殺し屋1 第6巻 (ヤングサンデーコミックス)

殺し屋1 第6巻 (ヤングサンデーコミックス)
148ページ
138登録

殺し屋1 第6巻はこんな本です

殺し屋1 第6巻の感想・レビュー(136)

楽天kobo
- コメント(0) - 2月24日

再読。二郎三郎の異常性が描かれていますが、この巻では初めて垣原の戦闘シーンが垣間見られます。その戦い方は垣原の性格を表したが如く、やはり異様。両頬の裂けた口を思い切り開け、こぶしにかみつくシーンはもう読んでてこっちまで痛くなってくる感じがするほど。龍もついに脱落し、残るは昇とおっさんのみ。しかも昇は既に捕らわれの身へ。物語も佳境に差しかかってきました。
★4 - コメント(0) - 2016年11月20日

どんどんと死んでいくな。いつどうやって死ぬのかということに焦点があてられるか。
★5 - コメント(0) - 2016年8月8日

焼き肉のホルモンで昔牛の乳首を食べたことがある。
★1 - コメント(0) - 2016年8月8日

振り向けば垣原って怖すぎだろ。双子の危険性を100%知らしめたあとでその上を行かせることで垣原のヤバさを読者に伝える。やってることはおかしいけど上手い演出。
★1 - コメント(0) - 2016年7月20日

漫画再読記録編1498 やっぱ壮絶過ぎて笑えてくる…
★1 - コメント(0) - 2016年2月25日

垣原さんは夜道で会いたくない人No.1だな。
★1 - コメント(0) - 2015年6月24日

二郎三郎の異常性が描かれていますが、この巻では初めて垣原の戦闘シーンが垣間見られます。その戦い方は垣原の性格を表したが如く、やはり異様。両頬の裂けた口を思い切り開け、こぶしにかみつくシーンはもう読んでてこっちまで痛くなってくる感じがするほど。龍もついに脱落し、残るは昇とおっさんのみ。しかも昇は既に捕らわれの身へ。物語も佳境に差しかかってきました。
★3 - コメント(0) - 2015年3月22日

殺し屋とヤクザの殺し対決の話なのですが、ものすごくフェチズムに溢れており、幼少期~現在に至るまでのメンタリティの描写にとても引き込まれてしまいました。痛快系SMの世界はこんな感じなのかと、普段垣間見れない扉を開いたような気分でした。実際の所はどうなのでしょう、今度是非その手の方に話をお伺いしてみたい所存です。
★1 - コメント(0) - 2014年9月27日

必殺ズルムケ拳。何百人もrapeしたrape specialist brothers(RSB)。プライドを捨てシコるヒモは34人に貢がせた。RSBは321人。巨乳首削ぎに巨乳潰しパンチ。耳ひきちぎり男性器殴り潰す。死因は男性器に突き立てたドス。実はビビリな金子。
★1 - コメント(0) - 2014年9月8日

龍が亡くなった.昇も捕まった.あとはじじいと一だけ.
★1 - コメント(0) - 2014年6月2日

マジでミユキちゃん可哀想過ぎる。それなのに一途とか素敵やん。アニキはイカ過ぎてるしで面白すぎる。こりゃ次でノボル死んだな・・・・・・
★1 - コメント(0) - 2014年3月9日

双子の兄弟の暴力に全く優しさがない所が吐き気がする。
★1 - コメント(0) - 2012年9月23日

大人読み~全10巻ヽ(´ー`)ノ
- コメント(0) - 2012年2月29日

イチの記憶、どこまでが本当なんだろう。
★1 - コメント(0) - 2010年5月11日

CBI
★1 - コメント(0) - 2010年1月28日

★★★★
- コメント(0) - --/--

今読んでいるみんな最新5件(1)

01/30:たふふ

読みたいと思ったみんな最新5件(1)

殺し屋1 第6巻の 評価:32 感想・レビュー:18
ログイン新規登録(無料)