ちいさこべえ 1 (ビッグコミックススペシャル)

ちいさこべえ 1巻はこんな本です

ちいさこべえ 1巻の感想・レビュー(330)

絵が上手。江口寿史とかそういった系統の絵。
- コメント(0) - 2016年12月29日

「ちいさこべ」とは無関係かと思っていたらコミカライズだった。と知ってもなお「本当にか……?」と疑いながら読み始めたが、人情を中心に追っていくと、なるほど、しっくり来る。「ちいさこべ」は未読。漫画を読み終えてから読むつもり。たぶんハッピーエンドなんだろうと思いつつも、続きが楽しみ。
★2 - コメント(0) - 2016年12月22日

レンタル。誰も髭を剃ったら?とは言わないのが不思議。私なら会ってすぐ言うなぁ。
★4 - コメント(0) - 2016年6月17日

間合いや空気感が伝わる。いいかんじです。原作も読んでみたい。
- コメント(0) - 2016年5月24日

洗練された背景、カット割り、アングル全てが美しい。ウェスアンダーソンの映画のようだ。
- コメント(0) - 2016年4月13日

この世界観と絵が大好きです。2巻以降も楽しみです。
- コメント(0) - 2016年2月23日

★★★山本周五郎原作『ちいさこべ』コミカライズ。ほんとに?本当に本当なのか?(笑)設定を現代に置き換えているので、まるっきり同じなわけが無いが、今のところ、原作の持つ明るさや、火事からの復興に向けての勢いに繋がる、圧倒的な力強さは感じられない。期待し過ぎたかな?ってか、髭面汚い…
★69 - コメント(10) - 2016年2月14日

key
いやー、すごくよかった!独特の絵は切り絵を思わせるようなタッチで、台詞は少なくコマで感じさせようとするところも他のマンガにはなかなかない雰囲気。表紙の通りデニムセットアップにロンゲヒゲレイバントリッカーズというオシャレマンガ。さらにストーリーの軸は義理人情という昭和頑固親父の考えと立ち振る舞い。大好きなマンガになりました!
★5 - コメント(0) - 2016年1月25日

いしかわじゅんだったか?『バタアシ金魚』の絵は、実はうまい絵なのである、とわざわざ主張しなければいけなかった頃から隔世の感が。すっきりと(鋭利と云っても良いような)線で描かれた絵。むしろそのために若旦那のヒゲもじゃ長髪が必要になったのかと邪推してしまう。●他人の不幸には我慢できなくて頑張ってしまうが、自分の幸福のためには一向に腰が動かない、ずいぶんと面倒くさい人たちの物語。確かに義理や人情からは、はみ出したモチベーションのようだ。理不尽な不幸が頻出する中で、子供達の根のある無理難題は、ある救いのようにも。
★1 - コメント(0) - 2015年12月1日

相性が高いとこでよくお見かけする方のレビューを読んで、普段は手にしない絵柄のこちらをポチッと^^原作未読。一生懸命両親の残した工務店を引き継ごうと頑張る若棟梁の気持ちが表情どころか顔すらもわからない髭面なのに伝わってくる^^若いのに苦労してきた感じのりつとか同級生のゆうこさんのエッチィアングルがチョコチョコでるのはこの方ならではなんでしょうか??時に小さく丸まったりして周りを不安にさせつつ奮闘する若棟梁と気の強い頑張り屋さんリツのこの先が気になるので次巻にいきます^^
★5 - コメント(0) - 2015年11月23日

わー原作読んだことあったのに、だいぶ途中までそれと気づかなかった鈍い!だって現代なんだもの。そして望月峯太郎さんの漫画なんて30年ぶりぐらいに読んだし。絵が全ッ然違う・・・。
★14 - コメント(0) - 2015年11月20日

いつか読もう読もうと思っていた山本周五郎の小説(短篇一つくらいは読んだかも)。まさか現代ものの漫画になっているとは。描くのは望月ミネタロウ。完成した上手い絵だ。合間合間にお色気やシュールなギャグがあって、いかにもスピリッツの青年漫画という感じだが、私には良い山本周五郎入門かも知れない。火事で両親を失った大工の若棟梁・茂次。誰の世話にもならずに工務店を立て直す積もりの彼の所に幼なじみの女・りつが来る。工務店の世話係としてだが、若棟梁に無断で児童施設の子供を5人住ませている。りつの恋心。面白そうだ。
★42 - コメント(0) - 2015年11月4日

今年ナンバー1の漫画かも。 義理と人情。みんなが忘れれしまった人として大切なことが 描かれています。 この漫画を読んで山本周五郎に興味が湧いてきた。
★1 - コメント(0) - 2015年8月2日

R
「バイクメーン」の最初のほうをちらちら読んで、オフビートなギャグ漫画を描く人だと思っていたら、「ドラゴンヘッド」で突き抜けたのかなって印象でした(読んでない)。そんな、気にはしていたけれど実はきちんと読んでいなかった漫画家です。独特なリズム感、間の取り方。センスのいい人が、わざとちょっとだけ外してみせる。色々な意味で「巧い」んだな。でも、技術だけで描き飛ばしていないのがわかるので、残りも読みます。
★1 - コメント(0) - 2015年6月28日

う~ん、あんまり良さがわからなかった。1巻だけ読んだからかなあ。それとも私が行間を読む能力に欠けすぎているのか。
★1 - コメント(0) - 2015年6月14日

見た目のヴィレバン臭で取っつきにくさはあったが、内容は昭和の文芸系日本映画という雰囲気(原作が文芸作品だし)。間のとりかたとかコマの密度の加減とかうまいなあ。
★4 - コメント(0) - 2015年5月9日

残りの3巻はまとめて買うことにした。
★4 - コメント(0) - 2015年5月6日

【レンタル】素晴らしい、すべてのセリフを書き出したい。山本周五郎読んでみたくなった。恐らく古い時代の話だろうに現代のファッションやアイテムが良いアクセントになっているような気がする。しかし、ゆうこの父親はホントにキモいな。
★5 - コメント(0) - 2015年4月26日

茂次。
- コメント(0) - 2015年4月7日

りつに惚れない男がいるのか?
★22 - コメント(0) - 2015年4月5日

ナニコレ!? もはや文学。
★19 - コメント(0) - 2015年4月5日

積読本-18 山本周五郎の作品を減台に置き換えて漫画化とは。でもムリがないように見受けられる。足元とか手元とか印象的な描き方。義理と人情…!
★6 - コメント(0) - 2015年3月25日

ギリトニンジヨワウ
- コメント(0) - 2015年3月7日

1〜3巻までまとめて読む。いい話、いい絵ですね。どの巻でもごはんがおいしそうなのがまたいい。
★2 - コメント(0) - 2015年2月15日

望月ミネタロウさん、これが初読。原作・山本周五郎とあり、純文学の時代小説を現代に置き換えてるのか、現代版は主人公が大工の若棟梁。火事で両親を失い、傾きかけた店を、義理人情に頼らず一人で立て直そうとするが、周囲の理解を得られない髭もじゃ茂次。彼の考えが今ひとつ掴めないまま、次巻へ。りつと焼き出された施設の子どもたちが、たくましく健気で、謎も多くて気になるところ。初読みがこの本で良かったのかなぁ?
★13 - コメント(0) - 2014年11月21日

何とも言いようもねえが、りつが大好きである。表紙右の女の子である。
★23 - コメント(0) - 2014年11月15日

この人のマンガはドラゴン・ヘッドしか読んだことなかったので、作風の違いに驚いた。微妙な心境の変化がコマ割りや仕草でよく表現されているなぁ。じわじわ面白くなっていく。
★2 - コメント(0) - 2014年10月23日

なるほど、読後に原作者の名前に気付いて納得。
★8 - コメント(0) - 2014年10月20日

若棟梁とりつの出会い。絵が美しくて、何度も見入る。りつの装い、可愛いなぁ☆特に前掛け&つっかけが◎
★2 - コメント(0) - 2014年10月13日

前から絵が気になってたので思い切って購入。 ドラゴンヘッドの人だと知って驚きを隠せない(笑) 原作が評価の高い小説らしいのでストーリーにはなんの不安もない。 肝心の絵は、凄く独特で味がある。 淡々とした絵柄が、テーマとなっている「意地と人情」にとても合っていると思う。 あと、なんだか女性の描き方がフェティッシュで凄くいい! 今後が楽しみ。
★5 - コメント(0) - 2014年9月9日

山本周五郎原作と言うことなので登録。基本漫画は登録しない主義なのだが、沢山読んでますよ実は。望月さんと言えば「ドラゴンヘッド」だよなあ。この作品、既に『文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞』を獲っているのだ。”「市井の人々の哀歓」を、現代ドラマとして描くに秀逸と、審査委員の見解が一致した”―らしい。でも原作ありきで賞を獲ったとは到底思えず、やはり望月さんの力量も凄いのである。一コマ一コマ丁寧に描かれている。シンプルの中に潜む芸術性。あと衝撃的だったのは、原作「ちいさこべ」が70頁しかないと言うこと…期待。
★33 - コメント(0) - 2014年9月6日

望月ミネタロウの絵が浮世絵みたいに洗練されているね。
★5 - コメント(0) - 2014年8月23日

ドラゴンヘッドの望月峯太郎が山本周五郎の原作に挑む、という奇抜さ。望月、めっきり名を聞きませんでしたが、こんな繊細な作風、描けるんだ!と驚き。親が火事で死に、大工の棟梁を継いだ若者が店を再興しようという、恐らく江戸下町人情話が原作かと思うが、現代劇に置き換えた望月なりの和風の湿り気が面白い。無駄に騒々しいあざとさがなく、しっとりとどこか間の抜けた笑い。そして、画角・構図が不思議で、望月の美意識の高さを感じる。ちいさこべえとは子どもたちを集め面倒を見た昔の人のことらしい。望月の新境地カッコいい。
★10 - コメント(0) - 2014年8月20日

ひげもじゃ若棟梁の素顔が気になるのですが。
★3 - コメント(0) - 2014年7月21日

まさに、小説を読んでいるかのような心理描写や話の展開が、かえって良い。昔ながらの大工の生き方、人情と意地には感動です!!
★20 - コメント(0) - 2014年6月22日

りつのしているような前掛けをやっぱり買おう!
★9 - コメント(2) - 2014年5月17日

ハマりました。純文学リノベーション。
★3 - コメント(0) - 2014年4月13日

★★★
★1 - コメント(0) - 2014年4月3日

こんな子供ら居そう。てかアダムスファミリーの子まんまw
★3 - コメント(0) - 2014年3月23日

ついつい買っちゃう峯太郎。今回もおもろいよ。クマ女と福田父がいいカンジ。あとはやっぱりこの空気感か。しかしブス描くのうまいなぁww
★2 - コメント(0) - 2014年3月10日

ちいさこべえ 1巻の 評価:52 感想・レビュー:102
ログイン新規登録(無料)