とめはねっ! 鈴里高校書道部 1 (1) (ヤングサンデーコミックス)

とめはねっ! 鈴里高校書道部 1 (1) (ヤングサンデーコミックス)
224ページ
1284登録

とめはねっ! 鈴里高校書道部(1) 1巻はこんな本です

とめはねっ! 鈴里高校書道部(1) 1巻の感想・レビュー(1168)

カナダからの帰国子女(男)で脅されて書道部に入った大江縁と柔道部との掛け持ちの望月結希。書道について解説してくれて勉強になる。
- コメント(0) - 3月5日

帯をギュッとね!が好きだったので気になっていましたが、やっぱり期待通りで安定の面白さ。登場人物も程よくクセがあって楽しいです。書道入門を見ているような気になり勉強にもなるし、とてもワクワクします。完結後と同時に一気読みしたい作品です。
★3 - コメント(0) - 2月25日

友達に勧められて読んだらすごい勉強になった…!!!
★2 - コメント(0) - 1月27日

過ぎ去った時間。楽しかった思い出。入る部活が違ったらこんな学校生活もあったかもしれない。高校生だった事のある人は是非読んでほしい。
★3 - コメント(0) - 1月12日

書道部漫画。高校の時に選択で書道やっていたのでここまで本格的ではないけど読んでいて懐かしかった。題材もストーリーも地味な感じだけど面白くて不思議な感じ。帰国子女なのにパッとしない主人公の縁や美人だけど柔道強い望月さんとギャップも好み。柔道部の顧問が普通におじさんなのに言葉遣いがオネエ言葉なのが地味にツボだった。
★5 - コメント(0) - 2016年10月24日

レンタ読み。 書道をしていたものとしては面白く読ませていただきました。 墨の匂いとか良いなーと思い出しました。
★3 - コメント(0) - 2016年10月18日

1~7巻まで図書館から借りて読みました。おもしろい。続きが気になる。ユカリちゃんの今後に期待してます♪
★6 - コメント(0) - 2016年7月2日

じぶんも書道をやっているけど、楷書、行書、草書、隷書…字体の意味まで勉強しなかったな…… 書道やりたい!と思わせてくれる。
★1 - コメント(0) - 2016年5月30日

調子に乗ってまたまた読んでしまった。この人の作品って勢いに乗りやすくていかんわ。2巻以降を知ってるから楽しみもあるし。ラストが爽やかに泣けてしまうし。最後まで行かず、途中を飛ばして最終巻だけ読んでしまうかもしれないけど、とりあえずパラパラ速読してみたり。
- コメント(0) - 2016年5月20日

ヤングサンデーコミックスなんだ。。。何か、ビッグコミック系統の青年誌のどれかで連載してたような気がしたんだけど気のせい?中身は書道部のお話。書道やったことないからかなり解説が、しっかりしてあって助かる。難しいけど。
★1 - コメント(0) - 2016年5月17日

習字の先生からの借本。勉強になります。
★4 - コメント(0) - 2016年5月4日

まだ面白いところまでいっていないのですが、書道の基礎知識はわかりやすかったです。続きはどうしようかな…
★6 - コメント(0) - 2016年4月19日

何年か前にドラマでみた。ストーリーは覚えてたのにキャスティングを全く覚えてない… 習字はやったことあるけど、書道はないなぁ。ちょっと習ってみたい気もする。
★6 - コメント(2) - 2016年4月16日

A
表紙裏(?)の四コマ漫画も面白かった。先生の説明はくどいけれど、一度書道を勉強した身としては、そういえばこんなことも習ったな、と復習できてよかった。けど、小中学校で書道を習っただけの人は読み飛ばす文字の多さ。
- コメント(0) - 2016年4月10日

中学までは週一て通ってた書道。武道館で新年書き初めしたなぁと思い出す…
★2 - コメント(0) - 2016年3月17日

再読
★2 - コメント(0) - 2016年3月1日

道具も処分しちゃったし、ずっと書いてないけど、この漫画読むと書道がしたくなる。
- コメント(0) - 2016年3月1日

なんとなく手に取ったけど、面白かった!正直、書道はあんまり興味ないけど、美術科の友達の品評会見に行ったとき、「白(余白)も色のうちだからね」と言っていたのを思い出した。書道のバランスも「書かれていない白いスペースも字の一部」ということなのであろう。ずーっと運動部だったので、こういう文化系の部活の話は興味ぶかい。真剣にうちこんでるーって感じがする。運動部の漫画はだいたい根性論とかあってめんどいし。笑
★4 - コメント(0) - 2016年2月16日

なかなか面白かった。加茂ちゃん、三輪ちゃん、先生のやり取りがいい感じ。
★16 - コメント(0) - 2016年1月2日

『ちはやふる』(百人一首)『春や春』(俳句)と来て、この『とめはねっ!』(書道)である。そう言えば、映画『幕が上がる』(演劇)もDVDで見た。共通するのは、高校文化部を舞台にした青春群像劇という点。そして「言葉」や「文字」をテーマにしているところだ。 バリバリの運動部だった僕にとり、文化部は異質の存在だった。でも不思議と気が合ったのも、文化部の仲間たちだった。この物語では、柔道部と書道部を兼部するとびっきり強いジャージ愛用の美少女が出てくる。彼女がその2つにどういった共通点を見い出すか、楽しみだ。
★3 - コメント(0) - 2015年12月20日

図書館に返す前に再読。全巻セット購入を考えるぐらい気に入った(笑)
★2 - コメント(0) - 2015年12月18日

わたしの名前も知らない先輩が書道部に残していってくれたマンガ。小学生の時、ドラマを見て「書道部かっこいいな」って思ってたのを思い出した。書道経験者もそうでない人も楽しめると思います。書道の基本から分かりやすく説明しているので、むしろ書道に興味ないって人に読んでもらえたらいいな。第8話に九成宮が出てきてテンション上がった(笑)
★22 - コメント(0) - 2015年12月17日

図書館で借りた。てっきり表紙の女子が主人公かと思ってた。おもしろいとは聞いてたけど、ほんとおもしろいな!
★3 - コメント(0) - 2015年12月12日

碁、かるた、習字。 いろいろアイディアはあるものですね。 次は何でしょう。
★1 - コメント(0) - 2015年11月23日

TSUTAYAレンタル
- コメント(0) - 2015年11月22日

再読。わあい!Kindle版で出てたので、さっそく購入!! やっぱり立ち読みで(数年前)読んだのと違って、ちゃんと買うとゆっくり読めていいなあ!(*^^*) 「ひと月1冊購入」の約を破って、今から2巻目をDLします! やっぱり、とめはねっ!おもしろい!(^人^)
★12 - コメント(0) - 2015年11月20日

書道漫画ってあんまし聞いたことないから、おもろー
★2 - コメント(0) - 2015年11月5日

電子書籍無料本。書道をやってるので一度は読まないとなぁと思ってたシリーズ。初唐の3大家と呼ばれる三人のうち二人は知ってる達人。柔道部との掛け持ちは上手くいくのかな?  私は楷書は少々、行書草書は全くかけない(笑)何を習ってるのかというと、隷書篆書金文の3種。そのうち木簡もやってみたいなぁとは考えてるけど練習嫌いなので無理かな(^_^;)
★11 - コメント(0) - 2015年11月2日

書体の話など、おもしろく読める。縁の才能が気になる。書道に興味が出てきた。
★18 - コメント(0) - 2015年10月31日

5
案の定、文化系の部活も見事なスポ根漫画に。
★2 - コメント(0) - 2015年10月29日

電書無料版にて。縁くんを取り巻く面々が個性的でおもしろい。それでいてみんな字が上手いからびっくりする(1名除く)。
★6 - コメント(0) - 2015年10月29日

書道って奥が深い。文化部の話なのに、スポーツを観戦している気分になるのが不思議。
★20 - コメント(0) - 2015年10月26日

字のうまい人は素敵だけど 書道がうまい人はもっと素敵だよね  スピード感のある話の中にちゃんと書道知識がいっぱい入ってるのがいい  
★5 - コメント(0) - 2015年10月26日

電書無料版。話題になってたことがあったのでもともと興味あったんだけど。先輩たちとか、出てくるひと面白い。これはつづきが読みたいなー。
★3 - コメント(0) - 2015年10月25日

半切に大きく一を書く見開きシーンは電子書籍のほうが迫力あるな
★1 - コメント(0) - 2015年10月24日

無料にて
- コメント(0) - 2015年10月23日

No.45 ★★ きっかけは何でもいいよね、やってみることと続けてみることが大事だよ。
★2 - コメント(0) - 2015年10月6日

日本語が上手くないと自覚する帰国子女の少年と、柔道は強いが字の下手さにコンプレックスを持つ少女が、書道部に入部した。文化部系と体育会系、日本人と疑似外国人という二重のギャップから展開されるコメディか?。ラブ要素は、ある程度予想されるけれど、まだまだ初っ端でよく判らないなぁ…。
★7 - コメント(0) - 2015年8月20日

久しぶりに読み返し。やっぱ面白いし、キャラクターがそれぞれ立ってて可愛いのがいいわな。こういうスケール感は楽しい。
★3 - コメント(0) - 2015年8月14日

世にも珍しい書道を扱った作品。舞台はみんなが憧れる鎌倉。海を前にして黙々と書道をしているんですが、河合先生の作風はとてもコミカル。インドアで真面目に書いているわけではなく、ギャルと地味な帰国子女たちが織り成すドタバタ劇で見ていて楽しい。たしかに習字はみんなやるけど、そこから書道へと進む人は少ない。そして圧倒的に女性が多い。きれいな字って憧れますよね。でも男が上手いとキモがられるジレンマ。字にもいろいろと種類があってなかなか面白かった。読みやすく部活動ものが好きな方におすすめ。鎌倉の風景も出てきてよかった。
★12 - コメント(0) - 2015年7月22日

とめはねっ! 鈴里高校書道部(1) 1巻の 評価:56 感想・レビュー:266
ログイン新規登録(無料)