雪花の虎 1 (ビッグコミックス) (ビッグコミックススペシャル)

雪花の虎 1 (ビッグコミックス) (ビッグコミックススペシャル)
194ページ
1049登録

雪花の虎(ビッグコミックス) 1巻はこんな本です

雪花の虎(ビッグコミックス) 1巻の感想・レビュー(878)

素直なガキ大将・虎千代が活き活きしてまぶしい。加えて脇の男性陣。着流しのダメんず、豪快な髭武将、アゴなしぬらりひょん、目もとにほくろの美僧、斜に構えた信玄・・・それぞれが魅力的で、ほのかに色っぽい。ここぞの大ゴマでは、見はるかす風景や無言の横顔、止めた手元のアップから強く伝わるものがあります。今までギャグにばかり目がいっていたけれど、アキコさん、絵うまかったんですね。脱力ギャグは本作でも健在ですが、骨太なお話を損ないません。宿命にもがく虎千代が、表紙の颯爽とした謙信になる、その成長過程が楽しみです。
★12 - コメント(0) - 2月24日

D
【レンタル】日本史が苦手な人用のワープゾーンが助かる。
★8 - コメント(0) - 2月16日

歴史に興味がないせいか、面白いか面白くないかよくわからない。上杉謙信が女性だった、は男性向けでよくありそうな設定だけど、お色気路線じゃないから、そこは面白く読めそう。お色気も好きだけど(笑)とりあえず4巻まで買ってあるから続きも読んでみよう。
★4 - コメント(0) - 2月8日

あまり歴史ものに馴染みはないけど、この作者が好きなので買い。冒頭から大笑いし、絵柄も不思議と気にならなくて(歴史もの向けじゃないはずなんだけど)、さくさく読めた。
★15 - コメント(0) - 2月7日

また、はまりそうな一冊、一代記。
★9 - コメント(2) - 2月7日

いつも通りと、いつも通りじゃない感じが面白い
★2 - コメント(0) - 2月6日

冒頭の説明文(特に読み難い手書きの)は巻末で良かったかな? 基本、人名にふりがな振って欲しい。歴史物は登場人物多いのだから。
★3 - コメント(0) - 2月4日

謙信女説に一票。それにしても面白い。是非最後まで飽きずに描ききってほしい。寺の僧侶がセクシー過ぎる。信玄も嫌いじゃない。
★3 - コメント(0) - 2月3日

ブックパス読み放題
- コメント(0) - 2月2日

この漫画家さんの今までの著作からは少し離れた所にある本作。振り幅が広い漫画家さんなんだと、この漫画を読んで認識する。とはいえ、おまけのように挟まれる作者のコメントはいつも通りで安心した。
★4 - コメント(0) - 2月2日

この人いくつ書いてるんだろ。仕事量すごい
★1 - コメント(0) - 1月28日

Kindle期間限定無料。上杉謙信女性説に則って描かれた作品です。作者さんは日本史がお好きじゃないそうだけど、良く調べられているし、何より自由奔放に描いているな〜って感じですね。どうせなら男色で有名な信玄は、オカマっぽく描いた方が面白かったかも?
★2 - コメント(0) - 1月26日

Kindle無料本。上杉謙信が女だったら、っていう話。作者は多才ですね。しかしどうにもこの方は海月姫と東京タラレバ娘の印象が強すぎて…絵柄も時代もの向けではないかな。武田信玄がなんだかナヨいなぁ。自分は謙信男説を推します。ただの願望です。
★17 - コメント(0) - 1月23日

謙信女性説があるのは知っていたけど、こんな風に肉付けしていくと益々興味をそそられるし納得できるし、なにしろドラマチック。性同一障害ってことはあるまいな?武田信玄も、あのもっさりとしたおっさん武将的なイメージが覆されて新鮮です。
★46 - コメント(0) - 1月21日

再読。タイトルが雪花だけあって、四季折々の花に季節感が感じられる。虎千代は食べちゃってますが。亡き子を偲んで花を手向ける晴景のやさしさも、戦国の世でなければもっと生きただろうに。
★4 - コメント(0) - 1月18日

表紙の謙信、格好良くて素敵です。虎千代、晴景、綾の兄弟のお互いを想い合っている所が泣けます腕白で我が儘な虎千代が、寺での修行でちょっとずつレベルアップしていく所も良いですねえ。面白かったら購入しようと思ってましたが、早々に大人買いして4巻迄読まねば!続きが気になる
★2 - コメント(0) - 1月16日

これすごく面白い。歴史好きじゃない東村アキコだからこそ描ける歴史漫画って感じ。NHK朝ドラをクドカンが!みたいなワクワク感があるよね。歴史大好きなんで上段もちゃんと読むけどワープゾーンも楽しんだ。
★15 - コメント(0) - 1月15日

kindle無料版本。根拠はやっぱり八切止男『上杉謙信は女だった』からきてる。けれども、作風は池田理代子の『ベルサイユのばら』の方が近い印象を受けた。という訳で、この作家さんならしてくれるかもと思ったけど、登場早々に主人公が強姦されるとかいうハード展開はない。醜女でもない。この巻のメインは男として育てられる虎千代とその兄晴景の苦しみとかなと思う。
★1 - コメント(0) - 1月15日

作者買い。東村さんが歴史物?!と思っていたが、アキコのティータイムなどギャグもあってさすが。(笑)歴史に苦手な私でもちゃんと理解して読める面白さ。所々、漫勉で出ていたシーンだ!と興奮しました。実際に女だったかは置いといて、この話は面白いと思います
★7 - コメント(0) - 1月14日

★★★☆☆:新潟に行きたくなった。
★3 - コメント(0) - 1月14日

電子書籍無料版にて。上杉謙信が女性だったと決めつけたストーリー。こういう解釈も出来ますくらいのお話だったら面白いのですが、ちょこちょこ誘導というか、証拠も無いのに断定的な持ってき方に反発を覚えます。
★8 - コメント(0) - 1月13日

面白い。続き気になる。
★2 - コメント(0) - 1月12日

上杉謙信が女だったというのは、私はそうは思わない。もし女だったとしたら、あんなことをさせるのはおかしいと思う点があるからだ。もちろんそれは剣術などのことではない。だからあくまでそういう説もあったという体で読んだ。作中でいかにも女だったと思わせるようにしつこく誘導すんのもどうかと思う。あとこの人の絵があんまり好きじゃない。あと謙信女説を言い出した八切止夫もとんでも説ばっかり言うおっさんでこっちも好きじゃない。
★5 - コメント(0) - 1月12日

【レンタル】上杉謙信が女だったら...というのが面白い。読んでると女でもアリのような気がしてくる。ここからどう強くなっていくのか楽しみ。
★3 - コメント(0) - 1月5日

意外と読みやすく面白い!
★1 - コメント(0) - 2016年12月30日

良かった!カッコいい!
★1 - コメント(0) - 2016年12月28日

上杉謙信女性説を取っているコミックス。一気に読んでしまいました。じゃじゃ馬お姫様がどうなって冷徹な軍神に変わっていくのか、楽しみなところ。上杉神社の遺物から考えるに、キレイなもの好きだったんじゃないかなーーなんて思うんだけどね。あと、武田晴信のキレ者っぷりもライバルながら、お見事、ってかんじに描かれてて。川中島の例のシーンが楽しみです。
★2 - コメント(0) - 2016年12月25日

前にテレビで女性説があるとやってたのは記憶がある。色々と根拠を揃えられると、謙信女性説も真実味が帯びるもんだね。昔は女性天皇もいたし、女城主もいた時代だからおかしくないだろうね。
★4 - コメント(0) - 2016年12月11日

謙信女性説知らなかったけど、もしこんな女性だったらかっこいいな!アキコのティータイム最高(笑)よくこんなん考えつくな。小難しくなく、キャラも立っていて引き込まれます。
★6 - コメント(0) - 2016年12月7日

上杉謙信が女だったらっていう設定ですが、何より漫画に東村さんが出張ってます。東村さんだから許される。謙信は女説やイケメン説もあるようで、そういった意味では作品にしやすそうですね。でもこの時代と新選組の時代っていつまでたっても人気ですね。
★12 - コメント(0) - 2016年11月28日

勢いで描き始めたって感じで語ってますが、大したご謙遜で(笑) 所々に散りばめられるギャグやアキコのティータイムのおかげで歴史に疎い私でも楽しく読める!上杉謙信女性説も納得できます。
★33 - コメント(1) - 2016年11月19日

上杉謙信のイメージはクールビューティー。表紙を見たときピッタリだと感じました。ですが中を見ると驚くほどのジャジャ馬っぷり。行かされた先の寺での成長を見守りました。この経験から表紙のような女性になっていくのでしょう。友達からのオススメ本。いい漫画に出会えました。
★4 - コメント(0) - 2016年10月27日

再読。光育様が強い。学ばれませ、虎様。学んで、己を律して、体を鍛えて…病にかからない丈夫になって。この越後のために戦われませ。
★13 - コメント(0) - 2016年10月19日

途中に挟まる、東村さんの説明が変わっていて面白かった。上杉謙信が、女だったのかもと思えてきました。虎が修行する寺のお坊さん宗謙が、一見無表情なのにちらりと見せる情にドキっとした。あそこで、抱きしめるとか...格好いい。
★29 - コメント(0) - 2016年10月18日

★★★★
- コメント(0) - 2016年10月16日

要するに、柳原「軍神ちゃんと呼ばないで」を4コマからシリアスにした話。「実は上杉謙信、女性だった」という手垢のついた設定でありながら、淑女向け漫画らしく、キッチリと描きこんでくれているところが好ましい。
★1 - コメント(0) - 2016年10月10日

生理痛が大変酷くて 戦中に城に帰ってしまったとまで されているので そんなに重い生理だったのかと思うと 謙信が不憫ですよ 甲冑もうっとおしかっただろうな
★4 - コメント(0) - 2016年10月10日

上杉謙信女性説をもとに描かれた本作品のこの1巻、お堅いイメージの上杉謙信の幼少期までが描かれてますが東村さんらしいユルさで思った以上に面白かった!長尾の三兄妹が戦国時代にはあり得ないユルさで楽しそうだし、それに何より仲が良い。最後の姉・綾が嫁ぐ時に三人揃ったあの雰囲気に泣きそうになった。優しい時間はここまでだよ、と言わんばかりのいい情景でした。虎ちゃんのお寺でのわがままぶりが、あの冷静沈着なイメージの上杉謙信に変わっていくのを見届けたいと思います。
★30 - コメント(0) - 2016年10月9日

上杉謙信が喜怒哀楽の激しい女の子だった?!ホントに?これを読んで上杉謙信がどんな人だったのか興味が湧いてきました。第二話の始まりで虎が巻いている襟巻きは、第一話の終わりで手にぶら下げてたアレよね。綾には拒否られたのね 笑。
★14 - コメント(0) - 2016年10月9日

「上杉謙信・女性説」を大胆に取り扱っている作品。これからの展開がとても楽しみです。節々に東村アキコさん本人がゆる~い感じで登場してくるのもツボになりますね(笑)
★4 - コメント(0) - 2016年10月8日

雪花の虎(ビッグコミックス) 1巻の 評価:58 感想・レビュー:319
ログイン新規登録(無料)