モンスターU子の嘘

モンスターU子の嘘
315ページ
857登録

モンスターU子の嘘はこんな本です

モンスターU子の嘘を読んだ人はこんな本も読んでいます


モンスターU子の嘘の感想・レビュー(631)

悪い女もいるものです。
- コメント(0) - 1月17日

タイトルに惹かれて読んでみた。U子こと 詩子にまつわる虚実を描く。時代背景は昭和末期から平成へと向かうバブル期前後。実際の人物をモチーフにしているのだろうか?ドキュメンタリー的な面白あはあるが小説としてはもう少し掘り下げて欲しかった。
★13 - コメント(0) - 1月2日

結局、最後まで詩子が何者であるか分からなかった。
★1 - コメント(0) - 1月1日

あらすじが面白そうで手に取ったけど…ウーン。。結局何が言いたいのかも、真実が何なのかもまったく分からなかった。幸恵もキャラが確立してないし全て中途半端なような。最近、読書する時間が全く取れていなくて久々の読書だっただけに残念。
★2 - コメント(0) - 2016年11月12日

モンスターというにはキャラが弱い気がした。もっと恐ろしい人は他にもいるしね。
★13 - コメント(2) - 2016年10月31日

美人で頭がよくて、周りの人間を思い通りに騙せてしまう詩子さん。ちょっと憧れる。騙されている間は幸せだから、騙されたままでいればいいって、なるほどなあと思った。
★2 - コメント(0) - 2016年8月18日

男も女も全て呑みこみ絡めとる魔性の女、詩子。ヤクザや政治家、果ては詩子との浮気の果てに捨てられ死んだ男の妻まで。なぜそんなに魅かれるのかイマイチわからなかった。押しの強さと甘え上手、巧みな話術と度胸。確かにすごいが、ずっとなぜ?がついたまま読了。『U子』というもの分からない。ただ獄中で出会った根岸の出所祝い、あれをやられちゃ自分もイチコロだと思う。しかし、七夕に読み終える小説じゃなかったなぁ。
★23 - コメント(2) - 2016年7月7日

読みやすくて面白いんだけど...中途半端で終わった感じ???
★1 - コメント(0) - 2016年6月24日

読んでいて面白いんだけど、なんだか疲れた。結局、詩子の正体は何者?ってモヤモヤが残りました。
★1 - コメント(0) - 2016年6月6日

表紙につられて手に取った一冊。 読んでいて、いっそ清々しくなる位の詩子の悪女っぷりがいい。 読者の小生を含め、全ての登場人物がこの女の手元で転がされていた気がした。
★2 - コメント(0) - 2016年4月30日

おっかないおなごのお話でした。読みやすくて面白かったです。☆3つ
★2 - コメント(0) - 2016年4月11日

イマイチでした。
★1 - コメント(0) - 2016年3月26日

mog
なんという終わり方Σ(・□・;)
★1 - コメント(0) - 2016年1月19日

ino
うーん…U子がどんどん嘘を重ねて行ってみんな騙されて行くのだが、なぜ騙されるのかわからない。 U子の魅力が全くわからなかったのでのめりこめず、最後まで読むのもやっとだった。
★2 - コメント(0) - 2015年11月26日

題名に惹かれて中古本で購入。どれが本当なの?全部嘘? U子は詩子?かなりの悪女ではあるがなんだか、良く理解できない。確かに男を手玉に取る女はいるけど、そんな大物ばっかりだと出来過ぎてると思う。ちょっと期待し過ぎで残念。機会があれば違う本を読んでみたい。
★24 - コメント(0) - 2015年11月6日

いやあ、チョーエキはホラ吹きばっかりだから、感心して聞いたりしないと思うよ、自慢話を・・・
★1 - コメント(0) - 2015年11月6日

帯のコメントに惹かれて読みました。U子の魅力は描かれていなくて、虜になった歴々で表されているのがチョット掴みきれずモヤモヤしました。ただ、その魅力だけでこれだけのし上がっていくなんて凄くカッコイイ女ではある。
★2 - コメント(0) - 2015年10月25日

確かに詩子悪い女でした。でもたくさんの悪い女読んできてるのでモンスターというほど極悪という感じまではしませんでした。ランクB位(勝手にランクづけしてすいません)途中想像すると気持ち悪くなる部分有り想像しないで流しましょう。詩子は怖くてずるい女だけど刑務所中で詩子にごきげんとり新人には態度を変え威張り散らすごりらやうりざねとかのほうがいやーな女に見えた。関わりたくないと思いながらみんな詩子に翻弄されていくのは詩子の魅力なのか。どこが魅力なのかわからない。音子が大人になったら恐ろしい女になるだろう。
★9 - コメント(0) - 2015年10月10日

確かに悪いオンナでした〜笑このオンナに周りが夢中になっていくんですけどね、結局最後は私は納得いかないなーみたいなもやもや感たっぷりの読了でした〜‼︎期待した程でもなかった(*_*)☆二つです
★48 - コメント(2) - 2015年8月20日

★★★
- コメント(0) - 2015年7月18日

詩子さんみたいな人いるな、って思いながら。悪女っていいよね。
★4 - コメント(0) - 2015年6月23日

いったい詩子のどの部分が本音で本心なのか、どの部分が嘘なのか私はわからなかった。全部嘘にも思えるし、真実っぽくも思える。詩子が悪女すぎてコワイ。ほ〜んと獲物を糸で絡め取るクモみたい。世の中ナメきってるのかなぁ、そりゃそうだよね、これだけ何でも自分の思い通りにできちゃうんだから。肝が据わっているから、たぶんこれからもず〜っと詩子は負け知らずなんでしょ? なぜ人々が彼女に惹きつけられるのか、正直なところ、文字だけでは詩子の魅力というのは感じられなかったけど、存在感があって影響力のある人だということはわかった。
★5 - コメント(0) - 2015年6月18日

初めての作家。こんな女性、間近で見てみたい。簡単に取り込まれるか、全く相手にされないと思うけど。
★2 - コメント(0) - 2015年6月17日

服役中、出所後、そして若かりし日の詩子。 本当の彼女は純粋で優しい女性なのだろうか。 変わってしまった悪女の詩子が最後に呟くひとことに本来の姿が垣間見える。 中盤が中だるみ気味で飽きてしまったので、もう少しドキドキするようなエピソードが散りばめられていても良かったかな。
★76 - コメント(0) - 2015年6月1日

タイトルに興味を覚えて拝読。読みやすくて面白かったです。悪女とか政界の黒幕とかそういう話が好きなので、でも続きが気になる終わり方でした。U子の悪がこのあとどんな風に人を引きつけて堕としていくのか。ぜひ読んでみたいです。
★4 - コメント(0) - 2015年4月8日

世の中の表も裏も知り尽くしているような大物達を次々と手玉に取ってしまう 詩子の『魅力』の部分があまり見えなかった所が残念。この先の自分の人生に不安を抱えている幸恵が、詩子からキッパリ離れられないのはなんとなく解るけれど、蒲田が一度しか会ったことがない詩子に惹かれている理由もいまいち謎。詩子の人としての魅力が伝わる部分がもう少しあったら、だいぶ物語の印象も変わったかも、、
★5 - コメント(0) - 2015年3月8日

電車で外出の機会もあり一気に読了。ともかく強い‼という印象。 謎に包まれて正体がわからないがいろいろできる上に人を魅了しては操る詩子に既視感を感じた。東野さん幻夜の美冬か。。。 最後はそこも繋がるのか。。。というおち。娘のいくすえも気になる。。。 実際そこまでうまくいく?と思えど女性目線では痛快と言えなくもないかも。。。
★12 - コメント(0) - 2015年1月23日

いや〜怖い怖い。でも最後の終わり方これはどうかな。ところで表紙の絵は詩子さんだよね?胸あるじゃん。ちなみに自分にとってはU子さんと言えばオバQのU子さんなので彼女のおさげがずっとちらついていて困った。
★125 - コメント(0) - 2014年12月27日

★★★★
★1 - コメント(0) - 2014年12月26日

終わり方が…(笑)続編あるのかな?しかし何となく何処かで読んだ気がしたなぁ〜と思ったら、東野圭吾の幻夜を読み易くした感じに似てるかも。退屈せず読めたよ♪
★7 - コメント(0) - 2014年12月3日

お近くの本屋さんですごく薦めていたので読んでみた、初読みの作家さんです。刑務所内のU子と、U子について聞きまわる記者とが交互に記されているが、誰もが惹かれてしまうU子に胡散臭いと思いつつ魅力は感じます。片やなんだかんだ言いながらものめり込んでしまう記者には少々呆れ気味に。やがて出所して、どんなふうに終わるのか興味津々だったのですが・・・ん~それで終わり?(^_^;)
★61 - コメント(2) - 2014年11月28日

タイトルと表紙に興味を持ち読みましたが、私にはちょっとしっくり来なかったなぁ。
★8 - コメント(0) - 2014年11月24日

ジャケ買い、と云うかポップに惹かれた感じ?『お姉ちゃんへ、u子、おっかない。面白かった私は。でも、u子は嫌だな〜』って中古本に挟まってたの見て、どんな本?って購入。 なかなか読ませられた。感心するぐらいな極悪な用意周到さで確かにコワイ。コズミック教の心理も面白いがそれを逆手にバカにしてる手法も面白い。 見る角度によって違うu子像も秀逸。デビュー作以来の越智作品だったが、他も読みたくなった。
★7 - コメント(0) - 2014年11月19日

啓文堂の文庫大賞にノミネートされていたので読んでみた。周りを巧みに騙す詩子の素性が最後まで分からず…面白い話だったので、もっと最後はスカッとしてもらいたかった。
★7 - コメント(0) - 2014年11月17日

最後まで読んでも正解がわからない。けれど、とても面白い。 昭和の時代、本当にこういう悪い女がいたんじゃないかと思う。
★6 - コメント(0) - 2014年11月3日

さっと読めた。現実なら確実に関わりたく無いタイプ。U子、恐るべし。
★18 - コメント(0) - 2014年10月29日

混乱期、戦後間もなくって時期には、とんでもない人が沢山いたんだと思います。そもそも、終戦から東京オリンピック開催まで19年しか経っていないんですから。 それこそとんでもない時期です。唄子さんはその中の一人。この作品は伝説の人を周りの人たちの証言で明らかにしていく、2時間特番(テレビ)みたいな作品。いろんな伝説は語られるけど、側面や特定の出来事だけで、肝心の本人の声が出てこない。受け手側は、面白いけど良く分かんない。みたいな・・・。まさに「あ・そう」的なお話です。作中語られる崩御や不死鳥伝説と同じです。
★6 - コメント(0) - 2014年10月26日

結局、何でみんな騙されるの?かわからなかった。終わり方もスッキリしないし。全てがよくわからないままに終わった本でしたΣ(゚д゚lll)
★5 - コメント(0) - 2014年10月22日

う~ん、私の好みではなかった。U子という人物も今一つ掴めず、ストーリーも何だかつかみどころがなかった。
★8 - コメント(0) - 2014年9月2日

終わり方に釈然とせず。
★5 - コメント(0) - 2014年8月28日

モンスターU子の嘘の 評価:84 感想・レビュー:283
ログイン新規登録(無料)