ワールドトリガー オフィシャルデータブック BORDER BRIEFING FILE (ジャンプコミックス)

ワールドトリガー オフィシャルデータブック BORDER BRIEFING FILE (ジャンプコミックス)
385ページ
435登録

ワールドトリガー オフィシャルデータブック BORDER BRIEFING FILEはこんな本です

ワールドトリガー オフィシャルデータブック BORDER BRIEFING FILEを読んだ人はこんな本も読んでいます


ワールドトリガー オフィシャルデータブック BORDER BRIEFING FILEの感想・レビュー(358)

満足。設定がしっかりある漫画は資料集で何倍も面白くなるね。
★1 - コメント(0) - 3月22日

NOB
WJでワートリロス中
- コメント(0) - 2月28日

.
凄い!凄すぎる!この情報量!買って絶対に損なし!もうワールドトリガーを読んでいない人にも読んで欲しいし(無理がある)というか、みんなみんな、ワールドトリガー読もう?
★1 - コメント(0) - 1月28日

キャラクター数がそろそろ私のキャパを超えそうなので(笑)なんて贅沢な一冊だあ(≧∇≦)
★3 - コメント(0) - 2016年12月30日

買ったのはかなり前。ようやく読みました。熱狂的ファンというほどではない私でも、トリガーチップ構成一覧は興奮。作者、どれだけ設定練ってるんでしょう。あと、かなりいい加減に読んでいたので、「槍トリガーって特別仕様だったんだ… そういえばヨネヤ以外槍使いっていなかった気がする…」など、かなり初歩的なところで感心してました。私は紙で買ったけれど、これは電子書籍で買うべきだったかな、と。かなり分厚いし。
★1 - コメント(0) - 2016年12月29日

単行本読み返す度に片手に据え置き。各隊員のパラメータ早見表とか作りたいくらいペラペラめくってる。そして最初からこういう設定考えてから話作ってるんだろうなーと分かるくらい、矛盾なく力の差が書かれている。すごい。
★1 - コメント(0) - 2016年11月3日

再読したので/圧倒的情報量と面白さ!キャラクターやトリガーの説明頁はゲームの攻略本を読んでるような気分になる。目を疑う量のQ&Aや入隊時期などの図はファンブックらしいデータだし、いろんな意味で「たしかなまんぞく」な一冊。今(2016/10/30)読んではじめて理解できる情報や深読みできる情報もあって、本編同様何度読んでもおもしろい。というか何度も読んだ方がいい。話が進むにつれて読み手側の把握レベルも上がっていくし、名前と一部情報しか開示されてない隊員や新しいトリガーも登場するのだと思うとますます楽しみ。
★3 - コメント(0) - 2016年10月30日

すごい量だ。特にQ&A303問は素敵。キャラ設定は全部は読み込めてない。実力派エリート、ワールドトリガーのプロトタイプとしては面白いけどそれ単体はそこまでだった。ワールドトリガーの連載までこぎつけられて良かった。
★1 - コメント(0) - 2016年10月29日

すさまじい情報密度。絶賛連載中だからこれで全部がのっているわけじゃなく、現在戦闘真っ最中の王子隊、生駒隊の情報ものってない。なのにこれだけ読み応えがあるのはすげえよなぁ。連載終了後の完全版もいつか読んでみたい。
★1 - コメント(0) - 2016年9月1日

評判が良くて購入。データブックの類いはがっかり仕様が多いイメージなのですが、このBBF はたしかな満足。先生、連載と単行本同時進行でやっていたのかと思うと…。ありがとうございます、まじでお疲れ様です。改めて分かる千佳の規格外っぷり、アフトクラトルのヤバさに驚愕。個人的にはデータランキングと質問が面白かった。不思議と下がる見た目重視派の好感度。遊真の学力、影浦の好みと唯我のモテ度には涙が止まらない。ユズル君…、つい最近派閥位置変えただろ!諏訪さんは紳士。レイジさんの弱点があざとい件について。太刀川さん…
★2 - コメント(0) - 2016年8月29日

いろいろと細かい設定がのっていて読み応えがあったし楽しめました。
★1 - コメント(0) - 2016年8月28日

303問の質問に答えてくださった先生に感謝!キャラデータもいろんなランキングもグラフもどれも見ごたえがあって、何度でも楽しめる1冊だなと思います。
★1 - コメント(0) - 2016年8月15日

読了
- コメント(0) - 2016年8月8日

100人をゆうに超える膨大な隊員情報。皆言ってるけど物凄い情報量です。気になってたことをしっかりと纏めつつも、まだ出ていないチームの構成や名前なども載っていて「あれ、この苗字って…」と嬉しい新たな疑問などもあったりします。どなたかも言っていたけど、ゲームの攻略本みたい。昔から攻略本などを眺めてニヤニヤしてたデータ好きには堪りません。
★1 - コメント(0) - 2016年7月5日

たしかなまんぞく。今までの疑問が解けた分、新たな疑問も沸き何度みても飽きない。303問の質問や派閥や成績グラフもずっと読んでいられる。特に派閥グラフはなかなか考えさせられる。
★2 - コメント(0) - 2016年6月23日

これを合わせて読みながらアニメを見るのも乙なものです。
★2 - コメント(0) - 2016年6月9日

Ai
葦原先生が凄すぎるなって。各種設定が緻密すぎるし、303問に回答も凄すぎる。未登場の隊も含めて、良い感じに情報開示されてワクワクした。各隊員のトリガーセットが面白い。試作のトリガー使ってる人が意外に多かった。他にも玉駒第一の異質ぶりや、千佳ちゃんがモンスター扱いされる理由も良く分かる。あと、草壁隊の隊長がまさかのOPでビックリ。早く本編に出てきてほしいな~、面白そう。各隊の部屋の間取りを再録してくれたら嬉しかったなー。
★10 - コメント(0) - 2016年6月5日

主人公がトップページでなく、ほんとにランキング順に並んでるところにも心意気を感じますw 丁寧で細くて、正直私の頭では覚えきれなくて「わーすごーい」でしかありませんが、これ読み込める人は楽しいだろうなあ  あ、「コスプレが嫌いだからスーツ」設定w 戦闘中にはそっちの方がコスプレ風味な罠w
★5 - コメント(0) - 2016年6月4日

こういうものも買ってしまうワールドトリガー大好き社会人。どこかそっけないながらもしっかり熱いというか・・・ 仕上げた作品は世にでた時点で自分のものじゃなくみんなのものになるってことを よくわかっているようなかんじが あるんだよねこのマンガの作者さんには。そこがなんだかすきだな。本書内の作者インタビューに「読者の想像力を刺激するものを書くようにつとめている」とあって、じっさいそのとおりのマンガであるとかんじた。ほかのだれが読まなくてもわたしはずっと読んでるんでがんばってほしいね。
★4 - コメント(0) - 2016年6月3日

めちゃくちゃ読み応えがあった。ボーダー創設メンバーはやっぱりパラメータが高いね、とか、千佳のトリオン量がマジでモンスターだったこととか(正確に測定したら実際はもっと高いんじゃね?とか言及されてる)、シールドのトリガーとバッグワームはほぼ全ての隊員が標準装備してて8個のうち3個は枠が埋まってる、とか隊員の中には観測手(スポッター)なんていう変わり種もいるとか、A級隊員以上が利用できるカスタムトリガーの設定とか・・・ワートリ好きなら是非味わい尽くすべき一冊だと思います。
★4 - コメント(0) - 2016年6月3日

今、個人的に少年ジャンプで一番の作品。なので、もっと深く知るためと、あとキャラクターがイマイチ把握できてなかったため、確認のために購入。だいたいこういうファンブックって、本編をしっかり読んでたら全然要らないんだけど、いかんせん顔が似てたりして誰が誰だか分からなくなるし(菊地原と時枝とか)、最近遊真が使ってない黒トリガーとか忘れちゃってるから丁度良かった。トリガーの種類も頭に入ったし。ただ、一番知りたかった天羽の黒トリガーについては、やはり何も語られなかったな…。
★19 - コメント(0) - 2016年5月28日

物凄いボリュームと密度のデータブック。読み進めるにつれ、本編の作り込みの細かさに驚嘆します。漫画のデータブックなのにゲームの攻略本みたいです。特に面白かったのは、原作者が読者から寄せられた質問に答えるコーナーですが、意外な設定がさらっと語られたりして303問もあるのに最後までドキドキしっぱなしでした。ワールドトリガーが好きな人みんなに読んでほしい本です。
★3 - コメント(0) - 2016年5月27日

データぎっしりで読みごたえあり!!修の隊服の出っ張りは私もずっと気になっていたので解決してすっきり。しかも笑える名称。。笑
★7 - コメント(0) - 2016年5月17日

ついに出たオフィシャルガイドブック!! 主人公をキャラ紹介の頭に持ってこない漫画なんてコレ以外あるのだろうか。 千佳のトリオン量に驚愕し、修のパラメータに涙が止まらない。 質問箱DXは読み応えありすぎて困る。
★2 - コメント(0) - 2016年5月6日

KUU
すさまじい みつど。 各キャラクタのパラメータとかも面白いが、それ以外の情報も大変楽しい。まぁ、モブ隊員の情報はほんと流し読み程度ですけども! グラフと質問箱で、作品やキャラの理解がより深まったな~。 読みきりはクソ懐かしい。連載バージョンと比べて、少年漫画要素高いね
★1 - コメント(0) - 2016年5月4日

☆☆☆☆☆
★1 - コメント(0) - 2016年5月3日

たしかな満足。 『Q.083 なんで半崎くんはダルいのですか?  A 自分の能力を超えるステージに挑戦し続けているからです。』
★2 - コメント(0) - 2016年5月3日

ワールドトリガーの解説本。個人的には木虎やユウマのコンパクトな佇まいが良い。手塚治虫のキャラみたい。秀逸なキャラ造形と詳細な設定、ランキング戦という独特なイベント、ネイバーの正体不明さ、人間模様の描写。そしてトリガーの組み合わせによる多彩な戦術描写。これらが絶妙な魅力になってますね。
★17 - コメント(0) - 2016年5月3日

ワールドトリガーに猛烈にハマって、その情熱に抗うことが出来ず購入(*´ω`*)とても細かい設定で読むのが楽しかったヾ(´▽`*)ゝ
★1 - コメント(0) - 2016年5月2日

もっとオペレーター情報を!親戚関係が多くて面白いwww
★8 - コメント(0) - 2016年4月30日

「ワールドトリガー」のオフィシャルデータブック。遊真や修といったメインキャラに焦点を当てたものでなく、全登場キャラに対し,平等にかつ詳細にデータが記載されてるので情報量が多い。キャラの作り込みがこれだけ出来上がってるのが窺い知れたね。これだけの満足な情報量のデータブックなら、草壁隊や片桐隊といったまだ登場してない人達が全員出てから読みたかったかなw?てか草壁隊長て女オペレーターなんだね。勝手に男アタッカーかと思ってたw堤の人間関係で加古さんが「炒飯…」なのは笑ったw林藤支部長、かなり強いんだね⁉︎
★30 - コメント(0) - 2016年4月20日

★★★☆☆ 『ワールドトリガー』のファンはきっと、データブック好きな人多いだろうな。一応全部読んだけれど、記憶力が悪いので、全然憶えられない。この本を傍らに置いて本編を再読してみようと思った。陽太郎の素性が前から気になっているのだけれど、家族と入隊時期を見ると……、やはり訳ありだよなぁ。あとは、草壁隊長はオペレーターだったのか、とか、A級8位の片桐隊は本編でいつ登場するかな、とか、気になることを挙げていくとキリがない。面白かった。
★13 - コメント(0) - 2016年4月11日

情報量がすごい
★2 - コメント(0) - 2016年4月11日

◎ SFマンガ「ワールドトリガー」は異世界からの侵略者に対してチームで戦う作品。これはその世界観を解説する副読本。各キャラクターの能力のバランスや使う武器とその組み合わせ、各チームのメンバー構成、作者へのQ&Aなどが紹介されるこの本を読むことで、あらためて良く練られた物語だと分かる。まだ登場していないキャラクターの能力が一部明かされているので、これからの展開が楽しみ。よくある手抜きのガイドブックではなく、時間をかけてしっかり作ってある本です。
★27 - コメント(0) - 2016年4月9日

読み応えあったー!作者への質問が面白かったです。太刀川さんの瞳は餅の焼きすぎか!
★13 - コメント(0) - 2016年4月7日

ワールドトリガー好きならおすすめですまだ出てきてないキャラのトリガーセットまで書いてて想像が掻き立てられますキャラクターの能力パラメータでは、意外なあの人が強かったりとかしてて、面白いです
★6 - コメント(0) - 2016年4月6日

こういう副読本をあまり読んだことはないのですが、より本編を楽しむために購入。構成に少し驚きました。普通はデータ的な紹介は主人公チームからだというセオリーをあっさりと覆し、トップチームから。主人公チームは中ほどで紹介される形です。一人一人のトリガーの構成まで明らかにされ、どういった戦術で戦うのかを想像させてくれます。ここまで明らかにしてもいいんだろうか、意表を突くということが難しくなるのでは…と心配してしまうほどです。まさしく「ボーダー」のためのファイル。これからデータブックのハードルが上がるのでは(笑)
★8 - コメント(0) - 2016年4月5日

ひととおり全部読んだ…。ちょっとずつだったので半月ぐらいかかったけど(笑)ものすごい情報量でいまいち頭に入ってないけど(笑)(笑)とても読みごたえある楽しいデータ本でした!(*≧∀≦*)
★5 - コメント(0) - 2016年4月5日

更に謎が深まったような…。
★4 - コメント(0) - 2016年4月5日

豪華、とても豪華。皆の入隊時期とかクラス分けとか好みのタイプとかどれだけモテるのかとか、もう最高お腹いっぱいです。Q&Aもボリューム満点で買って良かった。
★2 - コメント(0) - 2016年4月3日

ワールドトリガー オフィシャルデータブック BORDER BRIEFING FILEの 評価:62 感想・レビュー:124
ログイン新規登録(無料)