猫にはなれないご職業〈2〉 (ガガガ文庫)

猫にはなれないご職業〈2〉 (ガガガ文庫)
294ページ
143登録

猫にはなれないご職業〈2〉はこんな本です

猫にはなれないご職業〈2〉の感想・レビュー(111)

前作よりも陰陽師要素が強いかな。生成りや豆(魔滅)などは初めて知った。怪異の中でも私が最も怖いと思っている神隠し出現。詳しく説明されていて、ぞわっとした。命(美琴)先生は更なる受難でしたね。
★2 - コメント(0) - 2015年3月25日

KTR
ちょっと残念なキャラがふえたけど、広がるのかこれー?今回は何だか陰陽道の色は薄まってたんで、最後の戦闘で五行について話が出るまですっかり忘れてた。話はきっつい設定と報われない流れになりそうになってたけど、いやぁハッピーエンドにできるじゃないですか。そこはホッとしたとこであるけども、ちょっと遊びが少なかったかなぁ。パンツを不自然に出してる暇があったら命先生のネタをもっと本気で出しときましょうや!ね?次巻は出てないのかな?そん時は是非とも濃いネタを宜しくです。
- コメント(0) - 2014年9月23日

茉莉ちゃんのアレに絶望しかけて、でも命の頑張りのおかげでハッピーエンドでもう嬉しかったです。でもやっぱりぱんつは要らない。
- コメント(0) - 2014年7月30日

前回と違って一冊通して一つのお話。一つの流れを大きく描いているので前作よりもシナリオの深みがあります。主軸は桜子で、実際に動くのは周囲の皆で右往左往という構図は相変わらず面白く、適度なギャグと重いシリアスのメリハリも変わらず実に読みやすい。陰陽めいた五行思想をちゃんと考え、力ではなく技でバトルしてるのも良し。やっぱり陰陽師だの霊媒だのは事前準備が楽しいんですよね。結界描いたり符を作ったり。さて、今回桜子は同業のプロと出会い、圧倒的力の差を魅せつけられます。そこから何を感じ、どう動くのか。今後も楽しみです。
★1 - コメント(1) - 2014年7月20日

一巻も良いとは思ったけど、それを大きく上回る満足感。
- コメント(0) - 2013年12月5日

シリアスとそうでないときのギャップが半端ない。後半にはサスペンスっぽい雰囲気も感じられてゾクゾクきました。前半の終わり方がああいう形だっただけに。それなのに後半の開始直後に腐蝕率激増なんだもんな(笑)男キャラ(人間)が出ないのはヒロインたちに原因がある気がしてならない。それで後半、物語の根幹の締め方がこれなんだからズルいよなぁ。
★8 - コメント(0) - 2013年8月3日

シリーズ第2弾。いい話でした。でもイマイチ物語に入り込めなかった。おもしろかったんだけどなぜだろう。鬼の話がややこしく理解しにくく感じたからかもしれない。1巻と比べてバトルは地味だったかな。沫莉ちゃんはかわいかった。桜子が陰陽師として成長していくなら話が広がって3巻へと続けられそうだが今のままだと難しいかもしれない。タマと命のキャラがいいのでまた活躍してくれたらいいな。次巻に続くことを願って楽しみに待とうと思います。
- コメント(0) - 2013年6月21日

2巻も良かったなー!二次系のキャラがいるとなんか安心するのはしょうがないよね。腐っちゃいませんが。戦闘も良かったし、結末もあれで満足だし。次はまだか!
★2 - コメント(0) - 2013年5月31日

引き続き良作。「なれる!陰陽師」は電撃文庫じゃなくて、SD文庫じゃないんですかねえ(ゲス顔)。
- コメント(0) - 2013年4月21日

今回も号泣してしまいましたよ…茉莉が隠し神化した時は本当に絶望しましたがよくあそこまで良い結末になりましたね。誰か一人でも諦めていたらきっと無理だったんでしょうね。作品全体で命が部外者に近い立ち位置にいるのですが一番良い所もって行ってる気がします。しかし桜子さんの呪力がチート近いwアヘ体験でご子息がおっきしてる緋乃香がもっと見たいです。
★13 - コメント(0) - 2013年4月11日

命頑張った・・・!ほんと・・・!沫莉が良い子過ぎて終始うるうるしまくりでした。一巻もそうだったけど、今回も胸に沁みる話で良かった。三巻も楽しみです!にしても腐仲間が増えるとは思わなかった。命が作った本もやばい・・・笑
★3 - コメント(0) - 2013年2月26日

2012年11月25日初版第1刷発行 名古屋市山田図書館 T/C1001210084216
- コメント(0) - 2013年2月22日

今回はタマの活躍回ですかね、いや命も・・・うん前回とかわらんですね、でもやっぱ陰陽師系は怪異とか知らない知識ばっかりでしかもこの本は雑学もちょいちょい入れてくれるのでそれなりに新鮮でたのしめますね、面白かったです
★1 - コメント(0) - 2013年2月8日

誰よりも頑張っているのは命に違いない(小学生に泣かされたりするけど)今は恵まれていないような気もするけど、ファン層も拡大したのでそのうち大先生になれるに違いない。ヒロインであるはずの桜子はあまり見せ場なし。でも能力はチート。覚醒した後の展開に期待せざるを得ない所ですが、一体どうなっちゃうんでしょうね?リナなんとかの姉ちゃんみたいになるんでしょうか?(豆であの威力だし)最後にあえて一言。息子様でチャンバラなんて想像しただけでも痛いわ!自転車のサドルにかすっただけでも数十秒悶える位なんやぞ!!
★1 - コメント(0) - 2013年1月25日

沫莉が健気や・・・タマ頑張る。そんで腐りが二人になって、ヒロインはほったくり。
★1 - コメント(0) - 2013年1月20日

タマかっこいいよタマ。桜子がなー……ちょっとうざい。かわいそうな立ち位置なんだけど。なんか覚えのあるポジションとおもったんだけど、あれだ、ハルヒににてる。メインにいるべきはずなのにメインからずれてるかんじが。//というキャラ配置は別にして、神かくしの話は面白かったー。あと日常パートと怪異パートのいいかんじの乖離具合が好きだけどその分読む人結構選ぶよね
★1 - コメント(0) - 2013年1月20日

人外はいい味出してるんだけど、どうも桜子が好きになれない。
- コメント(0) - 2013年1月19日

ツッコミ属性のある猫のタマがかなりツボ.肉球のせいでスマホの操作に苦労しているシーンとか笑い転げた.また“なんで我輩と関わりを持つ人間のメスどもはそろいもそろって、こんな連中ばかりなのだ”と嘆息するほど今回は強烈な新キャラが出てきて,彼女とタマとのやりとりだけでなく,ある意味主人公の命との掛け合いもかなり面白い.
- コメント(1) - 2013年1月5日

#ラノベ 竹林七草先生の作品(@takebayashi_7) もう手遅れ状態な腐女子がまた一人増えたよ! それがなければ、伝奇小説なのに(笑) 面白いけど、できれば桜子ちゃんをもっと活躍させてほしいかな?
★9 - コメント(0) - 2013年1月5日

おっさん猫又陰陽師と霊感腐女子JKが織り成す伝奇小説、2巻。今回は鬼。妖異のおどろおどろしさや妖異とのバトルと、その裏にあるしんみりした部分の描き方が上手くて、完全にお話に惹き込まれて、感情突き動かされまくり。それ故、日常パートみたいなとこも存分に楽しんだし。新キャラもいいキャラしてるw 完全白旗の大満足の2巻でした。続きも大期待です。
★4 - コメント(0) - 2013年1月4日

喋る猫又陰陽師とその仲間たちの物語2巻。1巻より面白くなっている。前は陰陽道の説明が長かったが、今回は比較的簡潔。千里眼の娘のオチは賛否分かれるかもしれないが、あれはあれで良かったと思う。次巻にも期待。
★4 - コメント(0) - 2012年12月26日

一巻よりもだいぶ良くなったと思います。というか、泣かせる話でした。相変わらず命は残念な子でしたが、どちらかというと、今回はもっと残念な方がいらっしゃるので、幾分まともに見える。せっかくの巫女さんキャラなのに、緋乃香さんときたら……。今回はタマもタバコ目当てで、馬鹿をさらしてたりして、好感が持てていいですね。もちろん、真面目に沫莉を救おうとしているところもかっこいいですが。まあ、その件に関しては、命が一番良かったんですけどね。それも今回は命が割と良く見える理由かもなあ。
★2 - コメント(0) - 2012年12月22日

一巻と同じく明暗の付け方が良い。妖異の描写は日常とのギャップもあっておどろおどろしいし、救いが感じられる場面にはホッと安心できる。ほぼ女キャラしか登場しないけど、主人公も女の子(とオヤジ猫)だからか、気にならずに読める。なかなか珍しいキャラ配置の作品。
★2 - コメント(0) - 2012年12月21日

すげー面白い。鬼と神隠し、陰陽師の設定が過不足なくストーリーとマッチしてる。昔話や怪談のネタをよく調べていることも良いが、なにより調べたことを巧く使っていることが好印象。コメディも一巻より面白いし、バトルも熱い。シリーズ化して欲しい、3巻はよ
★2 - コメント(0) - 2012年12月16日

命が良い。萌えとかではなく普通に友達になりたい。こういう魅力を持ったキャラは久しぶり。いや勿論、あまり腐敗が進むのは自重して頂きたいが。ともあれ、起承転結すべてにおいて楽しませてもらいました。拍手。
★4 - コメント(0) - 2012年12月15日

良い話だっただけに、本文と口絵のズレが勿体無いな、と。
★1 - コメント(0) - 2012年12月13日

うんうん、万感の想いを込めて拍手を送ろう!いやぁ2巻目、素ん晴らしかった。笑い、感動、前作の何割かは分からないけど増し増しでした。デビュー2巻目にしてこうも「成長しました!」って人も珍しいんじゃないですかねw?コレは続刊も期待できますね、本当。とやたらハードルを上げてしまってるが、上げたくなるくらい良かったってことですよw。ガガガの地味(失礼とは思いつつ他に表現方法が浮かばなかった)な良作を送り出す能力はあいも変わらず素晴らしい。大天使沫莉ちゃんはこれからも出るんかね?っていうか出してw。
★4 - コメント(1) - 2012年12月13日

猫陰陽師タマと腐女子命と陰陽師一年生桜子の陰陽話。一巻ではワンコに泣かされましたが、今度は幼女に泣かされるとは……。母娘のお話は、とても悲しいものだったのでハッピーエンドで本当によかった。今回は前回よりも命が活躍できたのも嬉しかったです。命の上をゆく残念貴腐人も現れましたし。沫莉ちゃんは、天使でした。いい子すぎる……。タマもかっこよかったですよ。面白かったので続きが楽しみです。
★3 - コメント(0) - 2012年12月8日

精神的なグロさがあるよ。だけどラノベだけど
★1 - コメント(0) - 2012年12月6日

陰陽師になるため、自分なりに修行を始めた桜子を心配そうに見守るタマと命。クラスメイトから聞いた心霊スポットを訪れた桜子と命は、鬼を祓ってほしいと言う少女と出会う。しゃべったり煙草ふかしたりスマホ使ったりする猫に萌える本。…と見せかけて、中身は意外とヘビー。母と娘の複雑な関係の見せ方がうまい。ストーリー構成とか、キャラが立ってるとか、デビュー2冊目とは思えない完成度の高さで面白かった。自分の体質に悩む桜子だけど、陰陽師になれる日は来るのか。でも腐ってる人達の方がインパクトありすぎて色々とアレ。
★7 - コメント(0) - 2012年11月30日

呪力は桁違いだが怪異を見られず知識も無い桜子は、怪異の噂がある廃屋で沫莉という少女に会い鬼払いを頼まれる。結果、式を間違え餓鬼を呼び出すなどタマと命を翻弄するだけして未解決に終わるが、沫莉は優しく心の広い桜子に感謝して去る。後半は新人巫女の緋之香が頻発する神隠し事件解決の相談に桜子を訪ねて来るが、桜子が素人すぎて馬鹿にして帰る。しかしタマが桜子に隠したまま依頼を請ける。餓鬼に襲われる所や沫莉を見つける場面はホラーチックで鳥肌もの。だが最後のバトルとエンディングは冗長で残念だった。[☆☆☆--]
★1 - コメント(0) - 2012年11月30日

2巻!前半の沫莉の救われなさに一応決着をつけたかと思わせて後半で更に絶望させるというえぐさ。特に沫莉の家突入後あたりがゾクゾク。命とタマがいいコンビすぎて桜子が目立ってないですが、この先桜子の苦悩とかもドロドロな感じでやってくれるのを期待してます。
★4 - コメント(0) - 2012年11月30日

いい話だったわー。前巻がまとまってたので続編には正直期待してなかったけど、想像以上でした。桜子が微妙という感想が多いけど(実際、一人だけ浮いてるんだが)『あの』桜子だから命や猫助の描写が力強くなるってのもあるんじゃないかなぁとも思う。「最後はハッピーエンドだろ!」という登場人物たちの心意気に惚れちゃう一作かも。
★6 - コメント(0) - 2012年11月29日

やっぱりガガガは良作が多いなぁ。
- コメント(0) - 2012年11月28日

ちょっとホロっときてしまった。ただ感動したあとにもうちょっとだけ続いたところが、その前に一番盛り上がってしまったので、若干空気が抜けたようになってしまい、読了感がちょいと悪くなったかな。
★3 - コメント(0) - 2012年11月28日

やばい、オイラちょっと泣いちゃったよ!?
★2 - コメント(0) - 2012年11月27日

生成りで鬼となった母を助けて欲しいと助けを求めて来た少女が神隠しにあったので、それの原因を探り解決するお話でした。前巻よりもお話がしっかりとまとまっており、また、キャラもそれなりに立っていて楽しめました。特に婦女子の子と新キャラの少女の関係が特に良かったと思います。ただ、陰陽師の子は正直なんか微妙に感じました。
★2 - コメント(0) - 2012年11月26日

ロリと喪女の新キャラ登場。徹底して男出さないと、それはそれで百合でも狙ってんのかってなる辺りやりづらい世の中だよね。幽霊になっていつも一緒エンド、とかじゃなくて本当に良かった。個人的にはあたりのシリーズ。二巻以降も楽しみに待っていよう。
★3 - コメント(0) - 2012年11月26日

猫にはなれないご職業〈2〉の 評価:94 感想・レビュー:50
ログイン新規登録(無料)