とめはねっ!鈴里高校書道部 12 (ヤングサンデーコミックス)

とめはねっ!鈴里高校書道部 12 (ヤングサンデーコミックス)
201ページ
694登録

とめはねっ!鈴里高校書道部 12巻はこんな本です

とめはねっ!鈴里高校書道部 12巻の感想・レビュー(639)

一条くんと合宿するんや。。。望月さん、書道好きそうなのに柔道一本にしぼらないといけないのかわいそう。
- コメント(0) - 2016年10月31日

今度、神社に行ったら、とりあえず酒樽をじっくり眺めてみます。いつも何となくスルーしてたけど。宮田さん…なんだかもう努力の方向が明後日に向かってないかw
- コメント(0) - 2016年7月19日

男三人のやりとり、新鮮だわ(笑)ゆかりを応援する島ちゃんも新鮮。ちょっとお色気?なシーンも、全くもって健全にしか見えないのがすごい。日本酒のラベルは今後見いってしまうだろうなあ。くそー夏の合宿かあ、青春だなぁうらやましいなあ!
★14 - コメント(2) - 2016年7月11日

やっぱ前半の話忘れてるな。読み直そうかな
- コメント(0) - 2016年6月12日

再読。出てくる女の子がみんな魅力的だなあなんて思いながら読んでいた。大槻さんのツンなところとか、島さんのツンなところとか、見城さんのツン...それは違うか。ところで、みんな感じてたろうけど、羽生ちゃんは来留間麻理を思い出すよね。
- コメント(0) - 2016年5月24日

A
お酒とかの商品名に使われるような字体は、やっぱり時代が経っても飽きられないということで、そういう文字が私の求める上手な文字だから、いつかそんな風になりたい。うまい下手の見分け方は人それぞれあると思うけれど、私のはそれだったと思いだした。
- コメント(0) - 2016年4月10日

宮田さんの腹黒さがいいな。失恋させる=自分のとこに来るっていう発想が若くていいなぁ…
★8 - コメント(0) - 2016年3月21日

再読
★3 - コメント(0) - 2016年3月6日

『エースをねらえ!』の後だと、ほっとする。あまりに激しい青春、過酷な運命、慟哭の人生。それに比べ、秋空のように穏やかな高校生活である。岡ひろみは苦しみに苦しみ、インターハイチャンピオンの座をつかむのだけれど、この漫画には、あっけらかんと爽快な、柔道インハイ・チャンピオンも登場する。考えてみれば浅倉南も、新体操のインハイ・チャンピオンなのだ。時は巡り、今は熱血ははやらないのだ。 鎌倉での夏合宿。恋の予感と逡巡、海の眩しさと山の静寂。一見異なって見えるその青春は、本当はそれほど違わないのかもしれない。
★1 - コメント(0) - 2016年2月21日

11巻で2年以上止まっていたけれど、ようやく最後まで読んだ。 やっぱり青春してて良いなー。この巻は恋愛比率が高め。 ユカリがんばれ。私は個人的には宮田さんは好きでは無いです。
★13 - コメント(0) - 2016年2月6日

再読一気読み。
- コメント(0) - 2015年12月29日

宮田さんの気持ちはわからなくもないけど、ユカリくんを失恋させるために画策するっていうのはちょっとなー。
★2 - コメント(0) - 2015年12月3日

金文も書き方によっては前衛書に見えるのか。文字の形がわかる前衛書はまだわかるけど、説明がないと漢字かどうかさえわからないのは無理だなぁ。私もまだ金文か篆書か、迷ってるとこ←来春の発表会用課題ね。お酒のラベルは見てて楽しいよ。日本盛と新宿中村屋の文字は同じ書家が書いたのね〜鳥飼の文字も好きだな。あれは金文だっけ?
★8 - コメント(1) - 2015年11月28日

お酒のラベルいいね。関係ないが、高校野球は漢字で学校名書いてある方を応援してしまう。恋愛方面は興味ないんだよなー。印鑑の宣伝でよく、八方篆書体って聞くなあ。『吾輩は猫である』の絵は見たことない…残念。
★2 - コメント(0) - 2015年11月24日

No.45 ★★★ 三浦おじいちゃん先生、人によって教え方が違っているのは、同じことを伝えるんでも方法が異なるってことで、人を観察する能力にも優れてるんだなぁ。
★1 - コメント(0) - 2015年10月10日

感想は最終巻に。
- コメント(0) - 2015年9月26日

お酒の文字を誰が書いてたなんて気にしたことなかった。世の中知らないことだらけだなぁ。
★1 - コメント(0) - 2015年9月14日

お酒の字ってそういえば有名な書家が書いていても不思議ではなかった。なるほど、いい字です。
★17 - コメント(0) - 2015年8月10日

合宿でユカリと勅使河原くんと一条くんが同室って!と思ったけど、意外やしゃべってる内容は部内男子一名のみの苦労話だったり…(ユカリは苦労を感じてないけど)
★5 - コメント(0) - 2015年8月2日

ユカリの書は大槻藍子に匹敵する。二人のツンデレ疑惑。合宿。昔の作品をもう一度書くってのはなにか意味がありそうだ。恋バナ大好き日野ひろみ。ほんとにラブコメだ。邪魔をする感じとかとくに。お酒はいい雑学だ。個展を土台に自分の書風を確立。エロじじいは健在。書道部の栗山千明。胸を気にするならもっと違った水着にすればいいのに。パット入れ放題のやつとか。三浦先生はなんだかんだ気さくでいい先生だ。威厳もあるしね。なに言ってるのかわかんないけどすげえんだろうな。それだけ連覇は難しい。
★15 - コメント(0) - 2015年7月29日

男共が本気出して、恋の鞘当てし始めたな。★★★☆☆
★4 - コメント(0) - 2015年6月28日

恋に書道に火花を散らす男子陣という趣の巻。女子は元気です。日本酒のラベルの話が勉強になりました。真澄とか一ノ蔵とかひいきのお酒のラベルも出ていたし。書の甲子園の作品構想を語る一条はなかなか格好よかった。
★4 - コメント(0) - 2015年6月12日

三浦先生がいいことをたくさんおっしゃっておりました。四季の話などは日々の中で見落としがちなので、大切だと思いました。
★2 - コメント(0) - 2015年6月9日

合宿中に酒樽をみながら書家の作品が身近にあることを知る場面で、まさに私のこの漫画と出逢って、毎日お店の看板を目で追ってます。とめはねっ!を読まなかったら世の中にこれほどまでに書道が溢れてるとは気づかなかったことでしょう。
★3 - コメント(0) - 2015年5月31日

読了
★1 - コメント(0) - 2014年12月29日

夏合宿。日本酒ラベルの話は面白かった。
★4 - コメント(0) - 2014年11月15日

ギャグの落とし方がすごくツボる。相変わらず面白い。お酒のラベル文字が有名書家によるものだったのは初耳。書道もバランスをととのえるという意味ではデザインに通じるし納得。巻末のプロによる書は本当に綺麗だ。
★35 - コメント(0) - 2014年10月18日

今日見た書の大家の先生がたはみな、自分の書風を確立しておられた。 それらは全て数多くの古典に学び、 かつその古典を土台にして、 その上に築き上げたものじゃ。 おぬしらが今すぐ自分の書風を確立しようとするのはムリというものじゃが、 大事なのは学んできた古典の書がきちんと己の中に血肉となっているかということ。
★8 - コメント(0) - 2014年9月30日

この作品の中でついに到達した「書家の書風」という境地。大江くんの言葉で言えば「自分の世界」。最初に古書の臨書が出てきたものだから、そして、常に出続けていることもあって、書家の個性については触れないでいくのかなーと思っていたので、逆に安心しました。 そちらは吹っ切れましたけれど、恋話の方はヒヤヒヤものです。宮田さんが腹黒い人になっている、と三輪ちゃんが言っていた推測通り。ストーリーとしては面白くなってきたので、次巻が楽しみです。
★8 - コメント(0) - 2014年9月15日

宮田さんが恋愛脳全開で空回りしているのが可笑しい。作中では書道もいまいちの残念な子に成ってるけど、そんなに悪い子だとは思えないんだよね。それと、勅使河原君の将来が路上で歯の浮くような言葉が書いて売る人って笑っちゃった.
★15 - コメント(0) - 2014年9月5日

この漫画を読むと鎌倉に行きたくなる。こんな高校生活楽しいだろうな。夏の合宿っていろいろあって良いね。縁君、頑張れって感じです。
★7 - コメント(0) - 2014年8月24日

読んでた(T-T)
★1 - コメント(0) - 2014年8月22日

主役の二人を、宮田さんの視点で合宿が進む…。宮田さんも書道も頑張ってね~。登場人数が多いけど、最初知らない者同士が、知り合いになっていったりする細かいエピソードの積み重ねが好きです。お酒の話も。
★73 - コメント(2) - 2014年8月17日

漫画『とめはねっ』 読むたびに楽しそうな学生生活だなぁと思う。 現在私自身が何もせずに面白味の無い毎日を送っているから余計にそう思うのかもしれない。 続きが楽しみ。
★8 - コメント(0) - 2014年8月15日

一冊まるごと合宿で、その合宿もまだ半分か。相変わらずみんなかわいい。水着は見城さんもステキだが日野姉妹も三輪さんも宮田さんもかわいい。島ちゃんはメガネ取ったら美少女タイプだった。日本酒ラベルの話は面白かったね。
★7 - コメント(0) - 2014年7月25日

日本酒のラベルについては、なーるほど!という感じ。鎌倉にはよく行くから、今度じっくり見てみよう。それにしても、書道は奥深い。どれもかっこいいなあ。
★5 - コメント(0) - 2014年7月24日

夏の書道甲子園に向けて、夏合宿真っ最中。恋の行方よりは合宿という環境に重きが置かれた12巻。
★5 - コメント(0) - 2014年7月21日

夏の合宿ってワクワク感が伝わってきていいですよね。地味に見城さんと島ちゃんのポイントが急上昇ですwお酒のラベルとか面白かった。
★6 - コメント(0) - 2014年7月19日

Ys
お酒のラベルかあ。
★6 - コメント(0) - 2014年7月7日

とめはねっ!鈴里高校書道部 12巻の 評価:46 感想・レビュー:210
ログイン新規登録(無料)