風立ちぬ/菜穂子 (小学館文庫)

風立ちぬ/菜穂子 (小学館文庫)
293ページ
98登録

風立ちぬ/菜穂子の感想・レビュー(58)

アニメ「風立ちぬ」を見て感動して読んだ。アニメは震災から戦争へと激しく動く時代を背景に、主人公と菜穂子の純真なものが際立っていた。小説の方は、高原、林、朝靄、夕日といったような、湿りや影、冷気をふくんだ美しい自然、そしてロマンチックだがやり切れないような気持ちを描く。せつない。読んでよかった。私は「菜穂子」がいいと思った。
- コメント(0) - 2016年10月25日

ジブリ作品の「風立ちぬ」を久しぶりに見て、堀越二郎の「零戦」に引き続いて読了した。「風立ちぬ」には人の一生というものはその長さにあるのではなく密度にあるものかと感じさせられた。残り少ない命を精一杯の愛で生きその濃い時間と、残されたものの長い人生における心象変化、ふと思い描き感じる節子の面影。そのような一生もあるのだなと感じた。「奈緒子」は関係する登場人物各々の心象変化が描かれているが鬱を持つ自分には追体験をしているようでつらかった。
- コメント(0) - 2016年10月12日

風立ちぬはとても静かな感慨を受けるが、菜穂子はなんだか心がそわそわする感じがした。前者は死という運命を受け入れた者のお話で、後者は運命に対して、見出そう、抗おうとする者と受け入れる者が交差しているお話だからだろうか。個人的には前者の完結した雰囲気が好きだが、菜穂子の死の匂いが濃厚な中に命の光がところどころ射している感じもよかった。
- コメント(0) - 2016年6月10日

映画から興味を持ち読んでみた。重病、孤独、虚無感といった一種の不幸せな状況に陥った人々が逆説的に幸せという物について深く思索していく。最低限の記述で解釈の余地をより増やし、感銘をより強くするような描き方。その分かなり難しいが、数回読めば理解は出来そうで、読むたびに面白く感じていきそう。「菜穂子」の方が比較的登場人物の心境が詳しく描かれていて、「風立ちぬ」よりは読みやすい印象を受けた。
- コメント(0) - 2015年12月10日

「風立ちぬ」のみ。
- コメント(0) - 2015年9月26日

読んでよかったです。特に「菜穂子」のラスト、生きる意味についてもがきながら生きていくという菜穂子の思いは、今の自分の最大のテーマとぴったり重なり、共感なんてもんではありません。私自身、生きることを完全に肯定しきれずにいるのですが、「風立ちぬ」も「菜穂子」も生きることを前向きに捉えるラストはとても魅力的です。おそらく一度読んだだけでは、この本の良さを理解しきれていないと思うので、いずれまた読みたいと思います。途中少しだれましたが、でも、とにかくよかった。
★5 - コメント(0) - 2015年9月10日

馴染みのある土地が舞台なこともあり、たまたま惹かれて手に取った本。きれい。ただし少し退屈。というか難しいのである。映画を観てはいないけど、想像と違った。
- コメント(0) - 2015年6月5日

軽井沢をより楽しもうと思い、描写が出てくると聞いて読んでみたが、八ヶ岳の療養所が舞台のよう。死と向き合う恋人との精神的な葛藤や想いがつづられている。息子を死なせてしまった自分の想いと重なるものがある。
- コメント(0) - 2015年3月31日

心理描写と風景描写が細かいけれど、読みやすかった。ちょっと私と似ているような人物もいたりして。登場人物のそれぞれの気持ちにぐるぐる、渦に巻き込まれた感じ。
★7 - コメント(0) - 2014年8月24日

宮崎駿の『風立ちぬ』を期待して読むと結構違う アニメの方はやはり宮﨑駿の解釈を加えて良い具合に歪めてあるなと思った
- コメント(0) - 2014年1月20日

★★☆☆☆星2.5。文章を理解するのに必死で物語が頭に入ってこなかった。それほど読み辛く、なかなか先に進まなかった。国語の教科書に載っていそうだと思うし、載っていたらいいと思う。自分一人で読み説くのは難しかったので、授業で習いたいと思った。奈穂子はわりと読みやすかった。
★2 - コメント(0) - 2014年1月16日

青空文庫で風立ちぬ、だけ読んだ。主人公の内面の主観的描写に終始してた。主人公は仕事してなかった。ものづくり、戦争、震災と盛り込んだ映画とは別物だった
- コメント(0) - 2013年12月22日

何と表現すべきであろうか。時間がまるでスローモーションのように儚く流れ、その流れに身を任せて時の移ろいを感じとる。不思議な感覚だが、それは紛れもなく生きていることの証。なんと切なくも儚い物語なのであろうか。死は愛を分かつのであろうか。また時間をおいて読みたい物語です。
★20 - コメント(0) - 2013年12月4日

儚さ切なさを感じさせる美しい作品。
★1 - コメント(0) - 2013年12月2日

今読んでいるみんな最新5件(7)

10/20:峰子
06/05:あー。
08/16:あざらし
08/01:koku
05/21:サニー

積読中のみんな最新5件(9)

03/24:
03/16:はると
11/09:もとき

読みたいと思ったみんな最新5件(24)

10/04:よしの
08/12:森田
06/20:蓮根
風立ちぬ/菜穂子の 評価:55 感想・レビュー:16
ログイン新規登録(無料)