カタワレノワレワレ (IKKI COMIX)

カタワレノワレワレ (IKKI COMIX)
234ページ
74登録

カタワレノワレワレはこんな本です

カタワレノワレワレはこんな本です

カタワレノワレワレの感想・レビュー(56)

大学生的な、あまりに大学生的な。あと、一人鍋は美味しいと思うよ
★1 - コメント(0) - 2016年10月1日

大学生だー!
★1 - コメント(0) - 2016年9月23日

これ…好きだなあ。 しばらく読んでなかったけど、ゴミに埋もれた聡一のところはすごく覚えてた。 この作品が私の中で傑作化したのは、人間関係のリアルさやセツナサ大河なのも勿論だけど、救いの部分がじっくり描かれてるってのが大きい気がする。一応過去を飲み込めた体の現在から始まるんだけど、本当に乗り越えられてはなくて、徐々に人が集まりだしてそこに結婚式の話が来たりして、告白のシーンももれなくちゃんと描いてるし、すごく丁寧で幸せな読後感。 一ページに四コマ一列っていう贅沢な使い方もとても良い。
- コメント(0) - 2016年4月1日

大学生達のモラトリアムな日々。居心地の良い空間を失いたくないし今の関わり方を変えたくない。でも変わってしまうし失ってしまう。けれど、それは必ずしも悪い事ばかりではなく、そこから得ていくものもあるのだよ。…こんな感じの4コマ漫画。双子ズを始めとするキャラクター達の微妙な感情や場の空気が伝わってきて、すごく面白かった!
★23 - コメント(0) - 2016年1月30日

よくもだましてくれたアアアア‼︎だましてくれたな‼︎ノッツよおおぉぉぉ‼︎23歳Dカップ女子大生ではないじゃないか。最近、素顔の写真が挙がってきたが、確認したら彫りの深い好青年って感じじゃないか。でも、23歳Dカップ女子大生は漫画を描く上での仮初めなカタワレな存在だったかも知れない。なら許すよ、許す。ただし師走の翁、テメーダメだ。一応、作品の感想を…食材を持ち寄り、溜まり場で男女みんなでひとつの鍋をつつき合いながらもモラトリアムな日々を過ごし、思ひ出に浸れるようなそんな学生時代を過ごしたいだけの人生だった
★1 - コメント(2) - 2016年1月26日

★1 - コメント(0) - 2015年10月31日

分厚い!と思ったら1ページ1四コマだった(笑)ノッツさんのsleeping sofaだかなんだかって話が元っぽい??印象的な言葉が出てくる。「ほんの涙1滴分の差だったのかもしれない」っていう文がすごい好き。#7あたりはもうニヤニヤしながらずっと読んでました。カタワレノワレワレでも曲作ってくれないかな~…と期待してます(笑)
- コメント(0) - 2015年3月29日

クソ出会い厨大学生たちの姿がまぶしかった
- コメント(0) - 2015年3月21日

私の何ひとつ上手く行かなかった大学生活を思い出したりもするのだけど、創作の中でくらい、こんなに人が人に甘くあってほしいよ。
★2 - コメント(0) - 2015年3月13日

人生…
- コメント(0) - 2015年3月11日

悩み、迷うのも青春か。出会いというのは貴重ですね。
★1 - コメント(0) - 2015年3月5日

なんでや!一人でも鍋美味しいやろ!
- コメント(0) - 2015年3月4日

待ちに待った(本当に待った!)単行本。ノッツさんの世界観、僕はこういうものをイメージしている。曲にも漫画にも。どこか不安を感じているモラトリアム。共依存の関係性は心地よく、どこかセツない。この瞬間を貴重な時間なんだと、どこか自覚しているキャラクター達が僕は好きだ。
★4 - コメント(0) - 2015年3月2日

大学時代、友人の下宿に集まっては、みんなで飯食ったり騒いだりしていた日々を思い出したよ。誰かと誰かがくっついたりうまくいかなかったりして、気まずくなって離れていったこともついでに思い出した。モラトリアムの、ただただモラトリアムの季節。
★2 - コメント(0) - 2015年3月1日

積読中のみんな最新5件(6)

03/11:もりと
03/10:Larisa
03/04:kasai
02/28:f/k/a 上海

読みたいと思ったみんな最新5件(12)

07/28:歩月るな
07/25:らと
カタワレノワレワレの 評価:57 感想・レビュー:16
ログイン新規登録(無料)