コップクラフト2 (ガガガ文庫)

コップクラフト2 (ガガガ文庫)
308ページ
889登録

コップクラフト2はこんな本です

コップクラフト2の感想・レビュー(714)

性知識のない子供がエロ本読んでそれが説明もなしに「子作り」だと分かるかな? 車については完全にマトバの自業自得△( ´_ゝ`) ティラナが相変わらず可愛いです! 吸血鬼の話あっさりぎみ?(今後関わってくるのかな?期待)
★2 - コメント(1) - 3月5日

マトバのことを意識する自分に戸惑うティラナが可愛らしい。
★1 - コメント(0) - 1月19日

fap
伏線ちょっとアクション多めコメディ多め。 絵画と彫刻しかない世界にあんなものが拡散されたらそれはもう文化衝突である。 前半の吸血鬼騒動が霞んでしまった。 スタートがあれだがやってることはいかにもな刑事モノなので ライトノベルならではのノリを楽しめた。 「よく見るとそのTシャツって」 「いい加減にしてください」
- コメント(0) - 1月6日

破茶目茶に面白かった! VS吸血鬼も熱いけど、EP3のコメディ回っぷりにひたすら笑わせてもらいました。いやだおろして!なティラナは気の毒だけど可愛いしマセラティのオチとか分かってても笑うし。めんどくさい凸凹バディの仲もきちんと進んでるし、いやもう、話の構成力が秀逸すぎる。
★5 - コメント(0) - 2016年10月23日

(4)
ややコメディ方向へ振り始めたか…しかし表紙の美少女然としたティラナと苦味ばったマトバの対比にはじわじわ来るw(クロイ可愛い)
★3 - コメント(0) - 2016年10月1日

1巻飛ばして2巻から読み始めるという邪道な事をしたが、意外と世界観や設定にはついていけた。前半の話がファンタジー要素満載なのに対して後半の話はどこか俗っぽくてコミカル。扱う題材の幅の広さが分かる一冊だった。
★2 - コメント(0) - 2016年8月10日

★★★★☆ 今回は2話構成。巻末のあとがきネタやり続ける気ですね。吸血鬼っぽいネタとコメディ回。マトバモテモテですね、実にラノベっぽい。
★2 - コメント(0) - 2016年8月8日

今巻はグロハードボイルドアクション+下ネタコミカルアクションな感じでした。マトバさんが素敵。“馬鹿”と“ばか”の表現にグッときました。
★4 - コメント(0) - 2016年6月1日

★★★★☆中編2本と主演女優のインタビューでますますテレビドラマ仕立ての構成。ケイの車への愛情がみどころ?クロイを愛でられるようになってよかったね!
★4 - コメント(0) - 2016年4月24日

シリーズ第2作。エピソード3はドラマやアニメでたまにある息抜き回に近く、楽しめました。
★21 - コメント(0) - 2016年4月2日

賀東さんは、そうそうこういうのが読みたかったという期待を裏切らない上手さがある(^^)前半はスピード感あふれるバトル。後半はコミカルで心情的でいて、ぶっとんで(笑)落ち着くとこに落ち着く…見事!
★11 - コメント(0) - 2016年3月8日

最高に面白かった!矜恃ある吸血鬼との死闘、地味にモテるマトバ、マトバの機械オタっぷり、マトバに認められたいがゆえのティラナの不器用な奮闘。ジマー警部も良いキャラしてる。村田蓮璽さんの表現力ある挿絵もとても見応えがあります。
★3 - コメント(0) - 2016年2月25日

前回よりギャグが多めでラノベっぽくなった。最後に車が破壊されるオチはベタだが楽しい。
★2 - コメント(0) - 2016年2月17日

【★★★★☆】今回は二本立て。前巻よりも面白かった。ep.02は吸血鬼vsSWATが熱い。超常の力に対して科学で対抗する展開は燃える。ep.03はコメディ色が強くマトバの車に対する変態的な情熱が面白かった。ティラナもマトバとの関係に悩んだり、二人のきずなが深まる描写があって良かった。物語中に挟まれる見開きのあらすじやタイトルページなど視覚的にも工夫されているが、あいにく電子書籍ではそれらの演出をまったく楽しめない。これは紙媒体で買うべき本だったかも。
★6 - コメント(1) - 2016年1月6日

車の話は二人の関係はハートフルにまとまり、車の件に関してはきっとオチがつくに違いないと期待して読み進めたが、うむ、期待通りでした。マトバの元カノさんがいい人でよかった。マトバの良き理解者って感じ
★5 - コメント(0) - 2016年1月6日

今回も安定して面白かったです!いい意味でアメリカでやっていそうなB級の刑事ものを見ているようでした!世界観も然ることながら主人公たちの周りにいる同僚や上司のキャラが立っていてより一層この作品の面白さを引き立てていると思いました。特にゲイのトニーと上司のジマーが好きです!トニーは1巻の感想でもっと出番が増えたらいいなあと思ってたから出番が増えて嬉しかったです!ジマーは、はじめは口の悪い嫌な上司だと思ったいたけど、実は面倒見が良くてマトバやティラナのことを気にかけているギャップが良かったです!
★18 - コメント(0) - 2016年1月4日

今回も面白かった!1話目の吸血鬼と死闘と2話目のどたばたコメディタッチな○○窃盗団をめぐる話のギャップ!吸血鬼編は圧倒的な力を前に、苦戦するのですが、最後の倒し方まで、映画タッチで好きでした。本当にそのシーンを見たかのように錯覚できます。2話目は車に始まり、車で終わります。お互いを相棒として認識していく過程を2つの対照的な話で綴ってくれた本巻。登場キャラクターの立ち位置や背景も見えてきて、面白さが加速してきています。3巻も楽しみ!
★3 - コメント(0) - 2015年11月27日

【★★★★★】2話収録。1話目は地球に連れてこられた吸血鬼と戦うお話。2話目はエロ本の盗人を捕まえるお話。こうして見ると2話目は酷いな(笑)それでも2巻目も面白く完璧でした。特に面白かったのが2話目の話ですね。エロ本は置いておくとして、ケイとティラナの関係を認識する話で良かったです。これからどのように関係が変化していくのか、それとも変化せずいくのか非常に楽しみです。そして例の如く後書きでは遊んでいる(笑)前回もだが本当にそんなドラマがあるんじゃないかと思ってしまう。あと美少女キャラ居なくても大丈夫です!
★19 - コメント(1) - 2015年8月27日

面白かった!
★5 - コメント(0) - 2015年8月17日

できればおっさんメインの表紙にしてほしい。一作目よりも面白くなった。これなら三作目以降も間違いないでしょう。続きはとっておくことにする。
★5 - コメント(0) - 2015年8月3日

ティラナとマトバの絆が深まっていく様子にうきうき。新ボスは嫌なやつかと思いきや部下思いのナイスな上司。愛車を亡くしたマトバの落ち込みっぷりが笑える。次回が楽しみ♪
★3 - コメント(0) - 2015年7月11日

サンテレサ市警特別風紀班の刑事のケイと、正式にサンテレサ市警に赴任したファルバーニ王国の騎士、ティラナのポリスアクション第2巻です。今巻は2つのエピソードで構成されています。前半の吸血鬼の事件についてはティラナの言い分では無いですが、ニバの書…ゲートについてなど重要な事を知ってそうだっただけに後々影響が出そうな予感が…。後半のエロ本と車の話は普通にギャグめいていて面白かったですw まぁここまで読んでティラナよりケイの方が余程面倒くさい性格してるように感じますが、少しは改善して行くのか…w 次巻も期待です。
★21 - コメント(0) - 2015年6月30日

お約束は外さない感が素晴らしい。冒頭にワンシーン、解説、タイトルという、いかにもドラマな演出やサンテレサ市の地図等、丁寧に作ってあって楽しませてくれる。カーチェイスの方は、事件の馬鹿っぷり(でも、わりとありえそう)に、マトバの車好きに、ティラナの純情と色々。毎度、二人の言葉の応酬が楽しい。
★5 - コメント(0) - 2015年6月10日

再読。やはりこの作品は面白い。これも何年か前に読んだきりだったが、あのカーチェイスシーンの迫力だけは鮮明に覚えてて、再読した今回もまた興奮に当てられてしまった。ティラナが少しずつデレ始めるのも本作からなので、今後の二人の関係をちょっとずつ楽しんでいこう。
★7 - コメント(0) - 2015年4月26日

テンポよく読みやすい。面白い。次刊が楽しみ。
★4 - コメント(0) - 2015年4月2日

異世界と繋がる街サンテレサを舞台に特殊犯罪を解決するポリスアクション第二巻。今回は吸血鬼とポルノ本窃盗団の二本立て。事件を通してケイとティラナの距離が縮まる様子がよかったですね。それにポルノ文化の遅れた異世界への大規模輸出というどうしようもなく頭が悪い事件に笑わされたりもしました。とはいえこのシリーズに求めているのはやっぱりハードボイルドなので今後の伏線回収にも期待。
★7 - コメント(0) - 2015年3月25日

海外ドラマ風のポリスアクション二作目。 少しずつマトバとティラナの心の距離が縮まっていく展開。 読んでいて落ち着くコンビ。
★10 - コメント(0) - 2015年3月23日

背景に大きな謎をほのめかしながらのテンポの良い展開。捜査を重ねるたびにでこぼこバディが互いに背中を預けることのできる存在になっていく。迫力の挿絵にも慣れまして。ビーンズとかスニーカーとかしか読んだことがないから分からないんですが、ガガガ文庫さんは挿絵が見開きなのが定番なのかしらん?
★10 - コメント(1) - 2015年3月1日

この作品のノリがかなり好きです。 シリアスなところはシリアスな面白さがあり、ギャグパートはギャグパートで楽しめる。笑いました。
★6 - コメント(0) - 2014年12月24日

今回もマトバ刑事とティラナのコンビが最高だった!スピード感がある物語は50分ドラマ2本っていうのも納得。前作もだったけど、あとがきも含めて本当に海外ドラマみたい。セマーニの吸血鬼騒動にエロ本窃盗事件どっちもおもしろかった。マトバ刑事とティラナもお互いに分かり合えてきた感じ。兄妹っていうの凄くわかる。ep.02の黒幕的な人はこれからも関わってくるのかな?ジマーの人柄好きだな。実はちゃんと部下のことをわかっている感じがいい。次の事件も楽しみ。
★10 - コメント(0) - 2014年12月23日

レーベル的にはライトノベルなんだが中身はホントコメディタッチの海外ドラマのようだ。吸血鬼騒動はファンタジーっぽいが、ポルノ雑誌摘発なんてラノベじゃあほとんど見ない題材だと思う
★5 - コメント(0) - 2014年12月15日

猫アレルギー治ってよかったな。
★6 - コメント(0) - 2014年11月9日

2本立ての後半がコメディな感じで面白かった。吸血鬼は意外と強くなかったけどそれも海外ドラマ1時間分って考えるとなんか納得w
★6 - コメント(0) - 2014年10月30日

各話の終わりの雰囲気が、『NCIS:Los Angeles』のような、犯罪の後片付けを残した刑事やるせなさが見えて良い感じ。ヘティのポジションにもジマーが着任。面白くなってまいりました。
★3 - コメント(0) - 2014年9月27日

謎の吸血鬼との対峙、エロ本の密売捜査という二本立て。前半は可もなく不可もなく無難なバトルものといった感じだが、後半は特にケイとティラナの人間関係が徐々に確立されていく様子が見ていて微笑ましかった。今回はケイのキャラクターが何気ないところで引き立てられていて、前回に比べて生き生きと動き回っていた印象。ケイの気を引きたいティラナは相変わらずの可愛らしさ。新キャラも個性派ぞろいで続きが楽しみ
★5 - コメント(0) - 2014年8月18日

★★★★☆
★1 - コメント(0) - 2014年8月5日

2巻は作者があとがきで言っている通り、50分ドラマ二本立て風味でサクッと読めました。前巻では宇宙人要素が強かったティラナですが、今回は人間らしいというか、一人の女の子になっている場面が結構あって、ケイとの掛け合いも少し雰囲気が変わって面白かったです。内容はというと、吸血鬼にエロ本騒動と振り幅がすごかったけど、どちらもメイン二人のキャラが良いので楽しめました。
★6 - コメント(0) - 2014年7月13日

電子書籍版
★1 - コメント(0) - 2014年5月15日

前作に比べてコメディ要素が増えて、ハードボイルド要素が減っていた。読んでいて楽しかったのだか、もうちょっとハードボイルドが欲しかった。村田さんの絵は最高です。
★8 - コメント(0) - 2014年5月6日

再読
★1 - コメント(0) - 2014年5月1日

コップクラフト2の 評価:44 感想・レビュー:208
ログイン新規登録(無料)