口入屋兇次 2 (ヤングジャンプコミックス)

口入屋兇次 2 (ヤングジャンプコミックス)
193ページ
130登録

口入屋兇次 2巻はこんな本です

口入屋兇次 2巻の感想・レビュー(106)

掛け合いが味があって好きかな
- コメント(0) - 2016年12月4日

Kindle版期間限定無料版でつられて購入。間違いなく面白いね。
- コメント(0) - 2016年11月23日

『真面目に働きまっとうに生き日々の幸せを願うそれは人として護られるべき最低限の権利だ立て‼己が人であると思うのなら!』…どん底で兇次が放ったこの物語の軸となる含蓄のある言葉。さて、この物語は本当に面白い♪個人的に漫画の映像化は好まないのですが、これは例外!こういう作品を原作にして本格的な時代劇シリーズを作ったら幅広い世代の人が楽しめる筈(^^)1巻は1冊で話が完結したが今巻は次巻へ続く内容。一層レギュラーキャラ達の個性が魅力的に際立ち引き込まれる。伊助の将来は?黒幕は?感謝のお借り本♪…次巻へ。
★17 - コメント(0) - 2016年10月21日

西條奈加『九十九藤』に刺激を受けて再読。伊助のような人がいるお店が身近にあったらいいなと今回も思う。
★5 - コメント(0) - 2016年8月19日

兇次のアンテナに触れた悪事の予感、調べてみると根が深そうだ・・・ 陥れられた手代の伊助を匿うが、新たな魔の手が。 兇次、第二弾は騙し合いの連続、しかし、伊助の感性が意外な所で花開く。 やっぱり、絵が良いな、岡田屋鉄蔵タッチは艶がある。 三巻に続くので、そそくさと次へ。
★4 - コメント(0) - 2016年8月11日

兇次の仲間・零次郎が懇意にする呉服屋「楓屋」の番頭・伊助に会いに行くが姿が見あたらず… 今回も面白い! また罠にはまってしまった伊助が、真面目に努力も惜しまぬ姿勢、柔軟性にも長けていて凄く仕事ができる人で… 楓屋も馬鹿だよねぇと思わずにいられない。真面目にやってきた人が馬鹿見るなんて納得いかないし! 兇次さんたちが助けはするけど、本人の実力で這い上がっていく所がまた良いですよ。そして成田屋と四狼坊にムフっとなるのは許してほしいですw 感謝、感謝のお借り本。
★25 - コメント(2) - 2016年7月19日

3巻を読む前に再読。零ちゃん、しろちゃん、律さん、登場していました。
- コメント(0) - 2016年7月18日

☆ 江戸の町で職業斡旋を生業とする兇次。彼は有能な人が困っているのを見ると放ってはおけない義侠心にあふれる男だった。今回は呉服屋「楓屋」で働く有能な男、伊助を陥れる陰謀に絡む物語。不祥事をでっち上げられ、店を首になり、拷問された伊助の身を引き受ける兇次たち。彼らは伊助の商売を助け、伊助を嵌めた犯人を調べ上げていく。伊助の人柄の良さ、商売の考え方が実に魅力的。この部分だけでも読んでいてスカッとする作品です。3巻では勧善懲悪の展開になるでしょうから、そちらもまた楽しみ。岡田屋鉄蔵さんの作品はどれも素晴らしい。
★14 - コメント(0) - 2016年7月11日

情報戦と話題性で、伊助が江戸でファッションコーディネーターなる新しい商品(職業)が出来ていくのが面白かった。前巻の「染物屋の若旦那」がまた出てきてオオって思った。相変わらずいいお人。人を貶めていくのも人だけれども、助け合っていくのもまた人と人なんだろうね。
- コメント(0) - 2016年6月5日

kuu
はめられたら、はめかえす〜!そして、濡れ衣で商才があった分、何十倍かえしだ。
★1 - コメント(0) - 2016年5月20日

しろちゃーん!めっちゃいい所で終わってます!
★5 - コメント(0) - 2016年5月8日

岡田屋さんの男衆はほんといい男だな。舞台上の成田屋なんてもうどうかねこの色気!凄まじいな。でもいちばんは四狼坊だな。狂気に満ちた三白眼、最高です。
★21 - コメント(0) - 2016年5月3日

兇次さんたちがカッコいいのはいうまでもないけど、わたしはこの巻の、伊助さんがスタイリストとして成功していく過程がとても好きで、もしかして作者は、兇次たちの「必殺仕事人」の脇で、こういうおもしろい仕事を練り上げていく才能がある町人たちを、描きたかったのかな、と思いました。1巻もそんな感じだったし。このエピソードはやっぱり、お蝶ちゃんがかわいくて癒しになるのね。あと、わんこを蹴られたときの四狼坊さまが強烈に怖いなあ。零次郎さまは比較的おとなしく、この巻では三筋くんが大活躍しとります。あと、兇次さんの長風呂な。
★19 - コメント(0) - 2016年4月27日

★★★★★
★33 - コメント(0) - 2016年4月27日

江戸時代のコーディネーターとファッション誌。物語はここで続くのか!とガッカリしたけど、どうやら3巻が出てるようだ!舞台の上の団十郎かっこよかった。私の本革製の「助六」キーホルダーとそっくりだった。
★10 - コメント(0) - 2016年4月25日

嵌められて職を追われた呉服屋の手代・伊助。命まで狙われていたところを救ったのが兇次たちで、今回の話もぐいぐいと引き込まれた!兇次に斡旋された仕事場で花開く伊助の商才に思わず拍手!丸屋想太郎(1巻では名前だけだったが2巻で初登場)同様、私も伊助が次に何をやるのかワクワクだもの♪成田屋クラスタの女性たちという素材も現代とも通じるものがあって楽しかった。口入屋の面々がみな粋でカッコイイのもこの作品のツボの一つ!私の一番のお気に入りはご多分に漏れず四狼坊だったり♪狂犬イイ!そして物語は3巻に続く~
★17 - コメント(0) - 2016年4月23日

四狼さんカッコいい!四狼さんカッコいい!!四狼さんカッコいい!!!(*≧∀≦*)1巻で目をつけてたのだけど第一印象は間違ってなかった。そしてこの巻も面白かった~!
★6 - コメント(0) - 2016年4月21日

岡田屋鉄蔵先生だっ!て買ったら二巻でした。しまったと思ったが、1巻読んでた。登録忘れかな?商売の話が最近楽しい。いかにして、お客様に喜んでもらいつつ、儲けられるのか。なぜ儲けるって、事業を継続するためで、いきるため。人の役に立つ仕事がしたいものですな。すでに3巻が出たらしい、買いに行こ
★4 - コメント(0) - 2016年4月20日

あー面白い!続きが早く読みたい!
★2 - コメント(0) - 2016年4月16日

待っていた2巻やっと購入 キャラ立ってて面白い
★3 - コメント(0) - 2016年4月6日

3巻が出るのを待ってから読めば良かったよ。「織られた罠」というのは伊助に対するものではなく、伊助を陥れた者たちに対する罠なんですよね。実在の八代目のエピソードがあちこちにあって楽しい。トータルコーディネイトしてくれるお店、あったらいいな。一連の出来事のきっかけを作ったともいえる楓屋のお菊にも一矢報いて欲しい。1巻でもさりげなく協力してくれた呉服屋の丸屋さん、今回もチョイ役ながら重要なところで登場。3巻を早く読みたい。
★7 - コメント(0) - 2016年4月3日

★★★★ 
★2 - コメント(0) - 2016年4月2日

やっと手にいれました。1巻は女性のお話でしたが今回は男性のお話。仕事仲間に陥れられた男をみんなで助ける話。今月出る3巻に続くようで楽しみです。
★18 - コメント(0) - 2016年4月2日

江戸文化が上手に描かれて面白ーい。話も面白ーい…って、いいとこで終わんないでぇ。来月…いやもう今月?とにかく待ち遠しい。たまに入っている英語も気にならない時代劇漫画ってのもすごい(*^▽^*)。
★6 - コメント(0) - 2016年4月1日

1巻と2巻はつながっていないけど3巻に続くになっちゃいました。零ちゃんとしろーちゃんと律さんって前も出演してたっけ?? これだけインパクトあるキャラを忘れるわけないよねー。
★3 - コメント(0) - 2016年3月30日

みっちゃんの変装、かっこいいな!四狼坊はかわいいし。いいキャラばっかり。3巻待ち遠しい!
★4 - コメント(0) - 2016年3月29日

めっちゃ面白かった~!才能ある人物の発掘がうまいな兇次さん。伊助さんがどんどん商売を斬新なアイデアで盛り上げて行くのも、兇次さんの仲間達が裏で暗躍するのもカッコ良くてワクワク楽しかった。早くあの小娘をギャフンと言わせる続きが見たい!
★8 - コメント(0) - 2016年3月28日

あー、待望の2巻もめちゃくちゃ面白い!わんこ蹴っ飛ばされて怒る四狼坊が凶悪可愛い。なんというか、見てる人は見てるとか、新しいことで人に喜んでもらうことにイキイキ働く人とか、見てて元気が出る。あと、岡田屋さんのおねえさんキャラと男の人たちがかっこいいのはしってたけど、少年がすごくかわいらしいです。ちょっと出てくるだけの丁稚くんをみて、無尽の伊庭少年を思い出しました。
★3 - コメント(0) - 2016年3月28日

フルカラーで読みたい!
★3 - コメント(0) - 2016年3月27日

いやー・・・やっぱり面白い!待ってたかいがあったよ!1巻で出てきた仲間たちの活躍も見れるし、ますます面白くなっている。でも、話が終わっていない・・・。早く続きが読みたい。
★3 - コメント(0) - 2016年3月26日

楽しみに待って、やっと読み始めグイグイ引き込まれ一気に…あれ?ページが残り僅かなのに解決する気配が……やっぱ続く…そんなぁ~(><)来月!来月!
★8 - コメント(0) - 2016年3月26日

四郎坊とワンコいいなぁ。残念ながら解決は三巻へ繰越。でも嵌められた伊助が商売の才を発揮してどんどん売れていくのは小気味良かった。
★10 - コメント(0) - 2016年3月26日

楽しみにしていた2巻。面白かった~!!前回は女性の職業斡旋編でしたが、今回は呉服屋を解雇になった伊助という男性を助ける編。伊助を陥れた悪い奴等に思いっきり制裁を加えて欲しいです!1巻で超気になっていた四郎坊がたくさん出て来て嬉しい!犬が好きでキレやすい、狂気の坊主。どストライクなんですけど~( ´艸`)1巻は仕事が綺麗に纏まっての完結でしたが、今回は3巻に続くいいところで終わってます。続きが待ち遠しい!!
★24 - コメント(4) - 2016年3月25日

伊助、棚ボタで天職を得るの巻。ただし、ここまでに信頼を失い、妙な噂を流され、大怪我を負ったけどね。1巻は経営コンサルタント、2巻はトータルコーディネーターになるのかな。1冊完結な話ではなく3巻に続く、だけどあの娘と番頭に鉄槌を下してほしいわ。四狼、いいわ~!狂犬っぽくていいわ~!そして、三筋、髪を下ろすとあんな感じになるの!? 兇次のお風呂タイムは1回だけ(笑)
★12 - コメント(0) - 2016年3月25日

zou
自分で楽しむだけじゃなく、みんなにも読んでもらいたい!って感じる作品。2巻も面白かった~!!四狼坊の出番増えたし。今回のお話は3巻に続く…早く読みたい!!
★7 - コメント(0) - 2016年3月24日

予告された発売日から一ヶ月遅れ。しかもすでに次の3巻の予告が! 読んで分かりました。今回は続く、なんですね。相変わらず魅力的なキャラクター。そそられるストーリー展開。岡田屋鉄蔵さんの時代劇サイコー! もっと有名になってもいいと思うになぁ。
★26 - コメント(0) - 2016年3月23日

待ってましたの第2巻。今回は陥れられた呉服屋手代を古道具屋に口入れ。人柄の良さと抜き出たセンス、歌舞伎役者を巻き込んだ快進撃が楽しい。そして何より嬉しいわんこと四郎坊様!私もぎゅうってしたい。どんどん面白くなる、次巻が楽しみ!
★25 - コメント(0) - 2016年3月22日

待望の第2巻。呉服屋の手代・伊助は真面目で人柄も良く見立ても良い。そんな彼がある日突然解雇?そして命まで狙われるなんて!兇次たちは伊助の身柄を引き受けて…。今回も個性豊かで当に適材適所のメンバーが動く動く。そして兇次が紹介した新しい仕事先で伊助もまた才を開花させます。兇次と繋がる面々が皆粋で素敵。トントン拍子に進んでる分心配だけど四狼が居るから大丈夫よね。超人気歌舞伎役者、呉服(ファッション)読売(服飾雑誌)と古今東西女心は同じやね。今回も美味いお酒を呑んだ気分…口当り良く小気味好いからぐいぐい一気読み♪
★27 - コメント(0) - 2016年3月22日

真綿で首を絞めるような復讐が恐ろしい。ああやって壊されたら助けようがない。そんな人間の負の面と、新しいもの好きな商人の心意気で描かれる人間の正の面が絶妙なバランス。伊助の商売の広がり方はワクワクした。なのに次で終わりだなんて(泣)
★10 - コメント(0) - 2016年3月21日

裏仕事の斡旋人稼業をしている兇次一家。(一族と言ってもかしら?)今回はまたもや適材適所な斡旋であった。この方の描くキャラが皆したたかで、しかも、心地いい位粋がいいね。この巻ではまだ問題解決に至ってないのが残念だが、続きも楽しみ。個人的に、一番のツボキャラは小柄で狂暴だけど、腕っぷしがめっちゃ強そうな四狼坊、この子が出てくるとテンション上がって、どうしょうもない(照)。強い子が大好きだ。さて、あの悪党どもをどう退治するのか、早くも期待大!
★20 - コメント(0) - 2016年3月21日

口入屋兇次 2巻の 評価:90 感想・レビュー:46
ログイン新規登録(無料)