アイアムアヒーロー 5 (ビッグコミックス)

アイアムアヒーロー 5巻はこんな本です

アイアムアヒーロー 5巻の感想・レビュー(1413)

無事な人がたくさん居て噂に乗りかけたのもつかの間、ZQNの悪夢が再び襲いくる!車で拾われ高い場所から街を見るも悲惨な光景。ヒロイン早々にZQN化か!?
★1 - コメント(0) - 2月17日

確証のない噂に惑わされ、流されてゆく。かなり現実的だね。おじさんが仲間に。
- コメント(0) - 2月11日

確証のない噂に流されていくというのがリアルでいい。エイズが社会的問題として世界中で注目されたときのパニックを思うと現実でも十分ありえそう。そんな中寄り添うようにふたりで行動する鈴木英雄と比呂美ちゃんというペアがいいけど、世界はそれほど甘くはないようで。
★2 - コメント(0) - 1月9日

★★★・・・確証の無い噂に惑わされる人々。1巻が嘘のようにテンポよく進んで行く。
★3 - コメント(0) - 2016年12月29日

レンタル。
- コメント(0) - 2016年11月30日

まさかのヒロイン感染??
★1 - コメント(0) - 2016年10月11日

人々は高い所へと目指す。噂が噂を呼び、英雄たちは富士山を登りに行く。何があるのか?と言えば、みんなが行くからという曖昧なもの。浅田神社へ向かうとまともな人間ばかりかと思いきや、赤ん坊が感染し、集団感染に。ヒロミも襲われる。そして、逃げる英雄。カメラマンの荒木と共に車で逃げる。別のルートで富士山を登り、街を見渡すと地獄絵図。日本の終わりを見ているような終幕がそこには待っていた。ネットでは来栖と名乗る預言者がいたりして、お祭り騒ぎ。掲示板では他人事のように楽しんでいるが、現実に発展している。その姿がリアルだ。
★53 - コメント(0) - 2016年9月22日

いよいよ日本の終わり。政治もストップしてしまった様子だし、市民はデマ情報に惑わされ、集団行動。そして感染は止まるどころかパンデミックの一途。最初読んだ時、比呂美ちゃんのZQN化は衝撃的だったなぁ。っていうか、5巻でもう感染したのか。もうちょい後だと思ってた。
★10 - コメント(0) - 2016年8月30日

またまた美容院で。なんとなく噂に流されてしまう人々。怖いです。赤ちゃんに噛まれてしまった比呂美ちゃん。歯がない相手だけど微妙な感じ…カメラマンのおじさんが仲間になりました。
★2 - コメント(0) - 2016年8月20日

映画で有村がZQNに噛まれるシーンがあったか覚えちゃいない。慥かセリフでもって赤ん坊に噛まれたといっていたような気がした。ではどこでか。コミックだと如実に知らせてくれる。富士山五合目を目指す途中に、群衆の足元にちびっこZQNはたちが活躍するのだった。やがてその一匹がヒロ子の肩に乗るのだった。英雄がライフルのバットで押して落とすも間に合わず。カメラマンとの出会いで3人の逃亡が開始される。
★2 - コメント(0) - 2016年8月5日

日本が壊滅していく様を2ちゃんで表現する辺り、独特でリアルに感じられました。
★3 - コメント(0) - 2016年7月2日

再読、俺の愛車だったトヨタガイアに乗ってる!って思ったら、いつの間にかランドローバーに乗り換えてる。比呂美ちゃん覚醒するまで頑張れ!!
★41 - コメント(0) - 2016年6月25日

正確な情報がないまま、なんとなく噂で動く人達。そこでまた一気に感染が。まったく終息する気がしないし比呂美ちゃんは大丈夫?!
★51 - コメント(0) - 2016年6月24日

震災前に出版されていたんですね。もっと早くにこの作品に出会っていたら被災時にいろいろと思うところがあったかも知れません。今回、自然災害以上に脅威だと感じたのは“無関心”という人々の姿勢です。これは感染という一刻を争う状況下では致命的です。加えて情報の錯綜が更なる混乱を引き起こしています。危ういのは原発の制御、食料供給の有無ですが、あの状況下では絶望的でしょう。仲間が増えたけど、代わりにヒロインが!? この辺の引きが上手い。英雄は主役らしくない弱い一個人だけど、奇跡が起きることを信じていますよ。
★2 - コメント(0) - 2016年6月18日

迷信かぁ。 たしかにデマが流れますね
★2 - コメント(0) - 2016年6月7日

ako
ヒロミはゾンビになったの?どこに行ったら助かるのかわからないのが恐ろしいし不安。まだ事態をわかってない人たちもいて、どんどん犠牲者が増えてる…
★11 - コメント(0) - 2016年6月5日

ネットのコメント描写が、めっちゃリアル。焼肉食いたいのくだりで、やっぱり大泉洋ピッタリって思った。
★2 - コメント(0) - 2016年6月4日

標高の高いところは安全だとの噂が流れて英雄達も富士山五号目を目指す。人波の中の赤ちゃんがゾンビ化して結局パニック。運良くカメラマンの荒木の車に拾われ一時休息。でもなぁ、比呂美ちゃんが…⁉
★26 - コメント(0) - 2016年6月3日

頑丈な部屋に引きこもりたい気分になる。
★4 - コメント(0) - 2016年5月29日

★★☆☆☆ ZQNてなんぞや。あああ女子高生あああ。弾切れ大丈夫か?
★2 - コメント(0) - 2016年5月25日

序盤の強烈なショックはなくなってきたものの、恐怖が複合的になってきた。何気ない風景が怖い、群衆が怖い。その上に異変が、怪異が突発的に時には静かに進行する。主人公目線だけでなくマクロな視点の描写がようやく盛り込まれてきたが、ここにもアイロニーやブラックユーモアが漂う。
★91 - コメント(0) - 2016年5月22日

レンタル。「上の方に行けば安全」とゾロゾロ富士山を登る集団の中にいる英雄たち。2ちゃんの他人事のような書き込みと現実は全く違う。空恐ろしい。
★8 - コメント(0) - 2016年5月22日

神社のパニックシーンが臨場感あった。赤ん坊は手強いな。そして心強い仲間がパーティに加わったな。来栖にはいつか会えるのか。どのぐらい噛まれたらアウトなのか、今巻でわかった。
★15 - コメント(13) - 2016年5月21日

FK
富士5合目の人々のパニックさは人の黒さを表現。
★3 - コメント(0) - 2016年5月21日

最後の最後で息を呑んだ。日常からの非日常の表現が秀逸でした。★★★★★
★6 - コメント(0) - 2016年5月12日

2016年49冊目読了
- コメント(0) - 2016年5月11日

表紙絵の比呂美ちゃんの背景は墓地(カバー取るとよりわかる)それってそれって。後半は列島感染の様子と2chの書き込みが交互に。2chの書き込みのリアルさがすごい。これは作者は間違いなくねらー。ZQNという呼称はネット発なんだね。
★6 - コメント(0) - 2016年5月8日

あとでまとめて感想
★1 - コメント(0) - 2016年5月6日

本巻で現象が全国規模となっていることがわかり、話の水先案内人としてのジャーナリストが合流。これは逃避行の行き先と話の流れを導くものだな。かなりのページを割いて全国の状況を描いているが、これは現場から見て治安機能が全く働いていないことを強調しているのと、ネット情報+扇動者の登場の前振りか。
★1 - コメント(0) - 2016年5月2日

東京から徐々に各地へと広がる謎の伝染病。赤ん坊ゾンビとか怖すぎ。噛まれてしまった比呂美ちゃんは殺されてしまったのか?
★3 - コメント(0) - 2016年4月30日

(再読)元気ですかー‼
★6 - コメント(0) - 2016年4月29日

ええ、どうなったんや???ひろみちゃん…
★16 - コメント(0) - 2016年4月29日

再読。ひろみが…人の生きることへの必死さが当たり前ながら怖い…
★10 - コメント(0) - 2016年4月21日

★★★☆☆ レンタルにて。早狩さん、ゾンビになっちゃったの(゜ロ゜;)!?
★6 - コメント(0) - 2016年4月20日

なぜか富士山に登ろうとする人々と行動を共にするようになるけど、その中でパニックが起こってるのに、英雄が銃を持ってるのに、何が起きてるかわからない平和ぼけした人々との対比が不気味。新しいキャラが出てきて三人になったけど、この先どうするのかなってとこでひろみぃぃーー!
★9 - コメント(0) - 2016年4月12日

aki
主人公とヒロインがバス停で休んでいると、富士山5合目を目指す老夫婦と出合い、2人も5合目を目指すことになった。やがて5合目を目指す人々は大集団に。当然、中には罹患者がいるから、悲鳴、混乱、怒声、ケンカ、そして大混乱。ヒロインは赤ん坊に首筋をかまれてしまう。えっ、大丈夫? 主人公が銃を持っていたことから、「こいつと一緒にいると有利だ」と判断したおじさんがクルマに乗せてくれ、なんとか、その場から脱出した。一方、日本列島各地でゾンビ化が進み…という展開。
★4 - コメント(0) - 2016年4月1日

表紙の絵がすごくかわいい.ちょっとした風刺みたいのが面白くて笑える.ひろみちゃんZQN化か? っていうかZQNって言葉がもう面白いw
★5 - コメント(0) - 2016年3月15日

富士山5合目ヤバすぎる!赤ん坊ゾンビが人混みで足に喰らいついてる。気持ち悪い…。週末感が半端ない。
★26 - コメント(0) - 2016年3月14日

状況が分からない中で、それらしい情報にしがみつき全員が疑うこともなく同じ行動をとる。現代における情報拡散は早い。事態にパニックをおこさない対応の大事さと冷静さがその後を左右する。本当に瞬時の判断というのは大事だと思います。
★9 - コメント(0) - 2016年1月18日

アイアムアヒーロー 5巻の 評価:58 感想・レビュー:284
ログイン新規登録(無料)