ゴールデンカムイ 9 (ヤングジャンプコミックス)

ゴールデンカムイ 9 (ヤングジャンプコミックス)
194ページ
782登録

ゴールデンカムイ 9巻はこんな本です

ゴールデンカムイ 9巻の感想・レビュー(696)

白石の巻。めっちゃ白石。
- コメント(0) - 2月19日

この巻の最後の方にあるアシリパさんと杉元のコマがたまらない。何回も読みました。どうか関係が壊れませんように
★4 - コメント(0) - 2月15日

前巻までの変態新キャララッシュが止んで脱獄王白石の話がメインに?というか次巻も白石メイン?あと、主人公の「怖さ」が強調されていましたが、そろそろ何かやるんでしょうか?
★8 - コメント(0) - 2月13日

土方達と合流。戦闘力が半端なくなりつつあるなぁ。メインは表紙を飾るシライシの脱獄物語というか恋バナというか…えー、オチそれ?らしいといえばらしいけど(笑)牛山は熊に素手で勝っちゃうし。
★4 - コメント(0) - 2月13日

最高の巻
★3 - コメント(0) - 2月12日

『不敗の牛山』・・・!勝った!熊に!素手で!!鷹村さん並の強さだ・・・。白石の脱獄物語がおもしろかった。熊岸は人の人生をまるごと変えるような作品が描きたいって言ってたから白石の人生を変えられて良かったね!と思ったけど、それがあの落書きみたいなものだと思うと笑える
★4 - コメント(0) - 2月12日

jun
今巻も笑わせてもらいました。最後の晩餐のパロディ、ショーシャンクの空にのパロディ、笑いました。待望の白石表紙ということで白石がいつも以上に好き勝手やっています(回想の中で)。至極どうでもいい回想に話数割いてるけど脱獄王としてのプロ意識というか、職人技を見せられた。コメディリリーフとしての役割も持ちつつ、剽軽にちゃっかりカッコ良く脱獄を繰り返す愛されキャラ。当直の時に脱獄されたら減給でしょ?と一番カッコイイ台詞を尻で喋ってるのには笑った。センちゃん例を事前に見せつつ脱獄にミヤマちゃんを使う見せ方は感服した。
★8 - コメント(2) - 2月11日

利害の一致だけの呉越同舟が生み出す緊張感と混沌。そしてシライシ。もうシライシが主役といっても過言ではない! 
★4 - コメント(0) - 2月8日

パーティメンバー増えてるじゃん!? 凄い面子がそろったけれど、いったいこれから何が起こるのかって、戦争しかないんじゃない!? いつも変なことになる白石だけど、今回はそれに輪をかけて、さらに罠にもはまる感じなのか?
★10 - コメント(0) - 2月7日

レンタルにて。アシリパさんの出番は少なめでしたが、相変わらず賢く冷静。白石の脱獄エピソードと牛山さんが熊に対峙したシーンが好きでした。相変わらず安定の面白さ。参考文献の数が漫画とは思えない。
★9 - コメント(0) - 2月7日

脱獄王すきだなぁ
★5 - コメント(0) - 2月5日

ついに表紙絵になった白石の脱獄王エピソードが◎。それと、牛山強いです。嫌いではないです。
★32 - コメント(0) - 2月5日

とうとう表紙に登場しただけあって白石が多い!脱獄王の異名を得るきっかけになった恋物語は凄いんだけど幕切れとても笑えた。今回の新キャラ熊岸長庵は今までの巻に比べて圧倒的にまともで「〇巻の変態」でゲストキャラを覚えよう作戦は此処で崩れてしまった(笑)今巻凄い面白かった。(濃い変態がいなくてギャグ特化してなかったからわかりやすかったのもあるwww)杉元とアシリパさんは牛山、尾形と行動を共にしているけど、本当に牛山は案外協調性もあるしまともだというのが良く分かる!!!
★8 - コメント(0) - 2月4日

ta
若かりし土方さんかっこいーー
★5 - コメント(0) - 2月4日

シライシがたくさん!
★5 - コメント(0) - 2月3日

本物は美女の絵か・・。熊岸さんは美の基準があれだったから技術力はあるのに、売れなかったのだろうか。むしろ独創的なもの創れそうだけど。 アシリパさんは杉咲花さんに演じてほしいな。
★5 - コメント(0) - 1月31日

愛されシライシ巻。爆笑した。ギャグパート大好き。シリアスパートは山猫と牛と不死身が大暴れしてて爽快。あんたら大山倍達か!!
★5 - コメント(0) - 1月29日

白石の恋愛ストーリーアホすぎて癒された。そして、牛山先生かっこいいっす…
★6 - コメント(0) - 1月29日

白石エピソード 杉本は悪い奴じゃないけど、戦争帰りだけあって、やるときはすごく怖い アリシパがすごく複雑な顔してたなぁ
★7 - コメント(0) - 1月29日

レンタル。どうしてだろう、この一冊凄くほのぼのした。何なんだ、この一行は。最後の晩餐かよ。白石の恋バナにも笑った。脱獄王たる所以とはまさか。裏切らない男だわ。意外に手を組んで仲良さげにしてるけど、いざ戦うとやはり死線を越えてきただけあって、漂う雰囲気が違う。ドヤァな尾形が気に入ってしまった。そして、若かりし土方さんイケメン。
★16 - コメント(0) - 1月26日

一目シスターに会いたいが故に脱獄王の異名を得るほどになったシライシの軌跡。第9巻に登場して退場するゲストは熊岸長庵。今回はどんな変態だろうかと秘かに胸トキメかせていたがいたって真っ当な人物だった。むしろシライシの人生に確かに影響を与えた本物の芸術家。クマを内股で一蹴する不敗の柔道王牛山辰馬にいつの間にか懐いているアシリパさん。懐いていると云うか、単に乗り物扱いしているだけの様にも見えなくもない。今回も盛り沢山で笑った笑った。
★9 - コメント(0) - 1月26日

なんでこんなに皆ヘンタイなのwwwなんかもうキラキラしながら散って行く人達が面白過ぎる。1巻はすごく真面目だったのになあ。でもこれはこれで好きです!白石って絶対最初は脇役の一人だったと思う。でも人気が出たからか、こんな表紙を飾るまで出世して感慨深いよ。絶妙にいつもおいしいとこもってくんだよなあ。
★6 - コメント(0) - 1月26日

どんどんギャグ漫画になっていくのに、なんだろうこの満足感(笑)脱獄王白石の、脱獄王たる所以が分かった。彼はこのキャラのままでいて欲しい!杉元は、アシリパさんのこととなると途端に本気になるなぁ、この2人の微妙な関係が今後どうなっていくのか気になるところです。
★6 - コメント(0) - 1月25日

レンタル
★4 - コメント(0) - 1月25日

何だかもう怖いものナシな吹っ切れ方する変態集合作品ww 偽物の見分け方がなかなか困難になることは 分かっていたけど、白石が最終兵器に…なるのか?? 白石の恋はホントしょーもないけど… 監獄にばかりいたら女に飢えちゃうよね。
★17 - コメント(0) - 1月23日

前評判以上の面白さ!あらすじ聞いた時は、アイヌ?金塊?軍人?てな感じだったので馴染めるか心配でした。読めばそんな心配どこ吹く風。変態、アイヌ、軍人、変態、ヒンナ(美味しいもの)、オソマ(う〇こ)、新撰組、変態。網走監獄にいた元囚人の皮(つなげると暗号になる)集めてるせいか、とにかく変態が多いこと。相関図が動くのも読みどころ。でも主人公の不死身の杉元や、アイヌのアシリパちゃんがブレずに軸とってるため軽くない。そして私が好きなのは脱獄王の白石。しょうもなくて基本役たたずで、でも欠けたらつまらない。
★41 - コメント(0) - 1月23日

白石…づくし…(;´д`)
★7 - コメント(0) - 1月23日

★★★★☆:みんなかっこいい。変態が多いマンガ。
★5 - コメント(0) - 1月22日

「脱獄王」の異名をとる白石の飽くなき挑戦には、ある動機があった…しょうもない理由でした(笑) 知恵が回るのにヘマが多い所は一貫してますね。鶴見中尉率いる第七師団に狙われる中で、杉元たちは土方の一行と行動を共にする羽目になったわけですが、ダヴィンチの名画「最後の晩餐」になぞらえたキャラ配置(左も気になるが右側も)が意味するものは。昨日の友は今日の敵?
★8 - コメント(0) - 1月22日

「なんこ鍋」を食べる瞬間みんなで「最後の晩餐」ごっこ。本当に色んなことにつなげるのが上手いマンガだと思う。ユダの位置にあの男、というのも今後の展開に反映されるんだろうね。巻末もそうだけど、白石のおバカ姿がもはや楽しみになっている。
★7 - コメント(0) - 1月22日

脱獄王白石が本当に脱獄王だったのがわかった巻でしたね。そして寄せ集めなのにそれぞれ個人の強さがヤバすぎる!怒った杉元はめっちゃ強かったし、牛山は熊を投げ飛ばしちゃう!こういうのを実写映画化してほしいですね~。まぁ、でもまずはアニメでしょう。早めにお願いします。
★6 - コメント(0) - 1月21日

レンタル
★2 - コメント(0) - 1月19日

白石のこの、シリアスを適度に茶化して空気を重苦しくし過ぎないようにする一方で、求められた役割はキッチリ果たす能力はしっかりと持っていて、それとは別に斜め上の行動で物語を回転させていくトリックスター振りよ。トリックスターといえば裏切りですが、もう一方の裏切り者である尾形は、一行との馴染んでるわけでもないけど気を使ってない訳でもない距離感がいいですね。八割方は気が付いてるだろうと思ってただろうけど、あの惨劇を目の当たりにしたアシリパに杉本が殺したのは「偽アイヌ」だとフォロー入れたのは個人的にポイント高いです。
★7 - コメント(0) - 1月19日

白石の巻だった。
★5 - コメント(0) - 1月18日

観た人の人生をガラッと変えてしまうような本物の作品。熊岸さんが気づいていないだけですべての作品は皆大なり小なり本物なのでしょうね()実際ゴールデンカムイ読むと読まないのとではアイヌ文化その他諸々に対する印象もだいぶ違うし、判断基準が変わるとその後の人生も変わるだろうし。地味に家永さんが恋に落ちそうで素敵だが女がいないと爆発する設定だった牛山ち◯◯先生が平気そうなのはそういうこと…?
★7 - コメント(0) - 1月18日

恋バナ最高
★3 - コメント(0) - 1月15日

毎度のことながらバイオレンスとギャグが絶妙に入り混じっていない。そろそろ杉本、アリシパさんと他との目的が決別しそうな雰囲気で目が離せなくなってきている。
★4 - コメント(0) - 1月15日

白石脱獄伝説
★3 - コメント(0) - 1月14日

アシリパさんのこととなるとブチ切れて耳長オバケになっちゃう杉元が好き。アシリパさんは本当に賢くて凛々しくて美しいな。オソマ大好きだけど。
★6 - コメント(0) - 1月14日

白石の脱獄話が面白かった。素直にすごかったりアホすぎたり…wあとは土方さんと新八の若い頃が見られたのがとにかく嬉しかった!!絶対にカッコいいと思ってたんだよ!!アシリパさんが色々見抜くところも、ならではだなーなんて感心した。白石がどうなるか楽しみ。
★6 - コメント(0) - 1月14日

ゴールデンカムイ 9巻の 評価:88 感想・レビュー:236
ログイン新規登録(無料)