昼も夜も、両手に悪女 (ガガガ文庫)

昼も夜も、両手に悪女の感想・レビュー(221)

ラブコメはまだしも、「呪い」という要素(マクガフィンっていうんだろうか)に戸惑った。言い出しはヒロインの思い込みであるのに、途中から皆当然のように「呪い」を受け入れていたからだ。うーん。不思議なものが存在するという前提を読者に認めさせるには、ある程度の客観性が必要なのかもしれない。
★1 - コメント(0) - 2015年12月9日

1週間分の記憶をなくした主人公が、あんなの初めてだったんだからねっという生徒会長と、私にこんな手紙を渡すなんて!という電波魔女の二人からモテる?話。個人的にはあまり合わず。序盤でもうちょっと状況説明されるのかなーとおもいきやほとんどされないままにどんどん話が進んでいったから主人公がよくわからなかったのが原因かも。でもスキル:全裸待機を覚えてからの主人公の脱ぎっぷりは良かった。とても良かった。
- コメント(0) - 2015年5月31日

何ヶ月か前に絵師買いした作品です。結構面白かったんですよね。これがまた。一週間の記憶がなくなってるってことになってるからめんどくさそうなラブコメかな?って思ってたけど普通に読めたな。日向が可愛です。好みで好みです。筆者の文の書き方もなかなか好きなもので良かったな。
★1 - コメント(0) - 2014年12月31日

文章にドライブ感がある。別に詩的な文章とかではないけど、言葉選びが上手いんだろうな。天然セクハラ馬鹿男!の語呂の良さ。主人公のいじめられっぷりがクセになる。終盤の展開はエモい上に笑えて勢いあって素敵。「僕は電話を切った。全裸になる。」なんでやねん。しかし男前である。
★4 - コメント(0) - 2014年12月8日

悪くはなかった。ラブコメの第一章としてはまあまあ。ただしヒロインはどちらも悪女ではない。むしろ恋愛経験は0といっていい。
★1 - コメント(0) - 2014年5月7日

悪女っていうには少し違う気がする。一般的に悪女は男を手に取り色んなものを吸っていくみたいな印象があるからだ。だから悪女というより性格に難がある、または外面に難がある。とそういう風に感じた。つまり悪女という要素が足りない以前に前提が間違っている。だが、(少し)悪(い少)女。そういう言い方が出来るそんなヒロインたちではあった。 こういうリアルよりな少女たち。私嫌いじゃないよ
★6 - コメント(0) - 2013年11月17日

やたら女子にリアリティーがありました。男言葉で話したりするよね、うん知ってる。サクサク話が進むのがよかったです
★1 - コメント(0) - 2013年11月14日

★4 イラスト買いです。Tivさんのイラストは可愛くて気に入ってます。 可愛い女子が二人出てきますが、残念だった。残念系ヒロインだった…。それ以外では盛り上がりに欠けたのがミモザ的にポイント低いかも…。 あと、主人公脱ぐな(笑) 次巻からの巻き返しに期待かな。
★4 - コメント(0) - 2013年11月10日

個人的には日向さんより月夜さんの方が好みです。最後は胸を張って雨の日にも傘を差せるようになるのかと思ったら違いました。それは今後の展開なのかな。主人公はしかし、ヘタレですね。がんばれ。
- コメント(0) - 2013年8月21日

主人公(男)が二度も全裸になる誰得小説。それ以外にも、他の作品にはない独特の個性が溢れていて、そこそこ楽しく読めた。特に、二人のヒロインが性格的にあまり可愛くないのが逆に可愛く、設定のわりには身近な存在に感じられた。二人のバックグラウンが少々ありきたりだったのは少々残念。特に日向は正直「またこれか」と思ってしまった。彼女に「それ」は、確かに意外性はありましたけれどね。1巻は二人がちょっとだけ世界をまっすぐに見るようになっただけなので、続きが気になる。絵は素晴らしいが、主人公がイケメンすぎて違和感ありすぎ。
★15 - コメント(0) - 2013年2月28日

ひぇー
- コメント(0) - 2013年2月26日

まだ一巻だけでは判断できないので評価保留。決して悪いというほどではないが決定的な決め手が見えない。/ちなみにTivさんのイラストは最高ですけどね。
★1 - コメント(0) - 2012年9月15日

意外としっかりした話でした。一人称小説故の主人公視点の描写に加え、逐一プラスされる一言が面白かったです。幡ヶ谷さんは最初ただの電波かと思いきや“先週”の真実がたまらなく、逆に日向の二面性…というより幡ヶ谷さんに対する嫌な女全開モードは非常にムカつきました。オタクな部分はいいけど、俺様な所や嫌みな所は嫌われても仕方ないと思う。それでも嫌いにならない仁は立派なMですねw最後に日向が感情をぶちまけるシーンはその辺りがごっちゃになっていたので、読んでいて胸がモヤモヤしましたが、それ以外は概ね読みやすかったです。
★4 - コメント(1) - 2012年6月30日

とりあえず魔女かわいい!ヤンデレかと思ったらツンデレに移行して生徒会長はお嬢様キャラに!?自分の他人と違う部分を「上手く隠す人」と「下手で隠せてない人」反対側にいそうで、しかし似た者同士、でもやっぱり魔女のが好きです
★2 - コメント(0) - 2012年5月22日

一週間の記憶を失った仁と、関わりができていたとおぼしき女の子2人との関係性を確かめていくラブコメでちょっとミステリなお話。身に覚えのないことで美少女2人から詰め寄られるのは、実際の所どうなんだ?という疑いを飛び越えて役得を感じてしまえる魅力がありました。印象的だったのは、好きなものを好きと言える姿勢を持っていいというメッセージ。日向さんの本性の判明も好きの形の一つでしたが、幡ヶ谷さんの「月が綺麗ね」というセリフの繊細さといじらしさには胸を鷲づかみにされました。仁に、考えて、感じてほしいと思った部分でした。
★5 - コメント(0) - 2012年5月21日

何故か先週一週間の記憶を失った主人公とその周辺に現れるちょっと(?)電波チックな「魔女」と才色兼備な「生徒会長」のドタバタラブコメ? 嫌いじゃないけど、何か足りない。
★1 - コメント(0) - 2012年5月18日

日向さんが人事じゃない!というのに尽きる。腐女子はなぜ、萌えると男言葉になってしまうのだろう……仁くん(関係ないけど最近この名前に免疫がついてきました)は感情の発露だと分析していたが、個人的には男言葉で感情を吐露する恋愛物ばかり読んでいるのでその話し方が楽に見えてついつい男言葉を使いたくなっちゃう説を推したい。幡ヶ谷さんは、まあ、うん……素直になれば、とおもいます。兎にも角にも日向さんの生態のリアルっぷりが、そして最後にキスをされた仁くんの可愛さが目立っていた。あと、クライマックスで通じちゃうのは、なんと
★1 - コメント(0) - 2012年5月16日

一人ではなくなった世界・芽生えた思いが大切だったからこそ、幻滅した時のショックも相当で、だからこそ記憶をなくした後の仁庄助の「楽しかった、幡ヶ谷さんと友達になれたから」は、月夜にとって救いなんだろうなぁ。それとは対照的になぜか日向は全くといっていい程受け付けなかった。何故だろう。そして個人的にこの小説を読んで良かったと思える点は月夜だけでした。「★★☆☆☆」
★2 - コメント(0) - 2012年5月5日

こんばんわ 本日からの参加です 半年以内に読んだ本まとめて追加中。
★1 - コメント(0) - 2012年4月19日

ん、問題解決したんだっけ?読み直そう。お勧め度:★★★☆☆
- コメント(0) - 2012年4月17日

やっと読んだのですが。うーん……。や、終盤の結晶ぶりは良かったと思います。あの「落とし文句」みたいなのもあれでいい。というかあれでこそ。自分で何言ってるかよくわかってない系の女子たち。レイヤーの違いについての話にはちゃんとなってますよね、ま、いちおう。
★1 - コメント(0) - 2012年4月16日

八方美人でしかないように感じます。 あと、なぜ脱いだし。
- コメント(0) - 2012年3月23日

心地いい会話劇でした。幡ケ谷さん、最高です。。Tivさんのイラストが良すぎる。。。。先週と今週、分からずじまいなこともまぁ、いいかって感じになる。
★7 - コメント(0) - 2012年3月17日

三角関係系のラブコメ。途中から面白くなってきた。全裸だ。
★2 - コメント(0) - 2012年3月14日

右手に電波、左手にオタ、悪女なんて何処にもいなかった。2巻も呪いとか妖怪を絡めてドタバタさせるかな?
★2 - コメント(0) - 2012年2月26日

可愛いな、こんちくしょう。にしても、単なる偶然というか趣味故の必然というか。ヤンデレ入った重い修羅場系のを、これ読む前に読んでて、もう嫌な予感しかしませんでした。ただまぁ、読み終えてみると、普通のラブコメになってました。中盤から終盤にかけてが、割合重かった。けど、その切羽詰まった感じも良かった。あと、最後の藤森さんの言葉はマジに思います。幡ヶ谷さん可愛いです。一週間を章ごとに追っていく構成や、記憶喪失。繰り返される一週間ていう設定面白いです。ただ一部のキャラの軸が途中よくわかんない方に転がったような気も。
★6 - コメント(1) - 2012年2月22日

クセの強い女の子に振り回されるけど、癖が強い分悩みもある彼女たちを、主人公が支えてあげる。1週間形式で送る章立てが面白い。キャラクターの個性も光り、主人公が熱血なだけで周りを動かすわけじゃなく、キチンと人のことを考えているところに魅力を感じる。全裸待機とかフー!個人的に好きな部類でした。
★4 - コメント(0) - 2012年2月17日

Tivさんのイラストで選択しましたが、各キャラクターの心の動きが見えるテキストも面白かったです。毒舌だけどスタイルがよくて黒系のファッションの幡ヶ谷さんが素敵です。黒髪ロングはいいよね。
★3 - コメント(0) - 2012年2月16日

月夜さんと日向さんのイラストがとっても可愛いですが…中身はまあまあでした。記憶喪失という設定や、話の展開自体は悪くないと思う。ただキャラの性格にひっかかりを感じました。主人公は優柔不断すぎて何をしたいのかがよくわからず。日向さんは表と裏の顔が違いすぎてキャラのイメージがわかりづらい。月夜さんだけが唯一、面倒くさい性格ながらも一途で好感が持てるキャラでした。1巻はキャラ紹介みたいな感じで新鮮さがあったけど、2巻はどうなるんでしょうね…現時点では全く見えず。
★4 - コメント(0) - 2012年2月16日

失われた1週間の記憶と、その間に縁を結んでいた2人の少女。記憶を取り戻すために彼女らと再び絆を紡ぐ三角関係ラブコメ。面白かった。ぱっと見で明らかに面倒な幡ヶ谷さんよりも表面上は清楚可憐な日向さんのほうがヤバい感はひしひしとしていたが、予想外の方向に予想以上にヤバかったよ! あれに付き合える仁の度量は広すぎだ。ああも真摯に接してもらえるとデレるのもよく分かるが、2週目にして2人同時にフラグを立ててしまったのが運の尽き。ラストの追い詰められっぷりが愉快なので続きが楽しみ。曰くありげな藤森さんも気になります。
★8 - コメント(0) - 2012年2月9日

あとがき頑張ってください
- コメント(0) - 2012年2月4日

フルーティーなパッションで、ちょいとセンシティブだった。趣味を語って露骨に引かれるとへこみますもんね……。2巻では北欧系はどうなるのか?今後幼女は出るのか!?全裸待機せざるを得ない。
★1 - コメント(0) - 2012年1月29日

悪女と言うより「面倒くさい女の子」「小悪魔系」という印象。
★2 - コメント(0) - 2012年1月21日

幡ヶ谷さんサイドは割りと綺麗にまとまってて良かったのだけれど、それに対置される日向さんサイドがなんというか馬鹿っぽく書かれてあって、主人公に違和感がある。突拍子も無い全裸とか。日向サイドを根暗なオタク展開、幡ヶ谷サイドを綺麗なラブコメ展開にしたのは意図的なのだろうけど、これ完全に幡ヶ谷さん圧倒的勝利じゃないか!としか言えない。かわいい。
★2 - コメント(0) - 2012年1月12日

生徒会長さんはフジョシです。幡ヶ谷さんはツンデレもどきさんです。主人公は全裸待機さんです。これらの関係から導き出される答えは…ッ!! 
★3 - コメント(0) - 2012年1月1日

全裸を除けばわりと普通の三角関係ラブコメ。そのためプッシュする要素が薄い。2巻出るらしいけど、どうなるのかな?
★1 - コメント(0) - 2011年12月23日

まさかのガチ全裸待機小説。しかも2回やるか。キャラクターの性格の捉え方が、自分の立ち位置やら二面性やらで複数あるのが楽しかったです。呪術的要素&妖怪要素の部分が曖昧なのが、ちと残念だったかな。片方はある(らしい)だし、もう一方は結局不思議要素ではなく池袋的なアレですし。これに関しては、それぞれヒロインの象徴的な部分でもあるし、公平にある(らしい)にするべきだったと思います。なお、幡ヶ谷さんは自分的に有り、日向さんも普通に大有りです。いいじゃんアキバ系ならぬ○○系彼女。
★2 - コメント(0) - 2011年12月13日

導入部で記憶をなくしているせいで疑心暗鬼をするミステリっぽさが凄く良かったですね。 しかし、愛情表現が全裸待機って…ああいう女の子的にはOKなんですかね。 気に入ったキャラ:幡ヶ谷。気に入った挿絵:183P、全裸待機。お気に入り度:★★★☆☆
★2 - コメント(0) - 2011年12月9日

昼も夜も、両手に悪女の 評価:70 感想・レビュー:83
ログイン新規登録(無料)