Banana fish (7) (小学館文庫)

Banana fish (7) (小学館文庫)
300ページ
446登録

Banana fish 7巻はこんな本です

Banana fish 7巻の感想・レビュー(426)

"白(ブランカ)"登場の巻。
★2 - コメント(0) - 3月11日

アッシュの師匠が敵にまわって、苦境に立たされ、次巻が楽しみです。
★2 - コメント(0) - 1月24日

バナナフィッシュについての謎が少し明かされてるのかな。アッシュにも対抗できない強敵登場しそう?
★5 - コメント(0) - 1月14日

読んでいる場合じゃないのに、結局止められなくなってしまう。そして、大切な存在、ブランカのことすっっっっっかり記憶から抜け落ちてたのわらう。ブランカ!わたし、ブランカがアッシュと心を通い合わせるの、すごくすきなの。彼がユーシスの心をやさしく解そうとするところも。愛も、その痛みも欠落も知っているブランカは、ふたりと“格”が違う。やさしくてかなしいおとなだ。
- コメント(0) - 2016年5月30日

- コメント(0) - 2016年5月3日

★5
★1 - コメント(0) - 2016年4月25日

再読。
★2 - コメント(0) - 2016年2月20日

相変わらずアッシュと英二はラブラブ。ユーシス暗躍中。
★1 - コメント(0) - 2015年11月11日

アッシュのナース服が違和感ない(笑)アッシュと英二の再会に胸熱。 スナイパーの腕が神がかり過ぎるブランカさん。上院議員キッパードとアッシュの売春と見せかけた脅迫のシーンがカッコいい。連続狙撃から英二を命がけで守るアッシュにキュン。敵側に周ったかつての先生ブランカさんにアッシュが苦戦してる・・どうなるんだろ。▽図書館
★7 - コメント(0) - 2015年5月17日

再読。ドースン博士というおまけ付きでアッシュは脱走に成功。エイジとも再会を果たす。李一族乗っ取りという野望を持つユエルンとゴルツィネが手を結んで、とうとうブランカ登場。巻末エッセイは山本コータロー。
★2 - コメント(0) - 2015年3月14日

yk
アッシュ逃げ切った!やっと英二とも会えた。よかった。しかしこの二人の関係はアレだな。そしてユーシスもキレるなー!ブランカってのがアッシュの師匠なのか。それっぽい。
- コメント(0) - 2015年2月16日

ton
再読。「あいつが無事でいないと、オレはだめなんだ」わかっちゃいたけど、遂にここまできたか…。アッシュの言葉と表情のひとつひとつ…いや、アッシュのすべてが切なくてたまらない。白(ブランカ)登場。アッシュの師であり、唯一の脅威が敵方に。しかし憎めない男なんだよなぁ…ズルイ。
- コメント(0) - 2015年1月13日

椿
再読。アッシュ、研究所から脱出。マックスと伊部さんが見つけられなかった英二に、あっさり会えたよ〜流石アッシュ!ぶかぶかのスーツを着ていてもカッコイイな〜。いよいよ、ブランカ登場。「海流の中の島々」読みたいよ。
★5 - コメント(0) - 2015年1月6日

★★★★
- コメント(0) - 2014年12月5日

精神センターから脱出したアッシュを追うゴルツィネ。そんなゴルツィネと手を結ぶユーシス。李家末弟ユーシスの兄達への憎悪は凄い。一筋縄でいかないアッシュ確保のためにプロの殺し屋「白(ブランカ)」が雇われる。ブランカはアッシュを一人前にした師でもある。穏やかな顔立ちに似合わず非情にもなれるブランカは、根っからの悪人には思えず、師としてアッシュ側に立つのではないかと。
★27 - コメント(0) - 2014年10月31日

こうなったら、国なんて信じられないだろうなぁ。そういえば、大学生の時オーストリアの書店でドイツ語版のbanana fishを買ったのを思い出した。あれは何巻だったんだろうなぁ。
★1 - コメント(0) - 2014年9月6日

増えた登場人物がいいのか悪いのか。
- コメント(0) - 2014年8月10日

月龍もかわいそうな子だな。彼にも英二のような子がいれば、救われるんだろうけど…。アッシュ、「側にいてくれ」と英二に言いますね。ほんのひとときでも、幸せな時間をあげたいですね。
★14 - コメント(0) - 2014年7月21日

解説書いた人はそんなに悪くない。編集が悪い。
- コメント(0) - 2014年7月5日

やっと合流できたアッシュと英二。月龍とパパディノが手を組んで不気味さ倍増。殺し屋ブランカがいい人そうなのが却ってこわい。
★2 - コメント(0) - 2014年6月11日

★★★★☆
- コメント(0) - 2014年2月4日

病院からの脱走、ユーシスとゴルツィネの企み、そしてアッシュも恐れる敵“白(ブランカ)”の登場…と今回も怒涛の展開。緊迫の中、アッシュと英二とのやりとりが和む~。
- コメント(0) - 2014年1月17日

aya
精神病院を脱出してマンハッタンへ戻ってきた。NYまた行きたくなる。フェリーでマンハッタンの夜景を眺めたい。エンパイアのぼるより、夜のフェリーのが気持ちいいし。
- コメント(0) - 2013年10月27日

〝そばにいてくれ〟と もう1度言わせたい のか? | 「BANANA FISH」の 原型は ブルグマンシアの 突然変異株です ∥ 巻末エッセイで山本コータローがダメ押しのようなネタバレ。渡辺えりもそうだが、出たがりは本当に口が軽いってことです。
- コメント(0) - 2013年10月18日

【図書館】研究所からの脱出、ユーシスの復讐が動き始め、アッシュと因縁がある?らしい凄腕スナイパーの登場!…と、あいかわらず怒涛の展開です。やっと研究所から出てきたところでおっさん達二人の危機を知り、悪態つきながらも戻るアッシュは(英二の影響か?いい意味で)成長したなぁ~と嬉しくなりますね。
★7 - コメント(0) - 2013年4月23日

脱出するまでコメディタッチでちょっと明るい気分になりやした。他人の情事をたまたま見てしまった三人のしょっぱい顔おもろい。アッシュの爆乳ナース姿も拝めました。アッシュ苦労性やね〜お疲れ様。とゆーてる場合じゃもちろんなく、ユーシスの復讐やら凄腕スナイパーのブランカ登場やら大変。英二と抱き合うとこせつない。
★3 - コメント(1) - 2013年2月14日

ブランカがヘミングウェイの本をちらつかせる部分は読者に対する示唆なんだろうけど、劇中の展開を考えるとバナナフィッシュ(サリンジャー)と読者を意識している部分がメタ過ぎて意味不明な気がする。
★1 - コメント(0) - 2012年9月25日

全巻(大きな子ども)買いしたんだが、この後書きはゆるさねえ。  ブランカは締まったいいスーツを着ているな。
★1 - コメント(0) - 2012年7月17日

つづく
- コメント(0) - 2012年4月16日

月龍嫉妬かよかわいい(*´ω`*) ちゃんと理解しました(笑) アッシュ人気者だな! 今回は英二と再会でなんだねあのいちゃらぶは!! 二人がセットだとほんとかわいい(*´ω`*) そして師匠登場なんだけど大丈夫か((((;゚ω゚))))
★1 - コメント(0) - 2012年2月10日

李月龍の一族皆殺し計画が明らかになる。ゴルツィネは殺し屋を雇う。
★1 - コメント(0) - 2011年9月3日

そろそろ英二の立ち位置が変わってきてもいいんじゃないかなーとか。
★1 - コメント(0) - 2010年12月27日

おいいいいい!!! だから解説でネタバレするのやめろよおおおお!!! 何度も引っかかる私も私だ! 大人しければ物語が進まないのは重々承知だが、英二のどんくささに物凄く腹が立つ。これだけ腹が立つのは何度も言うが物語にのめり込んでるからで、それだけこの漫画が力を持ってて魅力的という事! アッシュがはじめて敵わないと思うお師匠さん登場で、これまでとは違う流れになるかも? 初読なので熱くなってる。
★2 - コメント(0) - 2010年7月7日

Banana fish 7巻の 評価:38 感想・レビュー:47
ログイン新規登録(無料)