終わりなき負債 (SHOGAKUKAN MYSTERY―クラシック・クライム・コレクション)

終わりなき負債の感想・レビュー(13)

★★★★☆英国ミステリ黄金期に新境地を開いた犯罪小説で、たいへんおもしろかった。まず驚くのは、フランシス・アイルズ『殺意』よりも前の1920年代に執筆されていること。犯罪心理を扱いつつサプライズエンドで終わるのは、当時ではかなり斬新だったはず。経済的成功から一転して家庭が崩壊していくのは現代でも通じる普遍的なテーマで、小説としても古臭さを感じさせない。見るに耐えない豪遊ぶりなどの細部も、意地が悪くて感心した。日本ではほぼ無名だけど、ミステリ史に大きな痕跡を残した作品として広く知られていい名作。
- コメント(0) - 2016年9月22日

2015年10月12日:三丼フライ
なんか気の滅入る本だった……。
- コメント(0) - 2014年4月28日

2014年2月9日:「先生」
2014年2月7日:半殻肝
2013年1月5日:三門 優祐
2012年1月11日:あや
2009年5月14日:草太
2004年4月10日:脂肪分
--/--:hikarunoir

今読んでいるみんな最新5件(1)

01/10:あや

積読中のみんな最新5件(1)

読みたいと思ったみんな最新5件(3)

10/16:tnrsm193MFU
02/16:Machiko
終わりなき負債の 評価:31 感想・レビュー:2
ログイン新規登録(無料)