結界師 35 (少年サンデーコミックス)

結界師 35 (少年サンデーコミックス)
196ページ
604登録

結界師 35巻の感想・レビュー(573)

再々々読くらいの結界師。昔アニメがやっていたときに「ほーん、買ってみよ」と思ったのがきっかけで全巻買い集めましたが、内容は子供向けとは言い難い、大人同士のあれやこれやの諍い、そもそも生まれ持っての才能がなければスタートラインにすら立てない世界観といった、少年漫画とは一線を画す物語は、今読み返しても本作独自の魅力を感じ取れ、とても楽しめました。 追記. お家同士の確執もなくなり新生裏会も誕生したその後を、単行本一冊分くらいの分量で読んでみたいです。
- コメント(0) - 1月1日

うおー!完結!最後はちゃんと封印出来て終わったけど、お母さんのことは切なかった。正守はやっぱりいい人だ。良守と時音がお菓子作ってる場面はほっこりした。とても面白かった!
★1 - コメント(0) - 2016年12月24日

兄弟喧嘩かと思ったら兄弟ですらなかった。ハッピーエンドなのかなぁ。お城建てるところは明るくて好き。両家仲良くなってよかったね。
- コメント(0) - 2016年9月10日

★★★★★
- コメント(0) - 2016年9月6日

少年漫画で泣けるものってわたしの中では数少ないんですけどね…。全巻の中で、前半は主人公の技の強さが曖昧だったりしてイマイチだなぁと思って。けどだんだん面白くて最後まで読んでしまいました。泣けたなぁ。すっきりする終わり方が多い少年漫画の中でもこれは悲しさと寂しさと虚しさ、希望を持たせる余韻のある終わり方でした。登場人物それぞれの心情を細かく描いていて、どの人物の想いも伝わりました。宙心丸との悲しい別れも、すみこさんとの別れもぼろぼろ涙出ました。真界に志々尾を置いていったのも泣けた。
- コメント(0) - 2016年9月6日

良守母が…カッコ良かった。みんなハッピーなラストは無理だよね。やっぱり切ない気持ちが残ります。総帥も実は悪い存在じゃなかったし、自分の力を知ったお殿様も外には出ないと言ってくれたし、月久以外はそんなに嫌悪感は感じないかな。あと時守にはしっかり償ってもらわないと。限が現れて泣いて、氷浦の笑顔が凄く嬉しかったです。トータルで能力が一番優れていたのは良守母じゃないのかな~という印象。しかしまほら様は逸脱して迫力ありました。マンガワンで全て読了できましたが、私は購入までは至らないかな。長かったけど面白かったです。
★5 - コメント(0) - 2016年9月4日

切ない。総帥の周辺のことも、正守のことも、守美子のことも、宙心丸のことも。個人的に泣きそうになったのは志々尾が登場した時。宙心丸の城で、良守と彼が仲良く出来たら良い。結界師はもっと今の世でも評価されるべき。
- コメント(0) - 2016年7月5日

結構あっさり終わってしまった。総帥とか水月とか守美子さんとか、いなくなってしまった人が多いのに悲しめなかった。守美子さんの話はもっと欲しかったな、どう見ても最強なのに。
- コメント(0) - 2016年6月27日

またぱらぱらーっと再読。結界師は最後になるにつれて好きです。特に最終巻の別れるとこは本当に寂しいけど好き。
- コメント(0) - 2016年6月27日

完結。
- コメント(0) - 2016年6月7日

店員さんに進められて読みました 全然おもしろくなかったけど 良守が強くなってきたくらいからちょっと面白くなった でも店員さんが言うほど 面白くはなかった 文字が多くてなかなか読むのに時間がかかった 感想は普通におもろいって感想です
★1 - コメント(0) - 2016年5月25日

最後は感動するポイントがたくさんあった。それぞれの人の思いが重なっていろんな思いが絡み合って、総帥や水月、正守や時音、宙心丸、間時守、主人公の良守、たくさんの人の大切な人への思いにほんとに泣けた最終巻だった!終わり方もすごく好きだったし、今までの謎が腑に落ちた。だけどすべて終わったわけじゃないよね?っていう感じの終わり方が何回も読み返したくなるような感じだった
★1 - コメント(0) - 2016年1月28日

 後半からかなり話が詰め込まれており、いろいろ混乱したので、落ち着いたら読み返します。ラスト5巻はさすがの疾走感。結末が主人公にとっては相当理不尽であっただろうと思われますが、いろいろなキャラクターが精一杯がんばっている姿には感動しました。
★1 - コメント(0) - 2016年1月10日

面白くて一気読み。脇役が良いキャラばかりだった。兄貴が一番好き。
★3 - コメント(0) - 2015年11月5日

先が見えなくてしばらく寝かせていたらいつの間にか完結してた!ひー!もうすっかりストーリーを忘れてしまったので25巻からおさらい。まっさん、最後まで振り回されっぱなしでかわいそうに。しなくていい苦労ばかりしているよ。扇七郎はもっと敵対するかと思っていたらそうでもなかった。でも繭香様への仕打ちはちょっとかわいそうなのでは…?烏森問題の解決法の是非はともかく、また志々尾くんに会えたのが嬉しかった!これはもう最初から読むしかないな。
★4 - コメント(0) - 2015年11月5日

繭香さま…かわいそう 続編を是非アニメ化してほしいな
★1 - コメント(0) - 2015年5月25日

最期の封印。良守母の不器用な思いに泣けた。そして良守の描いた世界…敵・味方入りまじり、良守の懐の深さを感じた。そして、限。この二人の関係は、どうしてこうも感動するんだろう。面白かった。
★4 - コメント(0) - 2015年3月24日

総帥が精神系と分かった時、 釘使う奴出てくるんだろうなって思ったら出てこなかった。 主人公が一番バトったのって結局黒芒楼での火黒が頂点なんだよなぁ。 ほぼ兄が主人公の漫画であった。 結局大筋はからくりサーカスと近いんだよな。
- コメント(0) - 2015年3月1日

再読
★2 - コメント(0) - 2015年2月28日

良いお話だった
- コメント(0) - 2015年2月8日

再読
- コメント(0) - 2015年1月31日

再読
- コメント(0) - 2014年12月31日

詰め込み感あったけど、いい終わり方だったなぁ。完全なハッピーエンドではないけど、物語としての良さはぐんと上がってる。また最初の方の巻から読み直したいな。
★6 - コメント(0) - 2014年12月27日

BIRDMENが面白すぎるので、道半ばだった結界師も読んでみた。黒芒楼でも思ったけど、やっぱり敵側に魅力のあるキャラがいる物語はおもしろいな!主人公の性格故か内容よりも暗い雰囲気になりにくい作品であったけど、作者の、良守の志々尾限の扱いがとてもよかったと思う。欲をいうならもう少しエピローグをみたかったので、日常系の番外編がほしい!んで、BIRDMENあたりに載せてほしい!
★6 - コメント(0) - 2014年10月25日

限のところでめっちゃ泣いた
★5 - コメント(0) - 2014年10月8日

ラストなので総括。結論から言うと嫌いじゃないけど惜しい作品。日浦が登場するくらいまでは大好きでした。設定はすごく好きだしキャラも魅力的。でも例えばお母さんとか描写が少なすぎてもっと感情移入したかった。時音も段々女が強くなってきてお姉さんのよさがあまり感じられなくなり,,,。正守が大人で兄弟喧嘩が起きなかったのもあるかな。きっちりしていて素晴らしいけどそのせいで感情を揺さぶられるようなものが足りなかった。でも少年漫画としての完成度は高い作品だと思うしドライなところと子供っぽいところがあって面白い作品でした。
★10 - コメント(0) - 2014年10月7日

守美子さんが不器用で人間離れしている中でも結局行動の裏側には母としての感情というものがあって微笑ましく思いました。
★4 - コメント(0) - 2014年9月15日

修史と守美子の馴れ初めがめっちゃ気になるー。★★★★★
★9 - コメント(0) - 2014年7月20日

なんだろう、すごくタイプな作品。直方体の空間を操るっていう超シンプルな能力を巧く見せる感じが厨二心に響く。墨村良守と雪村時音の姉弟みたいな関係性がほほえましー。
★5 - コメント(0) - 2014年7月8日

最後は駆け足だったけど、伏線は回収できたなーと。もっと良守の成長を見ていたかったけど。最後の限が出てきたところと、お母さんの言葉で不覚にも涙が。
★4 - コメント(0) - 2014年7月6日

全巻読了。バットエンドっぽい終わり方といってもいいのかもしれないが一応大団円かな。全巻通して、一番好きなのは夕上さんだった。乙女脳が反応!恰好いいな。
★4 - コメント(1) - 2014年5月10日

全部綺麗にまとまった最終巻。バッドエンドともハッピーエンドとも取れない終わり方に現実味を感じた。全巻すらすら読めて面白かった
★3 - コメント(1) - 2014年1月26日

良守という少年の物語としては『バッドエンド』だったかも知れません。母親との永遠の別れだし…。ただし、10〜15年後には時音との『ハッピーエンド』を迎えれそうな気がします(*´∇`*)
★7 - コメント(1) - 2014年1月18日

再読
- コメント(0) - 2014年1月6日

「それと…これは、俺のわがままだけど。」で出てくる志々尾 限が感慨深かったです。ラストは同じ魂蔵持ちのカケルが能力を失ったのをフラグに、いつか俺が絶対解決作を見つけてやる!くらいなものを期待してましたが、結界師の世界観的にはシビアだけどハッピーエンドでしっくりしていると思います。
★2 - コメント(0) - 2014年1月1日

辛い部分もありましたが、この最終巻で心が救われた部分も多いです。限くんの再登場に大号泣してしまい、読むのが中断するほど色々な気持ちが込み上げました。あの場所で、いつまでも良守と仲良く遊んでいて欲しいです。蒼士くんの笑顔は最高でした。彼の未来が明るいものだと感じる良いシーンです。
★3 - コメント(0) - 2013年11月4日

【再読】泣けた。前読んだ時はそこまで思わなかったんだけどな~
★1 - コメント(0) - 2013年10月21日

良守の父母世代が悲しい。墨村と雪村はこの父母世代のように死にまみれた歴史だったんだろうと思う。せめて良守の世代以降は幸せに。終盤、時守が自分の全能力を駆使して封印を施した理由が、利己的なところから始まっていたというのも意外でよかった。烏森の存在自体の謎、裏会成立の謎、序盤に低級妖怪とやりあっていたころが遠い昔のように話が大きくなっていくなかで、心配された物語の破たんも起きず、どんどん引き込まれていく漫画でした。
★2 - コメント(2) - 2013年9月27日

13.09.23 読了
- コメント(0) - 2013年9月23日

再読。 最後の決断、誰もが悩み犠牲となった烏森世界の終結。何かを終わらせるにはやはり犠牲は必要なのか…どんなに不器用でもそれでも守美子は母であった。良守の最後に手を見るさみしげな顔にいつも涙が出そうになります。良守はお城建てられるかな…?笑
★10 - コメント(0) - 2013年8月26日

結界師 35巻の 評価:52 感想・レビュー:197
ログイン新規登録(無料)