新興宗教オモイデ教外伝 1 (1) (ガガガ文庫)

新興宗教オモイデ教外伝 1 (1) (ガガガ文庫)
356ページ
110登録

新興宗教オモイデ教外伝(1) 1巻はこんな本です

新興宗教オモイデ教外伝(1) 1巻はこんな本です

新興宗教オモイデ教外伝(1) 1巻の感想・レビュー(62)

再読。まず言っておきたいのは、あくまで大槻ケンジトリビュート作品だということ。大槻作品ほどには、振り切れていないかもしれない。もっとオリジナルとして勝負しても良かったのでは?と思ってしまう。
★3 - コメント(0) - 2016年2月29日

文体が特徴的なので、節を付けて歌うように読むとリズムに乗れて独特な世界観になる気がしました。しかしこの結末で続刊はどうするつもりなのだろう。
★1 - コメント(0) - 2013年6月28日

高校時代に原作を何度も何度も繰り返し読んでいたので手にとってはみたが……。文芸雑誌『ファウスト』で作者の小説を読んだ時にも思ったが、文体が合わないなぁ。一応、続編も出版されているようだが、どうしましょう?
★1 - コメント(0) - 2013年5月26日

大槻ケンヂのオモイデ教を読んだことはないが、それを読んでいなくても、ある程度理解できるように話は作ってある。大槻ケンヂのオモイデ教に思い入れがある人が、この作品をどう感じるかは分からないが、少なくとも万人向けの話ではないし、さほど面白いとも思えなかった。同じ毒電波の話なら、ヒロインに可愛さがある分、雫の方が好きかなぁ。
★1 - コメント(0) - 2011年12月27日

原作のオモイデファンとしては、記憶から消したいぐらい残念な内容。 一応の、オモイデ教にあった要素――例えば、猟奇趣味やオカルト教団、長すぎるモノローグなど――はあるものの、超チープ。謎行動&B級ギャルゲキャラの連発が……どちらかと言えばPCゲームの「雫」を元にしたやき回しを行う(毒電波とか言っちゃうし)。何故、冷静に高校生があの状況で陰部観察を濃密にやるのか? 更にキャラの一部に原作にいたキャラだったりするから、拍車をかけてたまったものではない。 オーケンの後書きだけが救いの一冊。
★4 - コメント(0) - 2011年8月20日

なんとも謂われぬ読後感。原作読んでみようかしらん
- コメント(0) - 2009年3月21日

……なんと微妙な。とりあえず原作読み返してみんとす。
★1 - コメント(0) - 2008年10月25日

定価新品。原田って昔はもう少しマシじゃなかったっけ……原作ファンは読まなくていいです。雫とかのファンも読まなくていいくらいです。
★1 - コメント(0) - 2008年6月28日

淫らな猟奇趣味。
- コメント(0) - 2007年6月5日

「莫迦」とか「厭」とか、難しいほうの漢字を使うのはなぜなんですかね。 あと「本統」とか。
★1 - コメント(0) - --/--

オモイデ教大好きなので読んでて辛かった。けど、オモイデ教が大好きだから我慢して読んだ。前半のエロゲ展開も、自分の身体を細かく切ってトイレの中に自分のバラバラ死体を入れて、自分でトイレの水を流しても、酷い有様の少女を目の前にして、彼女の露わになった股間をまじまじと観察して色形を詳細に語る変態主人公も、メグマ波で物理攻撃をした時は本を閉じかけたけど、最後まで頑張って読んだ。
★1 - コメント(0) - --/--

微妙。
★1 - コメント(0) - --/--

青春時代に読んだこの人のWAとのギャップがひどくて…こんなもんだったかなあ
★1 - コメント(0) - --/--

今読んでいるみんな最新5件(3)

07/14:八雲
10/22:ekkuso
10/24:千祥

積読中のみんな最新5件(26)

08/11:ラムジフ
02/18:おっきー
09/07:Gawain
12/23:秋野

読みたいと思ったみんな最新5件(19)

10/24:
07/07:KulVario
05/20:くー
新興宗教オモイデ教外伝(1) 1巻の 評価:55 感想・レビュー:17
ログイン新規登録(無料)