コップクラフト (ガガガ文庫)

コップクラフト (ガガガ文庫)
324ページ
1447登録

コップクラフトの感想・レビュー(974)

ファンタジーな世界と繋がってしまった地域を舞台にした、おっさん刑事と美少女騎士のバディもの。当初は水と油だった2人がお互いを認めて行く過程や、あとがきのぶっちゃけ無駄な作り込みから、作者がこういう話を好きなんだなと伝わってくる良作。
★2 - コメント(0) - 3月25日

おっさん×少女。ハードボイルドで海外ドラマのような警察モノ! 魔法の使える異世界と繋がる地球上の街が舞台。"妖精"をめぐるお話。 おもしろかった。この異世界とリアルが混ざる不思議な世界が好き。主人公のコンビの渋さと若さの混ざった感じがいい
- コメント(2) - 2月25日

科学と魔法、幼女とオッサン、エンタメ刑事ドラマ、村田蓮爾、良い素材を使って腕利きのシェフが作った料理の様に上手にまとまった作品。でも上手くできすぎているがゆえに、意外性が少なかったのもあるかな。自分たちが文明人と思い上がって、野蛮人たる異国民に嫌悪と畏怖を抱く心理を、日本人が中国人人に抱く心理に例えて説明してる下りは、すごく今風で良かった。
- コメント(0) - 2月6日

村田蓮爾先生のイラストが素晴らしい。本文は著者の狙いの海外刑事ドラマっぽい感じが出ていると思う。
★2 - コメント(0) - 2016年12月25日

fap
科学と魔法が共存する町で治安の維持に努めるお話。 現実を知っている警察官と理想を求める騎士がコンビを組む話でもある。 人の欲が順調に育てばまぁこういう形になるよな。 事件の背景がわかると急速に解決に向かうあたり、 たしかに海外ドラマを彷彿とさせてくれる。 イラストは綺麗。 でも全部見開きにする必要はあったかなぁ。
★2 - コメント(0) - 2016年12月16日

あとがきにあるように、海外ドラマを思わせるような作品でだった。
★2 - コメント(0) - 2016年11月26日

無精ヒゲでアルマーニ着て高級車乗り回すおとり捜査官、なんて言われると私としてはもうマイアミバイスしか頭に浮かばなくなっちゃってたのでそのつもりで読みましたが(読むな)、キャステロ主任がああなっちゃうのはちょっと・・・(キャステロじゃないってば)。お話としてはすごく面白いわけじゃないですが、疲れた頭でもすんなり読めて楽しめるのはラノベのいいところです。でも巻末のお遊びは見え見えのワリにはちょっと引っ張りすぎじゃないかなあ。
★2 - コメント(0) - 2016年10月2日

(4)
刑事ものとファンタジーの美味しいとこ取り。楽しみなシリーズとなったが、個人的にはマトバとティラナの距離感を近づけ過ぎないでいただきたい…あくまでもハードボイルドで、ね。
★2 - コメント(0) - 2016年10月1日

面白かった!
★2 - コメント(0) - 2016年9月27日

海外刑事ドラマと異世界ファンタジーの世界観をこれほど違和感無く融和させるとは、流石です。会話に時折挟まれる、警察やワルい奴らのジョークの応酬が実にそれっぽい。渋いオッサン刑事と、気の強い少女騎士のデコボココンビというバディものの美学も詰まってる。幼女もオッサンもイケる村田さんの絵のマッチ具合も抜群だし、良作ですね
★2 - コメント(0) - 2016年9月25日

★★★★☆ 最後の作者あとがきに完璧に騙された。イラストはどっかで見たことあると思ったら、アニメのラストエグザイルのキャラクターデザインの方でした。内容としては現在社会に異世界ゲートで繋がった現代での銃と剣術と魔法入り乱れる刑事モノ。2つの世界の価値感が違うところなんかが非常におもしろい。
★4 - コメント(0) - 2016年8月3日

ドラグネットミラージュ、リローデッド。再販(復刻)だけかと思ったぜ・・・
- コメント(0) - 2016年6月6日

ジャケ買いです。 まあ、刑事物とか、異世界物とか、でこぼこコンビ物とか、全部好きですが(^v^) んフルメタの作者だし?的な) とにもかくにも、 青の6号、万歳\(^-^)/! ようは、そのイラストレーターさんだったと。 そして、なんか、前もいったような気がするが、百選練磨(?!)なオヤジが、初々しい女子とコンビを組むのは、悶えるしかないから!!どれたけ、使いふるされていようと!!!!もう、その設定を愛してる……。 そして、大事なことなので、もう一度。 青の6号 万歳\(^-^)/!
★1 - コメント(0) - 2016年6月5日

美少女騎士+異世界+ハードボイルド刑事+痛快アクションな本でした。軽すぎず重すぎず読みやすかったです。
★4 - コメント(0) - 2016年5月31日

【凸凹コンビで挑む難事件!】ハードボイルドバディポリスアクション。面白かった。萌えに頼らない物語で魅せる堅実で重厚な作品。雰囲気がハリウッド映画か海外ドラマを見ている感じで、最初はカタカナばかりで馴染めるか不安だったけど、ファンタジー要素もあり固くなりすぎず読めた。マトバとティラナの小気味いいやり取りが気持ちいい。マトバのどこかくたびれた酸いも甘いも味わってきた老成した性格がいい。飄々としながら、決めるとこは決める芯の強さを感じる。これはいいオッサン。ティラナも合法ロリらしい可愛さと魅力を見せてくれた。
★5 - コメント(2) - 2016年5月29日

地球と異世界が繋がっている世界。外交関係を持ったからこそ生まれる違法、非道な騒ぎを巡るバディもの。30代の元軍人刑事が主人公でハードボイルド要素も残している。この手のファンタジーものを読むたびに思うもっと世界観を深く知りたいなぁという気持ち。主人公たちを中心に動いてしまうのは仕方ないがお互いの世界に住む一般住民の声がないため、広い世界観を打ち出しながら小さい社会だけを見せられている気がして色々気になってしまう。異世界発見後にお互いが戦争を起こしたようなのでそこらへんの前後の話も知りたい。
★10 - コメント(0) - 2016年5月13日

ハードボイルドな主人公とツンデレ?なヒロインとの刑事モノのコンビアクション。異世界と混ざった中での犯罪って設定が面白くてキャラの魅力にも引き込まれた。次巻どんな展開になるのやら楽しみ。学生時代に読みたかったなあ〜
★1 - コメント(0) - 2016年5月1日

★★★☆☆でこぼこコンビといえば賀東招二。セマーニ人と地球人の交流する世界観がつかめるまでには時間がかかったが、話の展開としてはがっつり洋物ノリでドラマを見ているようでした。
★1 - コメント(0) - 2016年4月14日

洋モノドラマぽいのとラノベぽいのがいい感じに混じり合ってて、こういうの好き。世界観がしっかり作り込まれていて、重厚で読みごたえがあった。いい意味でラノベぽくない。一冊完結のお話としてもうまくまとまってたし、続きもあるなら読みたいと素直に思えた。おっさん成分大量なのとツンデレ幼女っていう要素も素敵だった。
★3 - コメント(0) - 2016年4月2日

シリーズ第1作。ライトノベルとして出されていますが、中身は結構シリアス。世界観もしっかりしており、「読ませる」話でした。ベタな展開が続くのはシリーズの序章ということで仕方ない面もあるのでしょう。楽しく読めたので次作も読もうと思います。
★25 - コメント(1) - 2016年3月27日

今まで氏がこういった作品を書いているのをしらなかったけどこれ面白い。少しダークなSFって感じで作品のテイストがそこはかとなく夢枕漠っぽい。もっと話題になってもいいと思うが作風がラノベっぽくないからあまり話題にならないのかなと思った。
★1 - コメント(0) - 2016年2月29日

☆4続き
- コメント(0) - 2016年2月28日

これはいいおっさんと幼女。現代兵器で超常の力を打倒する爽快感とか、皮肉の飛び交う軽妙な文章がくせになりそうです。
★1 - コメント(0) - 2016年2月23日

ラノベで刑事物を書くとこんな感じになるのか。
★1 - コメント(0) - 2016年2月17日

うーん、ツボ!相棒、バーディ、なおかつおっさんと幼女(成人済みだけど見た目の話)のペア、たまらん〜。おっさんも頑固かと思えば案外柔軟性あって、面倒はごめんだと言いつつ横目で幼女のことをちゃんと見てて、打ち解けていく様がほんと一歩ずつって感じだったのが良かった。あとがきのドラマ風味も面白くてシリーズ楽しみ
★3 - コメント(0) - 2016年1月4日

ファンタジーと刑事物の融合した小説は初めてでした。刑事物の流れとしては古風だが定番の‘相棒’になるのが異世界からきた美少女(本人の言では少女ではないが(笑))で、剣と魔法、妖精など、通常の刑事物にはない要素がブレンドされることにより、どちら側も好きな自分にとっては、まさに面白さ倍増でした!次巻も期待したい。
★9 - コメント(0) - 2016年1月2日

面白かった。
★3 - コメント(0) - 2015年12月12日

設定は既視感を覚えたが、ライトノベルにしては重厚なストーリーだった。 続きも読みます!
★2 - コメント(0) - 2015年12月3日

おもしろかった!こういう凸凹コンビ系のドラマ大好きですッ!読んでいて、本当に洋画ポリスアクションのシーンを想像することができました。できれば、ぜひとも劇場アニメでスクリーンで見てみたい!1巻の内容は、そんな雰囲気です。 2巻以降どのように展開していくのかを楽しみにしています。
★2 - コメント(0) - 2015年11月26日

ハードボイルドsf。主人公がいいキャラしてた。あとがきは半分驚かされたな。面白かった。
★2 - コメント(0) - 2015年11月15日

★★★ 表紙はいい感じで内容も悪くはないが期待していたほどではなかった。 一番インパクトがあったのがあとがきだもの。 2巻を読むかどうかは微妙。
★1 - コメント(0) - 2015年11月6日

"訳者あとがき"からの本当のあとがきで、「コレ、海外の映像作品でありそう」というイメージを植え付けられていたコトを自覚する。信頼を置いた相棒を失い、その痕も癒えぬまま組んだ新しい相方とはソリがあわなくて。けれど事件に深く入り込んでいくうち、ソイツのために必死になってる自分がいて。助け、助けられて、お互いやっと同じ方向を向いて一歩進めるって時に、身内から新たな敵に「そんな、アナタが!?」改めて文字にすると、抽象化したプロットはハリウッドのアクションモノそのものでした。ゆえにアツく読みやすく、結果、一気読み。
★12 - コメント(0) - 2015年10月8日

硬派でハードボイルドな世界観の中にファンタジー要素を組み込んでいて、ラノベの中ではかなり珍しい雰囲気の作品でした。文化も住んでいいた世界も違う2人がいがみ合いながらも事件の真相へ進んでいく感じが好きでした。あとがきで書いてあったように、海外の刑事ドラマを見ているような感じでした。個人的にはマトバの同僚のゲイの人がいいキャラしてたから、もっと出番増えて欲しい!機会があったら「フルメタ」の方も読んでみたいです。
★20 - コメント(0) - 2015年10月7日

アメリカンテイストな刑事と、異世界の女騎士による事件解決劇。ハリウッド映画を見ているのか、ラノベを見ているのか混乱してくる展開だった。 地球と異世界の交流物だが、この素材を組み合わせる発想はなかなかないだろう。交流物が好きで、戦闘等が問題ない人は一読を勧める。
★7 - コメント(2) - 2015年8月16日

ライトノベルかな?と思って古本屋で購入。簡単に読めるかと思いきや、物凄くハードボイルドな世界観にびっくり。設定もSFものに近いかな。主人公の男性がてっきり強いのかと思ったら女の子の方が強くて『あちゃー』となるとこもありました。続きがあるみたいですが、この1巻で充分満喫出来たので、読まないかもです。
★20 - コメント(0) - 2015年8月15日

表紙に少し抵抗あったけど、なかなか面白い。エンタテインメント色の強い刑事物としてもっと売れてもいいんじゃないかと。
★5 - コメント(0) - 2015年8月3日

海外ドラマのノベライズって珍しいな。そっちのドラマの方が観たいんだけど。って、ねえのかよ!! 検索しちゃったじゃん!!
★6 - コメント(0) - 2015年8月2日

面白かった。何よりもあとがきにやられて、グーグル検索までしてしまった。是非海外で放送されていたというドラマの方も見たかったが、残念なことに今はみることができない。Blu-rayボックスが出るのを待とうと思う。
★8 - コメント(0) - 2015年7月31日

あとがきまじぱねぇっす 見事に騙されました 本編も楽しかったけどすべて吹っ飛びました(笑
★6 - コメント(0) - 2015年7月31日

大人も楽しめるライトノベル作品です。他のジャンルにないライトノベルの魅力といえば、ファンタジーやバトル(国家間の『戦略』や部隊規模の『戦術』ではなく、個対個の『戦闘』)が、大人も楽しめるように練りこまれています。とても面白く読めました。
★5 - コメント(0) - 2015年7月28日

コップクラフトの 評価:60 感想・レビュー:311
ログイン新規登録(無料)