽コンクールで、アベレージの高さが持つ強さと自信が滲み出た一言だった。
★17 - コメント(0) - 2015年11月20日

既刊八巻を通して研ぎ澄まされてきたイメージの可視化というアイデアが、遂に最大の効力を発揮する時が来たのではないでしょうか。部員一人一人の個性・物語を語ってきたからこそ、神峰くんがそれを音楽として振るう姿は、最高に熱く、映えます。観客たちの心中を通じ、対戦校の映像が「人物のイメージ」として立ち上がる…、ゆえに、内実は吹奏楽でも、映像面ではバトル漫画の文法で描写できる…、つまりジャンプのニーズに合致する、というアイデアは、何度観ても鬼才のそれ。刻阪くんの「手」に「体」が生えるシーン、最高すぎでしょう。
★3 - コメント(0) - 2015年11月18日

ジャンプラ移籍後一冊目。移籍のたびに仕切り直しの一話を描かなくてはいけなくて大変。うん、今回もよかったです。ただコミックではカラーで収録されてないのがちょっと残念。本編では金井淵先輩に打樋先輩が活躍、カッケーです。サクサク話が進みすぎてあんまり長くやるつもりがないんじゃないかって心配になる。
★19 - コメント(2) - 2015年11月15日

コンクールに突入してからライバルの描写が多くなり、その分部員の描写が少なくなって音羽やミキタニがほぼほぼ空気になってたのが切なかったですね。本筋に絡んでこないからしょうがないですが、もうちょい活躍するところを見たかったです
★3 - コメント(0) - 2015年11月15日

群馬県吹奏楽コンクールから西関東大会途中まで。勝ち負け関係なく、神峰にちょっかいをだし続けたいだけの黒条。伊調のピンチ。観客と演奏者だけでなく、敵のことも考える主人公。「オレは『自分のできることをやり続けるワガママさ』と、『自分の信じた道を進む勝手さ』かな」
★4 - コメント(0) - 2015年11月13日

面白かった〜。早く続きが読みたい。それにしても黒条、黒すぎる。
★14 - コメント(1) - 2015年11月8日

『開花する奏者たちの才覚――!!!』まさにビルドゥングスロマン。「行くぜ相棒!!」「アイアイサー」心の裏を読み解き解す一種の推理漫画として読んで来たが本格的に真剣勝負が激化して手に汗握るジェットコースター。そしてドラマ『相棒』の某有名回での「暗示で人が殺せるのか」という心理的誘導のグレーゾーンに躊躇いなく踏み込む黒条、一級のサスペンスに展開。どうなってんだこれ。「永遠に消えない後味の悪さ」じゃあないが爽やかにケリ着ける事ができるだろうか。最大のライバルを倒す前に救う、男の世界。「平均点は上げるものだ!!」
★22 - コメント(1) - 2015年11月2日

ジャンプ+に移籍して、毎週読めるのが楽しみになった。でもコミックで一気に読めるところがいいので、やっぱり買う。黒条のやり方がなんか嫌。もやっとする。
★9 - コメント(0) - 2015年10月26日

なんかピリピリしてる。こんな空気、ぶち壊してほしい。
★31 - コメント(1) - 2015年10月23日

面白かった。
★2 - コメント(0) - 2015年10月20日

ついに最新刊に追いついてしまった。一気に読めないことにさみしさを覚えるけれど、連載で追うことが出来る楽しみがある。
★5 - コメント(0) - 2015年10月19日

コンクールにくるまでさんざん引っ張った割に、雑誌移動とかいろいろありすぎた所為で、展開急ぎすぎな感じがするのよね・・・
★4 - コメント(0) - 2015年10月18日

黒条もうほんとにイラつく・・・・!!なんとしても伊調を奮い立たせ黒条にぎゃふんといわせて欲しいです!
★9 - コメント(1) - 2015年10月16日

大会メイン巻。そしてここぞとばかりにまた出てきた黒条。伊調…(´•ω•̥`)まさかの音羽先輩の父君の活躍にびびった 笑 そろそろみんなの力で黒条を叩きのめして欲しいところ。
★4 - コメント(0) - 2015年10月13日

流浪のビジュアル系吹奏楽漫画。相変わらずあと数週で終了か?と思うくらい相変わらず展開が速い。アニメにしたら映えると思うので、早くアニメ化して欲しいです(とずっと言っている)久しぶりに人ごみであわあわする神峰っちゃんが見られた。
★5 - コメント(0) - 2015年10月13日

今はジャンプ+に移ったんだっけ?WJ本誌から移籍してからはコミックスで追う派になったけど、まだお話が続くようで一安心。ただちょっと展開が早いかなぁ。演奏メインの回もいいけど、演奏以外のときの話もいい感じなので、あっという間に西関東大会なのが残念であり、この先、あんまり長くないのかなと不安。
★7 - コメント(1) - 2015年10月12日

伊調くんがああああああああっ!! 刻阪くん覚醒回だけど、おおっー!!!!というところまでは盛り上がらなかったので、VS黒条戦で盛り上がるといいですね。邑楽先輩の弟話は良かったです。
★5 - コメント(0) - 2015年10月12日

「吹奏楽でバトルする」←わかる。「吹奏楽でスタンドだしてバトルする」←漫画的表現としてわかる。「吹奏楽でスタンド出してカンフーバトルする」←何言ってんだお前天才か? なんだろうこの『すごいものを見てしまった』感。アニメ化はよ。そして黒条は相変わらず主人公みたいな台詞を言う。爺さんとの会話とか、結果だけ見なければ完璧に普通の熱血スポコン物めいた流れで感心するがどこもおかしい所はないな、結果だけ見なければ。最後の次回予告が軽くブラクラめいている。這い寄んなこっちくんな。
★4 - コメント(0) - 2015年10月11日

asd
できることは全部やれ!!一生懸命やりきりゃ届けたい人には必ず届く!!!
★2 - コメント(0) - 2015年10月11日

こっからジャンプ+連載分。連載時は,「なんだよこのバトル描写わけわかんねえ」と思ったんですが,まとめて読むとこれはこれで悪くない。ただ,展開が早すぎる…。もう少しゆっくり進めてくれもいいんですよ?
★3 - コメント(0) - 2015年10月11日

掲載誌が変わってテンポがちょっと上がった? 邑楽兄弟の話、いい。たまに一話完結の話が来るとグッとくるな
★5 - コメント(0) - 2015年10月11日

表紙の色味がジョジョっぽくて好き。62話だけ既読であのときも思ったけどここだけ本編というより番外編…?いや尊も美和ちゃんもめぐみもかわいいけど。本編はやっと群馬県大会がはじまって熱かったけどもう少しゆっくり展開でもよかったんじゃないかと。聖月とキョクリス先輩は悔しいよなぁ…行きたかったよなぁ。西関東大会で埼玉誉戦に勝った棟梁かっこいい。天籟戦の刻坂がゴール間近まできて続きへ。黒条が嫌な奴で予告は気持ち悪い(笑)「今夜月の見える丘に」っていうサブタイとおまけのあれで神海先生がB'z好きだと確信した(笑)
★10 - コメント(0) - 2015年10月10日

冒頭の話は是非ともカラーで読みたかった。演奏のバトル描写が進化し過ぎて驚きしか出てこない。前回心を開いた金井淵先輩が早速大活躍なのが良かった。黒条に関しては嫌な悪役過ぎてだんだんついていけなくなってきたので早いところ神峰たちに倒されてほしい。
★7 - コメント(0) - 2015年10月7日

AQL
久しぶりに神峰の「心」が見えるせいで「気持ち」がわからないネタが。だれか彼に女子高生の「心」が燃えてたら99.9%恋愛がらみだって教えてあげて!
★4 - コメント(0) - 2015年10月4日

黒条の悪役っぷりが素晴らしい、ぜひこのまま絶対悪を貫いてほしい('ω')
★8 - コメント(0) - 2015年10月4日

遂に伊調にも魔の手が…… 言葉の威力ってのも脅威ですね
★9 - コメント(0) - 2015年10月4日

て、展開がすごく目まぐるしい…!でもコンクールに突入して、これまでのライバル校との初の対決が物凄く熱い!!金井淵先輩、打樋先輩、刻阪の成長にはとても感動しました。金井淵先輩が味方になってくれて本当に良かった…!でも、まさか黒条があんなことまでやるなんて…頼むから大ボスを倒してくれ神峰!!
★6 - コメント(0) - 2015年10月4日

ジャンプ+に移動してからの更新分。邑楽先輩が表紙にいるのはそういうわけですか…?金井淵先輩、打樋先輩、刻阪、今回は主人公の神峰だけじゃなくいろんな見せ場が。そして黒条。友人じゃないじゃん。
★5 - コメント(0) - 2015年10月3日

SOUL CATCHER(S) 9巻の 評価:68 感想・レビュー:46
ログイン新規登録(無料)