人類は衰退しました 6 (ガガガ文庫)

人類は衰退しました 6 (ガガガ文庫)
232ページ
1000登録

人類は衰退しました 6巻はこんな本です

人類は衰退しました 6巻の感想・レビュー(839)

何で息子にこの本を薦められたのか判った気がする。そうか「鳥人間コンテスト」だったのか・・・orz
★1 - コメント(0) - 3月10日

妖精さんのトンデモ技術が輝いているお話
- コメント(0) - 2月24日

kei
「鳥人類コンテスト」に参加することとなった私。 妖精さん以上に騒動を巻き起こしそうな参加者たちを守るため、妖精さんパワーをフル活用し「解☆決」していく。それでも結局、妖精さんパワーの暴走に巻き込まれて… 「同類誌」という一大イベントを起こした友人Y。 人間の騒動コミケと妖精さんの漫画世界、二部から構成されている。中身的には結構それぞれ独立しているような内容。 読者受けを狙った漫画を作る。手法によって誤魔化すYと、筋は通っているが内容は面白くない私。二人がかみあっても良い作品が出来ないのがいいところ。
- コメント(0) - 1月14日

だんだん『私』が妖精さんの使い方上手くなってきてるwそれ絡みで一悶着ありそうだな~ あとYはなんだかんだで馬鹿にされてるよね~w
★4 - コメント(0) - 2016年11月26日

★★★☆☆ 「空を自由に飛びたいな♪」「はい。戦闘機」「きゃーっ。羽根が腐ってる!おのれミスターVIP!」「妖精さーん助けてー」 「おおロミオ!どうしてあなたはロミオです?」「謎はすべて解けました!解☆決!」 という話でした(嘘)
★2 - コメント(0) - 2016年10月30日

収録された2篇どちらとも、今までのような〝妖精さんたちが巻き起こす騒動〟ではなく、人間たちの盛り上がりに妖精さんたちが乗った結果としての騒動であったり奇跡であったりしており、あくまでも主軸に在るのは人間。衰退しても人間は、何だかんだ生きているし何だかんだ衰退の日々を愉しんでいるのだと云う、明るさとしぶとさを感じました。作中で〈わたし〉も指摘している通り、やや安易な方向に流れている気もするものの――妖精さんがほぼドラ○もん化しています――それでも読めてしまうのは流石の筆力です。(→)
★44 - コメント(2) - 2016年8月30日

冬に食べるアイスは美味しい。まちがいない。解☆決(横ピース) ノリノリですね。腐っていると足が早いので行動力がある?
★1 - コメント(0) - 2016年7月9日

解☆決(横ピース)
- コメント(0) - 2016年6月28日

★★★☆☆ 解☆決!!(横ピース) 今巻のテーマは衰退しながらも強かに楽しみながら生きる人間たちもいるのだということと、何はなくても私ちゃんに解☆決!!(横ピース)言わせたいだけの人生だった(ように感じた)。アニメでもお気に入りだったさぶかるは流石の奔り方だったけどすかいはいは本当に解☆決言わせたいだけの話に思える。途中おおおと感動したところもあったけど妖精さんが便利すぎるんだな。ここにきて結構なトーンダウンを感じるんだか、あと3巻、どうなるんだろ。ただやっぱり安定して面白いのは凄い。
★4 - コメント(0) - 2016年6月14日

まさかの鳥人間コンテスト! 同人誌…じゃなくて同類誌! どんな問題も妖精さんと一緒なら解☆決!! わたしちゃんの妖精さんの扱い方が上手すぎて面白い。 妖精さんボール私も欲しいなー
- コメント(0) - 2016年5月29日

妖精さんの不思議パワーがこれでもかと発揮された巻でした。5巻で登場した、わたしちゃんの同窓生も登場します。やっぱり、人って人との出会いと交わりから成長してゆくんだな、と思わせられます。
- コメント(0) - 2016年4月17日

Hal
土台、日常会話で神を引き合いに出す人間は、大抵精神の安定を損なっているものです (123)
★1 - コメント(0) - 2016年3月23日

「解☆決!!(横ピース)」なわたしちゃんをアニメで見たかった……! アニメ二期はよう来い。
- コメント(0) - 2016年2月22日

人類死すともBL死せず
★1 - コメント(0) - 2016年2月17日

アニメのさぶかる回おもしろかったな。
- コメント(0) - 2016年2月16日

鳥人間コンテストならぬ鳥人類コンテストの話と同人誌ならぬ同類誌が流行する話。
- コメント(0) - 2016年1月17日

1話目が結構面白かった。アニメでもやってほしかったけど最後のシーンがきつそうだから省かれたんですかね。同人誌ネタはアニメでも好きな回だったけど原作でも面白かった。第6巻は好きな話が多かったですね。
- コメント(0) - 2015年11月4日

わたしちゃんが妖精さんを手懐ける展開も好きですが、妖精さんに振り回される展開はもっと好きです。サラッと読めたけれど、今回は毒が少なめ…かな?
★6 - コメント(0) - 2015年10月13日

一話目。空を、自由に、飛んでしまったわたしちゃんと妖精さん。鳥人類コンテストでスカイハイ!クラシックな冒険活劇調で愉快に読ませてもらいました。横ピースで「解☆決!」うざ可愛いなぁもうwww二話目。腐りきっている友人Y嬢がBLフィーヴァーの末、漫画の世界に閉じ込められるお話。同じく腐趣味を持つ自分には「うんうん、あり得るあり得る」と共感しながら 読めました。
★1 - コメント(0) - 2015年10月4日

読んだら漫画ほしくなってきた
- コメント(0) - 2015年8月25日

腐ってやがる早すぎたんだ。 この世界の大きさがいまいちわからない。そんなにポンポコよそへ行けるほどなんだろうか。 キラッは是非挿絵がほしかったなぁ。 ・ワ・)<いいとししたおとながきらっってざんしーん
★1 - コメント(0) - 2015年8月11日

人類は腐敗しました。
★1 - コメント(0) - 2015年6月18日

同人誌の編集をやる妖精さんかわいい。もうほんとうに妖精さんかわいい。ここ最近の傾向として、妖精さんのパワーに振り回されるっていうよりは、ドラえもん的な存在としての妖精さんパワー利用が多くなってきた。お手軽ではあるんだけど、妖精さんが作り出すカオスで先が読めない状況の方が好みだなあと思った。
★1 - コメント(0) - 2015年6月13日

⑥・2話収録。「妖精さんたち、すかいはい」「妖精さんたちの、さぶかる」201X。
★4 - コメント(0) - 2015年6月11日

読了(ぴーす)。衰退中の人類は鳥人間コンテストならず、鳥人類コンテストを絶賛開催中。本当に衰退しているのかこいつら。わたしちゃんも上手に妖精のマジックアイテムを活用中。何が飛び出すか分からないどきどき感もなくなりつつある。「妖精さんたちの、さぶかる」は腐界に墜ちたクスノキの里が舞台。いまいち。
★4 - コメント(0) - 2015年6月6日

早速読みました。鳥人間コンテストのテンションの高さが面白くどこか新鮮に感じましたてかわたしちゃんのテンション絶対おかしーって……サブカルの方も、やっぱり面白いアイデアですゲームの話もそうですが、よく色々思いつくなと毎回思いますさて、次巻を読まねば
- コメント(0) - 2015年6月3日

鳥人間コンテストの話が今まででいちばん躍動感があって読んでいてワクワクした。妖精さん、なんでもありなのね…姿かたちとか。同類誌の話はYちゃんの覚醒っぷりが面白い。同人の世界がこんなに熾烈だとは思わなかった。
- コメント(0) - 2015年5月27日

再読。鳥人類コンテストは怪盗ルックでさり気なく活躍するわたしちゃんがかわいかったです。 ぜひアニメで見たかった! さぶかるは、Yに対してすごく複雑な気持ちになりました。 同類だけど同類じゃない感が…。 ラストのわたしちゃんの思い立ってやってみたことは微妙に切ないけれど笑えるオチで面白かったです。
- コメント(0) - 2015年5月24日

「すかいはい」ぶっとんでるなぁ。アニメで見たかった。
★6 - コメント(0) - 2015年5月14日

いちいちわたしちゃんの独白が面白かった。終始顔がにやけるのが止まらなかった。風刺ネタやパロディが結構な数登場するが、わざとらしさというか、読んでいて嫌気がさすものではない。それは長ったらしい説明文か独白かわからないような字の分が続かず、軽妙で小気味よいテンポで織りなされているからであろう。毎回妖精さんがいろんな事件を引き起こしてくるが、次の巻は一体どんな事件を引き起こすのだろうか。楽しみだ。
★4 - コメント(0) - 2015年5月13日

鳥人類コンテストと同類誌のお話。鳥人類のお話では、今までに無く妖精さんパワーを発揮させたことで爽快感があった。同類誌はいろいろと風刺なネタが多かった。前からだけど、Yと主人公の掛け合いが面白い。捻くれ者同士噛み合うところがあるのだろうか。
- コメント(0) - 2015年5月10日

とてもこの作品らしい内容でした。後半の同類誌の話は最終的に妖精さんの作った道具によって振り回されるといった内容だったのですが、前半は積極的に妖精さんに頼ろうとする珍しい話に。しかし追い詰められたわたしちゃんはヤケクソ気味な行動や腹黒いところが垣間見えるので面白い。この他の人達はまるで心配していない中、1人だけが必死で頑張って危険を減らしていくって展開がコントのようでところどころ笑ってしまいました。後半の話は漫画の中に入ってしまうというところは予想できたもののその後の展開は予想外でした。漫画って難しい。
★4 - コメント(0) - 2015年4月18日

「解☆決!」な私ちゃん、可愛い。ここまで場数を踏んできただけあって、さすが慣れてる。妖精さん初体験なYと比べると落ち着きっぷりが半端ない。ところでYは男の娘があんまり好みではなさそうだけど、彼女にクリーンヒットするのはどんな同類誌なんだろうか。
★9 - コメント(0) - 2015年4月12日

これだっ!これだったんだ!私が探し求めていた、私の想いを形にして伝える術は。とうに失われた技術だと思われていたけど、何とか取り戻す事ができたんだ。私と似た想いを抱く人達は沢山いるはずだ、その人達のために、何より私の想いを形するために描きまくるんだ!!ともに腐ろう、腐るがよい。
- コメント(0) - 2015年4月9日

怪盗なわたしちゃんかわいい
- コメント(0) - 2015年2月12日

バードマンとサブカル。アニメではサブカルでドハマりしたのでやっと見れて良かった。しかしデータから自分の描いた同人誌を後世に再現された作家の気持ちとは。やっぱり死ぬ前にはHDDを破壊しないとね
★2 - コメント(0) - 2015年1月30日

★★★★★主人公は毎度ひどい目に遭うのですが、妖精さんが原因だったり、逆に妖精さんに救ってもらったり。今回は前半は助けてもらうパターン、後半はまきこまれるパターンです。誰も傷つかないので良いですね。
★1 - コメント(0) - 2015年1月17日

今日もメタるぞう。
- コメント(0) - 2015年1月10日

人類は衰退しました 6巻の 評価:44 感想・レビュー:194
ログイン新規登録(無料)