惰性67パーセント 2 (ヤングジャンプコミックス)

惰性67パーセント 2巻の感想・レビュー(194)

いつの間にか2巻出てた。 相変わらずのエロあり日常系。ゆるふわではないです。ヌルヌルしてます。そう、ヌルヌルしてるんです。面白かった
★4 - コメント(1) - 1月27日

こういう自堕落な生活好きです。
★2 - コメント(0) - 1月22日

紛れも無い傑作。単純に青春のモラトリアム日記だが、そこはかとなく漂う世紀末感覚=ようするに昭和末期〜平成初期が脳味噌をシャッフルする。意味もなくクイズ得意な奴っていたよね⇒自分。
★12 - コメント(0) - 1月12日

【○+】1巻よりも「なんとなくこんなことやってます」感が強まって、ヤマもオチもねえなあ、というシリーズになってしまっています。いやそれを面白がる漫画なので面白いのですよ。常に世の中を見る視点のピントがずれているというか、モラトリアムってほんとまさに惰性。
★1 - コメント(0) - 2016年12月30日

季節は夏から冬へ。月刊だと2冊で1年くらいになるのか? あい変わらずだらだらしてる4人組。居心地よさそうだが、一旦カップルが一組できたら崩壊しそうな微妙さが居心地いいんだろうなあ。 ところで、おっぱいプリンは間接キッスに入りますか?
★7 - コメント(0) - 2016年10月24日

大学生め!
★1 - コメント(0) - 2016年10月16日

おっぱいの型を作って量産、楽しそう…
★2 - コメント(0) - 2016年10月14日

伊藤くんがいきなり髪切ったのが気になって仕方がなかった
★2 - コメント(0) - 2016年10月4日

せっかく海に来て水着パートかと思いきやここまで色気が無いとは(笑)。西田は相変わらずラッキースケベ多いけど、あんまり得しているように見えないのはなんでなんだろうか…。タオルケットの脱着にエロスを感じるのは分かる。タオルケットを羽織るだけでも『動』があるだけで、ひたすら『静』だけのヌードよりもエロスが(以下略)。リアルなおっぱいプリンは私も食べてみたいかも。
★1 - コメント(0) - 2016年10月3日

扉絵とかエロいし、シチュエーションも悪くないのに、必要以上にエロに行かない。むしろ「なぜ行かん!?」とすら思えますが、そこがこの作品の一番面白いところだと思います。
★14 - コメント(0) - 2016年8月29日

全然エロくないんだよね、個人的には。メガネのヒロインはなんか変な魅力あるけど。
★2 - コメント(0) - 2016年8月9日

ゆるーい感じがいいなー。
★4 - コメント(0) - 2016年8月7日

どんなにエロ描写でもなんかただの下ネタって感じでエロく感じないのがなんかいい…なんかグダグダでダラダラだけどそれがいいマンガですね。やっぱり懐かしい感じがするなぁ…
★12 - コメント(0) - 2016年8月4日

おもしろい〜、ほどよくエロいのとダラダラ感が。 絶妙のバランスの関係性。
★4 - コメント(0) - 2016年8月4日

yoo
心地の良いグダグダ感が素敵。ヌードデッサンの感想は作者のガチの意見なのかな・・・w
★6 - コメント(0) - 2016年7月30日

型が欲しい笑
★3 - コメント(0) - 2016年7月25日

ダラダラ感が読みやすい。伊東の髪…
★4 - コメント(0) - 2016年7月24日

いいなー
★8 - コメント(0) - 2016年7月23日

今巻ではサービスシーンが
★3 - コメント(0) - 2016年7月19日

下ネタがちょっと減った第2巻。なんかあんまり減った気しないけどね!日常ものっぽいアイス屋の話と真冬のBBQ回も良かった。伊東くんの知識の偏り、こんな奴いた気がするぞ。無駄知識集めるのって癖になるんだよなー。
★5 - コメント(0) - 2016年7月19日

【電書】
- コメント(0) - 2016年7月19日

前巻に引き続き、なんなんだこれと言いたくなること請け合いのエピソードが続く。エロくなりそうでまったくならない加減が面白い。発想の面白さとアホらしさにニヤニヤしつつページをめくる。紙魚丸さんも美大出身なの?無意味に身体を描き方が上手。いや無意味じゃないか。西田と同じように、勃ったら負けだとか思ってませんか、みなさん。
★4 - コメント(0) - 2016年7月19日

HK
エロネタ、下ネタ路線が控えめになって、大学生活のだらしない心地良さを描く日常ものとしての側面が強くなった。その結果、インパクトは弱くなったが、バラエティが豊かで飽きのこない味わいになり(石黒正数の「それ町」をちょっと彷彿とさせる)良い方針転換だと思う。またそれにより、なかなかに強烈な巻末読み切り版が光る構成も巧み。
★4 - コメント(0) - 2016年7月19日

引き続き独特の気怠いノリにリアルな大学生感があって好き。懐かしい…/偽看板/鍵のかからない大学の近くの家はよくあること。他人がゲームやってたり潜んでるのもよくあること/多摩美ってこんな田舎だったっけか?/カレーは偉大なのだ。母の愛のようにすべてを受け入れる/昭和のSM誌。神保町はロマンがある/伊藤が突然ボーズになったり北原が髪型変えてるのに何のフォローもないのもなんかリアルで好き。とても好き/コタツで寝てる伊藤が突然会話にカットインするのも地味な描写だけどリアルで好き/各人小学生の頃のデザインも地味で好き
★4 - コメント(1) - 2016年7月19日

美大生男女2人ずつグダグダ日常コメディ漫画2巻。下ネタ度は1巻より下がったものの、まだ時々強烈なのが。女子の男子に対する人畜無害扱いに対し、男子も開き直って楽しんでいるフシもある。町田街道とか相原とかの地名が出てきて、舞台になっている大学が何となくわかる。男子のひとり伊東くん、途中一時的にスキンヘッドになっているのに何の説明も誰のツッコミもないのは何故だ?
★28 - コメント(0) - 2016年7月14日

やはり最後まで読める。しかも面白い。日常系でもこういうのなら全く問題なく読めることが判明。うーん、今までのアレはなんだったんだ……
★4 - コメント(0) - 2016年7月13日

ちっとも美味しくないラッキースケベがたくさん。あと20世紀のゲームがじわじわくる。税率下げろはシカトw そして発電所が爆発したのは大丈夫なのだろうか。あと恐怖の蟹のにょろにょろ。ほんとこれも大丈夫なのでしょうか。吉澤の本棚のラインナップがたまらん。
★2 - コメント(0) - 2016年7月10日

ぐだぐだ感がダイスキ。もっとだらだら続いてほしい(´・ω・`)自画像女性だけど、むさいおっさん説もあり。ここまで描けるのはやはり?!
★8 - コメント(0) - 2016年7月7日

度合いが下がった(何のだ)。さすがに1巻のノリのままではどこかからオコられたりしたのか。なんかゆるめいつリアル版みたいな感じね。
★4 - コメント(1) - 2016年7月6日

このダラダラ感はちょっと羨ましいかも。でも蟹のニョニョロは お腹壊しちゃうよね。
★3 - コメント(0) - 2016年7月3日

水着会なのに女の子より男どもの馬鹿がひかる
★3 - コメント(0) - 2016年7月1日

DHA
1巻で帯が「男女4人青春コメディ」だったのが2巻で「女子大学生コメディ」になってる! えー
★2 - コメント(0) - 2016年6月30日

んー、詰まらなくはないんだけど、悪い意味で何も引っ掛からない感じが……。
- コメント(0) - 2016年6月27日

成年誌漫画家の描くセックスをしないちょっとシモいダラダラ大学生漫画。1巻では「エロ漫画誌ならこの数ページ後はヤッちゃってるよな……エロ漫画の導入部だよな……」って感想だったけど2巻に入って「ヤリたいかヤリたくないかでいえばそりゃヤリたいんだけどヤりそうでヤラないこの悶々とした関係がいいんだよな……」と思うようになりました
★4 - コメント(0) - 2016年6月25日

狭い1kアパートに集まり酒盛りにゲームにシモの話で盛り上がる男女混合の大学生グループ……ほんと改めて思うんだけど、これもうほぼセックスと言っても差し支えなくない?? チョコを欲しがるスケベ野郎西田の表情がとてもかわいい。
★4 - コメント(0) - 2016年6月23日

相変わらずグダグダの大学生活を描いてるだけなのに、楽しそうでいいなあ。大学時代懐かしい。舞台は東京造形大だったのか、多摩美だと思ってた。いい感じのエロスパイスもあり、今後も楽しみ。
★5 - コメント(0) - 2016年6月23日

相変わらずの絶妙なぐだぐだ感、そしてクセになる下ネタ!帯に書いてあるように、西田くんにご褒美(?)連発で面白かったです(笑)14話のアイス屋さんの話が好きでした!
★6 - コメント(0) - 2016年6月21日

1巻より面白かった。僕自身がこの漫画の読み方を学習してるのかもしれない。劇中の遊びに本気の物を用意する感じが好きよ。小学生の頃の吉澤みなみの顔が好き。一目で何も考えてないのがわかる。
★6 - コメント(0) - 2016年6月21日

古いSM雑誌の投稿欄とかテトラポッドの値段とかネタの持ってき方がツボ。2巻本屋に大分積んであった。売れてるっぽい。
★5 - コメント(0) - 2016年6月21日

惰性67パーセント 2巻の 評価:46 感想・レビュー:48
ログイン新規登録(無料)