闇金ウシジマくん 12 (ビッグコミックス)

闇金ウシジマくん 12巻はこんな本です

闇金ウシジマくん 12巻の感想・レビュー(525)

サラリーマンくん完結編。小堀さんは周りの人に結構認められていたんだな。戸越さんのイメージも最初と比べてかなり変わった。板橋さんの最期のピースは切ない。タクシードライバーくんは短編で、後味の悪さはない話。
★1 - コメント(0) - 1月20日

最後は巻き込むことなく、本人は自業自得だもんね。それなのに、ぅおいっ!小堀!!裏スロットにキャッシングかっ!!あまりどっぷりいかないようにね。タクシードライバーくんは珍しく短編。こういう箸休めもいいね。サンキョーってあれ??どっかで見たぞ。
- コメント(0) - 1月11日

小堀の様になっている自分がいた。どうしたらいいかわからないが、まだ殺されるわけじゃ無いから、生きるか。人間関係は、ストレスの根源。漫画からも学ぶ事はたくさんあるな。・・・
★5 - コメント(0) - 1月11日

サラリーマンくん編、完結。終盤は小堀の周りには見てくれる人がいて、小堀はそのことを自覚していなかった、という展開になった。急に前の事業所から連絡があったり、振り回していた医者から褒められるとは都合が良いのではないか。ただ仕事を休職し、休養さ、復帰したことにより物事が回り始めて良かった。コツコツと努力を積み重ねてきたことには意味があったのだ。ただ板橋については、金の亡者となり、売れるものは全て売ってきたのだから、あの終わり方になってしまうのは仕方がない。最後の最後で良心を見せてくれたが、時既に遅しだ。
★47 - コメント(0) - 2016年11月23日

サラリーマン編まで読了。今回は心に引っかかる部分が少なく、板橋の吹っ切れたクズ加減に引っ張ってもらったという感じ。小堀はこれまでのクズの面々とは違い比較的真面目な人間なので、作中での境遇に関して少々理不尽なマイナス要因が積まれ過ぎているように感じた。そのせいか妙に作り物めいた印象を受けて、読んでいて感情移入するというよりはただただ辟易してしまい、いまいち楽しめなかった、というのが素直な感想。そこで軽く白けてしまった為に、最後の一斉手の平返しで終わり良ければとはなれなかった。
★1 - コメント(0) - 2016年11月9日

間違えて一冊飛ばして読んじゃった。実は愛されていた小堀。タクシードライバーくん。
- コメント(0) - 2016年10月31日

借り本
★1 - コメント(0) - 2016年10月17日

サラリーマンくん編終了。小堀に関して言えば、ハッピー・エンド。しっかし小堀の上司、最初から最後までクズだったな。まあ、地道に頑張ればいい結果がある、という感じで。
★1 - コメント(0) - 2016年9月21日

サラリーマンくん編終了。一度闇に足が浸かると抜け出せなくなるのか…救いがあったと思ったのになんともいえない終わり方だった。
★6 - コメント(0) - 2016年8月28日

サラリーマン君。最後は僅かに良心があって安心したけど、金のためになんでもする人間が居るんだなって。罪悪感がストッパーになるんだけど、自分が被害者だと思っているのが潤滑油になってるんだな。サラリーマン君も努力が報われる、報われてた良い形で終わってモヤモヤも晴れましたね。
★1 - コメント(0) - 2016年6月26日

人が穴に落ちる瞬間、そこで運命は変わっていくのだろうか?落ちそうで落ちない人。真っ逆さまな人。すれすれの低空飛行は生きたここちがしない。そして、ウシジマくんのプライベートな部分が、少し垣間見れて嬉しかった❗
- コメント(0) - 2016年6月17日

休養している小堀に励ましの電話をしてきてくれた高崎所長、いるんならもうちょっと早く登場してもよかったんじゃないか。でも事態が好転してよかった。思いやりの気持ちが最後にやっと報われる方向に向いてほっとした。ただ、なんでまた裏スロット行くかなー。まっすぐ家に帰れ。
★1 - コメント(0) - 2016年5月14日

★★★★☆ 芳則といい板橋といい、この漫画の奴ら改心するの遅すぎだろ!小堀が病院のみんなから好かれてて、小堀さん戻ってきてくれ~と言われてるシーンで涙が出た。小堀の真心と戸越の如才なさを合わせれば最強のチームになれると思う。神田先生いい人だし、ちょっと偉そうだなと思ってた広瀬先生もちゃんとした人で、「小堀くんはそんなこと言わないよ」と戸越を叱ってくれたシーンがよかった。タクシードライバーくんは、よくわからん終わりかた(笑)
★11 - コメント(0) - 2016年4月17日

まさかこのマンガで泣くとは(2回目)。
★11 - コメント(0) - 2016年4月11日

意外にも、小堀が助かり、自業自得な最後でした。たまには、こんな幕切れもいいかと思います。次のタクシードライバー編は無事でよかったです。☆:4.0
- コメント(0) - 2016年2月28日

ハーレムラノベの主人公かよというぐらい急に小堀が周囲に褒められまくる逆転展開。こつこつした仕事がやっと認められて良かった。バッドエンド回避。板橋は悲惨だけどしゃーない。タクシー運転手の話はイイハナシなのか?
★1 - コメント(0) - 2016年2月18日

よかったよー
- コメント(0) - 2015年12月13日

小堀さん、よかったねえ。板橋も最後の最後に人間らしくしてくれてよかった。久しぶりに丑嶋を見た気がするので、短編もすてきだなあ。
- コメント(0) - 2015年11月9日

みんな小堀のことが好き(^q^)
- コメント(0) - 2015年10月10日

医師のセリフの軽さ、薄っぺらさが辛いが、多分リアル。
★1 - コメント(0) - 2015年8月31日

「サラリーマンくん」が因果応報なオチになってこの作品にしては珍しく嫌なものが胸に蟠るということがなかった。人にとって、思い出は目先の危機を凌ぐ「こともあるのだ。生の命令がワタシの義務によって乗り越えられるとでもいうようなことだろうか。人間が人間を裏切ることが、作品内現実では当たり前の観を呈していたように思うから、非情に友情が勝るという、展開にはほっと胸を撫でおろしたい思いだ。しかしながらウシジマくんの得も言われぬ空気感はホントに怖い。彼の金融からドロンしようというあらゆる思惑魂胆可能性を潰えさせるに足る。
★5 - コメント(0) - 2015年7月4日

小堀くんがもう道を踏み外しませんように
- コメント(0) - 2015年6月2日

イイ話みたいに終わってるけど、サラリーマンくん、凄まじくドロドロした話だった。タクシードライバーくんは不幸中の幸い?
- コメント(0) - 2015年4月13日

最悪だ。ちょっとほっとするような話を持ってきてるけど最悪だ。それを中和させようとするけど最悪だ。
★10 - コメント(0) - 2015年3月29日

★★★・・・小堀くんイイ人すぎ。ウシジマくんの観察力凄すぎ。
★1 - コメント(0) - 2014年12月31日

忍耐強いな…小堀くんは。自分だったら絶対仕事辞めるわ。
★1 - コメント(0) - 2014年12月20日

サラリーマンくん。この章が上手いのは、主婦側の苦悩も描いていること。夫が正社員だろうと過酷な子育て。それを挿入することで。主人公は「悪妻に捕まった被害者的男性」ではなくなる。夫も妻、どちらも金銭が足りぬ生活を強いられている。読者は「単純で非現実的な男女間の責任のなすりつけ合い」が出来ない。だからリアリティが出るのだ。
★1 - コメント(0) - 2014年11月5日

転職しろと見てて辛くて思った。何故この人頑張ってるのにこんな目にあうんだ。前部署の上司さんいい人だ。すぐ頼れば。他の人達が小堀さん助けてよかった。戸越が小堀さんを認めて良かった。何故板橋の所行く小堀さんやめろと思ったが、ウシジマくん盗聴の中板橋と入社間もない時期の話。お前が来てくれたからそれでいいか改心したか。サラリーマンは誉められなくても粛々と働けばいいか。歯食いしばれた人とできず落ちた人の対比話かな。家族仲直って良かった。タクシー運ちゃんの話、生きてて良かった。ウシジマくんは手出さない金決めてるんだな
★2 - コメント(0) - 2014年8月19日

救われない話ばかりだから、小堀君いつ落ちるんだろうとヒヤヒヤしてたけど、ラストにちょっとホッとした。しおりさんに再開できたし消費者金融への借金も完済して欲しい。数少ないまともな人間だからハッピーエンドを望まずにはいられない。最後に板橋が改心したところを見ると、なんか悪いのは社会の仕組みなのか?とすら思ってしまう。タクシードライバーの話は、生きててよかったけど、結局どのみち大幅にマイナスって話じゃないか…。
★1 - コメント(0) - 2014年8月18日

小堀くんよかったーいや、被害かぶってばかりで全然よくないんだけどよかったー。頑張ってる人が報われるとほっとする。
★1 - コメント(0) - 2014年7月29日

ちょっといい話になって終わるっていうのが、ウシジマくんを読ませる秘訣なんだろうなぁ。
★15 - コメント(0) - 2014年7月19日

積み上げている人間は報われるように描いているが、借金は限度額。そもそも、妻に借りるよりも無人機に借りるという発想が狂ってると思うのだが…。社会に出ても終わりではないが、別にそこは地獄でもない…はず…。ウシジマくんは低賃金者ばかりが相手ではなく、消費に取り憑かれるとこういうことになるってこと。
★2 - コメント(0) - 2014年5月5日

★★★★☆漫画喫茶にて
- コメント(0) - 2014年4月26日

意外と後味悪くない終わり方。ウシジマ君にはある種の仁義っぽいものがきちんとあって良いなあ。
★1 - コメント(0) - 2014年3月24日

131215★★★
- コメント(0) - 2013年12月15日

小堀が積み重ねてきたものが、報われていくシーン。そして、板橋のラストには。何かに救われたような、気持ちになりました。小堀には借金ができてしまいましたが、これからの幸せを感じました。(^人^)
★1 - コメント(0) - 2013年12月15日

誠実に仕事をしていれば、見ている人は見ている。そんな人もそんな考えもとっくに消滅したと思っていたが、ここではそれが小堀を再び人間に戻すきっかけのようになっている。板橋、結局人間だったのね。
★2 - コメント(0) - 2013年11月22日

読了。 感想は最終巻にて。
★1 - コメント(0) - 2013年11月1日

長い長いサラリーマンの話が完結した。渋谷の屋上のような写真を、小堀はもう撮らなくていい。ただ、借金という地獄の蓋は開いたまま。それはこの世界が、板橋の落ちた場所にいつでもつながっていることを指しているのだろうか。
★1 - コメント(0) - 2013年10月13日

闇金ウシジマくん 12巻の 評価:42 感想・レビュー:80
ログイン新規登録(無料)